【メイクデビュー】(東京5R)好スタートのペイシャフェリシテがそのまま逃げ切り新馬勝ち [News] [News]
2021/10/17(日) 15:13

東京5Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は2番人気ペイシャフェリシテ(武士沢友治騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒5(稍重)。3/4馬身差の2着に11番人気ウォーカーテソーロ、さらに1馬身半差の3着に6番人気ガーデンアイルが入った。

ペイシャフェリシテは美浦・高橋裕厩舎の2歳牝馬で、父マクフィ、母ペイシャフェリス(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ペイシャフェリシテ(武士沢友治騎手)
「調教に乗って段々良化しているのは分かっていました。気性が気性なので1400mがベターだと思います。まだ子供っぽいところがあるので成長する余地はあります。まだまだこれからの馬ですし、今後に期待したいです」

2着 ウォーカーテソーロ(永野猛蔵騎手)
「調教にも乗っていて、ラストは良い伸びをするなと思っていました。スタートは思ったより速かったです。さらに良くなってくれそうです」

4着 バラジ(三浦皇成騎手)
「脚を取られながらも、ハマってきてからは良い伸びを見せてくれました。1ハロン延びても大丈夫そうですし、もっと変わってきそうです」

【メイクデビュー】(阪神4R)デリカダが後続を突き放し勝利 [News] [News]
2021/10/17(日) 15:00

阪神4Rのメイクデビュー阪神(ダート1800m)は2番人気デリカダ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒5(稍重)。3馬身半差の2着に4番人気カフジオクタゴン、さらに大差の3着に8番人気コルトレーンが入った。

デリカダは栗東・吉田直弘厩舎の2歳牝馬で、父パイロ、母ブロンクスシルバー(母の父クロフネ)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 デリカダ(和田竜二騎手)
「攻め馬の段階から馬が出来上がっていてクセもありませんでした。スタートが決まって、馬なりで楽に行けました。外から来られても怯まずセンスが良くて脚力があります。これから楽しみです」

2着 カフジオクタゴン(坂井瑠星騎手)
「返し馬の感じが良かったです。スローペースで自ら動いて直線もしっかり伸びています。勝ち馬が強かっただけでこの馬もチャンスはあると思います」

3着 コルトレーン(角田大和騎手)
「返し馬でハミ受けに難があったのですが、ゲート練習でスタートが速いことは分かっていました。楽に番手が取れました。大跳びでコーナーの加速が上手くなく、置いて行かれてしまった分、離されてしまいましたが、使いつつ良くなってくると思います」

5着 キューバンピート(藤岡康太騎手)
「調教から前向きさが無くて、競馬も自分からという感じではありませんでしたが、能力はあり、使いつつ変わって行ければと思います」

【英チャンピオンS】(アスコット)凱旋門賞5着のフランス馬シリウェイが英国G1初制覇 [News] [News]
2021/10/17(日) 14:46

現地時間10月16日(土)にイギリス・アスコット競馬場で行われたチャンピオンステークス(G1・芝1990m)はシリウェイ(牡3、C.ロッシ厩舎(仏)、M.バルザローナ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分08秒31。3/4馬身差の2着にドバイオナー、さらに1馬身半差の3着にマックスウィニーが入った。

(JRA発表による)

新潟競馬の騎手変更について [News] [News]
2021/10/17(日) 14:23

藤田菜七子騎手は、下記のとおり騎手変更となった。

5R ネレイド 亀田温心
7R  シュルレアリスト 横山和生
8R  トーセンアマンダ 菊沢一樹
9R  ルヴァンノワール 酒井学
10R マウンテンムスメ 菱田裕二

また、藤田菜七子騎手は17日の新潟2レースの騎乗中に負傷し、左鎖骨骨折と診断された。

(JRA発表による)

【メイクデビュー】(東京4R)ムーヴが内から差し切りデビュー勝ち [News] [News]
2021/10/17(日) 13:37

東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1300m)は8番人気ムーヴ(菅原明良騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒0(稍重)。1馬身1/4差の2着に9番人気キュートハイカー、さらに1馬身半差の3着に3番人気リュッカクローナが入った。

ムーヴは美浦・池上昌和厩舎の2歳牡馬で、父ラニ、母スイートマルセル(母の父ワイルドラッシュ)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ムーヴ(菅原明良騎手)
「中団で脚を溜められて砂を被っても怯むところがありませんでした。集中して走っていました。レースはしやすい馬です。直線では左右の馬を捌きながらの形でしたが馬が良く対応して頑張ってくれました」

2着 キュートハイカー(武士沢友治騎手)
「気の良い馬で良いスピードを見せてくれました。入れ込むようなところを見せるかもしれませんがそのあたりを上手くクリアして成長して欲しいと思います」

3着 リュッカクローナ(秋山真一郎騎手)
「調教で良い感じで動けていました。レースでもよく頑張ってくれました」

4着 メイリトルラバー(三浦皇成騎手)
「気の良いタイプの馬です。ペースがいい感じで流れた分、馬群の中で砂を被るという良い経験ができたと思います」

14着 ムーディナイル(石橋脩騎手)
「きつい競馬になりました。スタートを上手く出て流れに乗れたのですが、外から絞られたり、コーナーで内の馬が外に出てきたりで一旦下げると、途中から砂を被る形になりリズムが崩れてしまいました」

全25件中 21件〜25件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 ]