東京4Rの競走除外について [News] [News]
2021/10/10(日) 16:31

東京4レースで、11番ムーンムーンムーン(木幡巧也騎騎手)は、馬場入場後に放馬し、疲労が著しいため、競走除外となった。

(JRA発表による)

東京4Rの競走中止について [News] [News]
2021/10/10(日) 16:26

東京4レースで、7番エクレアサトリ(江田照男騎手)は、下記疾病を発症したため、3コーナーで競走を中止した。

 馬:左後肢跛行 
騎手:異状なし

(JRA発表による)

木幡巧也騎手の負傷について [News] [News]
2021/10/10(日) 16:22

木幡巧也騎手は、東京4レースの馬場入場後に放馬した際に負傷し、「左下腿筋挫傷」と診断された。

(JRA発表による)

【戎橋S】(阪神)リレーションシップが完勝でオープン入り [News] [News]
2021/10/10(日) 16:09

阪神10Rの戎橋ステークス(3歳以上3勝クラス・芝1400m)は4番人気リレーションシップ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒4(良)。1馬身1/4差の2着に12番人気ハッシュゴーゴー、さらにハナ差の3着に1番人気スマートクラージュが入った。

リレーションシップは栗東・須貝尚介厩舎の4歳牡馬で、父ルーラーシップ、母カラフルブラッサム(母の父ハーツクライ)。通算成績は12戦4勝。

レース後のコメント
1着 リレーションシップ(M.デムーロ騎手)
「スタートを上手く出て、良い位置につけて、流れも良かったです。直線に向いての瞬発力は凄かったです。良い馬に乗せて貰いました。すごく良い感じです」

2着 ハッシュゴーゴー(幸英明騎手)
「前回も2着。競馬がだいぶ安定してきていますから、展開ひとつですぐに勝てる力はあると思います」

3着 スマートクラージュ(岩田望来騎手)
「精神的にも落ち着いて、我慢の競馬が出来ています。この競馬をしていけば、全然やっていけると思います」

5着 スティクス(戸崎圭太騎手)
「良いスピードを見せてくれましたし、昇級戦でも頑張っています。1200mの方が良いかもしれません」

【松浜特別】(新潟)内からケンアンビシャスが抜け出す [News] [News]
2021/10/10(日) 15:58

新潟10Rの松浜特別(3歳以上1勝クラス・芝2000m)は4番人気ケンアンビシャス(亀田温心騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒2(良)。1馬身差の2着に1番人気マイネルデステリョ、さらに2馬身差の3着に2番人気カレンレベンティスが入った。

ケンアンビシャスは美浦・久保田貴士厩舎の3歳牡馬で、父トゥザワールド、母モルフェキイ(母の父モルフェデスペクタ)。通算成績は11戦2勝。

レース後のコメント
1着 ケンアンビシャス(亀田温心騎手)
「北海道の時から乗せて貰っていますが、ゲートのタイミングが合わなかったり、馬のリズムで行ったら脚が溜まり切らなかったりしていました。そこで今日は逃げ馬の後ろで窮屈な競馬をさせようと思って、内だけを狙おうと話していました。それが上手くハマりました。状態は北海道の時よりも良くなっていましたし、担当の方が上手く仕上げてくれました」

2着 マイネルデステリョ(丹内祐次騎手)
「抜群の手応えでしたが......。馬の状態は良かったです」

3着 カレンレベンティス(菅原明良騎手)
「具合が良かったですし、雰囲気も良かったです。最後に切れ負けしたのは能力の差かなと思います。外回りより内回りの方が良いと思います」

5着 マジストラル(富田暁騎手)
「この頭数なので、積極的にハナに行く感じではなく、スムーズにハナに立てたので、あのペースでじっくりと構えました。瞬発力勝負で決め手の差が出てしまいましたが、新味も出ました。競馬自体は進展がありましたし、良い競馬が出来ました」

【六社S】(東京)外から鋭く伸びたコトブキテティスがオープン入り [News] [News]
2021/10/10(日) 15:43

東京9Rの六社ステークス(3歳以上3勝クラス・芝2400m)は7番人気コトブキテティス(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒7(良)。クビ差の2着に4番人気レティキュール、さらに3/4馬身差の3着に1番人気フィリオアレグロが入った。

コトブキテティスは美浦・田島俊明厩舎の4歳牝馬で、父ハービンジャー、母エヴァ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は19戦4勝。

レース後のコメント
1着 コトブキテティス(柴田善臣騎手)
「返し馬でのフットワークが良くて、我慢がきいていました。このコースも合いますね。厩舎がこの馬の癖をつかんでいて、間隔を空けてフレッシュな状態だったのも良かったと思います。強い内容でした」

2着 レティキュール(鮫島克駿騎手)
「距離のロスを抑えながら1コーナーに入れました。直線も進路がないから外に回すのではなく、良い壁だと思って内を狙いました。もう少しでしたし、悔しいです」

3着 フィリオアレグロ(C.ルメール騎手)
「休み明けでしたし、引っかかってしまいました。その分最後に苦しくなりました。これからの馬ですし、使えば変わります」

4着 スヴァルナ(内田博幸騎手)
「馬ごみの中でもリラックスして走っていましたし、馬群の間を割ってくることができました。これまでと違う競馬ができましたし、次に繋がると思います」

【三田特別】(阪神)ヴェローチェオロが追い比べを制す [News] [News]
2021/10/10(日) 15:24

阪神9Rの三田特別(3歳以上2勝クラス・芝2200m)は2番人気ヴェローチェオロ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒7(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気オヌール、さらに1馬身半差の3着に9番人気タイセイモンストルが入った。

ヴェローチェオロは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牡馬で、父ゴールドシップ、母プレシャスライフ(母の父タイキシャトル)。通算成績は11戦3勝。

レース後のコメント
1着 ヴェローチェオロ(M.デムーロ騎手)
「スタートで挟まれて、思ったより後ろの位置になりました。流れが落ち着いてきた時に動いて、前の馬の後ろに入れて息が入って、直線はジリジリ伸びていました。とても良い馬です。いつも頑張ります。前走を見てチャンスがあると思っていました」

2着 オヌール(松山弘平騎手)
「良い形で回って来れたのですが、勝ち馬が動いていって、最後も突き放されています。思った以上に勝ち馬が強くて、最後はなかなか詰められませんでした。展開的には、動いてくれたので最後は交わせると思ったのですが、思っていた以上に相手が強かったです。人気に応えられず、申し訳ありませんでした」

3着 タイセイモンストル(池添謙一騎手)
「良いポジションで競馬を進めることができました。まくる馬がいて、途中でペースが変わりましたが、そこでも馬ごみの中でじっと我慢できました。よく頑張ってくれました」

5着 ハギノアップロード(太宰啓介騎手)
「前の2頭が飛ばしていましたから、いいところにつけて、道中もリズム良く行けました。脚も使ってくれました。長期休養明けでしたし、次は変わってくると思います」

【メイクデビュー】(東京5R)伏兵テラフォーミングが初陣を飾る [News] [News]
2021/10/10(日) 14:30

東京5Rのメイクデビュー東京(芝2000m)は7番人気テラフォーミング(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒4(良)。3/4馬身差の2着に1番人気チェルノボーグ、さらに2馬身半差の3着に8番人気ウインマイルートが入った。

テラフォーミングは美浦・相沢郁厩舎の2歳牡馬で、父エピファネイア、母ウインシップ(母の父ルーラーシップ)。

レース後のコメント
1着 テラフォーミング(鮫島克駿騎手)
「急遽の乗り替わりでしたが、相沢厩舎の石川騎手や先生から色々話を聞いて、返し馬での感触から、前につけて抜け出すような競馬が良いんじゃないかなというイメージを持っていました。その通りに行って良かったです。まだ緩いところがありますし、これから良くなってくると思います」

2着 チェルノボーグ(福永祐一騎手)
「良い形で競馬が出来ましたが......。勝った馬が渋太かったです。差が詰まりませんでした」

3着 ウインマイルート(石川裕紀人騎手)
「スタートも良くてハナに行きましたが、新馬戦ということもあって物見がすごかったです。それでも集中して走らせて、勝ち馬に並ばれてからも反応してくれました。初戦から良い走りをしてくれましたし、ハナにこだわらずに競馬ができそうです」

【メイクデビュー】(阪神5R)2番手から抜け出したタガノエスコートが新馬勝ち [News] [News]
2021/10/10(日) 14:16

阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1800m)は2番人気タガノエスコート(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒9(良)。3/4馬身差の2着に1番人気フォーブス、さらに1馬身半差の3着に3番人気ブラックシールドが入った。

タガノエスコートは栗東・五十嵐忠男厩舎の2歳牡馬で、父ロードカナロア、母スペシャルディナー(母の父スペシャルウィーク)。

レース後のコメント
1着 タガノエスコート(M.デムーロ騎手)
「調教から動いていましたし、真面目で頭が良く、身体もしっかりしています。ワンペースだと思っていて、内枠からいいところにつけたいと思っていました。競馬に行くと賢いです。自分の仕事を分かっていて、瞬発力もありました。今日は馬なりでしたよ」

2着 フォーブス(岩田望来騎手)
「終いは良い脚で伸びました。勝ち馬は内々を回っていましたし、この馬は良い競馬をしてくれて、次が楽しみです」

3着 ブラックシールド(戸崎圭太騎手)
「素質を感じますが、まだ緩くて、ゆったりした走りです。最後は頑張って伸びています。長い距離が良いかもしれません」

新潟2Rの競走除外について [News] [News]
2021/10/10(日) 14:07

新潟2レースで、5番トラストパッキャオ(小林脩斗騎手)は、発馬機からくぐり出て放馬し、疲労が著しいため、競走除外となった。

(JRA発表による)

全24件中 11件〜20件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 次の10件 ]