【メイクデビュー】(東京6R)レッドゲイルが人気に応えて新馬勝ち [News] [News]
2021/10/09(土) 15:32

東京6Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は1番人気レッドゲイル(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒0(良)。3/4馬身差の2着に9番人気ユイノピラウトゥル、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ウラカワノキセキが入った。

レッドゲイルは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母マレーナ(母の父ダイワメジャー)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 レッドゲイル(C.ルメール騎手)
「最初はちょっと物見をしていましたが、コーナーで流れに乗れました。そのあとは反応して良い瞬発力を見せてくれました。まだ子供で、自分が何をしたらいいか知らなかった感じでしたが、最後は脚を使ってくれました」

2着 ユイノピラウトゥル(野中悠太郎騎手)
「少し出して行こうと思っていました。ゲートも上手に出ましたし、自分のペースで走らせました。3着馬に一旦出られましたがもう1回差し返してくれました。ダートの1300m、1400mが合っていると思います」

3着 ウラカワノキセキ(戸崎圭太騎手)
「直線で下を見て跳ぶところがありました。追い切りではひと息で走ってしまうかなと思ったのですが、レースでは上手に走ってくれました。次もテンションが上がらなければ良い走りができると思います」

【メイクデビュー】(阪神6R)逃げたジャスパーグレイトが直線でさらに差を広げ圧勝 [News] [News]
2021/10/09(土) 15:27

阪神6Rのメイクデビュー阪神(ダート1800m)は3番人気ジャスパーグレイト(岩田望来騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒7(良)。10馬身差の2着に4番人気ファンウワーズ、さらに半馬身差の3着に2番人気モロキニムーンが入った。

ジャスパーグレイトは栗東・森秀行厩舎の2歳牡馬で、父Arrogate、母Shop Again(母の父Wild Again)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ジャスパーグレイト(岩田望来騎手)
「楽に逃げられましたし、最後まで脚を使ってくれました。これからいろんな競馬を覚えて欲しいと思います。ポテンシャルは良いものを持っています。メンタル面を含めて、力をつけて欲しいと思います」

2着 ファンウワーズ(幸英明騎手)
「身体に緩さが残っていますが、良い脚を使っていますし、これから良くなると思います」

3着 モロキニムーン(松山弘平騎手)
「まだ緩さはありますが、力のある馬です。よく3着まで来てくれたと思います」

5着 チャリタブルソート(川田将雅騎手)
「返し馬の雰囲気は良かったのですが、競馬ではまだまだ動くことができませんでした。だいぶ時間をかけて成長を待たないといけないタイプだと思います」

【メイクデビュー】(東京5R)内を突いたモカフラワーが新馬勝ち [News] [News]
2021/10/09(土) 15:10

東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は4番人気モカフラワー(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒3(良)。アタマ差の2着に1番人気インダストリア、さらに1馬身半差の3着に2番人気メイショウジブリが入った。

モカフラワーは美浦・相沢郁厩舎の2歳牝馬で、父スクリーンヒーロー、母ハイタッチクイーン(母の父キングヘイロー)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 モカフラワー(石川裕紀人騎手)
「元々期待の大きな馬です。今日は正攻法の競馬をしました。能力があるので直線で前が開いた時にそこへスーッと入っていけましたし、着差以上に余力もありました。牝馬でカーッとなりそうなところもあるので大事に成長していって欲しいです」

2着 インダストリア(C.ルメール騎手)
「スローペースで、少し行きたがりました。距離は1600mくらいが合っているように思います。良いスピードがありますし、ポテンシャルは高いですね」

3着 メイショウジブリ(福永祐一騎手)
「ワンペースっぽいところがあり、芝の瞬発力勝負は分が悪いです。競馬自体は上手なのでダートにチャレンジしてみる手もあるかもしれません」

【メイクデビュー】(阪神5R)好スタートのアートハウスが直線他馬を突き放し新馬勝ち [News] [News]
2021/10/09(土) 15:04

阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝2000m)は3番人気アートハウス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒8(良)。3馬身差の2着に1番人気ショウナンアデイブ、さらにクビ差の3着に5番人気シャンバラが入った。

アートハウスは栗東・中内田充正厩舎の2歳牝馬で、父スクリーンヒーロー、母パールコード(母の父ヴィクトワールピサ)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 アートハウス(川田将雅騎手)
「お母さんよりもバランスがよく走れますし、これからどう成長していけるかが楽しみな馬だと思います」

2着 ショウナンアデイブ(浜中俊騎手)
「初戦としては上手に走ってくれました。スタートが少しゆっくりという感じでした。でも道中も折り合いを欠かず3コーナーから長く脚を使う形になりましたが、その脚に素質を感じました。勝ち馬が上手く楽な競馬をした分勝てませんでしたが、脚をしっかり使うことを感じることができて良かったです」

3着 シャンバラ(松若風馬騎手)
「切れるタイプではないので先行できればと思っていました。行き切っても集中して走ってくれました。使いつつ良くなるタイプだと思います。体力がありますね。最後までバテずに頑張ってくれました」

5着 ヴィンテージボンド(松山弘平騎手)
「外枠でしたが、良いところで流れに乗れましたが3コーナーぐらいで早めに手が動いてしまいました。少しまだ幼い面も見せていたと思います」

阪神2Rの競走中止について [News] [News]
2021/10/09(土) 14:55

阪神2レースで8番シュルヴィーヴル(岩田康誠騎手)は発走直後につまずいて騎手が落馬したため、競走を中止した。また、9番カフジペンタゴン(古川奈穂騎手)は発走後、先に競走を中止した8番シュルヴィーヴルの影響で騎手がバランスを崩し落馬したため、競走を中止した。

8番馬 :異状なし
8番騎手:異状なし

9番馬 :異状なし
9番騎手:異状なし

(JRA発表による)

【メイクデビュー】(新潟5R)スマートプレジールが人気に応えて新馬勝ち [News] [News]
2021/10/09(土) 14:32

新潟5Rのメイクデビュー新潟(ダート1200m)は1番人気スマートプレジール(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒5(良)。5馬身差の2着に2番人気レッドコーラル、さらに1馬身半差の3着に6番人気トキメキナイトが入った。

スマートプレジールは栗東・浅見秀一厩舎の2歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母スマートブローラ(母の父スマートファルコン)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 スマートプレジール(鮫島克駿騎手)
「所属している浅見厩舎の馬で毎日コンタクトを取っていました。若さゆえの難しさがありましたが、調教を積むにつれ良くなっていました。しっかり能力を出せるように競馬をしました。まだ隠し持っている能力はあるので先を見据えた競馬をしました。もっと良くなると思います」

2着 レッドコーラル(松本大輝騎手)
「勝った馬は手応えがかなり上で、あっさりと抜かれてしまいました。それでも最後は辛抱してくれました。素直で乗りやすい馬です」

4着 メイショウウキグモ(富田暁騎手)
「調教に乗って風格のある馬だと感じました。良いスタートで外から来られましたが、すぐに切り替えて行きました。置いて行かれるところもありましたが、最後は伸びています。初戦としては良い内容でした。次はもっと良くなると思います」

【メイクデビュー】(東京4R)逃げたタイセイジャスパーがそのまま粘って勝利 [News] [News]
2021/10/09(土) 14:02

東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は2番人気タイセイジャスパー(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒0(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ワールドコネクター、さらに2馬身差の3着に5番人気オクトニオンが入った。

タイセイジャスパーは美浦・伊藤圭三厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母プラセンティア(母の父トワイニング)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 タイセイジャスパー(田辺裕信騎手)
「スタートのセンスが良く、楽なペースでレースができました。直線で詰め寄られる感じになりましたが良く凌いでくれました。使った上積みも期待できますし、もっと体力もついてくると思います」

2着 ワールドコネクター(横山武史騎手)
「体の大きな馬なので初戦向きではないのかと思っていました。それでこの内容ですから、初戦としては良かったと思います」

3着 オクトニオン(菅原明良騎手)
「すごくびっくりした感じで、ゲートを出ていきませんでした。そこからは腹を括ってじっくり追い上げましたが、外を回る形でも楽な感じで上がって行けました。スタートさえまともならもっとやれたと思います」

4着 バレルゾーン(三浦皇成騎手)
「ゲートを歩くような感じで出ました。競馬を経験させるつもりで馬群の中でレースを進めました。終いは少し甘くなりましたが伸びてくれましたし、これからの馬ということを考えると良い内容だったと思います」

【メイクデビュー】(阪神4R)シダーが2番手から直線早めの先頭で新馬勝ち [News] [News]
2021/10/09(土) 13:58

阪神4Rのメイクデビュー阪神(ダート1400m)は2番人気シダー(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒3(良)。3馬身差の2着に4番人気サンライズスコール、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気メイショウホマレが入った。

シダーは栗東・本田優厩舎の2歳牝馬で、父ホッコータルマエ、母コウエイテンプウ(母の父デヒア)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント

1着 シダー(藤岡康太騎手)
「凄く性格が素直で良い雰囲気でレースに臨めました。ゲートも上手に切ってくれて正攻法の2番手からしっかり抜け出して良い内容だったと思います」

2着 サンライズスコール(酒井学騎手)
「1週前追い切りに乗った時からスイッチが入ったりと子供っぽいところがありました。今日もパドックでは落ち着いていたものの馬場入りしてからチャカつく面を見せました。ゲートでも駐立が上手くいかず後手を踏む形になりました。メンバー的にも、あまりジッと構えすぎてもと思いある程度勢いがついてあの位置(外の5番手あたり)につけてそれからは、リズム良く運べました。そのあと勝負どころで動いて行こうと思ったところで内にモタれたり、直線でも内にモタれる感じでした。でもしぶとく最後まで詰めてくれました。レース慣れすればそういうところも解消されてくるでしょうし、競馬に集中できるでしょう。まだ上積みの余地も十分ありそうです」

3着 メイショウホマレ(幸英明騎手)
「ゲートは上手く出せなくて二の脚で3番手に行けました。1回使って良くなるでしょう」

4着 ユーフェイス(松山弘平騎手)
「調教の時から、少しジリッぽいところがある馬だったのでスタートも出たので積極的に運べました。最後までしっかり頑張ってくれました」

サンデーウィザード競走馬登録抹消 [News] [News]
2021/10/09(土) 13:24

2017年新潟大賞典(GIII)に優勝したサンデーウィザード(牡9歳、栗東・大久保龍志厩舎)は、2021年10月9日付で競走馬登録を抹消した。今後は、馬事公苑で乗馬となる予定。

全19件中 11件〜19件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]