【凱旋門賞】(10月3日・パリロンシャン)日本馬の近況(10月1日) [News] [News]
2021/10/01(金) 18:19

10月3日(日)にパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)等に出走する日本勢の、1日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

●クロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)
<調教状況>
和田保長調教助手が騎乗し、エーグル調教場のウッドチップ直線コースを単走で約1200mのキャンター

<斉藤崇史調教師のコメント>
「追い切り後も順調に来ています。このまま無事にレースに向かえればと思います。(枠順決定を受けて)駐立があまり良くない馬なので、枠入りが最後のほうになる点は良かったです。枠も決まりましたし、ゲートを出てからはO.マーフィー騎手に任せようと思います」


●ディープボンド(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎)
<調教状況>
谷口辰夫調教助手が騎乗し、エーグル調教場のダート直線コースを単走で約1500mのキャンター

<大久保龍志調教師のコメント>
「今日は体をほぐす程度のキャンターでした。追い切りの疲れもなく良く動けています。明日も今日と同様の調教メニューを予定しています。良い状態で本番を迎えられそうです。(枠順決定を受けて)内過ぎず外過ぎない良い枠順で、競馬がしやすそうな願ってもない枠順だと思います」

●エントシャイデン(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)
<調教状況>
坂井瑠星騎手が騎乗し、エーグル調教場のダート直線コースを単走で約1500mのキャンター

●イカット(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)
<調教状況>
エーグル調教場で軽めの運動15分

(JRA発表による)

【馬場情報】中山競馬場 [News] [News]
2021/10/01(金) 13:46

10月1日(金)正午現在の中山競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:雨
馬場状態:(芝)重/(ダート)不良

(芝の状態)
Cコース(Aコースから6メートル外に内柵を設置)を使用。3コーナーから4コーナーの内側が少し傷んできたが、全体的には良好な状態。

芝コース:野芝約10cmから12cm、洋芝なし
障害コース:野芝約10cmから12cm、洋芝10cmから12cm

芝のクッション値 8.1(9:00測定)
<クッション値とクッション性との関係性(参考)>
12以上   硬め
10から12  やや硬め
8から10  標準
7から8   やや軟らかめ
7以下    軟らかめ

(含水率)測定時刻 午前9時00分
芝コース:ゴール前15.8%、4コーナー14.9%
ダートコース:ゴール前10.3%、4コーナー11.1%

(中間の降水量)
9月30日(木)1.0mm、10月1日(金)39.5mmの降水量を記録した。

(中間の作業内容)
●芝コース
9月24日(金)から26日(日)、28日(火)芝の生育管理のため散水を実施した。
9月28日(火)芝刈りを実施した。

●ダートコース
9月28日(火)から30日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0センチメートル)した。

●障害コース
9月28日(火)から29日(水)芝刈りを実施した。
9月29日(水)芝の生育管理のため散水を実施した。

(JRA発表)


【馬場情報】中京競馬場 [News] [News]
2021/10/01(金) 13:25

10月1日(金)正午現在の中京競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:曇
馬場状態:(芝)良/(ダート)良

(芝の状態)
Bコース(Aコースから3メートル外に内柵を設置)を使用。3コーナーから4コーナー内側に傷みがある。その他の箇所も内柵沿いに軽微な傷みがある。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約10cmから12cm、洋芝なし

(芝のクッション値)10.7(測定9:00)
<クッション値とクッション性との関係性(参考)>
12以上   硬め
10から12  やや硬め
8から10  標準
7から8   やや軟らかめ
7以下    軟らかめ

(含水率)測定時刻 午前9時00分
芝コース:ゴール前15.0%、4コーナー14.2%
ダートコース:ゴール前5.0%、4コーナー4.4%

(中間の降水量)
9月26日(日)40.0mmの降水量を記録した。

(中間の作業内容)
●芝コース
9月24日(金)、29日(水)芝の生育管理のため散水を実施した。
9月28日(火)芝刈りを実施した。

●ダートコース
9月28日(火)から10月1日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0センチメートル)した。

(JRA発表)

【スプリンターズS】枠順確定 春のスプリント王者ダノンスマッシュは7枠14番に [News] [News]
2021/10/01(金) 10:04

3日(日)に中山競馬場で行われる第55回スプリンターズステークス(GI)の枠順が以下の通り確定した。春秋のスプリント王者を目指すダノンスマッシュは7枠14番に、前哨戦のセントウルステークスを制したレシステンシアは6枠12番に決まった。発走は3日(日)15時40分の予定。

1枠 1番 シヴァージ     57 吉田隼人
1枠 2番 ミッキーブリランテ 57 和田竜二
2枠 3番 ラヴィングアンサー 57 岩田望来
2枠 4番 ピクシーナイト   55 福永祐一
3枠 5番 ファストフォース  57 鮫島克駿
3枠 6番 メイケイエール   53 池添謙一
4枠 7番 タイセイビジョン  57 三浦皇成
4枠 8番 ビアンフェ     57 藤岡佑介
5枠 9番 クリノガウディー  57 岩田康誠
5枠10番 エイティーンガール 55 横山和生
6枠11番 ジャンダルム    57 浜中俊
6枠12番 レシステンシア   55 C.ルメール
7枠13番 アウィルアウェイ  55 戸崎圭太
7枠14番 ダノンスマッシュ  57 川田将雅
8枠15番 ロードアクア    57 田中健
8枠16番 モズスーパーフレア 55 松若風馬

(JRA発表)