【清秋ジャンプS】(中山)ベイビーステップが直線での叩き合いを制して連勝 [News] [News]
2021/09/25(土) 15:11

中山8Rの清秋ジャンプステークス(障害3歳以上オープン・芝3210m)は4番人気ベイビーステップ(伴啓太騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分36秒3(良)。1馬身差の2着に6番人気メイショウギガース、さらに3馬身差の3着に8番人気ブラゾンダムールが入った。

ベイビーステップは美浦・菊川正達厩舎の7歳牡馬で、父タイキシャトル、母カルテブランシェ(母の父ゴールドアリュール)。通算成績は44戦6勝。

レース後のコメント
1着 ベイビーステップ(伴啓太騎手)
「逃げ馬の外の2番手で、ラチを頼れず乗りにくいところがありましたが、馬のデキが良い分、馬は張り切っていました。良い意味で飛びに力を使っていないので、坂で止まりはしましたが、最後まで頑張ってくれました。中山をこなせたのは大きいですね」

2着 メイショウギガース(中村将之騎手)
「良いペースで逃げられました。噛み方もマシでしたし、自分のリズムで行けました。飛越も上手です。勝てれば良かったのですが、力は見せられたと思います」

3着 ブラゾンダムール(西谷誠騎手)
「厩舎でしっかり乗り込んでいました。中山のバンケットは上手いですし、内容は悪くなかったと思いますが、最後の障害のミスステップが痛かったです。そのあと伸びてきていますから......。気性の難しいところも徐々に改善されています」

4着 マイサンシャイン(平沢健治騎手)
「ゲートのタイミングが合わずに出負けしました。道中はリズム重視で良い位置につけられました。ただ近走はローカルを使ってきていたので、本場とローカルの差が出たところもありました」

【メイクデビュー】(中山5R)ビジュノワールが人気に応えてデビュー勝ち [News] [News]
2021/09/25(土) 14:54

中山5Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は1番人気ビジュノワール(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4(良)。1馬身3/4差の2着に8番人気ビロングゴールド、さらに2馬身半差の3着に7番人気シロンが入った。

ビジュノワールは美浦・中舘英二厩舎の2歳牝馬で、父キタサンブラック、母クーデグレイス(母の父ホワイトマズル)。

レース後のコメント
1着 ビジュノワール(C.ルメール騎手)
「スピードを見せてくれました。2番手につけて、そこから落ち着いて走り、乗りやすくなりました。長い脚で加速してくれました。能力はありそうで、距離は今は1600mがピッタリだと思います」

2着 ビロングゴールド(原優介騎手)
「今日は競馬を教えようと思っていましたが、レースセンスの高さで、攻め通りに力のあるところを見せてくれました。今日は強い馬が強い競馬をして負けてしまいましたが、この馬も早い段階で勝てそうだと思っています」

4着 ゴールデンヨシノ(丸田恭介騎手)
「調教では口向きの悪さやコントロールの難しさを見せていました。最後は良い脚を使ってくれました。この後2戦目のテンションがカギになると思います」

6着 ファロロジー(M.デムーロ騎手)
「外枠でしたが、スタートは出ました。道中は怖がって左へモタれたリ、内へヨレたりしていました。次は良さそうです」

中京5Rの競走除外について [News] [News]
2021/09/25(土) 14:44

中京5Rで、3番ワイドスナイパー(幸英明騎手)は、馬場入場後に放馬し、「左後肢挫創」を発症したため、競走除外となった。

(JRA発表による)

中京4Rの競走中止について [News] [News]
2021/09/25(土) 14:34

中京4Rで、7番ゴージャスブーケ(中井裕二騎手)は、競走中に異常歩様となったため最後の直線コースで競走を中止した。

(JRA発表による)

【メイクデビュー】(中京5R)好位からヴィルチュオーズが抜け出す [News] [News]
2021/09/25(土) 14:23

中京5Rのメイクデビュー中京(芝1400m)は9番人気ヴィルチュオーズ(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒3(良)。半馬身差の2着に1番人気ヴァレッタカズマ、さらにクビ差の3着に3番人気ホートンプレインズが入った。

ヴィルチュオーズは栗東・武幸四郎厩舎の2歳牝馬で、父サトノアラジン、母エセンテペ(母の父Oratorio)。

レース後のコメント
1着 ヴィルチュオーズ(武幸四郎調教師)
「細めの馬で調教でもそうでしたが、芝に行って良かったですね。今日の良馬場というのも良かったと思います。軽い馬場で良い走りを見せてくれました。素直な馬ですね」

2着 ヴァレッタカズマ(川田将雅騎手)
「とてもスムーズに、良い内容で走ってくれました。本質的にはダートの方がとは思いますが、内容的には全力の走りをしてくれました」

3着 ホートンプレインズ(福永祐一騎手)
「芝での走りが良かったです。血統的な能力を感じました。ただフォームに関してはまだ改善の余地があるので、そこを修正していかなければと思います」

4着 レッドアクトゥール(松山弘平騎手)
「スタート良く3番手で良いレースをしてくれました。良いスピードを持っています。ただ今日は幼さを感じました」

仏遠征の日本馬が現地に到着 [News] [News]
2021/09/25(土) 14:00

10月3日(日)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走予定のクロノジェネシス(牝5歳 栗東・斉藤崇史厩舎)、同日に同競馬場で行われるオペラ賞(G1)に出走予定のイカット(牝4歳 栗東・斉藤崇史厩舎)の日本馬2頭が、下記の日程でフランス・シャンティイのP.バリー厩舎に到着した。関係者のコメントは以下の通り。

成田国際空港発 日本時間 9月24日(金曜)10時59分→
フランス・シャルル・ド・ゴール国際空港 現地時間 9月24日(金曜)15時54分(日本時間 22時54分)→
シャンティイのP.バリー厩舎着 現地時間 9月24日(金曜)18時30分(日本時間 9月25日(土曜)1時30分)

●クロノジェネシス
(斉藤崇史調教師のコメント)
「輸送はスムーズで無事に到着できました。良かったです。明日(25日)から馬の状況を見ながら少しずつ調教を始めていこうと思います」

(JRA発表による)

坂井瑠星騎手のフランスでの騎乗成績(9月24日) [News] [News]
2021/09/25(土) 13:55

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の24日(金)のフランスでの騎乗成績は以下の通り。

ポルニシェ競馬場
1R 一般レース(オールウェザー・左回り2100m) クラウドマン 3着(13頭)

(JRA発表による)

【メイクデビュー】(中京4R)アファンが鋭く伸びて新馬勝ち [News] [News]
2021/09/25(土) 13:47

中京4Rのメイクデビュー中京(牝馬・ダート1400m)は7番人気アファン(岩田望来騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒9(良)。2馬身半差の2着に5番人気トーアレインボー、さらにアタマ差の3着に3番人気コパノフランシスが入った。

アファンは栗東・平田修厩舎の2歳牝馬で、父ヘニーヒューズ、母レッドアンコール(母の父キングカメハメハ)。

レース後のコメント
1着 アファン(岩田望来騎手)
「良い形で競馬を進められました。3、4コーナーで手応えが怪しくなりましたが、促して砂を被らないところに出すと、素直にすごく良い反応でした。最後も余力がありましたし、これから良くなると思います」

1着 アファン(平田修調教師)
「砂を被って嫌がっているなと思って見ていましたが、砂を被らなくなると伸びて、最後の脚はびっくりしました。今日のレースを見ると、距離は延びてもいいかなと思います」

2着 トーアレインボー(和田竜二騎手)
「返し馬から良い馬でした。楽に取りついて追走しましたが、思ったより内にもたれてしまいました。でも走りますよ」

3着 コパノフランシス(泉谷楓真騎手)
「道中馬を怖がるところがあり、流れに乗れてはいませんでしたが、終いは良い脚でした。流れに乗って競馬ができるようになれば、すぐにチャンスはくると思います」

【メイクデビュー】(中山3R)内からフルオールが抜け出してデビュー勝ち [News] [News]
2021/09/25(土) 13:40

中山3Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気フルオール(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒0(良)。3/4馬身差の2着に4番人気カフェカルマ、さらに2馬身差の3着に2番人気リバーサルバレットが入った。

フルオールは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牡馬で、父ホッコータルマエ、母ゴールドフォレスト(母の父ゴールドアリュール)。

レース後のコメント
1着 フルオール(M.デムーロ騎手)
「強かったです。真面目な馬。スタートを出て、良い位置につけられました。直線でスペースがありませんでしたが、前が開いてからの脚は凄かったです」

2着 カフェカルマ(内田博幸騎手)
「外枠が良かったです。スタートしてからの反応はもうひとつでしたが、肩ムチを入れたら反応して、スピードに乗って2番手につけられました。直線も良く伸びてくれました」

3着 リバーサルバレット(田辺裕信騎手)
「後ろからも馬が来ませんでしたし、楽な形でレースができました。自分のリズムでペースアップして押し切れると思いましたが、もうひとつギアが上がり切りませんでした。1回使った変わり身に期待です」

4着 タマモバンケット(菊沢一樹騎手)
「後ろから来ているのはこの馬だけ。センスも能力も高いと思います。攻め馬の良さをレースでも活かすことができました」

全19件中 11件〜19件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]