【オールカマー】栗東レポート レイパパレ [News] [News]
2021/09/22(水) 16:43

◎26日(日)中山競馬場で行われる第67回オールカマー(GII)に出走を予定しているレイパパレ(牝4、高野)について、追い切り後の高野友和調教師のコメントは以下の通り。

・(今日の坂路の最終追い切りは)先週の速め(の追い切り)を経た後の、週末から今週前半にかけての経過がとても良く、素軽さを感じました。今日の動きもそれを確認できたものでした。
1本目のスローキャンターは、横を速めの馬が走っても制御がきいて落ち着いて走っていました。2本目も、併せ馬の相手の後ろで乗り手の制御内にあることを確認しながら1ハロンずつ丁寧にやりました。課題もクリアできていましたし、満足のいく仕上がりです。GIを勝った時、絶好調時のちょっと手前という感じです。

・普段は大人しくて人間のいうことも聞きますが、お母さん(シェルズレイ)や、きょうだい馬のなかには人間の制御外に行きそうなところがありました。この馬もそういう危ないところを時折見せそうになりますが、牧場、厩舎スタッフ、川田騎手がひとつひとつ丁寧にやってくれているので、それを馬が理解して頑張ってくれての積み重ねでここまで来ています。

・(夏の過ごし方については)宝塚記念の後は肉体的な疲れはありました。それが癒えてから調整に入りました。暑い中体調を崩さず、春の競馬を経て体質も強くなり、筋肉のボリュームも増して順調に過ごすことが出来ました。

・レイパパレは横綱(GIホース)として横綱らしい競馬ができるように調整をしてきました。幸いここまでいい調整が出来ました。期待をもって見ていただいていいのではないかと思っています。どうか応援よろしくお願いします。

取材:檜川彰人

【神戸新聞杯】栗東レポート レッドジェネシス [News] [News]
2021/09/22(水) 16:41

◎26日(日)中京競馬場で行われる第69回神戸新聞杯(GII)に出走を予定しているレッドジェネシス(牡3、友道)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

・(ダービー11着を振り返って)ゲートを出てから自分から進まないところがあるので、そういう課題が出てしまったレースかなと思いました。

・(ダ―ビーからの中間は)ノーザンファームしがらきに放牧に出してひと夏を過ごしました。身体も一回り大きくなって、6週前に栗東トレーニングセンターに戻ってきました。

・1週前追い切りは併せ馬でしっかりやりました。ここ3週続けて藤岡康太騎手に騎乗してもらっていますが、追うたびに良化しているようです。

・もちろん今日も(藤岡康太騎手に)乗ってもらいましたが、動きも素軽くいい感触を掴んでくれたようです。

・春は使われながら一戦ずつ良くなっている感じでした。今回は追い切りを重ねるごとに良化して、いい感じで出走できると思います。

・長くいい脚を使えるところがこの馬の良さだと思っています。レースについては騎手に任せたいと思います。

・目標は次の菊花賞ですが、ここでダービー馬とどれだけの競馬が出来るか楽しみにしています。

取材:檜川彰人

【神戸新聞杯】栗東レポート ステラヴェローチェ [News] [News]
2021/09/22(水) 16:40

◎26日(日)中京競馬場で行われる第69回神戸新聞杯(GII)に出走を予定しているステラヴェローチェ(牡3、須貝)について、追い切り後の吉田隼人騎手のコメントは以下の通り。

・(久々の背中の感覚は)いい動きを感じました。今日の追い切りは、最初に先行した馬と離れてしまって併せ馬にならなかったのですが、この馬にとっていい内容でした。

・(成長については)パワーアップしている部分はありますが、精神的にはまだまだ幼く難しい部分があります。その分伸びしろがありそうです。一戦一戦使いながら学習していってくれればと思っています。

・(中京芝2200mについては)東京の芝2400mをこなしていますから特に不安はありません。

・とにかく、本番に向けていい競馬が出来るよう頑張りたいと思います。

取材:檜川彰人

【神戸新聞杯】栗東レポート シャフリヤール(福永騎手) [News] [News]
2021/09/22(水) 16:39

◎26日(日)中京競馬場で行われる第69回神戸新聞杯(GII)に出走を予定しているシャフリヤール(牡3、藤原英)について、追い切り後の福永祐一騎手のコメントは以下の通り。

・(ダービーを振り返って)レース前に急速に馬が良化していました。当日の返し馬の感触も良く、チャンスを感じながらレースに臨みました。期待以上の走りで勝ち切ってくれました。素晴らしい馬です。

・(ひと夏を越えての感触は)少したくましくなったという感じです。極端な変化は感じませんでした。

・(1週前追い切りに乗っての感想は)2週前追い切りの反応が鈍かったので、強めの負荷をかけようというイメージでした。反応も良くしっかり動けていました。満足のいく内容でした。

・(最終追い切りの感触は)先行する馬を追いかけて気持ち良く走らせるというテーマでした。ペースが速かったので無理に追走はしませんでした。最後は馬のリズムをキープしながらの走りでした。楽にいいタイムも出て、オーバーワークになることなく順調でした。動ける態勢にあると思います。

・(現在のセールスポイントは)ダービーで見せてくれた瞬発力です。今まで乗ってきた馬の中でもトップクラスです。

・今までは追う側の立場でしたが、(ダービー馬になって)違ったプレッシャーを受けることになると思います。しかし経験を積んで、そういったものも苦にしない馬になっています。ですから自分の力を出し切れば結果は出ると思います。

取材:檜川彰人

【神戸新聞杯】栗東レポート シャフリヤール(藤原英昭調教師) [News] [News]
2021/09/22(水) 16:37

◎26日(日)中京競馬場で行われる第69回神戸新聞杯(GII)に出走を予定しているシャフリヤール(牡3、藤原英)について、追い切り後の藤原英昭調教師のコメントは以下の通り。

・(ダービーを振り返って)そこを目標に、みんながしのぎを削った結果、僅かの差とはいえ勝ってくれたことで、関係者と馬に感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、勝ったことでこれからが本当に大事になります。そのプレッシャーも(今)味わっています。

・(夏の過ごし方は)神戸新聞杯が(秋初戦に)決まっていましたから、ノーザンファームしがらきに放牧に出して成長を促しました。夏場の暑い中、よく耐えてくれてうまく休養できたと思います。

・栗東トレーニングセンターに戻した時には、予定通りの成長と雰囲気でした。馬体も増えて精神も落ち着いて、とてもいい感じで帰ってきました。

・(1週前追い切りは)ある程度やっておきたかったので福永騎手に乗ってもらい、感触と最後の反応を確かめました。

・(最終追い切りは)1週前でいい感じに出来たので、今週に関しては調整していくという感じで時計を出しました。いつも通りに坂路で併せ馬の形で行いました。とても良かったと思います。

・(初コースの中京競馬場については)この馬は乗りやすく、まして東京の芝2400mも走っていますから、条件としては問題ありません。

・恥ずかしくない結果が求められる馬です。それに応える馬体はしています。勝つことはもちろん、今回のレースは将来の指針になるような内容を期待しています。

取材:檜川彰人

【オールカマー】美浦レポート ウインキートス [News] [News]
2021/09/22(水) 15:29

26日(日)中山競馬場で行われるオールカマー(GII)に出走予定のウインキートス(牝4、美浦・宗像義忠厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

ウインキートスについて宗像義忠調教師

(札幌記念を振り返って)
「放牧明けで、馬にも少しきつい面があったかなと思います。うまく流れに乗れた感はありましたが、最後は少し苦しくなりました。少し忙しいのかなという印象はありました」

(中4週。中間の調整について)
「札幌から直接美浦に入厩し、その後は順調に調教をこなしています。体は少し締まった感じがあります」

(今朝の最終追い切りについて)
「折り合い面を重視し、前に馬を置いて後ろから追いかける形で、最後は並びました。引っかからずにうまくコントロールできるかというところでしたが、大丈夫でしたね。うまくいきました。最後並んだあたりの動きも良かったと思います」

(今回のコースについて)
「中山コースは何回か使っていますし、どちらかというとスタミナタイプだと思っていますので、距離が延びるのはいいと思います」

(今回のレースのポイントについて)
「道中ひっかからず、うまく流れに乗って、いい結果を残してくれるのが一番ですね。一度使われてだいぶ調子も良くなっていますし、この先のレースに向けて頑張っていきたいです」

(取材:小塚歩)

【オールカマー】美浦レポート ウインマリリン [News] [News]
2021/09/22(水) 15:24

26日(日)中山競馬場で行われるオールカマー(GII)に出走予定のウインマリリン(牝4、美浦・手塚貴久厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

ウインマリリンについて大村泰広調教助手

(前走から5ヶ月ぶり、この中間について)
「天皇賞のあとに肘腫ができまして、それを牧場で手術し、予後良好で、1ヶ月前に厩舎に戻ってきました。緩さもなく、順調に調教をこなしてきました」

(今朝の最終追い切りについて)
「先週、横山武史騎手に追い切りに乗ってもらい、ある程度負荷がかかっていますので、今週は確かめるような感じで、5ハロン67秒から68秒でという指示でした。うまく調教できたのかなと思います」

(現在の状態は)
「休み明けという感じはなく、馬もいい意味でリラックスしていますし、体も締まっていい状態だと思います」

(中山芝2200メートルについて)
「この馬に一番合っている舞台なのかなと思います」

(今回どんなレースを期待するか)
「もちろん勝ってくれるのが一番嬉しいです。いい結果が出てくれると信じています。厩舎としてもセントライト記念を勝ち、盛り上がりもありますし、何かが起きるんじゃないかという期待もあります」

(取材:小塚歩)

【オールカマー】美浦レポート グローリーヴェイズ [News] [News]
2021/09/22(水) 15:20

26日(日)中山競馬場で行われるオールカマー(GII)に出走予定のグローリーヴェイズ(牡6、美浦・尾関知人厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

グローリーヴェイズについて尾関知人調教師

(春のクイーンエリザベス2世Cを振り返って)
「2000メートルの大レースという今までにないチャレンジで、コロナ禍での遠征でしたが現地でのサポートもありうまくいきました。外枠が響いたところはありますがこの馬らしい末脚を見せてくれて、よく頑張ってくれたと思います。際どい2着なので悔しさは残りますが、馬は本当によく頑張ってくれました」

(そこから休養に入って秋に備えた)
「もともと体質が強いタイプではなく間隔をとりながらの出走でしたが、春の2戦はそれなりに間隔が詰まったなかで遠征でも頑張ってくれましたから、疲れをとってまた秋の目標を目指そうということで休養しました」

(去年は京都大賞典、今年はオールカマーという始動について)
「京都コースは得意中の得意ですが今年は阪神開催ですし、そのなかでどこをプレップレースにしようかという中で、春の馬の状態や年齢的なことも考え、なるべく間隔をとったほうがいいかなというのもありました。そういう意味ではオールカマーが理想的な時期かなということでこのレースを目標にしてきました」

(休養を経て、馬の雰囲気は)
「牧場でもしっかり調整していただいて、いい感じで戻ってきました。6歳の秋ですから、年齢的なこともあって最初は硬さもみられましたが、そのあたりも調教が進むごとにこの馬らしい柔らかみも出てきました。先週の1週前追い切りを終えたところでは、良くなったなという感じがありました」

(今朝はミルコ・デムーロ騎手が騎乗しての追い切りだった)
「今回久しぶりの騎乗になるので、馬の感触を掴んでくれればというのと、先週もう少しやっておきたかったというのもあったので、ジョッキーが乗れるところでしっかりやれればと思っていました。前半からある程度しっかりしたラップを刻んでいけて、最後も余力ある感じで伸びてきました。いい動きだったと思います」

(現在の状態としては)
「休み明けももともと走ってくれますし、どうしても間があくので一戦一戦しっかり仕上げて臨むタイプではありますが、先週今週の感じであればしっかりこの力を出せるのではないかと思っています」

(今回は新馬戦以来となる中山コース)
「ここ2戦は2000メートルで戦っていて、2200メートルはきっと競馬がしやすいでしょうし、パワーアップしてくれているので、現状でどういうパフォーマンスをしてくれるのか楽しみです」

(改めて、レースへの見通しを)
「春シーズンに活躍した馬も出てくるので、しっかりした状態で送り出して、この馬の良さを皆様の前でお見せできるようにと思っています」

(取材:小塚歩)

【神戸新聞杯】美浦レポート キングストンボーイ [News] [News]
2021/09/22(水) 15:17

26日(日)中京競馬場で行われる神戸新聞杯(GII)に出走するキングストンボーイ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)について、関係者のコメントは以下の通り。

キングストンボーイについて藤沢和雄調教師
※追い切りは木曜日

(青葉賞を振り返って)
「とてもいいレースで、頑張ってくれたのですが、少し及びませんでした」

(その後、ダービーの権利を取りながら休養へ)
「2400メートルを使ったあと、短期間でもう一度というのは辛そうに思えたので、秋に備えて休養に入りました」

(夏を越して、成長したところは)
「使い出しの頃からみるとずいぶん大人になってきました。青葉賞のときも良かったのですが、気持ちの部分は春より一段とたくましくなりましたし、馬体重も今現在で10キロぐらい増えています」

(神戸新聞杯に向けての調整は)
「牧場でも十分に乗り込んでいたということで、1ヶ月ほど前に入厩しました。そのあとはこのレースに向けて徐々にペースアップしてきて、順調に来ています」

(中京コースに関して)
「デビュー戦で一度だけ右回りを走って、あとは東京での出走でした。今回も東京と同じ左回りで、特に問題はないと思います」

(ダービー上位組とは共同通信杯で接戦を演じていた)
「その時期はそれほど差のない競馬をさせてもらっていました。今回どれくらい成長しているのか、競馬を楽しみにしています」

(取材:小塚歩)

武豊騎手、凱旋門賞騎乗へ海外渡航届を提出 [News] [News]
2021/09/22(水) 12:12

JRAは今日、武豊騎手が凱旋門賞騎乗のためフランスへの海外渡航届を提出したと発表した。期間は9月29日(水)から10月5日(火)までとなっている。

(JRA発表による)

全11件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]