【セントライト記念】栗東レポート ヴィクティファルス [News] [News]
2021/09/15(水) 14:36

9月20日(月)に中山競馬場で行われるセントライト記念(GII)に出走予定のヴィクティファルス(牡3)について、15日の池添学調教師のコメントは以下の通り。(追い切りは16日の予定)

「(前走は)着順こそ良くなかったんですが、直線半ばまでは競馬に参加していましたし、最後の伸び負けというか、力が足りなかったのもこれからの成長で補っていければと思いました。

(春に比べ)馬体重が大きく増えたり、大きな変わり身という感じはなかったんですが、肩回りの幅がさらに出ました。馬の精神状況がしっかりして、春の疲れが取れて、良い意味で落ち着いているなと思います。

春は無理をさせたと思います。4戦連続で関東圏へ輸送して競馬をしたので、ダービーや皐月賞の前は馬がピリピリしていましたが、(そのあたりは)解消されたと思います。春に比べて乗りやすくなっています。結構噛むところがあったんですが、今はふわっと走れて、かつ競馬が近づいて馬も気合いが乗っていると感じています。

先週は(Cウッドで)3頭併せの一番後ろで折り合いをつけて、最後は内を回す形だったんですけれども、相手の2頭もオープン馬とポテンシャルの高い馬と併せて、レベルの高い併せ馬ができたんじゃないかなと思います。最後のもうひと伸びは、この馬にとっての課題というか、瞬発力があって仕掛けての反応も早いんですが、持続力はこれからもっと良くなってほしいと思います。

明日(16日)は坂路で追い切ります。先週の時点で身体は仕上がっていますし、疲労を残さないために、時計自体はそれほど速いものはいらないと思うのでリズム良く走った分、終いしっかり反応できる内容で行きたいと思います。

(このレースを選んだのは)右回りということもありますし、中山ではスプリングSを勝っていてコース相性も良く、あとは相手関係を見ながら、という感じです。

春の大舞台の着順は足りない部分があるので、馬の成長力、あとはコンディションが万全でないと相手にされないと思いますが、うまく調整できたなと思います。(武器は)最後の瞬発力、それを引き出すのは道中の折り合いが鍵になると思います。そこは騎手も良く分かっていると思います。

秋の最後の一冠を目指すかどうか、このレースの内容で決めようと思っています。春の悔しい思いを払拭してもらおうと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【セントライト記念】栗東レポート ルペルカーリア [News] [News]
2021/09/15(水) 14:35

9月20日(月)に中山競馬場で行われるセントライト記念(GII)に出走予定のルペルカーリア(牡3)について、15日の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。(追い切りは16日の予定)

「(前走は)良い形で運んだと思うんですが、最後にモタれるところを見せまして、差されはしましたが、最後まで力を見せてくれたと思います。

前走後は北海道のノーザンファームに出しまして、お盆前に栗東へ戻ってきました。暑さや天候不順もありましたが、順調に来たと思います。春はトモが緩いところがあったんですが、それも解消されて、トモにも力がついてきて、調教の動きをみると動きが良かった春以上に良くなってきていると思います。

競馬に行ってテンションの上がるような馬ではないので、中間も北海道を往復しているように(輸送は)問題ないと思います。

前進気勢旺盛な馬なので、馬込みに挟まれるよりも自分でスムーズな競馬が出来れば良いなと思います。

どちらかといえばパワータイプの馬なので、若干渋った方が良いのかな、という気はします。コーナーがたくさんあるので折り合いもつきやすいと思いますので、トリッキーなコースですがこの馬には乗りやすいんじゃないかと思います。

菊花賞はさらに距離が延びますので、ここで折り合いもついて終いも伸びるような、3000㍍に対応できる内容であったらと思います。

兄弟3頭がGI馬で、お兄さんが獲った菊花賞で兄弟4頭目のGI制覇を目指したいと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【ローズS】栗東レポート オヌール [News] [News]
2021/09/15(水) 14:34

9月19日(日)に中京競馬場で行われるローズS(GII)に出走予定のオヌール(牝3)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

「春はまだ成長途上という感じと、きついローテーションだったので(前走は)力を発揮できなかったかなと思います。前走後は北海道の社台ファームに戻りまして、8月1週に山元トレセン、グリーンウッドを経由して栗東に戻ってきました。入厩当初は10日間くらい楽をさせながら徐々にペースを上げていって、ここまで良い感じで来ています。

1週前の追い切りは変則になりましたが、日曜日に左回りでしっかりやりました。今日は川田騎手が乗って、Cウッドでサッと伸ばして良い追い切りだったと思います。川田騎手からは『春に比べてパワーアップしている』という感じのコメントはいただきました。体重は数字的にそれほど増えていないと思いますが、見た感じもしっかりしてきていますし、いつも乗っている助手の話を聞いても『動きがダイナミックになって良くなっている』ということなので、成長は実感しています。

この馬の場合、母系の良いところも引き継いでいますし、お父さんであるディープインパクトの軽くて柔らかいところも引き継いでいるような、走ってきそうな良い馬だと思います。

競馬に行って乗り難しくはないと思いますので、(1周競馬は)問題ないと思います。

望むところは良い馬場でやりたいのですが、どんな馬場でも力を出してくれると思います。

枠順はどこでも良いですが、スムーズなリズムの良い感じになれば良いなと思います。

春はなかなか力を出せませんでしたが、ひと夏越して身体も良くなっているので、最後の一冠目指して頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【ローズS】栗東レポート タガノパッション [News] [News]
2021/09/15(水) 14:33

9月19日(日)に中京競馬場で行われるローズS(GII)に出走予定のタガノパッション(牝3)について、追い切り後の鮫島一歩調教師のコメントは以下の通り。

「オークスに至るまでがハードなローテーションで心配していましたが、(オークスは)最速の上がりで良かったと思います。

(中間は)オーナーの育成場に帰して疲れを癒して、こちらには8月19日に戻ってきました。今日の追い切りを入れると、15-15も含めて9本やりました。先週の日曜日もそれほどやるつもりではなかったんですが、サーッと53秒くらいが出ましたので、今回は終い重点でやりました。岩田(康誠)くんが上がってきて話をしていたんですが、スイッチが入りやすいというか、いつも追い切りをしているCウッドコースだと、ちょっと合図を送るとオンになってしまう、という話をしていました。レースでもふわっと乗ってこられれば良いんじゃないかなと思います。

帰ってきた時は結構ふっくらとしていたんですが、かなり(調教を)やりましたので、ちょっとのプラス体重くらいかなと思います。

普段はおとなしいんですが、ちょっとしたことでスイッチが入ってしまうので気を付けて管理しています。

東京でも勝っていて、左回り右回りは関係ないのかなと思います。初戦は負けましたが、(上がり)33秒0の脚を使っているので、終いを活かす競馬が出来れば良いのかなと思います。

(枠順や馬場状態は)運を天に任せて、ジョッキーに任せていければと思います。

(岩田康誠騎手からは)初戦からこの馬は走る、というコメントをいただいていて、中間も乗ってもらっていますので、コンタクトも取っていますからあとは任せるだけですね。

春はいろいろありまして、GIでも頑張ってくれました。今回は中間にリフレッシュして、万全の態勢でここを叩いて本番、という形で行けると思います。最高のパフォーマンスを僕自身も期待しています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【ローズS】栗東レポート アールドヴィーヴル [News] [News]
2021/09/15(水) 14:33

9月19日(日)に中京競馬場で行われるローズS(GII)に出走予定のアールドヴィーヴル(牝3)について、追い切り後の今野貞一調教師のコメントは以下の通り。

「(前走は)体重をキープしながら完成手前の中、順調に競馬まで行ってくれまして、本番も厳しい条件だったと思いますが、一生懸命走ってくれて、精神力の強い子だな、と思いました。身体は完成途上でしたが、気持ちの真面目さと精神力の強さ、レースセンスの良さで頑張ってくれたと思います。調教では行きたがるところがありましたし、まだ身体のバランスが出来切っていませんので、(折り合いは)難しいところはあるかもしれないと思っていましたが、上手に走ってくれました。

オークスの後は北海道のノーザンファームで放牧させて、ゆっくり身体を膨らませてもらって、8月20日に帰厩しました。輸送で身体を減らしましたが、今日まで変わらず442キロで来ています。少し大きくなったというか、身体の丸み、厚みが出てきたと思います。夏に膨らませてゆっくりさせていただいたので、多少緩いかなというところがあり、1週前は強めにやって、予定より時計は速くなりましたが、その後も順調で良かったです。

(今日は)折り合いの確認、動きの確認をして、予定より少し速くなりましたが、松山騎手と『非常に良い動きで良い仕上がりだな』と話していました。体質面と相まって、飼い食いも変わりなく良いですし、良くなったなと思います。

当日輸送で多少減ると思いますが、430キロ台で出られると思います。飼い葉の食い自体はそれほど変わらず、極端に食べなかったりして苦労することはないんですが、あとは成長のものかなと思います。

(今回は)左回りも良いですし、距離もちょうど良いと思います。展開的に向いてくれるか多少気になりますが、松山騎手に任せておけば良いかなと思います。桜花賞は速すぎて(馬場が)合ってなかったと思いますし、新馬戦で重い馬場も経験しています。重い坂路でも簡単に時計が出ますので、渋ってもむしろ良いのかなと思います。

夏は順調に過ごせまして、少し成長した姿をお見せできるかと思います。ここを良い形で走ってもらえたら、本番に楽しみな形で向かえるかと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【ローズS】栗東レポート アンドヴァラナウト [News] [News]
2021/09/15(水) 14:32

9月19日(日)に中京競馬場で行われるローズS(GII)に出走予定のアンドヴァラナウト(牝3)について、追い切り後の池添学調教師のコメントは以下の通り。

「1600メートルでもハミを噛むところがあるので、(前走は)初めての2000メートルで不安はありましたが、今後に向けて試さないといけないと思っていました。こちらが思っていたより良い内容だったと思います。口向きもだいぶ改善されていますし、馬自身もしっかりしてきたと思います。

前走後はノーザンファームしがらきでリフレッシュさせました。強い調教のいらない馬なので、本追い切りは2本ですが、やれば動く馬なので、そこだけ気を付けながらあまりやりすぎず、うまく調整できたと思います。

動き自体は全く問題ないですし、(今日の追い切りは)最初に折り合いをつけて、溜まった分だけ最後は気分良く走らせました。終いの時計も良かったですし、道中の折り合いも問題なかったと思います。やろうと思えばもっと動けますが、折り合い面と気持ち、馬の精神状況を考えて、この馬としては控えめというか、考えてやった上での時計ですね。

スタートがすごく上手な馬で前にもつけられますし、自分で競馬を組み立てられます。逆にスタートが速すぎてハナに行ったり、最後に甘くなったりしたんですが、前走はしっかり福永さんも考えて乗ってくれて、良い内容の競馬が出来ました。これから成長すると思いますが、これだけ堅実に走ってくるのでポテンシャルはすごく高いと感じています。

(今回は)コーナー4つで走るのが初めてで、唯一の不安はそういったところくらいですね。あとは全く心配していません。スタートが上手なので良いポジションを取って、でもハナに行ってしまうと前走のような溜めが作れるかという不安があるので、出たなりで好位で競馬してもらえれば良いかなと思います。あとは枠順を見て、ジョッキーがしっかり考えて乗ってくれると思います。

(今の馬場は)この馬にとってプラスになると思います。あとは渋らないことを祈るだけです。(道悪は)経験したことがないのですが、気持ちが強い馬なのでそうなったとしても力を出してくれると信じています。

秋華賞を見据えて、というよりはもっと先に良くなる馬だと思うので、今回結果が出て、馬もダメージがなければ(秋華賞へ)向かいたいと思います。無理をして馬の成長を妨げないようにしたいと思います。

血統的にもものすごく期待していますし、こちらが思っていたようにどんどん成長しています。その上で結果が出るように頑張ってもらいたいと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【ローズS】栗東レポート イリマ [News] [News]
2021/09/15(水) 14:32

9月19日(日)に中京競馬場で行われるローズS(GII)に出走予定のイリマ(牝3)について、15日の高橋亮調教師のコメントは以下の通り。(追い切りは16日の予定)

「(初勝利に)時間がかかったんですが、未勝利戦は速い時計、良い内容で勝ってくれましたので、(前走で)クラスが上がっても良い競馬をしてくれるんじゃないか、と思っていました。(前走の)内容は良かったと思います。同じジョッキーが乗ってきていて特性も掴んでくれていたので、スタートも含めて心配せず見ていましたが、長く脚を使うタイプでそれを活かしてレースを組み立ててくれて良かったと思います。

だいぶ体質的にも丈夫になってきました。前走の内容からも秋華賞トライアルをどこか使えればと思っていました。(中間は)反動もなく順調に過ごしています。(前走後は)トレセンに在厩していました。

ここのところ1週前に強い追い切りをして、当週は整える程度の軽い追い切りで結果を出しているので、今回も同じ調整過程で行こうと思っていました。(1週前は)併走で芝コースで追い切ったんですが、しっかり動けていましたし順調だと思いました。明日は速い時計を出すつもりはないので、確かめる程度ですね。コンスタントに使っていますが、ローテーション的には詰めて使っていなくて、大山ヒルズで短期にケアもしてもらって、コンディションは悪くないのでそのあたりは心配していません。

長く脚を使うタイプなので(コースは)気にしていません。先週(の中京芝)は時計が速かったのですが、週末に台風が来るようで馬場がどうなるか分かりません。ですが、いろんな馬場で走っているのであまり心配はしていません。

まだまだ体質的にも丈夫になってきて、馬は良くなると思うんですが、ここ2戦が強い内容だったので、どれだけ強いメンバーでやれるか見てみたいです。

ここ2戦が楽しみの出るレースだったので、結果が良ければ本番に向かいたいと思っています。どういうレースか楽しみにしています」

(取材:山本直)

【ローズS】栗東レポート ストゥーティ [News] [News]
2021/09/15(水) 14:31

9月19日(日)に中京競馬場で行われるローズS(GII)に出走予定のストゥーティ(牝3)について、追い切り後の奥村豊調教師のコメントは以下の通り。

「春のレースに比べ距離が延びて、(前走は)2回目の1周競馬でしたがよく対応してくれたと思います。馬場が重い状態でしたが、そういった馬場でもしっかり走れて良いポジションが取れました。前走後はノーザンファームしがらきに置いて、短期リフレッシュを挟んで栗東に帰ってきました。夏場も2走しましたし、大きく変化はありませんが体調は良いかなと感じています。

前走からそれほど時間が経っていませんし、先週はしっかり動けていましたので、今日はジョッキーに感触を確かめてもらう程度の追い切りにしました。非常に調教もレースも一生懸命で調整はしやすいですね。ここまでも思った通りの調教は出来ています。

デビュー当時からレースが上手、馬場も展開も問わない馬なので、力を出し切れているのがこの馬の強みだと思います。普段からしっかり休むところは休めますし、調教でもオンとオフの切り替えがしっかりしていて、メリハリがついています。僕らが考えないといけないところは少ないと思います。頭の良い馬だな、と思いますね。

展開や馬場を問わず力を出し切れるので、中京でも心配はありません。前走から距離延長になりますが、これに対応して結果が伴ってくれば、次走に向けて大きな期待を持っていけるんじゃないかな、と思いますので、楽しみな一戦です。どのポジションからでも競馬ができますので、スタートを切ってからのジョッキーの判断に任せたいと思います。

ここまでお母さんとよく似た過程を踏んでいますが、お母さん同様に次につながる競馬になれば、と思います」

(取材:山本直)

ロジクライ競走馬登録抹消、種牡馬へ [News] [News]
2021/09/15(水) 14:24

2018年の富士ステークス(GIII)などに優勝したロジクライ(牡8歳 栗東・須貝尚介厩舎)は、9月15日付けで競走馬登録を抹消した。今後は、北海道沙流郡日高町のヴェルサイユファームで種牡馬となる予定。

JRA通算成績は28戦5勝、重賞は2016年日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)、2018年富士ステークス(GIII)の2勝。

(JRA発表)

【セントライト記念】美浦レポート ヴェイルネビュラ [News] [News]
2021/09/15(水) 12:27

9月20日(月)に中山競馬場で行われる第75回セントライト記念(GII)に登録しているヴェイルネビュラ(牡3、美浦・大竹正博厩舎)について、追い切り後の岩藤和裕調教助手のコメントは以下の通り。

(前走のラジオNIKKEI賞10着を振り返って)
「枠が外目でしたし、ダッシュもつかなくてコーナーまでに良いポジションを取れなくて、少し後ろからの競馬になってしまいました。思っていたよりも後ろになってしまったなという競馬でした」

(前走後の調整について)
「ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました。休ませ過ぎず乗っていただいていたので、このレースから逆算して入厩したような感じです」

(最終追い切りを振り返って)
「故障馬がいてウッドチップコースが閉まっていたということなので、急遽本馬場で追い切りをしました。乗っていたジョッキーは軽くて良い動きでしたと言っていました」

(今回のレースに向けて)
「以前はかなり気が勝っていたので、ペースが遅くなると馬とケンカしてしまうところがありました。ここ最近ではどうも馬が渋くなっていて、距離が短いと逆に良いポジションを取れなくなってしまうので、条件を変えて良い所が出ればなと思っています。
相手関係もありますが、この馬の適性などを見極める意味でも何か今後のきっかけとなるようなレースをしてくれればなと思います。
(大野騎手には 今日追い切りに乗ってもらったので、いろいろイメージを膨らませていただいて、力を出してくれるような騎乗をしてくれればなと思います。
舞台は大きく変わるのですが、何か今後のレース選択のきっかけになるような良い走りをしてくれればと思います。応援お願いします」

(取材︰米田元気)

全17件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]