新型コロナウイルスの感染者の発生について [News] [News]
2021/08/31(火) 16:57

JRAは今日31日、栗東トレーニングセンターに所属する厩舎従業員1名について、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。当該従業員は現在、隔離のうえ療養措置となっている。今後は、所轄保健所等と連携し、感染拡大の防止に取り組んでいく。

また、9月4日(土)以降の中央競馬については、引き続き感染拡大防止の措置を徹底しつつ開催する。


【凱旋門賞】(10月3日・パリロンシャン)今年もJRAによる勝馬投票券発売が決定 [News] [News]
2021/08/30(月) 14:32

JRAは、10月3日(日)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)の勝馬投票券を発売することを発表した。なお、このレースにはクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)とディープボンド(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎)が出走を予定している。詳細は以下の通り。

<発売レース>
凱旋門賞(G1・芝2400m、3歳以上牡・牝)
10月3日(日)23時05分(現地時間16時05分)発走予定
※発走予定時刻は変更になる場合がある。

<発売方法・発売時間>
(1)インターネット投票
「即PAT会員」および「A-PAT会員」が対象。

発売開始時刻 10月3日(日)7時00分
発売締切時刻 レースの発走予定時刻の2分前まで

(2)UMACA投票(キャッシュレス)
当日に中央競馬の発売を行う競馬場・ウインズ等での「UMACA投票機」で発売する。

※UMACA投票の利用には会員登録が必要。登録の際には、生年月日を確認できる身分証提示が必要となる。

発売開始時刻 10月3日(日) 各事業所の発売開始時刻
発売締切時刻 営業終了時刻まで

<発売式別>
「単勝」「複勝」「馬連」「ワイド」「馬単」「3連複」「3連単」の7式別を発売する。
※枠連およびWIN5は発売しない。

<払戻率・払戻金への上乗せ>
・独立プール方式での発売のため日本国内独自のオッズとなる。
・払戻率は国内における勝馬投票券と同様で、JRAプラス10(2号給付金)の対象レースとなる。

<情報提供>
・JRAホームページで出馬表、オッズ、レース結果、払戻金等の情報提供を行う。
・施設内でのレース映像の放映は行わない。

(JRA発表による)

【小倉2歳S】ナムラクレアなど13頭が登録 [News] [News]
2021/08/29(日) 18:24

9月5日(日)、小倉競馬場で行われる第41回小倉2歳ステークス(2歳GIII・芝1200m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない。

【登録頭数:13頭】(フルゲート:18頭)

ナムラクレア
アネゴハダ
シュンメキラリ
ショウナンマッハ
スリーパーダ

ソリッドグロウ
タイセイブリリオ
ブレスレスリー
ホワイトターフ
インプロバイザー

エトワールジェンヌ
アドヴァイス
デュガ

【新潟記念】ギベオンなど18頭が登録 [News] [News]
2021/08/29(日) 18:20

9月5日(日)、新潟競馬場で行われる第57回新潟記念(3歳以上GIII・芝2000m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない。

【登録頭数:18頭】(フルゲート:18頭)

ギベオン
トーセンスーリヤ
ザダル
リアアメリア
サトノアーサー

ラーゴム
ショウナンバルディ
マイネルサーパス
ヤシャマル
アドマイヤポラリス

エフェクトオン
パルティアーモ
サトノクロニクル
ラインベック
マイネルファンロン

クラヴェル
プレシャスブルー
レッドサイオン

【札幌2歳S】トーセンヴァンノなど13頭が登録 [News] [News]
2021/08/29(日) 18:15

9月4日(土)、札幌競馬場で行われる第56回札幌2歳ステークス(2歳GIII・芝1800m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない。

【登録頭数:13頭】(フルゲート:14頭)

トーセンヴァンノ
オンリーオピニオン
クリノメガミエース
ジオグリフ
スカイフォール

ダークエクリプス
トップキャスト
ユキノオウジサマ
リューベック
アスクワイルドモア

エーティーマクフィ
モチベーション
レモンケーキ

2021年サマーシリーズポイントランキング [News] [News]
2021/08/29(日) 18:06

2021サマースプリントシリーズのポイントランキングは以下の通り

【第5戦キーンランドカップ終了時点】
1位 ファストフォース  15ポイント
2位 ヨカヨカ      12ポイント
3位 オールアットワンス 10ポイント
3位 ビアンフェ     10ポイント
3位 レイハリア     10ポイント


2021サマージョッキーズシリーズのポイントランキングは以下の通り

【第12戦キーンランドカップ終了時点】
1位 鮫島克駿 26ポイント
2位 川田将雅 24ポイント
3位 幸英明  19ポイント
3位 横山和生 19ポイント
5位 松山弘平 18ポイント

【支笏湖特別】(札幌)人気のラヴユーライヴが逃げ切る [News] [News]
2021/08/29(日) 17:59

札幌12Rの支笏湖特別(3歳以上2勝クラス・芝1800m)は1番人気ラヴユーライヴ(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒6(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気ヴィオリーナ、さらにハナ差の3着に2番人気ギャラントウォリアが入った。

ラヴユーライヴは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー(母の父Storm Cat)。通算成績は9戦3勝。

レース後のコメント
1着 ラヴユーライヴ(横山武史騎手)
「(これまでのレースを)色々見ていて、器用なタイプではないと思っていました。何が何でもというわけではなく、他が主張しなかったので逃げようと思いました。(素質を)まだ隠し持ってる感じがありますし、体が細いのがこれからの課題です。良いものを持っています」

2着 ヴィオリーナ(藤岡佑介騎手)
「淡々と流れていました。枠は良い所で、ブリンカーの効果もあって手応え良く運べました。最後はよく2着まで伸びてくれました。成長を感じます」

4着 プレトリア(横山和生騎手)
「距離を延ばして1500m、1800mときています。調教師からはズブくなっているという話でしたが、そんなことはありませんでした。終いはどれだけ脚を使えるかなと思っていました。4着に来ていますが、自分の力で勝つのはまだ遠いかもしれません。自分の形で競馬ができれば良いのではないでしょうか」

5着 サトノフォース(大野拓弥騎手)
「上手にスタートを切ってくれました。リズムが良かったのですが、3,4コーナーでノメってしまい手応えが悪くなってしまいました。パンパンの馬場なら違うと思います」

【小倉日経オープン】(小倉)プリンスリターンがゴール前で抜け出す [News] [News]
2021/08/29(日) 17:45

小倉11Rの小倉日経オープン(3歳以上オープン・芝1800m)は3番人気プリンスリターン(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒3(良)。半馬身差の2着に2番人気ダブルシャープ、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気ミスニューヨークが入った。

プリンスリターンは栗東・加用正厩舎の4歳牡馬で、父ストロングリターン、母プリンセスプライド(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は14戦3勝。

レース後のコメント
1着 プリンスリターン(松若風馬騎手)
「前回ゲートでうるさいところがありましたが、今日は冷静でした。良い雰囲気でゲートインができました。スタートのタイミングは良くありませんでしたが、上手くリカバリーできました。調教で能力のあることは分かっていたので結果を出せて良かったです。今日は本当にスムーズなレースができました」

3着 ミスニューヨーク(加藤祥太騎手)
「勝ち馬と同じところで折り合って、良い具合で運べました。しっかり脚が溜まっている感じはありました。最後もしっかりと脚を使ってくれていますが、ペースが落ち着きすぎたところがあるかもしれません」

4着 モアナアネラ(鮫島克駿騎手)
「前に行った時の方が結果が出ている馬です。(他に)行く馬が見当たらなかったので行きましたが、瞬発力勝負にはしたくありませんでした。時計の速い馬場で、手応えのあるうちに動かしていってセーフティーリードを取るようなイメージで乗りました。格上挑戦で頑張ってくれました」

【キーンランドカップ】(札幌)レイハリアが重賞連勝を決める [News] [News]
2021/08/29(日) 17:30

札幌11Rの第16回キーンランドカップ(3歳以上GIII・芝1200m)は3番人気レイハリア(亀田温心騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分9秒1(良)。アタマ差の2着に7番人気エイティーンガール、さらにクビ差の3着に9番人気セイウンコウセイが入った。

レイハリアは美浦・田島俊明厩舎の3歳牝馬で、父ロードカナロア、母ライトリーチューン(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は7戦4勝。

レース後のコメント
1着 レイハリア(亀田温心騎手)
「前走に続いて1頭良い脚で来ていたので、勝ったかどうかわかりませんでした。レース後に池添騎手から"勝ってるぞ"と言われて嬉しさがわいてきました。斤量が1番軽くて良い枠も当たりました。メイケイエールが途中から上がっていきましたが、控えて番手から行こうと思っていました。前に壁を作られてスムーズにいかなったところはありますが、もうひと踏ん張りしてくれました。最後はガムシャラに何も考えずに追っていました。この1勝で賞金を加算できましたし、今後の選択肢がひとつ増えました。楽しみです」

2着 エイティーンガール(横山和生騎手)
「悔しいです。調教からずっと乗せてもらい、良い対話が馬とできろようになっていました。返し馬からすごく落ち着いて競馬も馬と一緒に走れたのですが、相手は51キロと斤量差もありました。馬はしっかり走ってくれましたし頑張ってくれました」

3着 セイウンコウセイ(勝浦正樹騎手)
「窮屈なところもあり本当にスムーズではなかったと思いますが、それが最後の伸びにつながったのかどうかもわかりませんが、着差が着差ですから悔しい思いもあります。リラックスして走っていたのでよく伸びてくれたと思います。58キロで頑張ってくれました」

4着 カイザーメランジェ(菱田裕二騎手)
「ゲートの出次第でと考えていました。前回力のあるところを見せてくれていましたし、今日はすごく良い競馬をしてくれました」

5着 アストラエンブレム(吉田隼人騎手)
「小回りの1200mでもう少しついていきたかったのですが、内枠でしたし上手く立ち回れました。ここまで来ているのですからまだまだやれると思います」

7着 メイケイエール(武豊騎手)
「難しいですね。返し馬までは上手くいったのですが、輪乗りの時点で気が入りすぎていました。ゲートを出たので先行しましたが、4コーナーで手応えもない感じでした」

10着 ミッキーブリランテ(和田竜二騎手)
「スタートを出てくれてポジションは理想的でしたが、行きっぷりが悪かったです。前回のデキが良すぎた感じで、今日は馬が大人しすぎた感じです。今日は走りきれていない感じです」

11着 ジョーアラビカ(大野拓弥騎手)
「道中のリズムは良かったです。展開ひとつですね」

14着 ダイアトニック(池添謙一騎手)
「体は減っていましたが中身が休み明けという感じでした。一度使ってどこまで良くなるかですね」

15着 カツジ(横山武史騎手)
「道中の雰囲気は良かったのですが、直線に向いて手応えがありませんでした。斤量も重かったですし色々重なったのだと思います」

【新潟2歳S】(新潟)セリフォスが最内から抜け出し重賞制覇 [News] [News]
2021/08/29(日) 16:59

新潟11Rの第41回新潟2歳ステークス(2歳GIII・芝1600m)は3番人気セリフォス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒8(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気アライバル、さらに3/4馬身差の3着に2番人気オタルエバーが入った。

セリフォスは栗東・中内田充正厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母シーフロント(母の父Le Havre)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 セリフォス(川田将雅騎手)
「今日は装鞍所からテンションが高く、スタートが悪くて中団からリズムを取ることを重視していきました。返し馬の時から左に行きたがっていたので、枠も1番でしたから内を楽に走らせようと考えました。前半はあまり良い流れではありませんでしたが、能力の高さを見せてくれたと思います。無事に結果が出て何よりです。私自身としては今年のJRAの重賞勝ちがこれで13勝となりましたが、良い馬を乗せてもらっているからで、来週もまた頑張りたいと思います」

2着 アライバル(C.ルメール騎手)
「ハービンジャー産駒でこういう速い馬場では反応が遅く、エンジンがかかるのに時間がかかりました。ラスト150mではすごく良い脚でした。伸びしろがあります」

3着 オタルエバー(幸英明騎手)
「2番手からが理想でしたが、押し出されるように前へ行きました。折り合いはつきましたが、外回りの1600mで切れのある馬にやられてしまいました。能力の高い馬ですよ」

4着 コムストックロード(柴田大知騎手)
「良い競馬だったと思います。使うごとに競馬を覚えて精神面も強くなっています。これからが楽しみです」

5着 スタニングローズ(松山弘平騎手)
「スタートでつまずいて位置を取ることができませんでした。最後には良い脚を使っていますからスタートのロスが響きました。これから良くなってくると思います」

全227件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の10件 ]