【日経新春杯】登録馬~アドマイヤビルゴ、ヴェロックスなど22頭 [News] [News]
2021/01/11(月) 18:04

1月17日(日)、中京競馬場で行われる第68回日経新春杯(4歳以上GII・芝2200m)の登録馬は以下の通り。


【登録頭数:22頭】(フルゲート:18頭)
ダイワキャグニー
ヴェロックス
アドマイヤビルゴ
エアウィンザー
サトノインプレッサ

サトノソルタス
ワセダインブルー
サンレイポケット
ウインマイティー
タガノアスワド

ナイママ
ミスディレクション
リンディーホップ
レクセランス
ミスマンマミーア

マイネルファンロン
バレリオ
ロサグラウカ
クラージュゲリエ
レイホーロマンス

シンボ
ショウリュウイクゾ

【京成杯】登録馬~グラティアスなど17頭 [News] [News]
2021/01/11(月) 17:55

1月17日(日)、中山競馬場で行われる第61回京成杯(3歳GIII・芝2000m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない。


【登録頭数:17頭】(フルゲート:17頭)
アクセル
ヴァイスメテオール
ヴェローチェオロ
エイカイファントム
オンラインドリーム

グラティアス
スウィートブルーム
セルヴァン
タイソウ
タイムトゥヘヴン

タケルジャック
ディクテイター
テンバガー
プラチナトレジャー
ブラックロータス

ミヤビハイディ
ラカン

【愛知杯】登録馬~センテリュオなど26頭 [News] [News]
2021/01/11(月) 17:49

1月16日(土)、中京競馬場で行われる第58回愛知杯(4歳以上GIII・牝馬・芝2000m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:26頭】(フルゲート:18頭)
センテリュオ
マジックキャッスル
ウラヌスチャーム
デンコウアンジュ
シゲルピンクダイヤ

ランブリングアレー
ドナウデルタ
サトノガーネット
ディアンドル
サマーセント

アブレイズ
ナルハヤ
カセドラルベル
ウインマイティー
タガノアスワド

サトノダムゼル
リンディーホップ
レッドアステル
ミスマンマミーア
ブライティアレディ

ロサグラウカ
フィリアプーラ
レイホーロマンス
ムジカ
シャレード

ムーンライトナイト

【川崎記念】(27日、川崎)~JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2021/01/11(月) 17:32

1月27日(水)に川崎競馬場で行われる第70回川崎記念(JpnI、4歳以上、ダート2100m)に出走を予定しているJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
オメガパフューム (M.デムーロ)
ダノンファラオ  (川田将雅)
チュウワウィザード(未定)
デルマルーヴル  (吉田隼人)
ムイトオブリガード(未定)
ロードブレス   (未定)

補欠馬(予定騎手名)
ロードレガリス   (未定)
ハナズレジェンド  (未定)
ヒロイックテイル  (未定)
ケイアイパープル  (未定)
エイコーン     (未定)

【すばるS】(中京)テイエムサウスダンが直線半ばで抜け出すとそのままリードを保ち勝利 [News] [News]
2021/01/11(月) 17:21

中京11Rのすばるステークス(4歳以上オープン・リステッド・ダート1400m)は5番人気テイエムサウスダン(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4(良)。2馬身差の2着に7番人気アヴァンティスト、さらに3馬身半差の3着に9番人気ハーグリーブスが入った。

テイエムサウスダンは栗東・飯田雄三厩舎の4歳牡馬で、父サウスヴィグラス、母ムービングアウト(母の父Langfuhr)。通算成績は11戦5勝。

レース後のコメント
1着 テイエムサウスダン(浜中俊騎手)
「厩舎から揉まれると良くないと言われていましたが、外に行く馬がいて、揉まれないようにしようと乗りました。形は上手くいったと思います。思った以上に直線で弾けました。力のある馬だと感じました」

2着 アヴァンティスト(幸英明騎手)
「勝ち馬が強かったです。よく走っています。最後は前と脚色が同じになりましたが、後ろは離していますし、力をつけています」

4着 ブルベアイリーデ(M.デムーロ騎手)
「頑張りました。内枠で狭くて、気を使っていました」

5着 スリーグランド(松若風馬騎手)
「外枠で思った以上にペースが落ち着いてしまい、前残りになりました。このクラスでもやれます。最後はしっかり反応していました」

【フェアリーS】(中山)ファインルージュが馬場の真ん中鋭い末脚で差し切り重賞制覇 [News] [News]
2021/01/11(月) 17:15

中山11Rの第37回フェアリーステークス(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は3番人気ファインルージュ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒4(良)。2馬身半差の2着に8番人気ホウオウイクセル、さらに1馬身差の3着に6番人気ベッラノーヴァが入った。

ファインルージュは美浦・木村哲也厩舎の3歳牝馬で、父キズナ、母パシオンルージュ(母の父ボストンハーバー)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 ファインルージュ(C.ルメール騎手)
「最後まで良い脚を使ってくれました。強かったです。スタートで少し遅れて、後ろの位置になりましたが、少しずつポジションを上げて、直線も良い脚を使ってくれました。ポテンシャルの高い馬で、今日はライバルもいませんでした。賢い馬で、体も少し大きくなりました。GIレベルにいけそうな馬だと思います。GIレースはスタートが大事です。今後の課題はスタートです」

2着 ホウオウイクセル(丸田恭介騎手)
「スタートの良い馬です。道中燃えるところもありましたが、おさまりをつけて、スムーズな競馬ができました。ただ、向正面から3コーナーにかけて外を回ることになり、それがもったいなかったです。それでも賞金を加算することができました」

3着 ベッラノーヴァ(丸山元気騎手)
「レースを使って気持ちが入っていたので、我慢させる競馬をしました。ペースが流れていたら、結果も違っていたと思いますが、それでも終いの脚を生かすことできました」

4着 テンハッピーローズ(福永祐一騎手)
「スタートが良くて、思った以上に良い位置で競馬をすることになり、あの形だと上手くバランスを取ることが出来ません。それで外へ膨れ気味になって、少しずつ脚をそがれたのだと思います。馬込みに入れる形でないと、現状脚を溜められないのかもしれません」

5着 ネクストストーリー(杉原誠人騎手)
「デビューしてから1200m、1400m、そして今日の1600mと距離を延ばしながら良い競馬をしています。道中の折り合いもつきましたし、距離の幅が広がりました。器用さがありますね」

6着 タイニーロマンス(内田博幸騎手)
「メンバーを見てハナに行ってしまおうと思っていました。道中、外から来られてリズムを崩してしまい、ちょっともったいない競馬になりました。キャリア2戦目ですし、これからだと思います」

10着 クールキャット(津村明秀騎手)
「ペースが遅くて早めに動くことになりましたが、結果的に厳しい展開になりました。ゲートに課題があります」

WIN5史上最高払戻金を更新 [News] [News]
2021/01/11(月) 16:35

本日のWIN5払戻金は、4億8178万3190円(的中票数1票)となり、WIN5史上最高払戻金を更新した。

(JRA発表)

【寿S】(中京)伏兵ツーエムアロンソが激しい叩き合いを制す [News] [News]
2021/01/11(月) 16:29

中京10Rの寿ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2000m)は14番人気ツーエムアロンソ(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒4(良)。アタマ差の2着に2番人気ダノンマジェスティ、さらに1馬身半差の3着に8番人気シャフトオブライトが入った。

ツーエムアロンソは栗東・本田優厩舎の5歳牡馬で、父メイショウサムソン、母ビューティアイ(母の父アッミラーレ)。通算成績は18戦5勝。

レース後のコメント
1着 ツーエムアロンソ(高倉稜騎手)
「右回りだと、バランス的に内にささったりするので、左回りの方がいいかもと期待していました。自分のペースで行けましたし、馬場の良いところをバランスを保って通れました。最後、しっかり脚を使えていましたし、良い時に乗せてもらったと思います」

2着 ダノンマジェスティ(和田竜二騎手)
「ゲートで落ち着かず、あの位置になったことは仕方ありません。最後はさすがの脚でしたが、流れが途中から落ち着いてしまいました」

3着 シャフトオブライト(亀田温心騎手)
「スタートが決まりましたし、ペースも落とせました。ただ、馬場の内側が荒れていましたから、最後はその分だと思います」

4着 パラスアテナ(川田将雅騎手)
「聞いていたより落ち着きがありました。前半、進んで行けませんでしたし、直線も進路を作るのに時間がかかりましたが、初めての古馬との競馬を良い内容で走れたと思います」

5着 イルマタル(吉田豊騎手)
「初めて乗りましたが、乗りやすく、こういう競馬もできます。間を割る根性もあり、全然このクラスでもやれると思います」

【迎春S】(中山)ブラックマジックが向正面で先頭に立ちそのまま押し切ってOP入り [News] [News]
2021/01/11(月) 16:13

中山10Rの迎春ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2200m)は5番人気ブラックマジック(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分16秒7(良)。クビ差の2着に3番人気ウインキートス、さらにクビ差の3着に1番人気デゼルが入った。

ブラックマジックは美浦・戸田博文厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母ナイトマジック(母の父Sholokhov)。通算成績は10戦4勝。

レース後のコメント
1着 ブラックマジック(石橋脩騎手)
「馬がとにかく良くなっていました。スローな流れで、引っ張り切れない手応えだったので、途中から流れを作っていきました。最後まで余力十分で、馬も良くなっていて、これから楽しみです」

2着 ウインキートス(丹内祐次騎手)
「馬が落ち着いていました。スローな流れでも折り合いもつきました。今日は勝った馬がしぶとかったです」

3着 デゼル(福永祐一騎手)
「スタートは上手に出て、良い位置で競馬ができました。ただ、エンジンのかかりが遅くてコーナーの加速が鈍かったです。小回りコースでペースも遅く流れが向きませんでした」

4着 エアジーン(C.ルメール騎手)
「スタートで挟まれて後ろの位置になりました。それでも外から上手く上がって行くことができました」

【成田特別】(中山)外から早めに仕掛けたエコロドリームが直線抜け出して勝利 [News] [News]
2021/01/11(月) 16:04

中山9Rの成田特別(4歳以上2勝クラス・ダート2400m)は7番人気エコロドリーム(木幡巧也騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分37秒5(良)。2馬身差の2着に12番人気フラッシングジェム、さらに1馬身3/4差の3着に5番人気レッドエンヴィーが入った。

エコロドリームは美浦・岩戸孝樹厩舎の5歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母シーエンプレス(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は19戦3勝。

レース後のコメント
1着 エコロドリーム(木幡巧也騎手)
「折り合いがついてうまく息も入りましたし、向正面では良いタイミングで外へ出せました。この馬の脚の使い方から、前へ行くのが良いと思って動いて行きましたが、よく頑張ってくれました」

3着 レッドエンヴィー(横山武史騎手)
「テンに進んでいかず、追っ付けながらでしたが、勝負所でエンジンがかかると、終いはよく頑張ってくれました」

4着 リュードマン(田辺裕信騎手)
「前走は経済コースを通ってのもので、勝つにはまだ荷が重いです。それなりに来てはいますが、強気に攻めていけるように、もうワンパンチ、ツーパンチ欲しいところです」

5着 フリーフロー(丸田恭介騎手)
「この距離は良いですね。ペースを上げるところで、外へもたれてリズムが悪くなるので、そこが改善されれば良いと思います」

全15件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]