中山8Rの競走中止について [News] [News]
2021/01/09(土) 17:03

中山8レースで、8番ホウオウカーニバル(江田勇亮騎手)は、1周目5号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため、競走を中止した。また、4番エンシュラウド(五十嵐雄祐騎手)は、2周目1号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため、それぞれ競走を中止した。

8番
 馬:異状なし  
騎手:異状なし

4番
 馬:右肩甲骨々折 ※予後不良  
騎手:右鎖骨骨折

(JRA発表による)

【ニューイヤーS】(中山)伏兵ミッキーブリランテが混戦を制す [News] [News]
2021/01/09(土) 17:02

中山11Rのニューイヤーステークス(4歳以上オープン・リステッド・芝1600m)は14番人気ミッキーブリランテ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒2(良)。ハナ差の2着に2番人気アルーシャ、さらにクビ差の3着に5番人気ミラアイトーンが入った。

ミッキーブリランテは栗東・矢作芳人厩舎の5歳牡馬で、父ディープブリランテ、母エピックラヴ(母の父Dansili)。通算成績は20戦5勝。

レース後のコメント

1着 ミッキーブリランテ(内田博幸騎手)
「今日はスタートを普通に出てくれたのが一番の勝因でしょう。馬がやる気になっていました。もともと重賞でも頑張っていた馬ですし、これぐらい走れる力はある馬です」

2着 アルーシャ(C.ルメール騎手)
「一旦は先頭に立ったのですが、ゴール前あと10mで差し返されてしまいました。牝馬で57キロ。今日は斤量が厳しかったですね」

3着 ミラアイトーン(横山和生騎手)
「競馬としては文句なしです。中山の1600mも上手に器用にこなしてくれました。ずっと安定して走ってくれていますし、あとひと押しですね」

4着 サトノウィザード(鮫島良太騎手)
「中山の1600mは少し忙しい感じでした。途中から動いて行きたかったのですが、少しもたつく感じでした。直線は伸びていますし、良いポジションを取れていれば結果は違ったと思います」

明日の騎手変更(五十嵐雄祐騎手) [News] [News]
2021/01/09(土) 16:52

五十嵐雄祐騎手は落馬負傷のため、10日(日)の中山競馬で騎乗予定だった以下レースで騎手変更となった。

4R 6番 アバオアクー
五十嵐雄祐(60)→平沢健治(60) 

(JRAの発表による)

【淀短距離S】(中京)トゥラヴェスーラが内から鋭く抜け出し快勝 [News] [News]
2021/01/09(土) 16:31

中京11Rの淀短距離ステークス(4歳以上オープン・リステッド・芝1200m)は3番人気トゥラヴェスーラ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒2(良)。1馬身半差の2着に5番人気ナランフレグ、さらに1馬身差の3着に7番人気アンヴァルが入った。

トゥラヴェスーラは栗東・高橋康之厩舎の6歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母ジャジャマーチャン(母の父アドマイヤコジーン)。通算成績は18戦4勝。

レース後のコメント

1着 トゥラヴェスーラ(池添謙一騎手)
「内枠でロスなく進められました。直線で手応えがあって狭いところを割って伸びてくれました。良い勝ち方だったと思います」

2着 ナランフレグ(丸田恭介騎手)
「スタートの体勢は良くなかったのですが、思ったよりは出てくれました。こういう競馬をできて良かったです。立ち回りがスムーズでした。中京も合うのかなと思います」

3着 アンヴァル(藤岡康太騎手)
「スタートを出てくれてポジションは悪くなかったのですが、左回りのコーナーリングに戸惑ったのか、3コーナーから進みが悪くなってしまいました。そこからは促し通しなってしまいました。最後は脚を使っていますが...」

16着 アイラブテーラー(河内洋調教師)
「ゲートで突進して後ろに下がったところでゲートが開いてしまって...」

【濃尾特別】(中京)ソルトイブキが逃げ馬を捉え3勝目 [News] [News]
2021/01/09(土) 16:08

中京10Rの濃尾特別(4歳以上2勝クラス・ダート1800m)は7番人気ソルトイブキ(富田暁騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒8(良)。1馬身差の2着に8番人気タマモサンシーロ、さらに1馬身3/4差の3着に5番人気ゴールデンライオンが入った。

ソルトイブキは栗東・木原一良厩舎の5歳牡馬で、父ベルシャザール、母アイノココロ(母の父フジキセキ)。通算成績は16戦3勝。

レース後のコメント

1着 ソルトイブキ(富田暁騎手)
「一回使って馬も状態が上がっていました。今週の追い切りは馬なりでしたが、それくらいで十分な感じでした。今日は外枠も良かったと思います。スタートは出てくれて、良いポジションを取れました。そこで折り合ってラストは脚を使えました。相手なりに走れる馬なので、次クラスが上がっても楽しみな内容でした。最後ソラを使った分、まだ余力があったのでまた上のクラスでも楽しみです」

2着 タマモサンシーロ(亀田温心騎手)
「行きたい馬が何頭かいたのでもう少し速くなるかなと思ったのですが、思ったよりもペースが落とせましたし、直線に向いた時も前走より手応えが良かったので残るかなと思いました。こうやって競馬ができましたし、楽に前に行ければチャンスはあると思います」

3着 ゴールデンライオン(吉田隼人騎手)
「スタートしてから少しフワフワして、前半遊ばせながらでした。勝負どころでズブい所があります。最後はよく来てくれました。手前を替えるのがまだうまくありません。最後の最後は替えてくれましたが、それでここまで来るのですから力があります」

5着 メイショウヨカゼ(団野大成騎手)
「出たなりのリズムで運ぼうと思っていました。スムーズに運べましたし、終いも直線に向いてから脚は使えています。でもポジションが後ろになりましたし、坂もしんどくなった感じがありました。中京は前残りなので、阪神とかだったら面白いと思います」

木原一良調教師がJRA通算300勝達成 [News] [News]
2021/01/09(土) 15:58

中京10Rで、16番ソルトイブキ(富田暁騎手)が1着となり、同馬を管理する木原一良調教師(栗東)は、現役66人目となるJRA通算300勝を達成した。

木原一良調教師のコメント
「支えていただいているオーナー、スタッフ、ファンの方に感謝します。富田騎手がうまく折り合って、300勝を決めてくれました。このあとも一つ一つ積み重ねて頑張っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします」

(JRA発表による)

【初春S】(中山)アポロビビが外から豪快に突き抜け快勝 [News] [News]
2021/01/09(土) 15:49

中山10Rの初春ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1200m)は1番人気アポロビビ(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒4(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気コカボムクイーン、さらにアタマ差の3着に9番人気スピリットワンベルが入った。

アポロビビは美浦・中舘英二厩舎の5歳牡馬で、父アポロキングダム、母ウインドクラスト(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は13戦4勝。

レース後のコメント

1着 アポロビビ(吉田豊騎手)
「大外枠でゲートに最後に入る形が良かったです。外からやや強引に外を回る形でも仕方ないかなと思っていました。道中リラックスして終いの脚を使えるようになり、だいぶ競馬を覚えてきました」

3着 スピリットワンベル(野中悠太郎騎手)
「2回続けて同じ条件のレースを使えましたし、スタートを出て自分のペースで行けたのが良かったです」

4着 ジョーフォレスト(北村宏司騎手)
「伸び上がるようなスタートでしたが、その後は上手く流れに乗れました。手応えの良い勝ち馬にピッタリ来られましたが、進路ができてからは脚を使ってくれました。このクラスでもやれそうです」

【黒竹賞】(中山)ティアップリオンが逃げ切り2勝目 [News] [News]
2021/01/09(土) 15:38

中山9Rの黒竹賞(3歳1勝クラス・ダート1800m)は8番人気ティアップリオン(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒3(良)。クビ差の2着に2番人気ディールクルム、さらに1馬身3/4差の3着に3番人気メイショウムラクモが入った。

ティアップリオンは美浦・奥平雅士厩舎の3歳牡馬で、父リオンディーズ、母ティアップレーヴ(母の父クロフネ)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント

1着 ティアップリオン(内田博幸騎手)
「今日はゲートを上手く出てくれて前へ行けましたし、リズム良く走ることができました。最後はフワフワしながらよく粘ってくれました。テンションの高いところはありますが、先々が楽しみです」

2着 ディールクルム(三浦皇成騎手)
「前回よりゲートを出てくれましたし、今日は初めて馬群の中に入っていくレースでしたが、そこからよく伸びてくれました。展開ひとつで勝てる力があります。ここに来て力をつけています」

4着 ショウリノカンパイ(田中勝春騎手)
「ようやくこの馬の力を出せるようになってきました。ゲートをスムーズに出ましたし、競馬を覚えてきているようです。今日は次につながるレースができました」

5着 ピースマッチング(C.ルメール騎手)
「良いレースをしてくれたのですが、前回と違って今日は外に出してから伸びる脚がありませんでした」

【鳥羽特別】(中京)スワーヴシャルルが逃げて突き放す強い競馬で4勝目 [News] [News]
2021/01/09(土) 15:25

中京9Rの鳥羽特別(4歳以上2勝クラス・芝1200m)は2番人気スワーヴシャルル(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒7(良)。2馬身差の2着に1番人気ビップウインク、さらに3/4馬身差の3着に6番人気ライバーバードが入った。

スワーヴシャルルは栗東・安田隆行厩舎の5歳牡馬で、父ロードカナロア、母キングスローズ(母の父Redoute’s Choice)。通算成績は12戦4勝。

レース後のコメント

1着 スワーヴシャルル(福永祐一騎手)
「太目は感じませんでした。返し馬での芝のフットワークも良かったです。完勝でした。良いスピードがあります」

3着 ライバーバード(岩田望来騎手)
「いい感じで競馬を進められました。終いは脚を使っています。上位2頭が抜けていましたね」

5着 ディヴィナシオン(和田竜二騎手)
「ペースが流れて欲しかったです。このクラスでもやれますし、進路を探すほどの余裕もありましたが、自分では展開を作れませんでした」

【中山新春ジャンプS】(中山)スマートアペックスが7馬身差の圧勝で4勝目 [News] [News]
2021/01/09(土) 14:59

中山8Rの中山新春ジャンプステークス(障害4歳以上オープン・芝→ダート3200m)は1番人気スマートアペックス(中村将之騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分32秒9(良)。7馬身差の2着に2番人気マサハヤドリーム、さらに3馬身差の3着に5番人気ケイティクレバーが入った。

スマートアペックスは栗東・浅見秀一厩舎の4歳牡馬で、父ハーツクライ、母スマートムービー(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は19戦4勝。

レース後のコメント

1着 スマートアペックス(中村将之騎手)
「ややスムーズさを欠くレースではありましたが、手応えが違い過ぎました。完成の域に近づいてきていますが、まだまだ良くなりそうです。もっと上を目指したいです」

2着 マサハヤドリーム(森一馬騎手)
「徐々に落ち着きが出てきた分、飛越も安定してきました。勝った馬は強かったですが、この馬自身も安定してきてくれているので、引き続き成長していけたらと思います」

3着 ケイティクレバー(平沢健治騎手)
「バンケットが上手ではなく、ロスがありました。状態が良く、最後も頑張っていただけにもったいなかったです」

全19件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]