【浦和記念】(11月25日、浦和)JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2020/11/08(日) 18:03

11月25日(水)、浦和競馬場で行われる第41回浦和記念(3歳以上JpnII・ダート2000m)に出走予定のJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
ウェスタールンド(藤岡佑介)
ダノンファラオ(未定)
デルマルーヴル(戸崎圭太)
ヒストリーメイカー(未定)
ロードブレス(未定)

補欠馬(予定騎手名)
スワーヴアラミス(未定)
アナザートゥルース(C.ルメール)
メイショウカズサ(未定)
サクラアリュール(未定)
ダイシンインディー(未定)

【福島記念】登録馬 アドマイヤジャスタなど26頭 [News] [News]
2020/11/08(日) 17:53

11月15日(日)、福島競馬場で行われる第56回福島記念(3歳以上GIII・芝2000m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:26頭】(フルゲート:16頭)

賞金上位順

アドマイヤジャスタ
デンコウアンジュ
マイネルサーパス
テリトーリアル
ロードクエスト

トーラスジェミニ
レッドアネモス
ドゥオーモ
マイネルハニー
ワセダインブルー

コスモカレンドゥラ
バイオスパーク
ウインイクシード
レッドローゼス
ナイママ

抽選対象馬(1/2)

ヴァンケドミンゴ
ソロフレーズ

除外対象馬

マイネルファンロン
ドリームソルジャー
リープフラウミルヒ
ブレイキングドーン
パンサラッサ

アメリカズカップ
レイホーロマンス
スーパーブレイク
ナムラドノヴァン

【武蔵野S】登録馬 モズアスコットなど19頭 [News] [News]
2020/11/08(日) 17:46

11月14日(土)、東京競馬場で行われる第25回武蔵野ステークス(3歳以上GIII・ダート1600m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:19頭】(フルゲート:16頭)

賞金上位順

モズアスコット
サンライズノヴァ
タイムフライヤー
エアスピネル
スマートダンディー

ワンダーリーデル
ケンシンコウ
デュードヴァン
メイショウワザシ
レピアーウィット

オメガレインボー
ソリストサンダー
フィードバック
エメラルファイト
バティスティーニ

抽選対象馬(1/2)

スマートセラヴィー
ロードグラディオ

除外対象馬

モズダディー
ドリュウ

【京都ジャンプS】登録馬 オジュウチョウサンなど7頭 [News] [News]
2020/11/08(日) 17:37

11月14日(土)、阪神競馬場で行われる第22回京都ジャンプステークス(障害3歳以上J・GIII・芝3140m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない。

【登録頭数:7頭】(フルゲート:14頭)

オジュウチョウサン
スズカプレスト
タガノエスプレッソ
ブライトクォーツ
ビッグスモーキー

テイエムチェロキー
ニシノベイオウルフ

【デイリー杯2歳S】登録馬 カイザーノヴァ、ホウオウアマゾンなど12頭 [News] [News]
2020/11/08(日) 17:36

11月14日(土)、阪神競馬場で行われる第55回デイリー杯2歳S(2歳GII・芝1600m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない。

【登録頭数:12頭】(フルゲート:18頭)
 

賞金上位順

カイザーノヴァ
ホウオウアマゾン
コスモアシュラ
シティレインボー
スーパーウーパー

スーパーホープ
ヒトヨギリ
ピンクカメハメハ
ルクシオン
レッドベルオーブ

ワールドリバイバル
ビゾンテノブファロ

【マイルCS】登録馬 グランアレグリア、アドマイヤマーズなど17頭 [News] [News]
2020/11/08(日) 17:30

11月22日(日)、阪神競馬場で行われる第37回マイルチャンピオンシップ(3歳以上GI・芝1600m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない。

【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)

優先出走馬

ヴァンドギャルド
カツジ

賞金上位順

グランアレグリア
アドマイヤマーズ
サリオス
インディチャンプ
レシステンシア

ラウダシオン
サウンドキアラ
ペルシアンナイト
タイセイビジョン
ベステンダンク

スカーレットカラー
アウィルアウェイ
ケイアイノーテック
ブラックムーン
メイケイダイハード

【西郷特別】(福島)オヌシナニモノが外から抜け出し快勝 [News] [News]
2020/11/08(日) 17:22

福島12Rの西郷特別(3歳以上2勝クラス・ダート1150m)は2番人気オヌシナニモノ(斎藤新騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒7(良)。3/4馬身差の2着に10番人気トモジャドット、さらに半馬身差の3着に8番人気エターナルダイヤが入った。

オヌシナニモノは栗東・高橋義忠厩舎の3歳牡馬で、父カレンブラックヒル、母グラントリノ(母の父グランデラ)。通算成績は9戦3勝。

レース後のコメント

1着 オヌシナニモノ(斎藤新騎手)
「前走はハイペースでも頑張っていたので、内枠もあって主張しましたが、外の馬が速くて切りかえました。直線では外に出したら、しっかりと伸びました。良い内容でした」

2着 トモジャドット(菅原明良騎手)
「長期休養明けで本調子とは言えない状態でしたが、力のあるところを見せてくれました。ロケットスタートで良い位置も取れましたし、こういう競馬を続けていくとチャンスがあると思います」

3着 エターナルダイヤ(木幡初也騎手)
「昇級戦で速い馬がいると思って出たなりで進めようと思っていましたが、こちらのスピードが良くて楽に行けました。最後も頑張っています。順調に来ていますし、このクラスにもめどが立ちました」

【アルゼンチン共和国杯】(東京)オーソリティが混戦を断ち重賞2勝目 [News] [News]
2020/11/08(日) 17:14

東京11Rの第58回アルゼンチン共和国杯(3歳以上GII・芝2500m)は3番人気オーソリティ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分31秒6(良)。1馬身半差の2着に6番人気ラストドラフト、さらにクビ差の3着に9番人気サンアップルトンが入った。

オーソリティは美浦・木村哲也厩舎の3歳牡馬で、父オルフェーヴル、母ロザリンド(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は6戦4勝。

レース後のコメント

1着 オーソリティ(C.ルメール騎手)
「勝ててうれしいです。今日は休み明けでコンディションが少し心配でしたが、木村先生や厩舎スタッフのみなさんがすごく良い仕事をしてくれました。直線の手応えも良かったですし、長くいい脚を使って、すこしずつ加速していきました。坂を上ってトップスピードになって、ゴールまで止まりませんでした」

2着 ラストドラフト(戸崎圭太騎手)
「追い切りからフットワークの良い馬だなと思っていました。今日は位置取りは考えずに、リズム良く馬の気持ち重視で走らせました。内にささりながらも、最後までよく走ってくれました」

3着 サンアップルトン(柴田善臣騎手)
「課題はありますが、走りのバランスが良くなっています。いい感じで成長しているのを感じます」

4着 ユーキャンスマイル(友道康夫調教師)
「今日は休み明けで58キロ。外に出せればよかったのですが、直線では脚がなかったですね。次はJCなのでこれを使って良くなるでしょう」

5着 タイセイトレイル(坂井瑠星騎手)
「最近見せ場の無いレースが続いていましたが、今日はポジションを取りに行って、最後もよく伸びてくれました」

11着 オセアグレイト(三浦皇成騎手)
「このクラスに入ると2000mくらいがこの馬の良さが出ると思います。2500mは少し長いかもしれません」

17着 メイショウテンゲン(池添謙一騎手)
「体も減って、勝負所でペースが上がってもついて行けませんでした。今日はレースに集中していませんでした」

【みやこS】(阪神)クリンチャーが早め抜け出しダート重賞初制覇 [News] [News]
2020/11/08(日) 17:11

阪神11Rの第10回みやこステークス(3歳以上GIII・ダート1800m)は1番人気クリンチャー(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒9(良)。3馬身差の2着に4番人気ヒストリーメイカー、さらに4馬身差の3着に9番人気エイコーンが入った。

クリンチャーは栗東・宮本博厩舎の6歳牡馬で、父ディープスカイ、母ザフェイツ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は25戦4勝。

レース後のコメント

1着 クリンチャー(川田将雅騎手)
「無事に結果が出て何よりです。たくさんの映像を見て、この馬の特長を生かそうというレースを選択しました。とにかく持久力にたけた馬だろうというイメージを持ちましたし、返し馬で乗ってやはり瞬発力ではないということを感じました。それでこういうレースを選択しました。道中は終始やる気を持たせながら走らせたつもりではあるのですが、とてもいい雰囲気で走ってくれました。早め早めに動かしていって他の馬が脚を無くすような競馬をしたつもりなので、離したというよりみんなが苦しくなって下がっていくので、この馬は持久力で辛抱できるというイメージでした。まずは久しぶりに勝つことができて何よりでした。このまま無事に次に向かって行ければと思います」

2着 ヒストリーメイカー(北村友一騎手)
「調教の感じから、体調は良さそうだと思っていました。競馬の形も上手く行きましたし、4コーナーの手応えも良かったのですが、勝ち馬には離されてしまいました。そのあたりギアチェンジがもう少し上手くなればと思います」

3着 エイコーン(高倉稜騎手)
「もう少しついて行きたかったのですが、ついて行けず、しっかり走れるところで走りました。力はありますし、具合も上向いていますから展開ひとつだと思います」

4着 エアアルマス(松山弘平騎手)
「勝ち馬に早めに来られましたが、最後までよく頑張っています。この馬も良くなっています」

6着 テーオーエナジー(古川吉洋騎手)
「砂を被っても我慢してくれましたし、具合も戻ってきています」

7着 ナムラカメタロー(石川裕紀人騎手)
「スタートで少し後手を踏んで、位置取りが後ろになりました。そこでリズムを崩してしまったのだと思います」

8着 スワーヴアラミス(藤岡康太騎手)
「スタートは出てくれているのですが、二の脚がこの馬らしくない進みで、終始促しながらになって、最後まで反応のないままでした」

9着 ワイドファラオ(福永祐一騎手)
「返し馬から、前の硬さが目立ちましたし、いい時と比べると走りっぷりが今一つで、本来の走りではありませんでした」

10着 ベストタッチダウン(武豊騎手)
「楽なペースで前半入れましたし、良いかなと思いましたが3コーナー過ぎから手応えがなくなってしまいました。初めて乗ったのでよくわかりませんね」

斉藤崇史調教師、JRA通算100勝達成 [News] [News]
2020/11/08(日) 16:20

阪神3レースで、6番ディクテイター(北村友一騎手)が1着となり、同馬を管理する斉藤崇史調教師(栗東)は、現役155人目となるJRA通算100勝を達成した。

斉藤崇史調教師のコメント
「これまで支えてくれた馬主さん、牧場関係者、厩舎スタッフに感謝します。勝てずに終わってしまった馬もいるので、少しでも多く勝てるように頑張ります。これからもよろしくお願いします」

(JRA発表による)

全26件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]