【メルボルンC】(豪G1)アイルランドのトワイライトペイメントが勝利 [News] [News]
2020/11/04(水) 18:09

11月3日にオーストラリア・フレミントン競馬場で行われたメルボルンカップ(G1)は、J.マクニール騎手が騎乗したトワイライトペイメント(せん8、J.オブライエン厩舎)が3分17秒34のタイムで勝利した。2着はタイガーモスで、アイルランド調教馬のワンツーフィニッシュとなった。3着はイギリスのプリンスオブアランだった。

(JRA発表)

【アルゼンチン共和国杯】美浦レポート ラストドラフト [News] [News]
2020/11/04(水) 16:33

8日(日)に東京競馬場で行われるアルゼンチン共和国杯に出走を予定しているラストドラフト(牡4歳、美浦・戸田博文厩舎)について斎藤吉則調教助手のコメントは以下の通り。

「前走の中京でのレースは、内容は悪くはなかったのですが、久々でトップハンデ、そして軽い熱中症にもなっていたようで、あのレースについては度外視していいと思っています。幸いダメージはなかったようなのでこの中間は厩舎で調整してきました。順調にきています。

 先週は騎手に乗ってもらってある程度やってもらい、今朝の追い切りはポリトラックでの併せ馬でした。素軽い動きで反応も良く、時計的にもしっかりと動けています。前走を使って状態は上がっています。

 コースの回りに問題がある馬でもなく、今回はじっくりと乗れる広いコースなのでいいと思っています。ハンデは56キロで、前走から1キロ減るのでいいと思います。距離はこなせると思いますので、道中は馬の後ろにつけて折り合って終いは脚を使ってくれたらいいと考えています。能力はある馬ですが、最近はレースで力を発揮出来ていないので、ここで十分力を出して欲しいと思っています」

(取材:小林雅巳)

【アルゼンチン共和国杯】美浦レポート オセアグレイト [News] [News]
2020/11/04(水) 16:29

8日(日)に東京競馬場で行われるアルゼンチン共和国杯に出走を予定しているオセアグレイト(牡4歳、美浦・菊川正達厩舎)について菊川正達調教師のコメントは以下の通り。

「前走の七夕賞以来4ヶ月ぶりとなりますが、この中間は北海道の牧場に放牧に出して疲れを取って、いい状態で10月2日にトレセンに戻ってきました。

 ここ3週は併せてしっかりと負荷をかけて、今朝は騎手に乗ってもらい、だいたい出来上がっているので直線の反応を見てもらうという追い切りでした。自分からハミを取って前の馬を追い越して、ここまですごくいい感じできています。久々ですがフレッシュでいい状態です。また、過去に休み明けで走っているので休み明けは苦にしないタイプです。

 東京コースは走り慣れているので、今回は一番合っている条件だと思います。ハンデの55キロは少し見込まれたかなと思います。ステイヤーですが、前につけて直線で抜け出すといった器用な競馬も出来る馬で、レースについては騎手に任せます。このレースを勝った馬は次に大舞台へ進むことが多いので、この馬もしっかり結果を出して先に繋げられたらといいと思っています」

(取材:小林雅巳)

【京王杯2歳S】美浦レポート リンゴアメ [News] [News]
2020/11/04(水) 16:21

7日(土)に東京競馬場で行われる京王杯2歳ステークスに出走を予定しているリンゴアメ(牝2歳、美浦・菊川正達厩舎)について菊川正達調教師のコメントは以下の通り。

「まだ幼いところがあり、過去2戦ではそういった面を出しました。それでも勝つのですからたいしたものです。感心しています。前走の函館2歳ステークスでは接戦をものにしましたが、この馬の一番の良さが出たと思います。勝負根性を出してしっかり勝ってくれました。この勝負根性がセールスポイントです。

 前走後は牧場に出して、10月1日にこちらに戻ってきました。体もずいぶんと大きくなり、精神面でも少し大人になったという感じがします。気性は結構きついところのある馬ですが、レースではうまくコントロール出来ているので今回の1400メートルでもうまくレースが出来ると思っています。折り合い面での心配はありません。レースは騎手に任せますが、これまでのようにある程度の位置につけて、最後の直線で勝負根性を見せるようなレースが理想だと考えています。

 来月の阪神ジュベナイルフィリーズが一番の目標です。可愛い名前の馬ですが、名前とは裏腹にいい勝負根性を持っている馬です。ここでも負けん気の強さで頑張ってくれると思っています」

(取材:小林雅巳)

【京王杯2歳S】美浦レポート リフレイム [News] [News]
2020/11/04(水) 16:03

7日(土)に東京競馬場で行われる京王杯2歳ステークスに出走を予定しているリフレイム(牝2歳、美浦・黒岩陽一厩舎)について黒岩陽一調教師のコメントは以下の通り。

「デビュー戦が大外まで膨らんで走る形になったので、それが大きな課題だと考えて時間をかけて修正して前走の2戦目に臨みました。真っすぐ走ることをテーマとしていましたが、概ね真っすぐ走ってくれて、プラスアルファで前半我慢して最後しっかり脚を使ってくれたことはこちらが予想していた以上に上手なレースだったと思っています。しかし、一回上手に走れたからといって次またどうなるか、まだ課題は残っているので一回一回しっかり走れるように気をつけて調整しています。

 前走は3ヶ月ぶりのレースで、走った反動が気にはなりましたが、疲れはなく上積みはあると思います。精神面、気持ちの高ぶりについてはオンとオフがあり、落ち着きのある状態を保っています。厩舎ではおとなしくていい子です。

 今朝は北馬場のCコースを単走で追い切りました。しっかりとコースの真ん中を走れたことは良かったと思っています。気持ちの面でも集中力があり、息の入りも良く、体の硬さもなく、いい追い切りだったと思います。

 今回は重賞レースですが、真っすぐ走れるかという課題は残っているので、いかに前半のコーナリングまで力まずに走れるかがポイントだと考えています。現状では右回りコースの大きな舞台(阪神ジュベナイルフィリーズ)というのは考えづらいのですが、まずはこのレースをしっかり走ることによってその先を考えたいと思っています」

(取材:小林雅巳)

【ブリーダーズカップ】(米)ジャスパープリンス、ピンシャンの枠順決定後コメント [News] [News]
2020/11/04(水) 14:22

現地時間11月7日(土)にアメリカ・キーンランド競馬場で行われるブリーダーズカップスプリント(G1)に出走予定のジャスパープリンス、ブリーダーズカップダートマイル(G1)に出走予定のピンシャンについて、枠順決定後の関係者コメントは以下の通り。

・ジャスパープリンス(牡5、栗東・森秀行厩舎)
高野正貴調教助手のコメント
「ジャスパープリンスは14頭中13番枠ということで、できれば内枠が良かったとも思いますが、スタートから3コーナーにかけてバックストレッチ(向正面)を長く使えるので、様子を見ながら競馬ができると思います。また、アメリカは日本の砂質とは異なる"土"に似たダートで、外枠ならば経験したことのない"土"を被るリスクも少なく、そういった面では良かったと思います。他馬のスピードがどれくらいか分からない部分もありますが、ジャスパープリンスもスタートは遅くないので、内側の馬を見ながら競馬ができる良い枠を引いたのかなと思います」

・ピンシャン(牡3、栗東・森秀行厩舎)
高野正貴調教助手のコメント
「(現時点では補欠ということで)ピンシャンはレースに出走できるか分かりませんが、仮に出走できたとなると大外枠となり、ピンシャンも"土"を被った経験がないので外枠は悪くないと思います。ダートマイルは、スタートしてからすぐ1コーナーを迎えるので少し不利な面はあるかもしれませんが、内枠で揉まれるよりは外枠でスムーズな競馬ができるほうが良いと思います」

(JRA発表)

【ブリーダーズカップ】(米)ターフ、クラシックの出馬表 [News] [News]
2020/11/04(水) 14:12

現地時間11月7日(土)にアメリカ・ケンタッキー州のキーンランド競馬場で行われるブリーダーズカップターフ、ブリーダーズカップクラシックの出馬表が発表された。なおいずれの競走もJRAでの勝馬投票券の発売はない。

※いずれの出馬表も左から馬番(米以外の調教馬は調教国)、馬名、性齢、負担重量、騎手。ゲート番は馬番と同じ。せ=せん馬

○ブリーダーズカップターフ(G1)
発走予定時刻 日本時間11月8日(日)午前6:33(現地時間7日16:33)

1 アークロウ     牡6 57 F.ジェル-
2 マジカル(愛)   牝5 56 R.ムーア
3 タルナワ(愛)   牝4 56 C.スミヨン
4 メダーイー(英)  牝4 56 J.ロザリオ
5 ドニャー(独)   牝4 56 C.ルクーヴル
6 ロードノース(英) せ4 57 L.デットーリ
7 ユナイテッド    せ5 57 F.プラ
8 レッドキング    牡6 57 U.リスポリ
9 チャンネルメイカー せ6 57 M.フランコ
10 モーグル(愛)   牡3 55.5 P.ブドー

※負担重量は122ポンド=55.5キロ、123ポンド=56キロ、126ポンド=57キロに換算


○ブリーダーズカップクラシック(G1)
発走予定時刻 日本時間11月8日(日)午前7:18(現地時間7日17:18)

1 タシトゥス       牡4 57 J.オルティス
2 ティズザロー      牡3 55.5 M.フランコ
3 バイマイスタンダーズ  牡4 57 G.サエス
4 トムズデター      牡7 57 J.ロザリオ
5 タイトルレディ     牡5 57 C.ラネリー
6 ハイヤーパワー     牡5 57 F.プラ
7 グローバルキャンペーン 牡4 57 J.カステリャーノ
8 インプロバブル     牡4 57 I.オルティスJr.
9 オーセンティック    牡3 55.5 J.ヴェラスケス
10 マキシマムセキュリティ 牡4 57 L.サエス

※負担重量は122ポンド=55.5キロ、126ポンド=57キロに換算

(JRA発表)

【ブリーダーズカップ】(米)日本馬出走レースなどの出馬表 [News] [News]
2020/11/04(水) 14:11

現地時間11月7日(土)にアメリカ・ケンタッキー州のキーンランド競馬場で行われるブリーダーズカップ(BC)ダートマイル、BCスプリントの出馬表が発表された。日本からは森秀行厩舎のジャスパープリンス(牡5)がBCスプリントに出走予定で、同厩舎のピンシャン(牡3)はBCダートマイルの補欠馬となっている。なおいずれの競走もJRAでの勝馬投票券の発売はない。

※いずれの出馬表も左から馬番、馬名、性齢、負担重量、騎手。ゲート番は馬番と同じ。せ=せん馬

○ブリーダーズカップダートマイル(G1)
発走予定時刻 日本時間11月8日(日)午前3:18(現地時間7日13:18)

1 アートコレクター 牡3 56 B.ヘルナンデスJr.
2 シャープサムライ せ6 57 I.オルティスJr.
3 シルバーダスト  せ6 57 A.ベスキッツァ
4 ウォーオブウィル 牡4 57 T.ガファリオン
5 ニックスゴー   牡4 57 J.ロザリオ
6 ミスターマネー  牡4 57 G.サエス
7 ラッシー     牡3 56 J.カステリャーノ
8 パイレーツパンチ せ4 57 J.ヴァルガスJr.
9 ミスターフリーズ 牡5 57 M.フランコ
10 コンプレクシティ 牡4 57 J.オルティス
11 ジーザスチーム  牡3 56 L.サエス
12 オーウェンデール 牡4 57 F.ジェル-
※13 ピンシャン(日)牡3 56 F.プラ

※出走可能頭数は12頭で、出走馬確定までに1番から12番までの馬が出走取消となった場合、13番の補欠馬が繰り上がることがある。出走馬確定は現地時間7日(土)8時頃(主催者からの発表があり次第)となる。
負担重量は123ポンド=56キロ、126ポンド=57キロに換算


○ブリーダーズカップスプリント(G1)
発走予定時刻 日本時間11月8日(日)午前4:36(現地時間7日14:36)

1 エコータウン      牡3 56 R.サンタナJr.
2 シーズィーロケット   せ6 57 L.サエス
3 コリュージョンイリュージョン 牡3 56 F.プラ
4 ボンリゾン       牡5 57 A.ベスキッツァ
5 マニーワウ       牡4 57 T.ガファリオン
6 フランクスロケット   牝3 55 J.アルバラード
7 ウィットモア      せ7 57 I.オルティスJr.
8 フィレンツェファイア  牡5 57 J.レスカーノ
9 エンパイアオブゴールド 牡3 56 D.キャロル
10 ヤウポン        牡3 56 J.ロザリオ
11 ダイヤモンドウープス  せ5 57 F.ジェル-
12 ホグクリークハッスル  牡4 57 C.ラネリー
13 ジャスパープリンス(日)牡5 57 J.オルティス
14 ヴェコマ        牡4 57 J.カステリャーノ
※15 ラスティングレガシー 牡6 57 B.ヘルナンデスJr.

※出走可能頭数は14頭で、出走馬確定までに1番から14番までの馬が出走取消となった場合、15番の補欠馬が繰り上がることがある。出走馬確定は現地時間7日(土)8時頃(主催者からの発表があり次第)となる。
負担重量は121ポンド=55キロ、124ポンド=56キロ、126ポンド=57キロに換算

(JRA発表)

レヴァンテライオンが競走馬登録抹消、地方競馬に移籍へ [News] [News]
2020/11/04(水) 13:54

2016年の函館2歳ステークス(GIII)に優勝したレヴァンテライオン(せん6、美浦・加藤士津八厩舎)はきょう11月4日付で競走馬登録を抹消した。今後は地方競馬に移籍する予定。

通算成績は30戦3勝、重賞は函館2歳ステークスの1勝。

(JRA発表)

スプリングボックスが競走馬登録抹消、乗馬へ [News] [News]
2020/11/04(水) 12:29

今年の小倉サマージャンプ(J・GIII)に優勝したスプリングボックス(牡6、栗東・寺島良厩舎)は、11月3日付で競走馬登録を抹消した。今後は京都府綴喜郡宇治田原町の宇治田原優駿ステーブルで乗馬となる予定。

通算成績は25戦3勝、重賞は小倉サマージャンプの1勝。

(JRA 11月3日発表)

全18件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]