【寺泊特別】(新潟)ラキャラントシスが馬場の真ん中脚を伸ばして2勝目 [News] [News]
2020/10/17(土) 18:03

新潟12Rの寺泊特別(3歳以上1勝クラス・芝1600m)は7番人気ラキャラントシス(藤田菜七子騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4(良)。クビ差の2着に6番人気セイイーグル、さらにクビ差の3着に2番人気エアロロノアが入った。

ラキャラントシスは美浦・鈴木伸尋厩舎の3歳牝馬で、父ダイワメジャー、母スプレンダー(母の父ファンタスティックライト)。通算成績は8戦2勝。

レース後のコメント
1着 ラキャラントシス(藤田菜七子騎手)
「力み過ぎるところがあるので、道中はもっとリラックスして走って欲しいです。このクラスでは力が上ですし、最後まで頑張ってくれました」

2着 セイイーグル(吉田隼人騎手)
「良い感じでした。無理せずにイメージより前の位置を取れて、最後も馬場の良いところに出せました。勝った馬には、併せたらもうひと伸びされてしまいました。この馬もよく頑張っています」

3着 エアロロノア(鮫島克駿騎手)
「前半は馬任せに行き、直線だけでも勝負になる馬なので、終いに賭けました。レースの上がりが速く、結果的にポジションが後ろ過ぎました。馬自身はしっかり脚を使っていますし、このクラスにいる馬ではないと思います」

5着 ザスリーサーティ(菅原明良騎手)
「前が止まらない競馬で、ヨーイドンでは切れ味の差が出てしまいました。坂のあるコースの方が良いかもしれません」

【飛翼特別】(新潟)序盤から積極的に動いたファストアズエバーがそのまま押し切る [News] [News]
2020/10/17(土) 17:52

新潟11Rの飛翼特別(3歳以上2勝クラス・芝1000m)は1番人気ファストアズエバー(西田雄一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは55秒5(良)。3/4馬身差の2着に3番人気クラシコ、さらに3/4馬身差の3着に12番人気マリノスピカが入った。

ファストアズエバーは栗東・牧浦充徳厩舎の4歳牝馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母ラヴアズギフト(母の父Tiznow)。通算成績は18戦3勝。

レース後のコメント
1着 ファストアズエバー(西田雄一郎騎手)
「馬が成長しています。以前はスピード重視のタイプでしたが、力強さが出てきました。外枠もあり、行くことも想定してレースを組み立てました。うまく噛み合いました」

2着 クラシコ(鮫島克駿騎手)
「結果的に、前が壁になったことが集中力の持続という点では良かったかもしれません。ただ、勝った馬は差せそうで差せませんでした。こちらが伸びると相手もまた伸びるという感じでした」

3着 マリノスピカ(藤井勘一郎騎手)
「本来は先行する馬ですが出遅れてしまい、馬場の外に徹して乗りました。ラスト1ハロンは反応が良かったですね。進路があればもう少し際どかったと思います。このクラスでこういう走りができれば楽しみです」

5着 ジュニパーベリー(嶋田純次騎手)
「残り400m過ぎから前の馬が外に出てきて、切り返す形になりました。そこがスムーズなら良かったのですが」

【太秦S】(京都)ベストタッチダウンが逃げて後続を寄せ付けず勝利 [News] [News]
2020/10/17(土) 17:39

京都11Rの太秦ステークス(3歳以上オープン・ダート1800m)は2番人気ベストタッチダウン(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒1(不良)。1馬身半差の2着に10番人気ビックリシタナモー、さらにハナ差の3着に3番人気アッシェンプッテルが入った。

ベストタッチダウンは栗東・橋口慎介厩舎の4歳牡馬で、父タートルボウル、母タッチザピーク(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は12戦5勝。

レース後のコメント
1着 ベストタッチダウン(橋口慎介調教師)
「状態が良かったです。前回はトモを捻って力を出すことができず、参考外でした。逃げてほしいと指示を出していました。枠順も良く、こういう馬場でしたからね。良いところを見せられて良かったです。この後はオーナーと相談しますが、みやこステークスを考えています」

2着 ビックリシタナモー(藤岡康太騎手)
「じっくり脚を溜めて行ってほしいという指示でした。インをロスなく運べました。最後はよく伸びて、頑張ってくれました」

3着 アッシェンプッテル(藤岡佑介騎手)
「終いは脚を使いますね。前に残られるのは馬場状態から仕方ないと思います。良くなっていますし、外を回って良い脚を使ってくれています」

4着 クリンチャー(福永祐一騎手)
「相手は逃げ馬だと思っていて、なるべく外を回したくないと思っていました。進路を作って、加速をつけるのに時間がかかりました。結果論ですが、外へ早めに行く形にすれば良かったです」

【白秋S】(東京)後方にいたザイツィンガーが大外追い込んで前を捉え切る [News] [News]
2020/10/17(土) 17:15

東京10Rの白秋ステークス(3歳以上3勝クラス・芝1400m)は6番人気ザイツィンガー(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒1(重)。半馬身差の2着に2番人気フレッチア、さらに2馬身差の3着に5番人気トウカイオラージュと10番人気ミュージアムヒルが同着で入った。

ザイツィンガーは栗東・牧田和弥厩舎の4歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母ザッハトルテ(母の父クロフネ)。通算成績は17戦4勝。

レース後のコメント
1着 ザイツィンガー(津村明秀騎手)
「返し馬から、こういう馬場は得意そうな感じでした。折り合いだけ気を付けて乗りましたが、上手くいきました。最後の伸びも良かったです」

2着 フレッチア(C.ルメール騎手)
「精一杯走りました。距離は1200mでも1400mでもどちらでも大丈夫です。凄くパワーのある馬です。頑張りました」

3着同着 ミュージアムヒル(丸山元気騎手)
「手応えが良くなかったので、内から行こうと思ったのですが、外に出したらよく伸びて、頑張りました」

5着 アプルーヴァル(和田竜二騎手)
「ベストの条件で、自分の競馬はできました。できれば良馬場の方が良かったですが、馬は確実に良化しています」

【府中牝馬S】(東京)サラキアが最後は後続を突き放して重賞13度目の挑戦で初制覇 [News] [News]
2020/10/17(土) 17:08

東京11Rの第68回アイルランド府中牝馬ステークス(3歳以上GII・牝馬・芝1800m)は7番人気サラキア(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒5(重)。3馬身差の2着に6番人気シャドウディーヴァ、さらに1馬身1/4差の3着に8番人気サムシングジャストが入った。

サラキアは栗東・池添学厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母サロミナ(母の父Lomitas)。通算成績は18戦4勝。

レース後のコメント
1着 サラキア(北村友一騎手)
「良い状態を維持していました。この馬場でも良い意味で行きっぷり、前進気勢があって良かったです。どちらかというと、折り合いに気を付けなければいけない馬ですが、脚をとられるぐらいの馬場でかえってリラックスできて良かったです。特に位置取りは気にせず、出たところでリズム良く競馬をしようと思っていました。馬場の良い所を終始通れたというのもありましたが、4コーナーからいつも一瞬良い脚は使いますが、長く良い脚を使えないタイプです。手応えが良くても坂を上がる時は心配でしたが、最後まで走り切ってくれました。特に変わったところはありません。距離自体は去年も2200mを走ってくれているので、その経験を生かしてほしいです。適性かどうかわかりませんが、頑張ってほしいです」

(池添学調教師)
「硬さが無くなって、5歳をむかえて精神的にどっしりとしてきました。何よりも北村友一騎手と手が合っているのだと思います。リズム重視で乗ってもらい、馬場の綺麗な外へと出して、後は何とか伸びてくれという気持ちでした。3歳の時からなかなかタイトルを取ることができなかったので、勝つことができて良かったです。(次走について)無理はさせませんが、調子がよかったら(エリザベス女王杯へ)向かおうと思います」

2着 シャドウディーヴァ(内田博幸騎手)
「馬がよく頑張ってくれました。この馬場でしっかりと走っています。有力馬を前に見ながら良い形で進められました。やはり東京コースは走りますね。勝った馬は強かったですが、この馬も大したものです」

3着 サムシングジャスト(松山弘平騎手)
「こういう馬場は得意で、最後しっかりと脚を使ってくれました。よく踏ん張ってくれました」

4着 トロワゼトワル(安田隆行調教師)
「よく頑張っていましたが、相手も強かったし、距離も1800mでしたから。時期的に寒くなると硬くなるところもある馬です」

5着 ラヴズオンリーユー(M.デムーロ騎手)
「マイルよりは行きっぷりが良かったです。ただ、久々であったことに加えて、今日のような馬場、さらに他の馬からのプレッシャーもあり厳しかったです。一回使ってから良くなりそうです」

【清滝特別】(京都)スマートリアンが外から抜け出し押し切って3勝目 [News] [News]
2020/10/17(土) 16:24

京都10Rの清滝特別(3歳以上2勝クラス・芝1800m)は1番人気スマートリアン(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒7(重)。半馬身差の2着に2番人気リトミカメンテ、さらに2馬身差の3着に5番人気パトリックが入った。

スマートリアンは栗東・石橋守厩舎の3歳牝馬で、父キズナ、母スマートオーシャン(母の父Mr. Greeley)。通算成績は9戦3勝。

レース後のコメント
1着 スマートリアン(池添謙一騎手)
「上手にレースを運べました。抜け出す脚が速かったですし、強かったです。3歳馬ですし、これからが楽しみです」

2着 リトミカメンテ(福永祐一騎手)
「馬が良くなっていました。最後までよく走っていますが、勝ち馬は強かったです。でもこれなら1つ上のクラスにいってもやれそうです」

3着 パトリック(藤岡康太騎手)
「よく我慢して、この馬場でも脚を使っています。ただ、外枠のため、内へ入れるのに、位置を下げることになりました。その分の差でしょうか」

4着 ダンツイノーバ(秋山真一郎騎手)
「スピードタイプの馬で、この馬場もこなして、止まっていないのですが、決め手勝負になると厳しいです」

【粟島特別】(新潟)リメンバーメモリーが馬場の真ん中脚を伸ばし2勝目 [News] [News]
2020/10/17(土) 16:17

新潟10Rの粟島特別(3歳以上1勝クラス・芝1800m)は3番人気リメンバーメモリー(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒4(良)。1馬身3/4差の2着に2番人気アメリカンウェイク、さらにハナ差の3着に5番人気レインカルナティオが入った。

リメンバーメモリーは栗東・佐々木晶三厩舎の3歳牡馬で、父キズナ、母フィオドラ(母の父Lord of England)。通算成績は11戦2勝。

レース後のコメント
1着 リメンバーメモリー(吉田隼人騎手)
「道中良いところにつけられましたし、外に出してからはよく伸びてくれました。状態も良かったし、良い時に乗せてもらえました」

2着 アメリカンウェイク(西村淳也騎手)
「理想的な良いレースができました。4コーナーの手応えも抜群で、後は押し切るだけだったのですが、勝った馬に上手くはまる形になってしまいました」

6着 ヒルノエドワード(古川吉洋騎手)
「ゲートの中でタイミング悪く立ち上がってしまいました。最後も思ったほど伸びなかったです。向正面の馬場の悪いところでフワフワしていました」

【プラタナス賞】(東京)タイセイアゲインが馬群から抜け出して粘り切りデビューから2連勝 [News] [News]
2020/10/17(土) 16:06

東京9Rのプラタナス賞(2歳1勝クラス・ダート1600m)は3番人気タイセイアゲイン(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒1(重)。3/4馬身差の2着に2番人気ゴールドレガシー、さらにクビ差の3着に10番人気シンヨモギネスが入った。

タイセイアゲインは栗東・松下武士厩舎の2歳牡馬で、父パイロ、母アーバンレジェンド(母の父アグネスタキオン)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 タイセイアゲイン(松山弘平騎手)
「スタートが速く、前向きさのあるレース運びでした。前半で他馬に出られる場面がありましたが、我慢できて溜めがきいていました。直線では前が開くと、しっかり伸びてくれました。競馬が上手で、今後が楽しみです」

2着 ゴールドレガシー(戸崎圭太騎手)
「新馬の時よりはレースぶりが良くなっていますが、まだ大味です。一番強い競馬はしているので、能力はあります」

4着 キープイットシンポ(菅原隆一騎手)
「位置取りはイメージ通りでしたが、道中で他馬と併せる形にならず、ファイトしてくれませんでした。今回は馬場も悪く、相手も強くなっていましたが、頑張っています」

【紫菊賞】(京都)一番外を回したヨーホーレイクが追い比べを制す [News] [News]
2020/10/17(土) 15:54

京都9Rの紫菊賞(2歳1勝クラス・芝2000m)は1番人気ヨーホーレイク(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒6(重)。クビ差の2着に2番人気グラティトゥー、さらに3馬身半差の3着に4番人気マカオンドールが入った。

ヨーホーレイクは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母クロウキャニオン(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ヨーホーレイク(福永祐一騎手)
「この馬場は得意ではないと思いますが、こなしてくれました。成長の余地を残して2連勝してくれました。高いポテンシャルがあると思います」

(友道康夫調教師)
「馬場を心配していましたが、うまく乗ってくれました。(賞金を加算して)次は好きなところを使えると思いますし、オーナーと相談します。2000m以上が合っていると思います。まだ緩いところがあってこの内容で走ってくれましたし、能力があります」

4着 コートダルジャン(藤岡佑介騎手)
「終始内を空けて走る展開になり、馬が内に行きたそうにしていました。ペースが上がると、バランスを崩すところがあり、馬場を気にしていたかなという感じです」

5着 アオイゴールド(団野大成騎手)
「物見をしていて、馬の後ろにつけたかったのですが、先頭に立つ形になって集中できていませんでした。この馬場でもこなしてくれると思ったのですが...」

2020-21年度「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」シリーズ構成競走 [News] [News]
2020/10/17(土) 15:27

2020-21年度「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」について、主催者であるチャーチルダウンズ競馬場よりシリーズ構成競走が発表された。

●シリーズ構成競走
(1)カトレアステークス (東京競馬場)
(2)全日本2歳優駿   (川崎競馬場)
(3)ヒヤシンスステークス(東京競馬場)
(4)伏竜ステークス   (中山競馬場) 

●ポイント  ( )内はポイント
カトレアステークス  1着(10) 2着(4) 3着(2) 4着(1)
全日本2歳優駿    1着(20) 2着(8) 3着(4) 4着(2)
ヒヤシンスステークス 1着(30) 2着(12)3着(6) 4着(3)
伏竜ステークス    1着(40) 2着(16)3着(8) 4着(4)

●「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」について
日本馬を対象に2016年にスタートしたケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ。構成競走における4着馬までにポイントを付与し、合計ポイント最上位の馬がケンタッキーダービーに出走できるというもの。合計ポイントが同点の場合は獲得賞金により順位を決定し、シリーズ1位馬が辞退の場合はポイント合計上位4位まで順次繰り上がる。2021年のケンタッキーダービーは5月1日(土)に行われる予定。

(JRA発表のリリースによる)

全19件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]