米遠征予定のマテラスカイなど23日出国 [News] [News]
2020/10/14(水) 18:48

アメリカに遠征を予定しているマテラスカイ(牡6歳、栗東・森秀行厩舎)、ジャスパープリンス(牡5歳、栗東・森秀行厩舎)およびピンシャン(牡3歳、栗東・森秀行厩舎)の出国日程は以下の通り。

<出国日>
10月23日(金)

<出国便>
KZ7168便 成田国際空港 22:00発

(JRA発表)

第3回福島競馬第3日の番組変更について [News] [News]
2020/10/14(水) 18:36

JRAは14日、第3回福島競馬第3日の番組について以下の変更内容を発表した。

<第3回福島競馬第3日>
1.第11競走に「3歳以上3勝クラス1150mダート」を新設し、「河北新報杯」として実施する。

2.旧第3競走「3歳以上1勝クラス1700mダート(牝)」を取りやめとする。

3.旧第10競走「3歳以上1勝クラス2000m芝 土湯温泉特別」を第9競走に変更のうえ、一般競走として実施する。

4.旧第11競走「3歳以上2勝クラス2600m芝 河北新報杯」を第12競走に変更のうえ、「土湯温泉特別」として実施する。

※その他競走番号を以下の通り変更する。
(競走番号)  (変更前)         (変更後)
第2競走 3歳以上1勝クラス・1150mダート→ 2歳未勝利・1800m芝 

第3競走 3歳以上1勝クラス・1700mダート(牝)→ 3歳以上1勝クラス・1700mダート

第7競走 2歳未勝利・1800m芝→ 3歳以上1勝クラス・1150mダート

第9競走 3歳以上1勝クラス・1700mダート→  3歳以上1勝クラス2000m芝

第10競走 3歳以上1勝クラス・2000m芝(土湯温泉特別)→ 3歳以上1勝クラス・1200m芝(飯坂温泉特別)

第11競走 3歳以上2勝クラス・2600m芝(河北新報杯)→ 3歳以上3勝クラス・1150mダート(河北新報杯)

第12競走 3歳以上1勝クラス・1200m芝(飯坂温泉特別)→ 3歳以上2勝クラス・2600m芝(土湯温泉特別)

(JRA発表)

  

【秋華賞】栗東レポート リアアメリア(川田騎手) [News] [News]
2020/10/14(水) 15:43

◎18日(日)京都競馬場で行われる第25回秋華賞(GI)に出走を予定しているリアアメリア(牝3、中内田)について追い切り後の川田将雅騎手のコメントは以下の通り。

・(ローズSは)とてもいいリズムで競馬を組み立ててくれて久しぶりにこの馬らしい競馬ができたと思います。ちゃんとしたのが2回目ぐらいですから、脚質を変えたというより、やっとこの馬のリズムで競馬が出来たということです。これだけの素質馬が改めて走ることが出来たということで、関わるみんなが安堵したというのが一番です。やはりスタートもゲートの中が好きでは無く発馬そのものも得意では無いので前回は上手く出てくれましたが安定して出られるかどうかは今後も課題ではあると思います。

・(夏を越しての成長は)精神面で成長してくれたと思います。性格の難しさが競馬で力を発揮できなかった一因だったので、そういう面が成長して穏やかになったことで意思疎通が取れるようになりました。その分前回は気持ちを切らさずに走ってくれました。

・(今朝の調教は)順調にここまでこられたという印象です。具合に関してはなんの不安もありません。

・(馬場に関しては)桜花賞の結果からも綺麗な馬場でやりたいですね。

・この馬もデビュー前から高い素質を示して、新馬戦を勝った時はこの馬こそが話題になっていた馬でした。その後のデアリングタクトの活躍と結果を出し続けている関係者の皆様には競馬を盛り上げていただき尊敬の念があります。しかしこちらとしても精一杯の競馬をしてリアアメリアがしっかり走った上で一番いい結果が出るように過ごしてきました。この馬と関係者のために一番いい結果を出したいという思いです。

取材:檜川彰人

【秋華賞】栗東レポート リアアメリア(中内田師) [News] [News]
2020/10/14(水) 15:42

◎18日(日)京都競馬場で行われる第25回秋華賞(GI)に出走を予定しているリアアメリア(牝3、中内田)について追い切り後の中内田充正調教師のコメントは以下の通り。

・(ローズステークスは)ようやくリアアメリアの走りが競馬場で見せることが出来たという気持ちです。枠も枠だったので(1番)いい位置をとって前々で競馬をしようと騎手とは話していました。理想通りの展開でした。ゲートの中で少しは不安がありましたがステップレースとしては次につながる競馬と思っていました。まだこの馬としては8割ぐらいかなという感じです。

・恵まれた身体を持っています。精神的にはまだ幼いところがありますが馬が出す雰囲気などはずっといいものを持っているという感じです。

・(春の戦いぶりは)桜花賞は不良馬場だったのでこの馬にとって走りづらい馬場で結果を出せませんでしたがオークスでは(次への)兆しのある競馬を見せることが出来たと思います。

・(ひと夏越して)ノーザンファームしがらきで上手に夏を過ごさせてもらったので、いい状態で心身ともにリフレッシュされ身体も一回り大きくなって帰ってきました。いい成長カーブを描いているのだなと感じています。

・(調教に関して)先週しっかり負荷をかけた追い切りが出来ました。今週は騎手に跨ってもらい感触を確かめてもらいました。順調な過程を踏んでいます。身体自体は張りを増していますし動き自体も良くなっています。

・(京都競馬場芝2000mは)トリッキーなコースですし内回りなので立ち回りひとつだとは思っていますがそのあたり、上手に競馬をしてくれればという思いです。長くいい脚を使ってくれるという印象を持ってから前走のようなレースをしようという方向に行きました。今回もそのようなレースが出来ればと思っています。

・もともと大きな期待を持っていた馬です。世代ナンバーワンと一時期は騒がれた馬なのでそれに見合う結果を出せればと思っています。この馬の走りを皆さんに見せられればと思っています。

取材:檜川彰人

【秋華賞】栗東レポート ミスニューヨーク [News] [News]
2020/10/14(水) 15:40

◎18日(日)京都競馬場で行われる第25回秋華賞(GI)に出走を予定しているミスニューヨーク(牝3、杉山晴)について追い切り後の杉山晴紀調教師のコメントは以下の通り。

・(前走は)ゲートもしっかり出ましたし流れにも乗れて言うことない内容でしたが、唯一4コーナーで外が壁になってしまい一瞬進路が無くなってしまう展開でそこだけ若干悔やまれます。あのメンバーとの競馬の内容としては収穫です。

・この馬は使う毎に力を増してその成長力は目を見張るものがあります。落ち着きもあってゲートセンスもあります。出して行っても折り合いを欠かず自在なタイプで、そこが一番の武器だと思います。

・(距離に関して)今回の2000mはベストだと思います。道悪で少し時計がかかった方がこの馬にはいい競馬が出来るかもしれません。

・(調教過程は)今までのレースと同様一週前はCWで当該週は坂路ということをこなすことが出来ました、順調です。

・(出走出来れば)一発良いところを見せられるよう頑張ります。

※出走は抽選待ち

取材:檜川彰人

【秋華賞】栗東レポート デアリングタクト(松山騎手) [News] [News]
2020/10/14(水) 15:39

◎18日(日)京都競馬場で行われる第25回秋華賞(GI)に出走を予定しているデアリングタクト(牝3、杉山晴)について追い切り後の松山弘平騎手のコメントは以下の通り。

・(今の心境は)ここまで馬は順調にきています。いよいよだなと感じています。いい緊張感を持って(三冠に)挑めます。いい経験をさせていただき、その場にいられる事を幸せに思います。

・(桜花賞は)馬場を考えるとよく差し切ってくれました。能力の違いを見せてくれました。(オークスは)距離が延びて折り合いが不安になるところはありましたがしっかり(脚を)溜めることができて最後は素晴らしい脚を使ってくれたと思います。乗り味も素晴らしい馬です。

・新馬戦の時から素晴らしい脚を使ってくれていました。本当に良くなったと思ったのは桜花賞が終わってからでオークスの追い切りからガラッと良くなったのを感じました。(走りが)柔らかくなったように思います。

・(メンタル面は)ひと夏越して帰ってきましたが力みも抜けて成長を感じます。(これまでの)返し馬を見ていただければわかりますがイレ込むところがあるので、その辺りが改善してくれば良いと思います。(フィジカル面では)身体も増えてパワーアップしているように思います。

・(中間の乗り込みは)順調に調教も出来ています。併せ馬だったり単走で長めに乗ったり非常に良い調教が出来ています。

・(最終追い切りは)今週が競馬ですのであまり負荷をかけ過ぎずにリラックスした状態で走っていました。非常に良い追い切りができたと感じています。

・(京都競馬場2000m内回りは)デアリングタクトなら問題ありません。しっかり流れに乗って自分の競馬が出来れば良いと思っています。

・勝てば無敗の牝馬三冠で非常に注目されています。なんとか結果を出したいと思っています。応援よろしくお願いします。

取材:檜川彰人

【秋華賞】栗東レポート デアリングタクト(杉山調教師) [News] [News]
2020/10/14(水) 15:36

◎18日(日)京都競馬場で行われる第25回秋華賞(GI)に出走を予定しているデアリングタクト(牝3、杉山晴)について追い切り後の杉山晴紀調教師のコメントは以下の通り。

・(無敗で4連勝は)レースを使う度に驚かされてばかりでその強さには、ただただ驚くばかりの春シーズンでした。

・(非凡さを感じたのは)エルフィンステークスの内容を見て、今まで管理した馬の中では違うと感じました。新馬戦のパフォーマンスをはるかに超えるレースぶりでしたからね。

・(桜花賞は)位置取りは後ろ気味でしたが、騎手とは位置取り関係無く脚さえ溜められればしっかり脚を使うという話はしていました。でもさすがに4コーナーを回った時はかなり離れていましたので届くかどうかという気持ちでした。(届いた時は)ある意味感動すら覚えました。

・(オークスは)初の長距離輸送、左回り、距離などいろいろ課題の多いレースでしたが、全てを乗り越えてくれて、展開も苦しい流れの中、走り切ってくれたので頭の下がる思いです。

・オーナーサイドとローテーションの相談はありました。その時その時の馬の状態を見て(秋華賞)直行の方がよりパフォーマンスを発揮できると言うことで直行を決断しました。

・(夏は)成長を促すため北海道のノルマンディーファームで乗らない期間を設けて心身ともにリフレッシュさせました。その後福島の関連の施設でワンクッション置いて栗東近郊の牧場に8月上旬に戻しました。その後も予定通りでしたが思った以上に馬が成長していました。その成長に見合ったトレーニングをかけるにはどこかレースを使うよりじっくり乗り込んで秋華賞に向かう方が良いと思いました。

・栗東トレーニングセンターに戻って二日目ぐらいから落ち着いて飼葉もよく食べるようになりました。ですから当初から思い描いていたメニューをこなしてくれていますので心配なところはありません。

・(追い切りに関して)松山騎手が乗って3本ないしは4本やるということも予定通りです。一週前までにしっかり負荷をかけるだけかけることもできましたし、今週は坂路でサラッと、というのも予定通りです。スイッチが入りやすいところはありますが春先よりかなり大人になっています。

・京都芝内回り2000mは松山騎手ですし心配していません。厩舎サイドは動ける状態にして騎手にバトンタッチするだけです。あとはゲートを五分にさえ出てくれれば力は出せるはずです。そこから結果はついてくると思います。

取材:檜川彰人

【秋華賞】栗東レポート クラヴァシュドール(デムーロ騎手) [News] [News]
2020/10/14(水) 15:34

◎18日(日)京都競馬場で行われる第25回秋華賞(GI)に出走を予定しているクラヴァシュドール(牝3、中内田)について追い切り後のミルコ・デムーロ騎手のコメントは以下の通り。

・(前走のローズSは)直線に向いたところは気持ちが入りました。勝つと思いましたが久しぶりの分、坂で少し止まりました。馬はとてもいい感じでした。成長もしていましたし体重も増えていました。

・まだ(自分が乗って)勝ってはいませんが乗せていただいて嬉しいです。オークスの時より良くなっています。大人になってきてイライラが少なくなっています。いつも頑張る真面目な馬です。

・(距離は)初めて乗った時(チューリップ賞)は先生にも話しましたが忙しいですね。スタートが良かったから前で運んで結果が出ましたが2000mが一番良いと思います。2400m(のオークス)は他にもいろんな理由があったかも知れませんが距離が長かったと思います。

・京都競馬場はいいと思います。内回りで平坦ですからね。右回り左回りは気にしていません。器用なタイプです。重馬場でも大丈夫だと思います。使われて良くなっています。(ゲートは)出来ればあまり外枠過ぎない方がいいですね。GIはいっぱい勝ちたいです。頑張ります。

取材:檜川彰人

【秋華賞】栗東レポート クラヴァシュドール(中内田師) [News] [News]
2020/10/14(水) 15:21

◎18日(日)京都競馬場で行われる第25回秋華賞(GI)に出走を予定しているクラヴァシュドール(牝3、中内田)について追い切り後の中内田充正調教師のコメントは以下の通り。

・(前走のローズSは)身体の状態は良く道中はリズム良く走れて最後伸びそうで(周りと)脚色が一緒になってしまいました。ただ身体も回復していい夏を過ごしていい競馬だったと思います。

・夏場は牧場で過ごして一旦楽をさせてからローズステークスに向けて調整を続けていました。春よりもいい状態です。

・(調教に関して)先週の段階で芝コースをしっかり負荷をかけて追い切りました。今週は調整程度でCWコースをサッと流すような感じで追いました。一度使われた分、身体の張りが出ています。あとレースに向けてメンタル面が成長してくれていればと思ったのですが、やはりローズステークスの時にイレ込みがありましたので、もう少し競馬慣れしていてくれればと思います。とにかくテンションを上げず競馬で力を出すことを第一に考えています。

・素材はいいものを持っています。後は競馬場で結果を出すだけです。

・(京都競馬場芝2000mは)競馬が上手なのでどこからでも競馬できます。その点がこの馬の強みですのでちょうどいいと思います。

・秋を一度使って身体は良くなっています。状態はいいのでこの強いメンバーの中でのクラヴァシュドールの頑張りを応援してあげて下さい。

取材:檜川彰人

【秋華賞】美浦レポート パラスアテナ(坂井騎手) [News] [News]
2020/10/14(水) 12:27

10月18日(日)に京都競馬場で行われる第25回秋華賞(GI)に登録しているパラスアテナ(牝3、美浦・高柳瑞樹厩舎)について、追い切り後の坂井瑠星騎手のコメントは以下の通り。

(最終追い切りに跨った印象は?)
「以前のレースだったり、前走まで乗っていた武豊騎手から聞いていた通り、とても乗りやすくて、素直な馬だなというのが第一印象です。
 好位からでも競馬ができますし、後ろからでも脚を使えるという印象があります」

(調教師とは何か話はしたか?)
「具体的な競馬の話、どういう感じで行こうかというのは話をしました。
 また当日話すことにはなると思いますが、今のところは言えないです」

(今回のレースに向けて)
「京都の2000mは器用さを求められるコースだと思います。その辺は操縦性が良いので問題ないと思います。
 理想は好位で運べたらいいなと思いますが、そこは当日の馬場やゲートを出てからの判断になると思います。
 強い馬はたくさん出てきますが、パラスアテナも紫苑ステークスで2着に来ていますので、十分チャンスはあると思っています。
 今回は相手が強いですが、パラスアテナの力を信じて、能力を発揮できれば良い競馬ができると思います。応援のほどよろしくお願いします。
 このようなGIという舞台で(関東から)依頼をいただけたのは素直にありがたいです。その結果に応えたいなという気持ちはあります」

(取材:米田元気)

全16件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]