【エーデルワイス賞】(10月15日、門別)JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2020/09/27(日) 18:13

10月15日(木)、門別競馬場で行われる第23回エーデルワイス賞(2歳JpnIII・牝馬・ダート1200m)に出走予定のJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
キモンブラウン  (未定)
マウンテンムスメ (未定)
ミコブラック   (未定)
ラストリージョ  (未定)

補欠馬(予定騎手名)
ホーキーポーキー (未定)
プロトサマニ   (未定)
サノカポ     (未定)
ゼンノアンジュ  (未定)
ミカンサン    (C.ルメール)

【マイルCS南部杯】(10月12日、盛岡)JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2020/09/27(日) 18:11

10月12日(月)、盛岡競馬場で行われる第33回マイルチャンピオンシップ南部杯(3歳以上JpnI・ダート1600m)に出走予定のJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
アルクトス    (田辺裕信)
インティ     (未定)
ゴールドドリーム (C.ルメール)
サンライズノヴァ (松若風馬)
モズアスコット  (横山武史)
ワイドファラオ  (福永祐一)
ワンダーリーデル (未定)

補欠馬(予定騎手名)
カフェファラオ  (未定)
ジャスパープリンス(未定)
ハイランドピーク (横山和生)
ケイアイパープル (未定)

【シリウスS】登録馬 ミツバなど18頭 [News] [News]
2020/09/27(日) 18:07

10月3日(土)、中京競馬場で行われる第24回シリウスステークス(3歳以上GIII・ダート1900m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:18頭】(フルゲート:16頭)

賞金上位順

ミツバ
スワーヴアラミス
ロードブレス
カフェファラオ
アルドーレ

メイショウワザシ
サンデーウィザード
ナムラアラシ
テーオーヘリオス
ダイメイコリーダ

サクラアリュール
ダイシンインディー
ダノンスプレンダー
グレートタイム
エムオーグリッタ

キメラヴェリテ

除外対象馬

ランスオブプラーナ
エイコーン

武藤雅騎手が落馬負傷 [News] [News]
2020/09/27(日) 18:06

武藤雅騎手は、中山5Rの馬場入場後、落馬した際に負傷し、胸部打撲(左肋骨々折の疑い)と診断された。

(JRA発表による)

【内房S】(中山)好スタートを切ったローザノワールが押し切って4勝目 [News] [News]
2020/09/27(日) 17:47

中山10Rの内房ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1800m)は4番人気ローザノワール(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒4(稍重)。クビ差の2着に8番人気キャンディスイート、さらに4馬身差の3着に9番人気エンダウメントが入った。

ローザノワールは栗東・西園正都厩舎の4歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母ダノンスズラン(母の父Awesome Again)。通算成績は19戦4勝。

レース後のコメント
1着 ローザノワール(石橋脩騎手)
「初めて乗りましたが、体調の良さを感じました。ゲートで少し驚かされましたが、上手く出してくれました。その後は自分のペースで行けましたし、3コーナーから仕掛けて行きました。最後もよく凌いでくれました。自分の形になれば強いですし、時計も持っています」

2着 キャンディスイート(中川公成調教師)
「直前の調教で、ある程度やれそうな手応えを感じていました。好位につけられたのは収穫ですし、力をつけている証です。クラスに目処が立ちました」

3着 エンダウメント(津村明秀騎手)
「テンにある程度出していって、良いところにつけられました。終いもよく頑張っています。このクラスでもやれそうです」

4着 グラスブルース(木幡巧也騎手)
「久々に乗りましたが、スタートも出て位置を取れるようになっていました。ただリズムを崩したら良くないと思って中団から行きましたが、もっと積極的に行っても脚を使えていたように思います」

5着 カナシバリ(江田照男騎手)
「しっかり動いているのですが、休み明けの分でしょうか。自分で競馬を作っていくタイプではありませんが、掲示板を外さないのは大したものです」

15着 シホノフォルテ(C.ルメール騎手)
「休み明けでしたし、スタートが遅く、後ろの位置になりました。このスローペースでは厳しいです」

【オールカマー】(中山)後方から追い込んだセンテリュオがハナ差捉えて重賞初制覇 [News] [News]
2020/09/27(日) 17:43

中山11Rの第66回産経賞オールカマー(3歳以上GII・芝2200m)は5番人気センテリュオ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒5(稍重)。ハナ差の2着に2番人気カレンブーケドール、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ステイフーリッシュが入った。

センテリュオは栗東・高野友和厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母アドマイヤキラメキ(母の父エンドスウィープ)。通算成績は16戦5勝。

レース後のコメント
1着 センテリュオ(戸崎圭太騎手)
「乗りやすい馬で、リズム良く運べればと思っていました。テン乗りでしたが、前回も良い競馬をしていましたし、馬場の外々を回って、上手く差し切ってくれました。力を出し切ってくれたと思います」

2着 カレンブーケドール(津村明秀騎手)
「向正面でペースが遅くかかり気味でした。途中から上手く流れてくれて、気分良く運べました。4コーナーの動きは力強く、凌いで欲しかったですが、休み明けとしては、よく走っていたと思います」

3着 ステイフーリッシュ(田辺裕信騎手)
「遅い流れでポジションを取ることができました。最後モタモタしたのは、休み明けの分かもしれないです」

6着 サンアップルトン(柴田善臣騎手)
「明らかに重かったです。ただ、心配していたバランスはよく取れていたと思います。良い休みになったと思います」

【神戸新聞杯】(中京)コントレイルが余裕を持って抜け出し無傷の6連勝 [News] [News]
2020/09/27(日) 17:24

中京11Rの第68回神戸新聞杯(3歳GII・芝2200m)は1番人気コントレイル(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒5(良)。2馬身差の2着に3番人気ヴェルトライゼンデ、さらにクビ差の3着に14番人気ロバートソンキーが入った。

コントレイルは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ロードクロサイト(母の父Unbridled’s Song)。通算成績は6戦6勝。

レース後のコメント
1着 コントレイル(福永祐一騎手)
「勝つことができてホッとしています。負けていない馬なので、休み明けとはいえ、落とすわけにはいかないという状況の中で、余力を持って勝つことができたのが何よりです。今日は戦前から難しいレースになると思っていたのですが、内枠ということで、いかに進路を見つけてストレスなく走らせることができるかということが課題でした。やはり難しいレースになりました。本当はもっと進路を早く確保したいところでしたが、内枠ということもあり、流れの中で進路を探しながらでした。慌てないことだけは肝に銘じて乗っていました。手応えがありましたし、瞬時に反応ができる馬ですから、慌てずに直線を向くことができました。(無敗の三冠に向けて)今日も負けずにいけましたし、ぜひ達成できるように頑張っていきたいです」

(矢作芳人調教師)
「負けていない馬なので、トライアルとはいえ結果を出さないといけないと思っていました。道中は前が開かなくてヒヤヒヤしたところもありましたが、折り合いはついていましたし、前哨戦としては満点だと思います。パドックから馬場入場まで落ち着いていて、春以上にどっしりとしてきました。(馬体は)増えないですね。昨日は468kgあったんですが、結局(前走と)同じになりました。これで良いだろうと思います。もっと良くなるのは、来年だろうと思います。(次走は)初めて在厩で調整することになりますし、さじ加減には注意したいです。京都改修前最後の記念すべき菊花賞ですから、(三冠達成を)成し遂げたいですね」

2着 ヴェルトライゼンデ(池添謙一騎手)
「パドックから返し馬までは、春に比べて落ち着いていました。返し馬はまだ少し緩さがあって、次は良くなるだろうという過程の中でのレースでした。18番枠で、中々、内に入れられなくて、他馬のあおりを受けるロスがありました。向正面の中間で内に入れて我慢していましたが、手が動いている馬を捌くのに時間がかかりました。外へ出してからは良い脚で、次が楽しみになる走りですし、本番は状態が上がりそうです」

3着 ロバートソンキー(林徹調教師)
「直線でこの馬が伸びて来た時は体が震えました。改めてこういう素質のある馬を預けてくださったオーナーに感謝しています。折り合いもついて馬群の中でも平気でしたし、収穫のあるレースでした。何より伊藤工真騎手が完璧に乗ってくれました。菊花賞に向かうかどうかは、オーナーと相談して考えます」

4着 ディープボンド(和田竜二騎手)
「自分の競馬をしようと考えていました。あまり速い脚がないので、早めに動いていく形になりました。最後も伸びていますし、だんだん長い距離が合うようになっていますから、1回レースを使って、次は良くなるでしょうし、楽しみです」

16着 ファルコニア(川田将雅騎手)
「春より良くなって、コントロールができるようになっていましたが、4コーナーではかなり苦しくなっていました」

【桶狭間S】(中京)エイシンポジションが突き抜けてOP入り [News] [News]
2020/09/27(日) 16:04

中京10Rの桶狭間ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1400m)は1番人気エイシンポジション(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒0(稍重)。3馬身半差の2着に2番人気ブルーメンクローネ、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気プレシャスルージュが入った。

エイシンポジションは栗東・野中賢二厩舎の4歳牝馬で、父オルフェーヴル、母エイシンパンサー(母の父コロナドズクエスト)。通算成績は10戦4勝。

レース後のコメント
1着 エイシンポジション(武豊騎手)
「好位のインコースで手応え良く運べましたし、少しのスペースでも、動けて行けるセンスがあり、短距離のダートで楽しみです」

2着 ブルーメンクローネ(吉田隼人騎手)
「今日は少し右に張るところがありました。砂を嫌がりそうでしたし、前に行きました。今日は勝ち馬が一枚上手でしたが、よく頑張っています」

3着 プレシャスルージュ(西村淳也騎手)
「スタートが速かったです。1400mは1ハロン長いと思いますが、最後まで頑張っていました」

【木更津特別】(中山)ハーモニーマゼランが押し切って人気に応える [News] [News]
2020/09/27(日) 15:51

中山9Rの木更津特別(3歳以上2勝クラス・芝1600m)は1番人気ハーモニーマゼラン(木幡巧也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒7(稍重)。3/4馬身差の2着に9番人気ウインレフィナード、さらに3/4馬身差の3着に5番人気テンワールドレイナが入った。

ハーモニーマゼランは美浦・牧光二厩舎の3歳牡馬で、父ダイワメジャー、母スターズアラインド(母の父Sea The Stars)。通算成績は11戦3勝。

レース後のコメント
1着 ハーモニーマゼラン(木幡巧也騎手)
「休み明けも調教の動きは良かったです。2番手を楽に追走して、良い競馬ができました。最後甘くなったのは、休み明けの分かもしれません」

2着 ウインレフィナード(津村明秀騎手)
「ゲートのタイミングが合わず、遅れてしまいましたが、よく頑張りました。力をつけていると思います」

3着 テンワールドレイナ(江田照男騎手)
「今日のような競馬ができれば、このクラスでも十分に通用すると思います」

【知立特別】(中京)内からアーズローヴァーが捉え切って3勝目 [News] [News]
2020/09/27(日) 15:31

中京9Rの知立特別(3歳以上2勝クラス・芝1200m)は5番人気アーズローヴァー(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒3(良)。アタマ差の2着に3番人気ラミエル、さらに1馬身3/4差の3着に9番人気ヴォイスオブジョイが入った。

アーズローヴァーは栗東・松下武士厩舎の4歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母ヴィアンローズ(母の父Sevres Rose)。通算成績は15戦3勝。

レース後のコメント
1着 アーズローヴァー(北村友一騎手)
「一瞬の良い脚を持っているので、前が壁になっても開けば(抜けられる)と思っていました。今日は理想的なレースができました。前回同様体調も良く、いい時に乗せていただきました」

2着 ラミエル(松山弘平騎手)
「馬の状態が良く、楽に2番手を進むことができました。最後までよく頑張ってくれました」

5着 ケワロス(牧浦充徳調教師)
「外枠だったので積極的なレースをしてもらいました。外で流れに乗って、良いレースでした。馬体重がプラス14kgと体が戻ってきて良い状態でした。輸送で体重を減らすタイプなので、この体を維持していければ良いと思います」

全21件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]