ブレスジャーニー競走馬登録抹消、地方競馬に移籍へ [News] [News]
2020/09/02(水) 16:53

2016年のサウジアラビアロイヤルカップ(GIII)などに優勝したブレスジャーニー(牡6、栗東・佐々木晶三厩舎)は、9月2日付で競走馬登録を抹消した。今後は地方競馬に移籍する予定だが、移籍先は未定となっている。

通算成績は24戦3勝、重賞はサウジアラビアロイヤルカップ、東京スポーツ杯2歳ステークス(ともに2016年)の2勝。

(JRA発表)

【ケンタッキーダービー】(米・チャーチルダウンズ)出走馬決まる、ティズザローなど18頭 [News] [News]
2020/09/02(水) 16:45

現地時間9月5日(土)にアメリカ・ケンタッキー州のチャーチルダウンズ競馬場で行われるケンタッキーダービー(G1・ダート2000m)の枠順は以下のように決定した。発走は現地時間5日19時01分(日本時間6日午前8時01分)の予定。

※左から馬番(ゲート番と同じ)、馬名、性齢、騎手
※全馬負担重量は57キロ
※JRAによる勝馬投票券の発売は行われない

( 1)フィニックザフィアース   セン3 M.ガルシア
( 2)マックスプレイヤー      牡3 R.サンタナJr.
( 3)エンフォーサブル       牡3 A.ベスキッツァ
( 4)ストームザコート       牡3 J.ルパルー
( 5)メジャーフェド        牡3 J.グラハム
( 6)キングギレルモ        牡3 S.カマーチョ
( 7)マネームーヴズ        牡3 J.カステリャーノ
( 8)サウスベンド         牡3 T.ガファリオン
( 9)ミスタービッグニュース    牡3 G.サエス
(10)サウザンドワーズ       牡3 F.ジェルー
(11)ネッカーアイランド      牡3 M.メナ
(12)ソレヴォランテ       セン3 L.パニチ
(13)アタッチメントレート     牡3 J.タラモ
(14)ウィニングインプレッション セン3 J.ロッコJr.
(15)ニューヨークトラフィック   牡3 P.ロペス
(16)オナーエーピー        牡3 M.スミス
(17)ティズザロー         牡3 M.フランコ
(18)オーセンティック       牡3 J.ヴェラスケス

(JRA発表による)

【小倉2歳S】栗東レポート モントライゼ [News] [News]
2020/09/02(水) 15:00

◎6日(日)小倉競馬場で行われる第40回小倉2歳ステークス(GIII)に出走を予定しているモントライゼ(牡2、松永幹)について追い切り後の松永幹夫調教師のコメントは以下の通り。

・(デビューしての2戦は?)新馬戦の時はまだ馬体にも余裕がありました。それでもいい競馬をしてくれました。(勝った)未勝利戦は一度使われたことで馬がガラッと変わって気合いも乗って、いいレースでした。スタートがうまく決まって前半脚が溜まって最後までしっかり伸びてくれました。

・入厩当初から調教は動いて、いい馬だと思っていました。今回も前走後放牧に出していい状態で戻ってきましたので体調は良いと思います。

・(その後の調整過程は)リラックスしています。前走は新馬戦後から1カ月厩舎に滞在していましたが、その影響もあって気が張っていて心配なところもありました。しかし今回はリフレッシュ出来たことでリラックスしています。

・(調整を終えての様子は)調教自体は動く馬ですし今日(2日)も様子を見て最後を伸ばしました。時計、動き共に良かったです。

・小倉は今時計が速いのでそれに対応して欲しいですね。それはやってみなければわかりません。

・キャリアが浅い馬なのでどんな競馬になるかわかりませんが、調教の動きを見る限りやってくれるのではないかと期待しています。

取材:檜川彰人

【小倉2歳S】栗東レポート メイケイエール [News] [News]
2020/09/02(水) 14:58

◎6日(日)小倉競馬場で行われる第40回小倉2歳ステークス(GIII)に出走を予定しているメイケイエール(牝2、武英)について追い切り後の武英智調教師のコメントは以下の通り。

・(新馬戦は)内容としては折り合いを欠く部分はありましたが抜け出す脚は良く、その後も追う事なく勝ち上がることが出来たので優秀な内容の競馬でした。調教から動きが良く期待も大きかったのですが、勝気なところがあるので、その点がどうかというところでしたが杞憂に終わりました。

・(レース後は)元々普段から落ち着きのある馬なので滞在と輸送を考えた時に猛暑で小倉の暑さを考えた時にエアコンのある(栗東の)厩舎で過ごす方がいいと考えてこちらに戻ってきました。

・中1週なので今日は調整程度の内容で全体の時計は予定より1秒ぐらい速くなりました。最後までしっかりとした動きで非常に良い状態だと思います。

・新馬戦の時はメンタルに重きを置いた調整だったので追い切り本数も少なく当該週も早目に小倉に入厩しました。予定よりも時計を出していませんでした。ですからそれから見ると今回の方が、大分良いのかなとは思います。

・(セールスポイントは)お父さんから引き継いでいるスピードですね。体つきとかフォームを見ている分には距離も、もう少しもつのかなという感じです。現状はスピードが溢れて、他馬がいる時に勝気なところを見せるので今後の課題はそのあたりです。

・開業して今年3年目なのでそろそろタイトルが欲しいなと思います。2歳牝馬で未知なところがありますが勝利を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします。

取材:檜川彰人

【小倉2歳S】栗東レポート フリード [News] [News]
2020/09/02(水) 14:55

◎6日(日)小倉競馬場で行われる第40回小倉2歳ステークス(GIII)に出走を予定しているフリード(牝2、西園)について追い切り後の西園正都調教師のコメントは以下の通り。

・(新馬戦、レコード勝ちの未勝利戦は)新馬戦はある程度期待していましたが騎手が慎重になり過ぎて押さえ込んでしまったところがありました。前走は川田騎手にテンから飛ばしていっても伸びるからと指示した結果、レコード勝ちをしてくれました。テンの入りは速いかなとも思いましたが上がりも速くて後続勢が脚を使う形になりました。そんな中で強いレースを見せてくれました。

・競馬は必ず時計通りにいくわけではありませんからね。でも今回もその時計通りに走ってもらうことを期待しています。

・(中間は)元々テンションの高い馬では無く穏やかな馬です。テンションの上がりも無いし中間ゆっくりと息を入れましたので、しっかり身体も回復しました。

・(調整は)中2週ということを考慮して坂路で53.8、最後の1Fを12.3としっかり上がりましたのでこれで十分だと思います。

・使ってもテンションが上がることの無い穏やかな馬なので競馬のストレスは無いと思います。

・種牡馬が1200mのGIを取っている馬なのでスピードを生かした競馬をしたいですね。無理して抑える事なく自分のペースで行かせたいと思います。

・自分の厩舎としては3回目の小倉2歳ステークス優勝を狙います。今回も期待したいと思います。

取材:檜川彰人

【小倉2歳S】栗東レポート フォドラ [News] [News]
2020/09/02(水) 14:54

◎6日(日)小倉競馬場で行われる第40回小倉2歳ステークス(GIII)に出走を予定しているフォドラ(牝2、牧浦)について追い切り後の牧浦充徳調教師のコメントは以下の通り。

・(逃げ切った新馬戦は)トレセン入厩当初は390kg台とかなり小柄でしたが函館競馬場に入厩してから飼葉もしっかり食べて400kg台で出走できました。レースではいいスピードを見せそのまま押し切ってくれました。このレースぶりが持ち味だと思います。

・(函館2歳ステークスは)新馬の時から比べると身体もかなり増え(+8kg)新馬同様ハナに立ってのレースでしたがレース経験馬同士でもいいスピードを見せました。ゴールまであと一歩のところまで来ていましたがラストは甘くなってしまいました。しかし重賞戦線でもやれる力は示してくれたと思います。

・調教やレースをしながら身体も増えているように成長を続けている感じです。

・函館2歳ステークスを使った後は一度栗東トレーニングセンターに戻しました。その後ノーザンファームしがらきに放牧に出しました。そこでのチェックでダメージも無いということで小倉2歳ステークスを目標に決めてここまで調整してきました。

・(1週前追い切りは)CWコースで北村友一騎手に乗ってもらい、しっかりやってもらいました。いい動きをしていました。今週は坂路で折り合いを重視して、ラストをどれだけ伸ばせるかということに主眼を置いて、いい調教が出来ました。小柄な馬ながら身体に厚みが出て、力強さが出てきたように感じます。

・函館と小倉の芝で時計的にもかなり違いがあるように感じますので、どの程度対応できるかが一つのカギになりそうです。

・普段の調教でも力の要るウッドチップコースでも動けていますし函館の力の要る洋芝もこなしているので極端に渋ったりしない限り問題無いと思っています。重賞を戦った経験を生かして勝ちに繋げられたらと思っています。

取材:檜川彰人

【新潟記念】栗東レポート ブラヴァス [News] [News]
2020/09/02(水) 14:52

◎6日(日)新潟競馬場で行われる第56回新潟記念(GIII)に出走を予定しているブラヴァス(牡4、友道)について追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

・(七夕賞は)決して得意ではない小回りコースに加えて重馬場の中、2着と本当に頑張ってくれました。(外を回る厳しい形でしたが)勝馬は内をついたコース適性のある馬だったので最後はその差が出たのかなとも思います。でも良く踏ん張ってくれています。

・(レース後は)それほど大きなダメージも無く、すぐにノーザンファームしがらきに放牧に出しまして1ヶ月ほど前に栗東トレーニングセンターに戻ってきました。暑い中でも順調にここまできています。

・1週前の追い切りは3頭併せで一番後ろから追いかける形で、しっかりやりました。今日は単走でポリトラックコースでサッとやりましたがリズム良く走っていたと思います。

・ここ数戦、体重を少しずつ増やしながら競馬に臨んでいます。徐々にステップアップして本当によくなっていると思います。大事に使わせてもらっているので馬にもそんなに消耗が無くきています。それから今年の春先ぐらいから障害練習を取り入れたことで走るフォームも変わって、競馬に行ってリズム良く走れるようになったことが大きいところだと思います。

・前々走が初めての重賞でしたが4着に好走してくれたように、前回(の福島)に比べたら新潟の方が走りやすいと思います。左回りそのものは問題ありません。

・お母さん(ヴィルシーナ)もそうでしたが最後は強い精神力で粘り強く走る馬です。勝てばこの馬に取って初の重賞タイトルになります、そしてサマーシリーズのチャンスもあるのでどうか応援してください。

取材:檜川彰人

【新潟記念】栗東レポート アールスター [News] [News]
2020/09/02(水) 14:51

◎6日(日)新潟競馬場で行われる第56回新潟記念(GIII)に出走を予定しているアールスター(牡5、杉山晴)について追い切り後の杉山晴紀調教師のコメントは以下の通り。

・(優勝した小倉記念は)元々ゲート入りに難がある馬ですが長岡騎手が戦前ずっと調教に毎日乗ってくれ、しっかり(馬との)いい関係が出来るようにしてくれたことで結果が出たのだと思います。達成感がありますし嬉しかったです。

・(今回は新潟競馬場)元々この馬はどんな競馬場でも自分の力を出してきたので今回はガラッとコースが(前走から)変わりますが、あくまで馬自身、自分との戦いということがあります。前走同様、馬の気持ちが競馬に向くようであれば相手なりに走れる馬ですのでここでも期待しています。

・(中間は)肉体的な疲れは特に気になってはいませんが、気持ちの面で前走から変化が無いか注視していました。変わらず小倉記念の前と同様に長岡騎手といいコミュニケーションをとって調整が出来ていますのでいい意味で変わりが無いという感じです。

・(今朝の坂路の調教は)前走と同じぐらいの当該週の調教ですが最後少し仕掛けたらスッと反応しましたし、上がってきて(騎乗した)長岡騎手も「前走と同じか、さらに良くなっている感じがします」というコメントをもらったのでよかったと思っています。

・(ハンデ56kgに関して)できれば55kgと祈っていたのですが、それだけ力を評価されたとプラスに捉えています。

・ゲートインからスムーズにいって馬の気持ちが途切れること無く直線に向かえれば、このメンバーでも充分やれるということを前走でも証明しています。気持ちの面は、それに尽きます。

・前走から引き続き長岡騎手と二人三脚で調整を進めています。前走がその形として結果に表れましたのでその勢いを駆ってこのサマーシリーズを優勝できるように競馬まで調整していきますので応援よろしくお願いします。

取材:檜川彰人

【新潟記念】美浦レポート ジナンボー [News] [News]
2020/09/02(水) 14:31

 6日(日)に新潟競馬場で行われる新潟記念に出走を予定しているジナンボー(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)について森一誠調教助手のコメントは以下の通り。

「前走の七夕賞は1番人気になりましたが、馬場も悪くスタートで出遅れて後方からになり、馬の能力を出せないレースでした。この中間は牧場に出して、戻ってからも順調に調整されています。戻ってきた時は8月の暑さが厳しい時だったのですが、暑さもやわらいできて状態も段々と上向いてきています。

 今朝の追い切りはウッドチップコースでの単走でした。先週は3頭併せでしっかりと負荷をかけていますので、今週は疲れを残さないように単走で予定通りのいい内容でした。力を出せる状態に仕上がったと思います。5歳の秋を迎えますが、年齢の割にレースの回数が少なく馬はまだまだ若く、オープンで十分勝ち負けできる馬です。

 去年の新潟記念はクビ差の2着で惜しいレースでしたが、距離としては1800から2000メートルがベストだと思います。特に平坦コースの舞台は向いていると思います。ハンデは今年は56キロとなりましたが、去年2着で今年は小倉でも重賞で3着になり、去年よりも負担重量が重くなるのは当たり前で特に問題はありません。期待の良血馬で、秋の大きなところに向けて賞金を加算できるように頑張ってもらいたいです」
 
(取材:小林雅巳)

凱旋門賞、日本での勝馬投票券の発売が決定 [News] [News]
2020/09/02(水) 14:30

JRAは、10月4日(日)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1・芝2400m)について、日本国内で勝馬投票券を発売すると発表した。なお、このレースには日本からディアドラ(牝6歳、栗東・橋田満厩舎)が出走を予定している。レースに関しては、JRAのホームページで出馬表、オッズ、レース結果、払戻金などの情報を提供する。

<発売レース>
凱旋門賞(G1・芝2400m)
10月4日(日)23時05分(現地時間 16時05分)発走予定
※発走予定時刻は変更になる場合がある。

<発売方法・発売時間>
★インターネット投票(即PATとA-PATが対象)
・発売時間は10月4日(日)の午前7時から発走時間(日本時間23時05分予定)の2分前まで。

★UMACA投票(キャッシュレス)
・当日に中央競馬の発売を行う「UMACA投票導入済み事業所」が対象。
・発売時間は10月4日(日)、各事業所の発売開始時刻から営業終了時刻まで。
※発売・払戻の最新情報はJRAホームページの「営業再開情報」で発表される。

<発売式別>
・「単勝」「複勝」「ワイド」「馬連」「馬単」「3連複」「3連単」の7式別を発売する。枠連とWIN5は発売しない。

<払戻率・払戻金への上乗せ>
・独立プール方式での発売のため、日本国内独自のオッズとなる。
・払戻率は国内における勝馬投票券と同様で、JRAプラス10(2号給付金)の対象競走となる。

(JRA発表による)

全11件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]