【札幌2歳S】登録馬~ピンクカメハメハなど15頭 [News] [News]
2020/08/30(日) 18:44

9月5日(土)、札幌競馬場で行われる札幌2歳ステークス(2歳GIII、芝1800m)の登録馬は以下の通り。

【フルゲート14頭】


アオイゴールド
ヴェローチェオロ
カガフラッシュ
スライリー
ソダシ

バスラットレオン
ピンクカメハメハ
ユーバーレーベン
ヴィゴーレ
ウイングリュック

ウインルーア
コスモアシュラ
ジオルティ
リキサントライ

以下除外対象

ベストインクラス

【小倉2歳S】登録馬~ルクシオン、モントライゼなど11頭 [News] [News]
2020/08/30(日) 18:36

9月6日(日)、小倉競馬場で行われる小倉2歳ステークス(2歳GIII、芝1200m)の登録馬は以下の通り。

【フルゲート18頭】


アールラプチャー
カシノレオ
セレッソフレイム
フォドラ
メイケイエール

ルクシオン
フリード
モントライゼ
リサコーハク
アルムファーツリー

ラマルセイエーズ

【新潟記念】登録馬~サトノガーネット、カデナなど21頭 [News] [News]
2020/08/30(日) 18:26

9月6日(日)、新潟競馬場で行われる新潟記念(3歳以上GIII、芝2000m)の登録馬は以下の通り。

【フルゲート18頭】

以下、賞金上位馬

サトノガーネット
カデナ
アールスター
ブラヴァス
インビジブルレイズ

アイスバブル
メートルダール
アイスストーム
サンレイポケット
ワーケア

ジナンボー
サトノダムゼル
ピースワンパラディ
ウインガナドル
サトノクロニクル

プレシャスブルー
ゴールドギア
リープフラウミルヒ

以下、除外対象馬

アクート
ポポカテペトル
フリーフリッカー

2020年サマーシリーズ ポイントランキング [News] [News]
2020/08/30(日) 18:11

2020年サマースプリントシリーズのポイントランキングは以下の通り。

【第5戦キーンランドカップ終了時点】

1位 レッドアンシェル  14ポイント
2位 ラブカンプー    12ポイント
3位 エイティーンガール 11ポイント
3位 ジョーカナチャン  11ポイント
3位 ダイアトニック   11ポイント


2020年サマージョッキーズシリーズのポイントランキングは以下の通り。

【第12戦キーンランドカップ終了時点】

1位 福永祐一  24ポイント 
2位 菱田裕二  18ポイント
3位 酒井学   17ポイント
4位 横山典弘  15ポイント
5位 武豊    14ポイント
5位 吉田隼人  14ポイント

【支笏湖特別】(札幌)アラスカが上がり最速の末脚で2連勝 [News] [News]
2020/08/30(日) 18:03

札幌12Rの支笏湖特別(3歳以上2勝クラス・芝1800m)は3番人気アラスカ(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒6(重)。半馬身差の2着に2番人気メリディアンローグ、さらに2馬身差の3着に5番人気ターフェルムジークが入った。

アラスカは美浦・萩原清厩舎の4歳牝馬で、父オルフェーヴル、母リリサイド(母の父American Post)。通算成績は15戦3勝。

レース後のコメント
1着 アラスカ(横山武史騎手)
「前回は放馬しながら勝ったという強い内容でした。普段から返し馬が足りていないのかなと思って、そこを見直しました。通常の2倍くらい返し馬を行って、その効果がありました。行きっぷりも良かったです。強かったです」

2着 メリディアンローグ(C.ルメール騎手)
「反応が遅かったです。勝った馬が併せに来てからは、また頑張ってくれました」

4着 プレイヤーサムソン(大野拓弥騎手)
「先行できるとは思わなかったので、その中で崩れずに走れて、収穫がありました。この馬場は得意ではありませんでしたが、辛抱強く走っていたかなと思います」

【小倉日経OP】(小倉)サラキアが直線大外を鋭く伸びて3勝目 [News] [News]
2020/08/30(日) 17:49

小倉11Rの小倉日経オープン(3歳以上オープン・芝1800m)は3番人気サラキア(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒1(良)。1馬身半差の2着に4番人気ボッケリーニ、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ダノンチェイサーが入った。

サラキアは栗東・池添学厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母サロミナ(母の父Lomitas)。通算成績は17戦3勝。

レース後のコメント
1着 サラキア(北村友一騎手)
「強かったです。良い競馬ができました。馬が落ち着いてきましたし、競馬の幅も落ち着きと共に広がってくると思います。臨機応変に色々な競馬ができるようになると良いですね」

2着 ボッケリーニ(藤井勘一郎騎手)
「初めてコンビを組みましたが、折り合いの面でも乗りやすかったです。3~4コーナーで反応が鈍く、そこで勝った馬に一気に捲られてしまいましたが、直線はよく盛り返してくれました」

3着 ダノンチェイサー(川田将雅騎手)
「動きは良くなっていますが、体つきも気持ちも1800mでは長くなっています。条件を変えて、改めてですね」

5着 ワイプティアーズ(松山弘平騎手)
「この馬には枠も良く、展開も向きました。ただ、3コーナーでスッと動いた勝ち馬に離されてしまいました」

【キーンランドC】(札幌)後方にいたエイティーンガールが鋭い末脚で差し切り重賞初制覇 [News] [News]
2020/08/30(日) 17:42

札幌11Rの第15回キーンランドカップ(3歳以上GIII・芝1200m)は5番人気エイティーンガール(坂井瑠星騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(重)。1馬身1/4差の2着に2番人気ライトオンキュー、さらに半馬身差の3着に9番人気ディメンシオンが入った。

エイティーンガールは栗東・飯田祐史厩舎の4歳牝馬で、父ヨハネスブルグ、母センターグランタス(母の父アグネスタキオン)。通算成績は16戦5勝。

レース後のコメント
1着 エイティーンガール(坂井瑠星騎手)
「前回は意図的にポジションを取りに行って、今回に繋がる競馬を心掛けました。手応え良く運べて、今回に繋がったと思います。前回、前に出して行ったことで、今日は手応え良く運べました。重馬場は走っていたので、心配ありませんでした。外へ出しても、脚を使ってくれると思っていたので、馬の力を信じて乗っていました。ここ3戦は人気(上位)になりながら結果を出せていませんでしたが、今日はオーナーや調教師をはじめ、関係者の皆さんに感謝を伝えたいです。次に向けて、更にやっていけると思います。また乗せて頂けるなら、頑張りたいです」

2着 ライトオンキュー(古川吉洋騎手)
「満を持して追い出しましたが、この馬場で他に切れる馬が1頭いたということです。この馬も止まっているわけではありません」

3着 ディメンシオン(松田大作騎手)
「狙い通りライトオンキューの後ろにつけることができました。馬の状態も良く、よく頑張っています」

4着 アスタールビー(吉田隼人騎手)
「行く馬がいたので、離しながら馬場の良い所を選んで走れました。直線でも3~4頭分、馬場の良い外へ出せました。前に行った馬の中で、よく頑張っています」

5着 ヤマカツマーメイド(池添謙一騎手)
「スピードは十分なのですが、道中、最初からモタれるところがありました。そのあたりが改善されると良いですね。3歳牝馬ですが、スプリンターとしての素質を感じます」

6着 ビリーバー(杉原誠人騎手)
「良いスタートは切れたのですが、内枠だったので、外へ出すスペースがありませんでした。直線で内は空いていましたが、今日は外へ出したかったです」

7着 ダイメイフジ(菱田裕二騎手)
「スタートしてから1歩目で脚をとられました。この馬場は厳しく、この枠も響いたと思います」

15着 ダイアトニック(武豊騎手)
「全然進んでいきませんでした。高松宮記念で道悪はこなしていますが、洋芝はまた違います。58kgを背負っていましたが、それにしてもという内容で、外に出しても伸びませんでした」

【新潟2歳S】(新潟)ショックアクションが馬場の真ん中脚を伸ばして重賞制覇 [News] [News]
2020/08/30(日) 17:19

新潟11Rの第40回新潟2歳ステークス(2歳GIII・芝1600m)は2番人気ショックアクション(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒6(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気ブルーシンフォニー、さらに半馬身差の3着に3番人気フラーズダルムが入った。

ショックアクションは栗東・大久保龍志厩舎の2歳牡馬で、父Gleneagles、母Reset In Blue(母の父Fastnet Rock)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 ショックアクション(戸崎圭太騎手)
「福永騎手から、乗りやすい馬だと聞いていました。レースは、位置をある程度取っていこうと思っていました。バラけると思っていましたし、馬場の良い、丁度良い所を走ることができました。先頭に立ってからも、しっかり最後まで走っていました。まだ緩いところもありますから、先々、もっと良くなると思います。テンションが少し高かったので、落ち着けばと思いますし、レースセンスも良く、楽しみだと思います」

2着 ブルーシンフォニー(田辺裕信騎手)
「前回はスタートが遅くなりましたが、盛り返す内容で、今日も流れに乗り切れませんでしたが、コーナーをロスなく回って、上手く挽回できました。ただ、最後の脚は勝ち馬の方が上でした。先々楽しみです」

3着 フラーズダルム(福永祐一騎手)
「2走目で、スタート後、気が入った感じでしたが、馬の後ろでレースをして、感じは悪くなかったので、どれくらいこの馬場で脚が使えるのか楽しみにしていましたが、勝負所で少し置かれる面がありました。瞬発力というより、長く脚を使うタイプかもしれません。今後の距離、レーススタイル含めて、色々見えてきたレースだと思います」

4着 ファルヴォーレ(岩田康誠騎手)
「現時点では、合格点です。この馬の潜在能力は引き出せたと思います。成長すれば、もっと良いパフォーマンスを見せられると思いますし、良いモノを持っています」

5着 シュヴァリエローズ(M.デムーロ騎手)
「スタートが上手くいきませんでしたし、その後もハミを取らず、ずっと追い通しでした。最後はじわじわ伸びていますが、大変でした」

6着 セイウンダイモス(内田博幸騎手)
「前回1200mで押して押しての競馬をした後で、馬もテンションが高く、また初めての距離、回りもあったと思います。上位3頭には離されてしまいましたが、その他とはそんなに差がなく、くらいついていました」

7着 ロードマックス(岩田望来騎手)
「良い感じで競馬をしてくれました。今後に繋がる競馬はできたと思います」

9着 ハヴァス(丸山元気騎手)
「気持ちが強すぎてしまいます。そこだけですね」

11着 タイガーリリー(三浦皇成騎手)
「1600mでも大丈夫かと思っていましたが、終始掛かりっぱなしで、ロスをしてしまいました。馬の走る気持ちはあり、良くなると思います」

【朱鷺S】(新潟)カテドラルが後方から追い込んで接戦を制す [News] [News]
2020/08/30(日) 16:26

新潟10Rの朱鷺ステークス(3歳以上オープン・芝1400m)は4番人気カテドラル(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒2(良)。アタマ差の2着に7番人気ストーミーシー、さらにアタマ差の3着に6番人気プールヴィルが入った。

カテドラルは栗東・池添学厩舎の4歳牡馬で、父ハーツクライ、母アビラ(母の父Rock of Gibraltar)。通算成績は12戦3勝。

レース後のコメント
1着 カテドラル(福永祐一騎手)
「体が絞れていました。スタートで少し遅れましたが、少し前へ出していって、怒らせながら走らせたのも良い方向に向きました。コースも、馬場の状態も向きました。追ってから減速するような面を見せましたが、最後は伸びました。あとはその気持ちの部分だけです」

2着 ストーミーシー(田辺裕信騎手)
「馬の雰囲気はとても良かったと思います。新潟の1400mのペースについて行けるかが心配でしたが、上手くついて行けました。あと一歩だったのですが」

4着 レインボーフラッグ(小崎綾也騎手)
「距離の1400mも左回りもこの馬に条件が合っていました。ここに来てレースでの立ち回りが上手になっています。次も同じような条件で期待できると思います」

【苫小牧特別】(札幌)伏兵サクラルーフェンが前目から抜け出して3勝目 [News] [News]
2020/08/30(日) 16:22

札幌10Rの苫小牧特別(3歳以上2勝クラス・ダート1700m)は10番人気サクラルーフェン(黛弘人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分43秒3(不良)。2馬身差の2着に7番人気ヴィーダ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気シゲルタイタンが入った。

サクラルーフェンは美浦・尾関知人厩舎の4歳牡馬で、父アイルハヴアナザー、母サクラコールミー(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は12戦3勝。

レース後のコメント
1着 サクラルーフェン(黛弘人騎手)
「体が増えて元気一杯でした。逃げや先行にこだわらずにリズム良く運びました。こういう馬場は苦にしませんし、自分から仕掛けていってこの結果です。強かったですね」

2着 ヴィーダ(勝浦正樹騎手)
「こういう馬場は走ると聞いていました。レースぶりにも幅が出て、どんな競馬でも出来るようになっています」

3着 シゲルタイタン(C.ルメール騎手)
「位置取りも良く、精一杯走っています。敗因はよくわかりません」

4着 ハイパーステージ(坂井瑠星騎手)
「昇級戦でしたが、終いにしっかり脚を使っています。もう少し時計がかかれば、もっとやれると思います」

全244件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の10件 ]