【帝王賞】(大井)クリソベリルが好位から抜け出し、統一GI3勝目 [News] [News]
2020/06/24(水) 20:05

24日(水)、大井競馬場(曇・重)で行われた第43回帝王賞(JpnI・ダート2000m)は、川田将雅騎手騎乗の2番人気クリソベリル(JRA)が、道中3番手追走から直線抜け出し、統一GIレース3勝目を挙げた。勝ち時計は、2分5秒3。2馬身差の2着に1番人気のオメガパフューム(JRA)が入り、1馬身1/4差の3着に3番人気のチュウワウィザード(JRA)が続いた。

クリソベリルは父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ(その父エルコンドルパサー)という血統、JRA栗東・音無秀孝厩舎所属の牡4歳鹿毛馬。通算成績は8戦7勝(うち地方4戦4勝、海外1戦0勝)。ジャパンダートダービー(JpnI)、チャンピオンズカップ(GI)に続き、統一GI3勝目。

1着クリソベリル 川田将雅騎手
「体が減ってはいましたが、成長していました。しっかり仕上がり切っていない感じでしたが、ある程度走れると思ってレースに臨みました。ゲートをスムーズに出ることを心掛けていましたし、良いスタートを切ってくれました。コーナーもリズム良く走ってくれましたが、馬に我慢することを伝えて、終始我慢する形が続きました。流れが遅いので向正面でオメガパフュームが動いていきましたが、スムーズに対応してくれました。手応え良く直線に向けて、あとは誰が追いついてくるのかなという感じでした。圧倒的なポテンシャルがあるところがこの馬の良いところです」

音無秀孝調教師
「結構、調整の難しい馬で、帰国してから競馬をしていないのですが、体が減っていました。しかし、この2か月で体を戻して厩舎に帰ってきました。心配はありましたが、良い状態になりましたし、最終追い切りが終わって、これなら行けると思いました。国内では乗っていましたし、この馬のことは川田騎手がよく分かっています。スタートを決めたので、完璧に流れに乗れました。好位で上手く立ち回って、良いレースができました。秋はJBCからチャンピオンズカップに行って今年は終わりになるかなと思います。今後は英気を養って、今回よりもっと仕上がりやすくなると思います。もう一回り強くなってほしいです」

2着オメガパフューム M.デムーロ騎手
「よく頑張ってくれました。ペースが遅かったです。後ろから行く馬で、瞬発力はありませんが早め過ぎると苦しくなってしまうので、我慢して、人気馬を見ながら進めていました。勝った馬は全然止まりませんね。それでも最後まで頑張ってくれました」

3着チュウワウィザード C.ルメール騎手
「休み明けでしたから、3、4コーナーで反応が少し遅かったです。ラスト200mはよく頑張ってくれました。今回はプラス11キロでしたし、メンバーがとても強かったです。次走はベストコンディションで行けると思います。またGIを勝てるでしょう」

4着ワイドファラオ  福永祐一騎手
「楽に行けましたが、3コーナー手前で後続に来られてしまいました。距離がどうかなと思っていたので、そこを確かめたかったです。メドは立ちました。直線が長いので、切れ味のある馬に来られてしまいますが、コーナーでの機動力があります。レースを選んでいけば力を発揮してくれると思います。負けはしましたが、収穫はありました」

5着ノンコノユメ  真島大輔騎手
「スローペースでしたが、終いは走ってくれました。この馬は、内で脚を溜めて、最後に行った方が良いのかなと思います。切れますね」

10着ルヴァンスレーヴ D.レーン騎手
「スタートは悪くなかったです。ポジションも良くて、クリソベリルの後ろに付けられました。直線手前でも手応えが良くて、どこまで伸びるかと思いましたが、反応がありませんでした。不思議です。脚を見せることができませんでした」

(取材:米田元気)

【宝塚記念】美浦レポート ブラストワンピース(大竹正博調教師) [News] [News]
2020/06/24(水) 16:29

 28日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念に出走するブラストワンピース(牡5歳、美浦・大竹正博厩舎)について大竹正博調教師のコメントは以下の通り。

「前走の大阪杯はスタートで勝負がついてしまった感じでした。結果的に前に行った馬で結着したレースでした。その後は早い段階から宝塚記念を目標にして調整してきました。今は前走の時より明らかにトモの状態は良く、馬体重は少し重いのですが、活気があり重く感じさせません。

 先週は川田騎手が来て追い切りに乗りました。一気に加速するようなイメージで乗ったということでしたが、今朝の追い切りではその効果が出て素早くトップスピードに乗ることが出来ました。今朝はウッドコースでの併せ馬でしたが、先週の段階である程度出来ていたので息を整える程度でした。前走よりはいい状態でレースに出せると思います。

 今回は同じ阪神コースですが、1ハロン距離が延びることは位置取りという点でプラスに働くと思っています。枠順にはこだわりませんが、とにかくある程度のポジションを取れたらいいと思っています。

 週の後半は雨模様ということですが、それもプラスになるでしょう。スタミナ勝負になればチャンスはあると思っています。相手関係より自分の競馬が出来ればいいと考えています。

 前走は不完全燃焼の競馬になってしまいました。今回はしっかり力を出せるように頑張りますので応援をよろしくお願いします」

(取材:小林雅巳)

【宝塚記念】美浦レポート グローリーヴェイズ(ダミアン・レーン騎手) [News] [News]
2020/06/24(水) 16:28

 28日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念に出走するグローリーヴェイズ(牡5歳、美浦・尾関知人厩舎)についてダミアン・レーン騎手のコメントは以下の通り。

「騎乗依頼を受けて、この馬の過去のレースは全て見ました。香港でのレースでの素晴らしい勝ち方を見て今週のレースを楽しみにしています。これまで2度調教に乗りましたが、フィーリングは非常に良く、リラックスしていて調教内容にも満足しています。半年ぶりのレースとなり、確かに走ってみなければ分からない所はありますが、
尾関調教師をはじめ厩舎の皆さんはこの馬をよく知っていて調整し、実際に乗ってみて仕上がりも良いと感じました。この馬はリラックスしていて乗りやすいと思っていますので、道悪になっても乗りやすさという点で対応出来ると思います。

 去年はリスグラシューという素晴らしい馬で勝つことが出来ました。今年もすごく能力がある馬に乗れるということは有難いことです。去年と同じように今年も強い馬を相手に素晴らしいレースになるでしょう。私自身連覇が出来るように頑張りたいです」

(取材:小林雅巳)

【宝塚記念】美浦レポート グローリーヴェイズ(尾関知人調教師) [News] [News]
2020/06/24(水) 16:26

 28日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念に出走するグローリーヴェイズ(牡5歳、美浦・尾関知人厩舎)について尾関知人調教師のコメントは以下の通り。

「ドバイに行ったもののレースがなくなり残念なことになりましたが、幸い無事に帰ってきて牧場に送り、早めに次は宝塚記念と決まりましたので牧場と連携して調整してきました。
 
 この中間は初めてコンビを組むレーン騎手が2度追い切りに乗ったのですが、最初に乗った時に『ベリーハッピー』と言ってもらえました。この馬の特徴などについて話をして、おおよその感覚は掴んでもらえたと思っています。今朝はウッドコースでの3頭併せでした。実戦が半年以上ない中で、実戦形式というか、レースのイメージを持った追い切りでした。しっかりと力を出せる状態です。

 阪神コースは初めてとなります。2歳の時に坂のあるコースで伸びあぐねていたので、京都や新潟など平坦なコースを意識して選んできました。そのため阪神コースは走っていませんが、これだけ成長してきましたので楽しみでもありますし、試金石だとも思っています。

 走りがきれいな馬なので良馬場で走らせたい気持ちはありますが、去年勝った日経新春杯ではタフな馬場で思った以上の走りをしてくれました。またメジロの牝系のパワーにも期待したいと思います。

 今回は素晴らしいメンバーが相手で、まだ国内ではGIタイトルを手にしていませんが、去年高いレーティングをもらいましたのでそのプライドを持って出走させたいと思っています」

(取材:小林雅巳)

【宝塚記念】美浦レポート トーセンスーリヤ(横山和生騎手) [News] [News]
2020/06/24(水) 16:22

 28日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念に出走するトーセンスーリヤ(牡5歳、美浦・小野次郎厩舎)について横山和生騎手のコメントは以下の通り。

「前走の新潟大賞典はいろいろプランを考えていましたが、スタートも良く、リズムを大事にしていきました。具合も良く、ハンデも54キロでしたが、まさか結果を出してくれるとは思っていなかったというのが本当の所です。宝塚記念に向かうということを聞いて、この馬と一緒に宝塚記念という舞台に立てることを嬉しく思いました。

 この中間はあまり乗っていませんでしたが、今朝の追い切りに乗り、状態は前走と同じくらいだと思っています。以前と比べて調教では怖いぐらい迫力が出てきました。しかし、レースではゲートも上手ですし、優等生です。この馬のリズムと合うようになり、折り合いもつくようになって操縦性は高くなっていると思います。阪神のこのコースはやってみなければ分からないところはありますが、今ならこなしてくれないかなと思っています。レースでは馬とリズム良く走れるかだと考えています。

 乗り換わりなくこの舞台に乗せてもらえることを嬉しく思っています。なんとか頑張りたいという気持ちでいます。応援をよろしくお願いします」

(取材:小林雅巳)

【宝塚記念】美浦レポート トーセンスーリヤ(小野次郎調教師) [News] [News]
2020/06/24(水) 16:18

 28日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念に出走するトーセンスーリヤ(牡5歳、美浦・小野次郎厩舎)について小野次郎調教師のコメントは以下の通り。 

「前走の新潟大賞典は条件戦を勝ったばかりだったのでどんな競馬が出来るかと思っていましたが、あっさりとクリアしてくれました。いずれは重賞でもと思っていましたが、こんなに早く勝つとは思っていませんでした。精神的にも肉体的にも成長し、全体的に課題をクリアしてきました。それで強い相手と戦わせてみたいと思い、このレースと決めました。

この中間は前走の時と同じ調整で、放牧も挟みましたがゆるみもなく、いい感じで順調にきました。今朝は横山和生騎手を乗せてウッドコースでの単走でした。先週けっこうやりましたので、直線1ハロンを伸ばす感じで予定通りの追い切りでした。時計は速いかなとも思いましたが、無理はしていませんし、いい感じできていると思っています。前走から比べて調子落ちということはありません。

阪神競馬場のコースはこの馬に合っていると思います。雨が降って不良馬場というのは経験していません。その点なども含めて、今回の強い相手にどれだけ戦えるのか挑戦だと思っています。ある程度正攻法のレースになるかと思いますが、レースの取り口は上手な馬ですからスタートしたら横山和生騎手にまかせます。秋のレースにつなげるためにもこのメンバーを相手にいい競馬をしてくれることを期待しています」

(取材:小林雅巳)

【宝塚記念】栗東レポート ラッキーライラック [News] [News]
2020/06/24(水) 16:08

6月28日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI)に出走予定のラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)について、追い切り後の松永幹夫調教師のコメントは以下の通り。

「先週にしっかり追いましたので、今日は最後に伸ばす感じで、という指示でした。単走の予定だったんですが、ちょうど前に他所の厩舎の馬がいて、それがいい目標になって、予定通りの調教ができたかなと思います。いい調教でしたし、いい動きでした。

(前走は)GI馬、ダービー馬がたくさんいる中で、どれくらいやれるか、というのが正直なところだったんですが、いい位置で競馬ができましたし、いい脚で伸びて強かったな、と思いましたね。ミルコもうまく乗ってくれたと思いますけど、馬自体も本当に力をつけてきたんだな、と思いましたね。去年は夏にしっかり休ませたことで、府中牝馬Sを叩いて、そこから馬に実が入ったというか、力を出せるようになったんだなと思いますね。

(他に)強い馬もいたんですが、ラッキーライラックも2歳時は能力だけで突っ走って勝った、って感じだったんですけど、まだそこまでの力がまだついてなかったかな、と思いますね。(現在は)完成しきってるんじゃないかなと思いますね。今年はラストイヤーでもありますし、ここまで強くなってきたな、とは思います。肉体面でも本当に成長していますし、精神的に強くなったのが大きいですね。以前は前に馬がいると躊躇したり、馬混みを嫌うところがあったんですが、前走の大阪杯にしても狭いところを割ってくるような根性を見せてくれましたので、そこは成長しているなと思います。調教自体は2歳からあまり変わってないんですけど、実戦で変わってきてくれたのかなと思います。

エリザベス女王杯でも勝っている距離ですし、香港でも長い距離を走っていますので、(2200メートルは)特に心配はしていません。できれば良馬場で競馬をしたかった、と思いますが、他の馬も条件は同じなので、力を出し切ってほしいです。

(ポイントは)やっぱり位置取りですかね。香港の時はスタートがもうひとつで、位置取りも悪くなって、2着とは言え負けましたので、前走みたいないいスタートを決めることができれば、自然といい位置が取れると思うので、スタートが大事かなと思います。以前はゲートで蹴ったりして出遅れるところもあったので、最近はないのでそのまま行ってほしいですね。

たくさんの票をいただいて、(メンバー中)最上位で出走できるのはうれしく思います。皆さんの期待を感じるので、しっかり結果が出るように、馬を持っていきたいと思います」

(取材:山本直)

【宝塚記念】栗東レポート トーセンカンビーナ [News] [News]
2020/06/24(水) 16:07

6月28日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI)に出走予定のトーセンカンビーナ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の角居勝彦調教師のコメントは以下の通り。

「(今日は)坂路で併せ馬でやりましたけど、先週はまだ追い出してからの反応が、ということがあったので、併せて終いが良くなるように動かしてみてください、という調教でした。今日はしっかり動けているんじゃないかなと思います。

(前走は)ゲートに難のある子なので、どうしても競馬は後ろから、ということが多いんですけど、さすがに一番後ろからでは厳しいのかもしれないと思っていましたが、いつも最後はしっかり脚を使ってくれますしね。

ゲートは出られなきゃいけませんが、(中間は)やりすぎないようにもしなくちゃいけないですし、詰めてやってはいないですが、やるごとに落ち着きは出ています。競馬に行けば変わっちゃうかもしれませんけど。

(自身は調教師引退を控えて、宝塚記念だけでなく)どのレースも使えば最後なんですけど、人気のある馬で、宝塚記念に出走できるのはありがたいと思いますし、いい状態で宝塚記念を迎えることができたので、勝っても負けても、いい競馬を最後にしたいな、と思います」

(取材:山本直)

【宝塚記念】栗東レポート キセキ [News] [News]
2020/06/24(水) 16:06

6月28日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI)に出走予定のキセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の角居勝彦調教師のコメントは以下の通り。

「(今日は)坂路で最終追い切りをして、それなりにしっかりやっておけば、という感じでした。

(前走は)やっぱりちょっと距離が長いかな、と思いましたし、ゲートの課題もあって、出さないといけないので押した分だけ、道中は噛んでいたかな、という感じでした。競馬を知っているので、最初の直線は噛みましたね、というところでした。直線は最後まで辛抱していましたし、やはり距離が長いな、という感じはしました。

(中間は)落ち着いて、人間の指示を上手に聞けるように、角馬場へ入れたり、坂路に行ったり、馬場に行ったり、ということをしていました。

(距離が)短くなるのは安心して競馬が出来るかな、と思いますね」

(取材:山本直)

【宝塚記念】栗東レポート サートゥルナーリア(ルメール騎手) [News] [News]
2020/06/24(水) 16:04

6月28日(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI)に出走予定のサートゥルナーリア(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)について、共同会見のクリストフ・ルメール騎手のコメントは以下の通り。

「(先週の追い切りは)気持ち良かったです。すごくいい脚を使いましたし、コンディションも良さそうでした。ずっと冷静に走って、ちょっとずつペースアップしました。直線ですごくいいフットワークで加速しました。すごくいい追い切りだったと思います。

馬は大人になりました。身体もたぶん今年はトップコンディションです。パワーアップしましたし、フルポテンシャルを見せてくれると思います。ハートもすごくいいです。前回の中京競馬場やトレーニングセンターでレースの前、追い切りの前は静かで、すごくリラックスできていました。

さっきも言いましたが、(前走の)スタート前はリラックスしていました。いいスタートをしましたし、いいポジションが取れましたし、その後は楽勝でした。やっぱり、いい休み明けでした。馬が大人になりました。だから、本当にうれしかったです。金鯱賞では、いい気持ちでした。折り合いはとても良かったです。それは大事なことです。馬がリラックスできたら、最後にいい脚が使えます。サートゥルナーリアにとっても、それは大事ですね。スローペースでしたが、いい競馬が出来ました。

(無観客競馬が良かったのか、という問いに)そうみたいです。でも、お客さんがいた方が、競馬にとってはいいですね。サートゥルナーリアは今回もお客さんがいないから、またリラックスできると思います。

(宝塚記念は)結構、難しいレースだと思います。内回りだから、レースのリズムと馬のポジションがとても大事です。直線が結構短いので、3~4コーナーでのポジションは一番大事です。(プランは)まだありませんが、早めに考えないといけないですね。向こう正面から前の馬が人気かどうか、4コーナーから動いているかどうか、よく考えないといけないです。3コーナーから4コーナーで渋滞があると、最後はレースに勝つことができないと思います。以前、テイエムオペラオーは4コーナーでトラブルがあって負けました。2着になりました。でも、一番強い馬でした。一番強い馬に乗っても、スムーズな競馬ができなかったら、勝つことはできません。だから、集中しなければなりません。

今回はたくさん良い馬がいますので、みんなチャンスがあると思います。グローリーヴェイズは香港で強かったです。長い休み明けですが、能力は高いですね。ラッキーライラックは内回りで前回、彼女も強かったです。コンディションはとても良いと思います。キセキは内回りが良いかもしれません。スピードはあります。距離はぴったりだと思います。彼に気を付けています。

(雨が降った場合は)まだ軟らかい馬場で走ったことがないので、どう走るか分からないですね。

(宝塚記念は)僕の目標です。まだ勝つことができていないレースを勝ちたいです。宝塚記念はちょっとアンラッキーなレースでした。(今年は)サートゥルナーリアで大きなチャンスがありますので、いい乗り方をしたいです。

ファンの皆さん、サートゥルナーリアの応援、本当にありがとうございます。宝塚記念で大きなチャンスがあるので、応援してください。みなさん、テレビの前で応援してください。また競馬場で会いたいです。ちょっと我慢してください。よろしくお願いします。ありがとうございます」

(取材:山本直)

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]