名種牡馬フォーティナイナー死す [News] [News]
2020/05/18(月) 18:37

静内種馬場で功労馬として繁養されていたフォーティナイナー(牡35歳)が、今日18日(月)12時30分に老衰のためこの世を去った。

フォーティナイナーは、現役時代は19戦11勝という成績で引退後アメリカで供用を開始し、種牡馬としては1996年に北米リーディングサイアーとなり、1996年に日本に輸入されて静内種馬場で供用を開始した。産駒のマイネルセレクト、ユートピア、アドマイヤホープがGIに優勝し、母の父としても皐月賞馬エポカドーロを輩出するなど多くの活躍馬を送りだした。2007年に静内種馬場での供用を最後に種牡馬を引退し、静内種馬場で余生を送っていた。

海外ではディストーテッドヒューマー、国内ではエンドスウィープ、サウスヴィグラス、スウェプトオーヴァーボード、アドマイヤムーンなどを経て父系を広げている。

場長のコメントは以下の通り。
「5月11日、35回目の誕生日を迎え、多くのファンにお祝いのメッセージをいただいたところでしたが、突然の別れとなり誠に残念です。このような世界的な名馬を日本に導入し、そして管理することが出来たことに感謝しています。種牡馬の管理の難しさ、厳しさ、そして楽しさを教えてくれた種牡馬でした。これまでありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします」

(日本軽種馬協会発表のリリースによる)