【中山牝馬S】登録馬~デンコウアンジュなど19頭 [News] [News]
2020/03/08(日) 18:39

3月14日(土)に中山競馬場で行われる第38回中山牝馬ステークス(4歳以上GIII・牝馬・芝1800m)の登録馬は以下の通り。


【登録馬:19頭】(フルゲート:16頭)

デンコウアンジュ
コントラチェック
サトノガーネット
エスポワール
ソウルスターリング

ハーレムライン
ウインシャトレーヌ
メイショウグロッケ
ゴージャスランチ
モルフェオルフェ

ウラヌスチャーム
レッドランディーニ
レッドアネモス
カリビアンゴールド
フィリアプーラ

レイホーロマンス

以下、除外対象馬

フェアリーポルカ
リュヌルージュ
ロフティフレーズ

【ファルコンS】登録馬~ビアンフェなど28頭 [News] [News]
2020/03/08(日) 18:33

3月14日(土)、中京競馬場で行われる第34回ファルコンステークス(GIII、3歳、芝1400m)の登録馬は以下の通り。

【登録馬:28頭】(フルゲート:18頭)

ビアンフェ
マイネルグリット
ラウダシオン
ウイングレイテスト
テーオーマルクス

トリプルエース
アブソルティスモ
ヴェスターヴァルト
エグレムニ
コスモリモーネ

シャインガーネット
ゼンノジャスタ
ソングオブザハート
デンタルバルーン
ペコリーノロマーノ

以下抽選対象馬

インザムービー
エーティーメジャー
エーポス
シャイニーズラン
セイウンパワフル

ソーユーフォリア
タケルラスティ
ドゥーベ
パフェムリ
ライチェフェイス

ラボエーム
レッドライデン
ワンスカイ

【フィリーズレビュー】登録馬~ケープコッドなど26頭 [News] [News]
2020/03/08(日) 18:25

3月15日(日)に阪神競馬場で行われる第54回フィリーズレビュー(3歳GII・牝馬・1400m)の登録馬は以下の通り。

【登録馬:26頭】(フルゲート:18頭)
ケープコッド
ルーチェデラヴィタ
アヌラーダプラ
ヴァラークラウン
カリオストロ

ソングオブザハート
デンタルバルーン
ヤマカツマーメイド

以下抽選対象馬

インザムービー
エヴァジョーネ
エーポス
クリノプレミアム
クーファイザナミ

シャレード
ソフィアバローズ
ソーユーフォリア
ナイントゥファイブ
パフェムリ

ヒメノカリス
フェアレストアイル
ボンボヤージ
マテンロウディーバ
ミズリーナ

メルテッドハニー
ヤマニンエルモサ
ラボエーム

【阪神スプリングJ】登録馬~オジュウチョウサンなど11頭 [News] [News]
2020/03/08(日) 18:11

3月14日(土)に阪神競馬場で行われる第22回阪神スプリングジャンプ(障害4歳以上、J・GII、芝3900m)の登録馬は以下の通り。このレースに除外対象馬はいない。

【登録馬:11頭】(フルゲート:14頭)

オジュウチョウサン
シングンマイケル
シンキングダンサー
ハルキストン
ブライトクォーツ

トラスト
クラウンフレイム
スズカプレスト
セガールフォンテン
ヒロシゲセブン

シゲルスズキ

【金鯱賞】登録馬~サートゥルナーリアなど13頭 [News] [News]
2020/03/08(日) 17:57

3月15日(日)、中京競馬場で行われる第56回金鯱賞(4歳以上、GII、芝2000m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:13頭】(フルゲート:18頭)

サートゥルナーリア
ロードマイウェイ
ケイデンスコール
サトノガーネット
ギベオン

ダイワキャグニー
ソウルスターリング
マイネルファンロン
ラストドラフト
ニシノデイジー

サトノソルタス
ジュンヴァルカン
ブレスジャーニー

【伊良湖特別】(中京)ロイヤルパールスが抜けだし3勝目 [News] [News]
2020/03/08(日) 17:46

中京12Rの伊良湖特別(4歳以上2勝クラス・ダート1200m)は2番人気ロイヤルパールス(荻野極騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9(不良)。半馬身差の2着に9番人気ダノンチャンス、さらに半馬身差の3着に1番人気ガンケンが入った。

ロイヤルパールスは栗東・湯窪幸雄厩舎の5歳牡馬で、父マツリダゴッホ、母ラヴフルーヴ(母の父アラジ)。通算成績は27戦3勝。

レース後のコメント

1着 ロイヤルパールス(荻野極騎手)
「番手で手応えよく立ち回ることが出来ました。ソラを使うところがあるので、その点を注意して、追い出しを待ちました。力のある競馬を見せてくれたので、この後も楽しみです」

2着 ダノンチャンス(菱田裕二騎手)
「思い描いていた通りのレースが出来ました。最後まで一生懸命走ってくれていました。今日は勝ち馬の決め手が少し上でした。よく頑張ってくれました」

3着 ガンケン(藤岡康太騎手)
「好位のインでリズムよく運んで追い出したときはこれはと思ったのですが...動いてはいますが動ききれていないのは久々の分かもしれません」

【トリトンS】(中京)伏兵ペプチドバンブーが差し切り勝利 [News] [News]
2020/03/08(日) 17:44

中京11Rのトリトンステークス(4歳以上3勝クラス・芝1600m)は8番人気ペプチドバンブー(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒6(不良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ピースワンパラディ、さらに1馬身3/4差の3着に3番人気ダブルシャープが入った。

ペプチドバンブーは栗東・武英智厩舎の5歳牡馬で、父ロードカナロア、母シャペロンルージュ(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は14戦4勝。

レース後のコメント

1着 ペプチドバンブー(菱田裕二騎手)
「勝った時はダートでしたが、後ろからいい脚を使ってくれました。そのイメージでどっしり構えて乗りました。良いときに乗せてもらえました」

2着 ピースワンパラディ(M.デムーロ騎手)
「一頭になると物見をするところがあり、手前をかえるのに時間がかかりました。手前をかえてからもジリジリという感じでした。イメージでは切れる感じだったのですが。この馬場が得意ではないのかもしれません。でも本当に良い馬です」

4着 ボッケリーニ(藤岡康太騎手)
「道中は促しながらの追走でしたが、そんな中でもジリジリと脚を使ってくれています。できれば良馬場で走らせてあげたかったですね」

5着 クリアザトラック(荻野極騎手)
「2番手でもとは思いましたが、馬がやる気を見せたので途中からハナに立ちました。リズムよく運べましたが、ラストは苦しくなりました。良馬場ならもっと違っていたかもしれません」

【大阪城S】(阪神)レッドガランが押し切り5勝目 [News] [News]
2020/03/08(日) 17:29

阪神11Rの大阪城ステークス(4歳以上オープン・芝1800m)は2番人気レッドガラン(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒9(稍重)。1馬身1/4差の2着に6番人気サトノフェイバー、さらに3/4馬身差の3着に1番人気サトノアーサーが入った。

レッドガランは栗東・安田隆行厩舎の5歳牡馬で、父ロードカナロア、母ダンスオンザルーフ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は10戦5勝。

レース後のコメント

1着 レッドガラン(北村友一騎手)
「そこまで前のポジションにこだわっていませんでした。スタートして自分から進んでいって、好位で流れに乗って抜け出すという、この馬にない競馬が出来たのは良かったです。徐々に力をつけてくれています。今後、どれだけ成長するか楽しみです」

2着 サトノフェイバー(古川吉洋騎手)
「一回使って良くなっていました。今の状態でよく頑張っています。力はありますが、そのときの体調がありますからね...。今日は惜しかったです」

3着 サトノアーサー(A.シュタルケ騎手)
「リズムよく走れましたが、最後はワンペースな感じになってしまいました」

5着 センテリュオ(川田将雅騎手)
「こういう馬場でまったく進めなくなってしまいました。それでも最後まで頑張ってくれました」

【弥生賞ディープインパクト記念】(中山)サトノフラッグが突きぬけ3連勝 [News] [News]
2020/03/08(日) 16:48

中山11Rの第57回弥生賞ディープインパクト記念(3歳GII・芝2000m)は2番人気サトノフラッグ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分2秒9(重)。1馬身3/4差の2着に1番人気ワーケア、さらに半馬身差の3着に3番人気オーソリティが入った。

サトノフラッグは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母バラダセール(母の父Not For Sale)。通算成績は4戦3勝。

レース後のコメント

1着 サトノフラッグ(武豊騎手)
「今日初めて乗りましたが、馬上からの雰囲気が父に似ていましたし、走りそうな感じがありました。3コーナーでは自分から上がっていったのですが、ディープと同じ感じで当時を思い出しました。これからディープ産駒でこのレースに挑むチャンスもあと僅かなので今日は勝ちたかったです。この勝ちっぷりからまだまだ良くなると思いますし、良馬場ならもっと切れそうです」

(国枝栄調教師)
「位置取りは完璧。早めに外に出して、スーッとまくっていったときはすごいなと思いました。良馬場のほうが良いですが、これくらいならこなします。これまで手掛けたディープ産駒の中でもこの馬はメンタル、フィジカル、サイズと三拍子揃っています。緊張しないで手応えを持って本番皐月賞に向かいます」

2着 ワーケア(C.ルメール騎手)
「休み明け、重馬場も問題ありませんでした。良い競馬が出来たと思います。直線も伸びていましたが、勝った馬が強すぎました」

3着 オーソリティ(L.ヒューイットソン騎手)
「道悪もこなしてくれました。3コーナーからは馬のリズム重視で動いていきました。全ての要素がかみ合ったら勝てると思いますが...。勝ち馬は強かったです」

4着 ブラックホール(石川裕紀人騎手)
「リズム重視で運んで、この馬らしい、本来の競馬が出来たと思います。2、3着馬とは差もありませんし、次は巻き返したいです」

5着 オーロアドーネ(三浦皇成騎手)
「よく頑張っていましたが、目標にされて早めに他の馬に来られて、早めに動かざるをえませんでした。最後は厳しくなりました」

9着 パンサラッサ(坂井瑠星騎手)
「好位で良いペースで運びましたが、ペースが上がってからは、脚があがってしまいました」

【総武S】(中山)メイショウワザシが逃げきり勝利 [News] [News]
2020/03/08(日) 16:44

中山10Rの総武ステークス(4歳以上オープン・ダート1800m)は1番人気メイショウワザシ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒9(重)。1馬身1/4差の2着に3番人気ハヤヤッコ、さらに1馬身半差の3着に5番人気ゴライアスが入った。

メイショウワザシは栗東・南井克巳厩舎の5歳牡馬で、父アイルハヴアナザー、母メイショウワカツキ(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は17戦5勝。

レース後のコメント

1着 メイショウワザシ(武豊騎手)
「思いのほか楽に逃げられました。道中かからないでリラックスして走れた分、最後も良い脚でした」

2着 ハヤヤッコ(L.ヒューイットソン騎手)
「乗りやすくて良い馬です。勝てるかと思える手応えでしたが、武騎手のペースが完璧すぎました」

3着 ゴライアス(三浦皇成騎手)
「コーナー4つでじっくりと競馬が出来ました。途中から追いかける形になりましたが、この馬場でよく頑張っています。レースを使ってトモも良くなってきそうです」

13着 コズミックフォース(C.ルメール騎手)
「少し太かったです。ラスト200mでいっぱいになりました。フットワークやリズムはよかったです」

全20件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]