【佐賀記念】(2月11日、佐賀)~JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2020/01/26(日) 18:22

2月11日(火)、佐賀競馬場で行われる第47回佐賀記念(4歳以上JpnIII・ダート2000m)に出走予定のJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
アナザートゥルース(未定)
スワーヴアラミス (未定)
テルペリオン   (未定)
ナムラカメタロー (石川裕紀人)
ロードゴラッソ  (未定)

補欠馬(予定騎手名)
ラインカリーナ  (武藤雅)
ノーヴァレンダ  (未定)
コマビショウ   (未定)
アポロテネシー  (未定)
サトノプライム  (未定)

【シルクロードS】登録馬~モズスーパーフレア、セイウンコウセイなど25頭 [News] [News]
2020/01/26(日) 18:18

2月2日(日)、京都競馬場で行われる第25回シルクロードステークス(4歳以上GIII・芝1200m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:25頭】(フルゲート:18頭)
モズスーパーフレア
セイウンコウセイ
ヴェロックス
ダイメイプリンセス
ディアンドル

ラブカンプー
レッドアンシェル
ブラックムーン
ジョイフル
ビップライブリー

ティーハーフ
ハッピーアワー
アウィルアウェイ
エイティーンガール
ナランフレグ

カラクレナイ
ディープダイバー
ラヴィングアンサー

以下、除外対象馬

ダイシンバルカン
ペイシャフェリシタ
エスターテ
シヴァージ
ジャスパープリンス

ダイメイフジ
アンヴァル

【根岸S】登録馬~コパノキッキング、モズアスコットなど22頭 [News] [News]
2020/01/26(日) 18:13

2月2日(日)、東京競馬場で行われる第34回根岸ステークス(4歳以上GIII・ダート1400m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:22頭】(フルゲート:16頭)
コパノキッキング
モズアスコット
ワイドファラオ
ノボバカラ
ワンダーリーデル

ミッキーワイルド
スマートダンディー
ダノンフェイス
カフジテイク
ドリームキラリ

テーオージーニアス
ヨシオ
サングラス
スマートアヴァロン
アードラー

以下、抽選対象馬(1/2)
テーオーヘリオス
ブルベアイリーデ

以下、除外対象馬
ドリュウ
クリノケンリュウ
ロワアブソリュー
ジャスパープリンス
イーグルバローズ

【八幡特別】(小倉)~ウインスピリタスが押し切って2勝目 [News] [News]
2020/01/26(日) 18:09

小倉12Rの八幡特別(4歳以上1勝クラス・芝1200m)は3番人気ウインスピリタス(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒1(重)。2馬身半差の2着に4番人気メイショウナスカ、さらにクビ差の3着に6番人気ノーブルプルートが入った。

ウインスピリタスは栗東・杉山晴紀厩舎の4歳牡馬で、父タニノギムレット、母イルドロール(母の父ゴールドアリュール)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインスピリタス(菱田裕二騎手)
「前回と比べると状態が良かったです。今日のような馬場も得意ですし、枠も良く、自分の取りたいポジションが取れました。全てが上手くいきました」

2着 メイショウナスカ(太宰啓介騎手)
「スタートが遅いのはいつものことです。4コーナーでの手応えが良く、終いも確実に伸びてくれました。小倉は合いますし、今日は休み明けでしたから、次はもっと良くなると思います」

3着 ノーブルプルート(嶋田純次騎手)
「一叩きした分、馬に気持ちが入っていました。道中は、馬場が悪い中でもしっかりとハミを取って、良い脚を使ってくれました」

【門司S】(小倉)~クリノフウジンが内から突き抜けて快勝 [News] [News]
2020/01/26(日) 18:04

小倉11Rの門司ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1700m)は7番人気クリノフウジン(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分43秒0(不良)。1馬身3/4差の2着に3番人気グアン、さらに3/4馬身差の3着に2番人気スマートフルーレが入った。

クリノフウジンは栗東・高橋義忠厩舎の6歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母マヤノスターライト(母の父ジェイドロバリー)。通算成績は30戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 クリノフウジン(鮫島克駿騎手)
「前回スムーズさを欠いてしまったので、もう一度チャンスをくださった関係者に感謝したいです。勝ち切るには今日のような立ち回りをするしかないと思っていました。スムーズに競馬ができ、馬もそれに応えてくれました」

2着 グアン(吉田隼人騎手)
「リズム良く運べましたが、勝ち馬に上手く乗られました。今日のような馬場も味方に、よく頑張ってくれています」

5着 ダノンロイヤル(松若風馬騎手)
「行ければ行こうと思っていました。ペースが速く厳しい展開でしたが、よく頑張っています。このクラスでも力は上位だと思います」

10着 ブルーメンクローネ(斎藤新騎手)
「人気を背負っていたこともあり、プレッシャーもきつく息を入れられませんでした」

【初霞賞】(中山)~断然人気のエクリリストワールが完勝 [News] [News]
2020/01/26(日) 17:59

中山10Rの初霞賞(4歳以上2勝クラス・ダート1800m)は1番人気エクリリストワール(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒4(稍重)。2馬身半差の2着に6番人気ネクストムーブ、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気レオアルティメットが入った。

エクリリストワールは美浦・田中博康厩舎の4歳牡馬で、父オルフェーヴル、母ビリーヴミー(母の父In The Wings)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 エクリリストワール(田中博康調教師)
「前走は長距離輸送もあり物足りなさがありましたが、今回は別馬のようでした。良い物を持っているのが分かったとジョッキーも話していました。続けて使えるタイプではなく間隔が空いてしまいますが、これからまだまだ成長しそうです」

2着 ネクストムーブ(北村宏司騎手)
「上手にスタートを出て良いポジションが取れました。逃げ馬が楽に走っている中で、よく伸びていますし、上手く立ち回ってくれました」

4着 アフターバーナー(C.ルメール騎手)
「スタートは遅かったです。道中は冷静に走っていて、最後は良い脚を使っていましたが、ペースが遅く届きませんでした」

【若竹賞】(中山)~人気のシーズンズギフトが新馬戦に続いて連勝 [News] [News]
2020/01/26(日) 17:53

中山9Rの若竹賞(3歳1勝クラス・芝1800m)は1番人気シーズンズギフト(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒4(稍重)。1馬身1/4差の2着に8番人気マイネルデステリョ、さらに2馬身差の3着に2番人気キングサーガが入った。

シーズンズギフトは美浦・黒岩陽一厩舎の3歳牝馬で、父エピファネイア、母シーズンズベスト(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シーズンズギフト(C.ルメール騎手)
「走るんですがコントロールが利かなかったですね。今日は少し掛かっていましたし、直線も内にモタれて走っていました。その点が直ってくればもっとやれそうです」

2着 マイネルデステリョ(津村明秀騎手)
「良いペースで行けました。勝ちパターンだったんですが、勝った馬が強かったです。でもこの馬も力をつけています」

3着 キングサーガ(川田将雅騎手)
「ゲートを出るまでは、性格の難しさを出していましたし、ゲートを出てからは、なかなか前へ進んでくれませんでした。終始、性格の悪さが出ていました」

7着 サペラヴィ(石橋脩騎手)
「状態は悪くなかったです。内枠で、内を上手く進んで、3~4コーナーもきちんと一生懸命走っていたと思います」

中山11Rの競走中止について [News] [News]
2020/01/26(日) 17:36

中山11Rで、4番マイネルフロスト(松岡正海騎手)は、下記疾病を発症したため、4コーナーで競走を中止した。

 馬:右第1指関節脱臼 ※予後不良
騎手:異状なし

(JRA発表による)

【AJCC】(中山)~帰国初戦のブラストワンピースが重賞5勝目を飾る [News] [News]
2020/01/26(日) 17:26

中山11Rの第61回アメリカジョッキークラブカップ(4歳以上GII・芝2200m)は1番人気ブラストワンピース(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒0(稍重)。1馬身1/4差の2着に5番人気ステイフーリッシュ、さらに1馬身3/4差の3着に4番人気ラストドラフトが入った。

ブラストワンピースは美浦・大竹正博厩舎の5歳牡馬で、父ハービンジャー、母ツルマルワンピース(母の父キングカメハメハ)。通算成績は12戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラストワンピース(川田将雅騎手)
「最後は何とか届いてくれて良かったです。今日は馬の雰囲気も良く、良いリズムで運べました。4コーナーでは故障馬の影響を受けましたが、それでも勝つことができて、能力の違いを見せることができました。残念な結果に終わった凱旋門賞から帰って、これだけの内容と結果を残すことができて良かったです。今年のブラストワンピースは、ここから始まっていきますので、期待して応援してください」

(大竹正博調教師)
「前走は競馬に参加できませんでしたが、それが実力ではない事を証明できたと思います。年明け初戦、結果を残すことができてホッとしています。この後、上半期の目標も未定です」

2着 ステイフーリッシュ(C.ルメール騎手)
「逃げ馬の後ろにつけられ良いレースができました。勝負どころでの手応えが良くて一生懸命走ってくれました。勝ち馬はさすがGIホースという感じでした」

3着 ラストドラフト(O.マーフィー騎手)
「競走中止した馬の影響により、4コーナーでブレーキをかけなくてはならなくて、その後追い上げましたが不利が大きすぎました。状態が良かっただけに残念です」

4着 ミッキースワロー(菊沢隆徳調教師)
「馬の雰囲気は良くて期待していました。良い感じで運べましたが、大事なところでアクシデントがあり残念でした」

6着 ニシノデイジー(田辺裕信騎手)
「道中は感じ良く行けて、有力馬を前に見ながら自分から動ける位置でレースを進めました。勝負どころでのアクシデントがあったにせよ、最後は止まっていて、「あれ?」っという感じです。上手くいった割には物足りなかったです」

7着 ウラヌスチャーム(F.ミナリク騎手)
「良いスタートを切れず後方からになりました。道中、それから直線も良い走りをしていましたが、馬場が向きませんでした」

8着 スティッフェリオ(丸山元気騎手)
「自分のペースで行けましたが、馬場が特殊でした。この馬はラチに頼りながら走るので、内を通らざるを得ず、今日の馬場では厳しかったです」

【東海S】(京都)~先行したエアアルマスが押し切って重賞初制覇 [News] [News]
2020/01/26(日) 17:13

京都11Rの第37回東海テレビ杯東海ステークス(4歳以上GII・ダート1800m)は2番人気エアアルマス(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒2(重)。半馬身差の2着に3番人気ヴェンジェンス、さらに半馬身差の3着に1番人気インティが入った。

エアアルマスは栗東・池添学厩舎の5歳牡馬で、父Majestic Warrior、母Nokaze(母の父Empire Maker)。通算成績は16戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 エアアルマス(松山弘平騎手)
「非常に強かったですね。砂を被らず、もまれなければ強いということは分かっていましたし、スタートを決めて良い位置で競馬をしようと思っていました。手応え良く回ってきてくれて、勝ち切ってくれましたから、今後が楽しみになりました。芝で乗った時にも良い馬だと感じていましたし、ダートでも充実してきて、強い馬相手に良い走りをしてくれました。GIでもしっかり走れると思います」

2着 ヴェンジェンス(幸英明騎手)
「いつもより前目につけられたのですが、惜しかったです。展開が相手に向きました」

(大根田裕之調教師)
「あの展開でよく来てくれていますが、相手に流れが向きました」

3着 インティ(野中賢二調教師)
「レースの前から相手はエアアルマスだという話をしていました。行けたら行ったら良いということも話していましたが、好位で普通に折り合っていました。手前の替え方が不器用だったり、58kgも背負っていましたし、できたら良いというレースはできました。レースが終わって、納得しています。次につながる良いレースができました。左回りの1600mが合っていると(武豊騎手とも)話しました。収穫があり、次が楽しみになりました」

4着 アングライフェン(M.デムーロ騎手)
「よく頑張りました。流れが良くなかったです。ヨーイドンになってしまうのは合わないです。同じペースで流れてしまいました。速い流れなら良かったのですが...。状態が良かったですし、バランスが良くなりました。(8歳になって)成長しています」

5着 キングズガード(秋山真一郎騎手)
「1コーナーで隊列が決まって動きませんでしたからね。状態はまだ上がると思います。これで良くなると思います。展開は厳しかったです」

8着 モズアトラクション(藤岡康太騎手)
「スタートは出てくれて、いつもより前目につけられました。流れが落ち着いてしまいました。脚を使っていますが...」

15着 スマハマ(藤岡佑介騎手)
「外の出方を見ながら出て、楽にハナに立てたのですが、4コーナーまで持たない感じで止まってしまって、この馬らしくない負け方でした。「何かあったのかな」と思う形になりました」

全17件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]