ラインシュナイダー、調教中に急性心不全で死亡 [News] [News]
2020/01/09(木) 17:58

 2017年のサマーチャンピオン(JpnIII)に優勝したラインシュナイダー(牡8歳 栗東・松永昌博厩舎)は、9日の調教中に急性心不全を発症し、死亡した。

<通算成績> 43戦6勝(うち地方2戦1勝)

(JRA発表)

【フェアリーS】美浦レポート~シャインガーネット [News] [News]
2020/01/09(木) 17:56

 13日(月・祝)に中山競馬場で行われるフェアリーステークス(GIII)に出走予定のシャインガーネット(牝3歳、美浦・栗田徹厩舎)について、追い切り後の栗田徹調教師のコメントは以下の通り。

「新馬戦は調教の感じも良く、手応えの割に僅差だったので、前走(赤松賞)は先頭に立ってからの動きに注目していました。ジョッキーもそこを分かって上手く乗ってくれて、差し切ることが出来たので内容のある競馬だったと思います。

 デビュー戦の後も、赤松賞の後も普段から本当におとなしくて、おっとりしています。前走後は放牧に出して、3週間前に厩舎へ戻ってきました。精神的な部分は元々大人びていますし、肉体的にもトモが力強くなって、見た目にも張ってきています。乗っているスタッフからも、力強さが出て来たと聞いています。

 年末年始を挟む変則日程でしたが、週に2本時計を出して来ました。先週はマーフィー騎手に乗ってもらい、ある程度強めに追い切ってもらいました。今週はリラックスして、力んでいないかと、体を使えているかに注目する追い切りをしましたが、弾むような走りで1頭になってもしっかりとハミを取って走れていましたね。良い状態で臨めそうです。

 (現段階での強みは)心肺機能の高さと、精神的にどっしりしていて、身体能力が高いこと、この3つが揃っているのが強みだと思います。ここで勿論勝てれば理想ですし、桜花賞に向けて賞金を加算したいですね。上手に競馬をしてくれれば自ずと結果はついて来るのではないかなと思います。順調に来られましたし、万全の状態で送り出せるようにしていきますので、応援をよろしくお願いします」

(取材:大関隼)

【フェアリーS】美浦レポート~アヌラーダプラ [News] [News]
2020/01/09(木) 17:53

 13日(月・祝)に中山競馬場で行われるフェアリーステークス(GIII)に出走予定のアヌラーダプラ(牝3歳、美浦・萩原清厩舎)について、追い切り後の萩原清調教師のコメントは以下の通り。

「前走はメンバーレベルもあったかと思いますが、内容は良かったと思います。頭数は多くありませんでしたが、新馬とはまた違う内容で好レースが出来たことは良かったですね。

 (前走後の雰囲気は)1戦1戦、良化している印象があります。今朝はジョッキーが変わるので感触を掴んでもらうことが主眼でしたが、動きは良かったですね。馬の形、動きが良い馬ですし、セールスポイントというのもこれから徐々に出てくるのかなと思います。(2歳から3歳になっての馬の変化は)あまり変わったという印象はないのですが、精神的に落ち着いてきているという印象はあります。

 対戦メンバーの中で、力が上位であることが示せればと思っています。まだ未知数なところがある馬ですが、使うからには好レースをお見せ出来ればと思います」

(取材:大関隼)

【フェアリーS】美浦レポート~ペコリーノロマーノ [News] [News]
2020/01/09(木) 17:47

 13日(月・祝)に中山競馬場で行われるフェアリーステークス(GIII)に出走予定のペコリーノロマーノ(牝3歳、美浦・久保田貴士厩舎)について、追い切り後の久保田貴士調教師のコメントは以下の通り。

「(つわぶき賞を振り返って)新馬を勝った後にファンタジーステークスに使って、状態も上がっていたので、自信を持って送り出しました。結果には満足しています。

 前走後はずっと厩舎にいて、まずしっかり疲れを取ってから乗り込みを始めました。中間も順調に、組んだ通りのメニューをこなしてくれて、至極順調に来ています。

 使い込んできていますし、今朝の追い切りはテンションを上げすぎないように、ある程度中山のマイルを意識するような感じで、終い重点で追い切りました。前走と変わらない状態で出せる、という所まで持って来られたと思います。

 まだ年が明けて3歳になったばかりですし、少しずつではありますが、芯が入ってきたかなと見えます。(初の中山、マイル戦に関しては)ここまで3戦とも違う競馬場で結果を出してくれていますし、当日輸送の機会は初めてですが、たまたま今まで使う機会がなかっただけですから特に心配はしていないです。ここまでは1400mを使ってきましたが、マイル戦でも上手くコントロールが利くような調整を心がけてきましたから、大丈夫だと思います。何とかここで良い競馬をして、春のGIの舞台に立たせてあげたい馬なので、応援をよろしくお願いします」

(取材:大関隼)

【フェアリーS】美浦レポート~スマイルカナ [News] [News]
2020/01/09(木) 17:41

 13日(月・祝)に中山競馬場で行われるフェアリーステークス(GIII)に出走予定のスマイルカナ(牝3歳、美浦・高橋祥泰厩舎)について、追い切り後の高橋祥泰調教師のコメントは以下の通り。

「前走(ひいらぎ賞)は内枠ということもあってすんなりハナに立てて、そこからは自分のペース、自分のリズムで走れていました。非常に良かったと思います。

 前走後も変わりなく来ていて、先週は併せ馬で追って、今週は単走でそんなに強くはやりませんでしたが、先週、今週と非常に良い動きだったと思います。今朝は時計的にはそんなには出さないつもりでしたが、まずまずの時計で動きも良かったです。今日も柴田大知騎手が追い切りに乗ってくれましたが、出た時計が感覚よりも速かったようでちょっとビックリしていました。

 (成長を感じる面は)デビュー戦ではちょっとかかるような面を見せていましたが、前回の競馬では非常に良いリズムで走れていたので、その辺りは大きいと思います。今回は枠順で大きく左右されるコースですから、枠順がどうなるかでしょう。(ここまでの2勝が逃げ切りですが)もう少しペースが速くなって、他に行ってくれる馬がいれば2番手、3番手でもという感じですが、こればかりはスタートしてみないと分からないですね。前走後も良い感じで来ているので、ここも頑張りたいと思います」

(取材:大関隼)

【シンザン記念】美浦レポート~サンクテュエール [News] [News]
2020/01/09(木) 17:37

 12日(日)に京都競馬場で行われるシンザン記念(GIII)に出走予定のサンクテュエール(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後の藤沢和雄厩舎・津曲大祐調教助手のコメントは以下の通り。

「アルテミスステークスは五分のスタートから外枠だった、ということもあって前半は前に馬を置けず、少し力む所がありました。それでもその後は上手に折り合って、良い内容のレースをしてくれたと思います。好位で競馬をして、最後は勝った馬(リアアメリア)の目標にされたような形でしたが、着差は僅かでしたし頑張ってくれました。

 前走後は一旦牧場へ戻して、厩舎に帰ってきてからは坂路とウッドチップコースを併用してコンスタントに時計を出して来ることができました。良い調教ができていると思います。

 今朝はウッドチップコースで古馬のオープン馬の2番手から、という形でした。そんなに速い時計ではありませんが、キッチリと良い併せ馬ができました。牝馬なので変にテンションが上がらず、落ち着いているのが何よりですね。

 (初の京都は)デビューから続けて1600m戦を使ってきて、新潟、東京と違う競馬場で結果を出してくれているので、問題はないかなと思います。初の右回りも今朝、右回りの追い切りで上手に走れていましたし、問題ないでしょう。デビュー戦の時も新潟へ前日輸送して1泊してレースという経験をしていますし、新潟よりも輸送時間は少し長くなりますが、心配はないと思います。前走も強い馬相手に頑張ってくれて、今回は牡馬が相手ですが、期待している馬なのでぜひ応援してください」

(取材:大関隼)


富田暁騎手のオーストラリアでの騎乗成績(9日) [News] [News]
2020/01/09(木) 16:59

富田暁騎手(栗東・木原一良厩舎)の、9日のオーストラリア・ストーニークリーク競馬場での騎乗成績は以下の通り。

5R 一般レース(芝2100m) ボルディー 4着(8頭)
8R 一般レース(芝1600m) タガウォー 3着(12頭)

(JRA発表)

タツゴウゲキ引退、種牡馬へ [News] [News]
2020/01/09(木) 14:53

2017年の新潟記念(GIII)などに優勝したタツゴウゲキ(牡8歳 栗東・鮫島一歩厩舎)は、今日9日付けで競走馬登録を抹消した。今後は種牡馬となる予定で、繋養先は未定。

<JRA通算成績> 21戦5勝
<JRA重賞成績> 2017年小倉記念(GIII)、2017年新潟記念(GIII)

(JRA発表)

【シンザン記念】栗東レポート~ルーツドール [News] [News]
2020/01/09(木) 14:47

12日(日)に京都競馬場で行われるシンザン記念(GIII)に出走予定のルーツドール(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)について、追い切り後の藤岡健一調教師のコメントは以下の通り。

「体型などを見て長いところが合うかなと思って、初戦は1600メートルを使ったわけですが、どう対応してくれるか不安があったんですが、そんなことはお構いなしに、というか、思った以上に良い競馬をしてくれたし、強かったな、と思います」
「あまり間隔を詰めて使いたくなかったので、前走後はすぐにノーザンファームしがらきへ放牧に出して、先のことを考えて、シンザン記念に合わせて順調に調整できています」
「先週もいい時計で動いていたので、(今日の)馬場状態が悪かったので上がり重点でやろう、ということで、しっかり動けているというのもありますし、いい時計も出まして、ジョッキーのコメントも良かったですし、予定通りに追い切りはできたかな、と思います」
「もともと大きな馬だったのですが、そのあたりは成長も含めて、身体も出来つつあるので、いい体型になってきたかなと思います」
「できるだけ大きな競馬場で走らせたいと思っていたので、小回り、というよりも外回り、京都は広いコースですし、うまく対応してくれると思います」
「相手というよりも、この馬自身がうまく走ってくれれば、明らかに能力は高いと思っているので、いい競馬になるのではないかと思います」
「大きいところへ向けて、しっかり育てていきたいと思っていますし、ここをうまくクリアしてくれれば先が楽しみになってくるので、応援してやってください。よろしくお願いします」

(取材:檜川彰人、山本直)

【シンザン記念】栗東レポート~オーマイダーリン [News] [News]
2020/01/09(木) 14:46

12日(日)に京都競馬場で行われるシンザン記念(GIII)に出走予定のオーマイダーリン(牝3、栗東・河内洋厩舎)について、追い切り後の河内洋調教師のコメントは以下の通り。

「前走は後方からの競馬でしたが、終いはいい切れ味を出してくれました。初戦は前に行って失速したんですが、一度使って良くなっていた分はあり、いい勝ち方をしてくれました。(前走後は)3週間ほど放牧に出したんですけれども、いいレースがなくここまで待った方が、馬も落ち着いてきたので、ちょうど良いかなと思います」
「先週よりも今日の方がしっかりしていると乗った人が言っていました。今日も終いはいい感じで、まだ余裕がありました。全体が85秒くらいで、上がりもしっかりしてきたので、競馬には良い味が出ると思うので、調教では速いタイムは出ませんが、競馬に行って良いタイプですので、仕上がりは良いと思います。坂路も1本入れていますし、結構やっていますので、万全だと思います」
「馬場入り後にカリカリする面はありますが、競馬に行って折り合いは付きますし、乗りやすいとは言っていました」
「まだ1勝馬ですし、メンバーも強くなりますが、どんな競馬をしてくれるか楽しみにしています」
「まだ(道悪が)上手か下手か判断できませんが、良馬場の方が良いと思っていますが、(雨の予報が出ているのは)仕方ないですね」
「(初の外回りは)頭数も少なく、流れも落ち着きますし、折り合いもつきますから、いい条件だと思います」
「調教では目立ちませんが、乗り味が良いという話は聞いていました。初戦は案外でしたが、2戦目は変わってくれましたからね」
「(自身が騎手時代に3勝、騎乗予定の武豊騎手も7勝しているシンザン記念で)武君が乗ってくれるので力強いですね」
「自分としては勝ってほしいですが、いい競馬をしてほしいです」

(取材:檜川彰人、山本直)

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]