【福寿草特別】(京都)~レクセランスが接戦を制しオープン入り [News] [News]
2020/01/05(日) 15:47

京都9Rの福寿草特別(3歳1勝クラス・芝2000m)は3番人気レクセランス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分3秒5(良)。クビ差の2着に6番人気アメリカンシード、さらに2馬身差の3着に2番人気ケヴィンが入った。

レクセランスは栗東・池添学厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母エクセレンス2(母の父Champs Elysees)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 レクセランス(川田将雅騎手)
「能力はあるのですが、内にささる面が強いです。それでも初戦よりは良かったです」

2着 アメリカンシード(福永祐一騎手)
「動いて行く形をとってほしいという指示でした。いい形に持ち込めましたが、最後の100mで頭が上がりました」

3着 ケヴィン(四位洋文騎手)
「道中ハミを噛むと、頭を上げたり、逃げたりと、若さを出しています。枠も内より外の方がいいように思います。能力があるだけに、このレースぶりは歯痒いです」

5着 ハギノエスペラント(武豊騎手)
「ペースが落ちたらかかるし、速くなったら置いていかれます。器用さがあまりないようです」

【招福S】(中山)~ミッキーポジションが接戦を制し4勝目 [News] [News]
2020/01/05(日) 15:05

中山9Rの招福ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1800m)は5番人気ミッキーポジション(菊沢一樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒2(良)。3/4馬身差の2着に4番人気エムオーグリッタ、さらに3馬身差の3着に3番人気メイショウササユリが入った。

ミッキーポジションは美浦・菊沢隆徳厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母ポジションリミット(母の父Bellamy Road)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 ミッキーポジション(菊沢一樹騎手)
「中山に実績のある馬ですが、自分が乗せてもらったときに結果を出せていなかったので、今日は勝つことが出来てよかったです。前目のポジションに行ったほうがいいとのアドバイスの通り先行したら頑張ってくれました」

2着 エムオーグリッタ(津村明秀騎手)
「自分のペースで逃げられて最後まで頑張ってくれました。ここのところ状態がいいですし、力をつけています」

4着 エンダウメント(田中勝春騎手)
「最後はいい脚を使ってくれました。距離はもっとあった方がいいかもしれません。もう少し器用さが出てくるといいですね」

松下武士調教師、JRA通算100勝達成 [News] [News]
2020/01/05(日) 14:51

京都2Rで、6番ロードグリュックが1着となり、同馬を管理する松下武士調教師(栗東)は、現役149人目となるJRA通算100勝を達成した。

~松下武士調教師のコメント~
「多くの方々のご支援のおかげで100勝を達成することが出来ました。心から感謝しております。これからも一頭一頭の馬に真摯に向き合い一つでも上の着順を目指していきます」

(JRAの発表による)

【メイクデビュー】(京都6R)~ルビーカサブランカが新馬勝ち [News] [News]
2020/01/05(日) 14:45

京都6Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は2番人気ルビーカサブランカ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒4(良)。3/4馬身差の2着に9番人気 ホッコーラプラス 、さらにクビ差の3着に1番人気アドマイヤベネラが入った。

ルビーカサブランカは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ムードインディゴ(母の父ダンスインザダーク)。

~レース後のコメント~

1着 ルビーカサブランカ(川田将雅騎手)
「調教では動いてからいい馬でしたが、レースでも動いてからいい走りが出来ていました。少しずつ成長を伴ってくれればいいと思います」

7着 スマートアリエル(武豊騎手)
「スタートが良かったですし、流れに乗れました。しかし最後は力尽きてしまいました」

【3歳1勝クラス】(中山5R)~サトノフラッグが快勝でオープン入り [News] [News]
2020/01/05(日) 14:24

中山5Rの3歳1勝クラス(芝2000m)は1番人気サトノフラッグ(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分1秒4(良)。3馬身差の2着に6番人気アンサンブル、さらに2馬身差の3着に5番人気マイネルデステリョが入った。

サトノフラッグは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母バラダセール(母の父Not For Sale)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 サトノフラッグ(O.マーフィー騎手)
「この馬は2000mより2400mの方がいいと感じています。距離が延びた方が間違いなくいいです。今日はスムーズな競馬で前走からの成長が見られました。目標はダービーになるだろうと思います」

2着 アンサンブル(S.フォーリー騎手)
「スタートで遅れましたが、スタミナはあると思い、人気のサトノフラッグについていきました。全体的にいい馬だと思いますが、まだまだ伸びると思います」

4着 フローズンスタイル(田辺裕信騎手)
「競馬は上手ですが、初戦と比べて大きく変わってはいませんでした」

【メイクデビュー】(京都3R)~オレンジペコが5馬身差で新馬勝ち [News] [News]
2020/01/05(日) 14:17

京都3Rのメイクデビュー京都(牝馬・ダート1400m)は4番人気オレンジペコ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒4(稍重)。5馬身差の2着に1番人気レディオタイムズ、さらにアタマ差の3着に2番人気セントクリーガーが入った。

オレンジペコは栗東・武英智厩舎の3歳牝馬で、父マジェスティックウォリアー、母ココモオレンジ(母の父キングカメハメハ)。

~レース後のコメント~

1着 オレンジペコ(武豊騎手)
「真面目な馬です。ただ気持ち怖がりな所があるので、今日はポジションを取れたことが大きかったです。これからもっと良くなってきそうです」

2着 レディオタイムズ(西村淳也騎手)
「スタートがよかったです。その後出脚のスピードも良かったです。ただ1ハロン長いかもしれません。すぐに勝ちあがる力があるので期待しています」

3着 セントクリーガー(福永祐一騎手)
「スタートは良かったのですが、終始、内を気にしながらの競馬で外に逃げるような面がありました。そんな中でも力を見せてくれた走りでした。今日は初戦ということで気持ちの面で集中しきれないところがありました。ただその辺は使いながら、経験を積んでくれば勝ちあがれる馬だと思います」

【メイクデビュー】(中山4R)~ミッキープリンスが新馬勝ち [News] [News]
2020/01/05(日) 13:50

中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気ミッキープリンス(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒1(良)。半馬身差の2着に5番人気レオファイナリスト、さらに3馬身差の3着に3番人気ホテルカリホルニアが入った。

ミッキープリンスは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母アートプリンセス(母の父Officer)。

~レース後のコメント~

1着 ミッキープリンス(O.マーフィー騎手)
「おとなしく、乗りやすい馬です。今の時点で芝かダートかというのは分かりませんが、とにかく一生懸命走ってくれます。ゆっくり時間を掛けたほうがいいタイプだと思いますし、今後の成長に期待します」

2着 レオファイナリスト(木幡巧也騎手)
「勝負どころでは自分から行く形になりました。これだけ走ることは見せられましたし、センスがいいので、もう一度こういう走りができればチャンスがあると思います」

3着 ホテルカリホルニア(S.フォーリー騎手)
「勝ったと思ったのですが、4コーナーで外によれたことと、ラスト200mで疲れてしまったことが残念でした」

全17件中 11件〜17件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]