【全日本2歳優駿】(川崎・JpnI)~地元川崎のヴァケーションが制す [News] [News]
2019/12/18(水) 21:33

 川崎競馬場(晴・やや重)で行われた2歳馬によるダートグレード競走、第70回全日本2歳優駿(JpnI・1600m)は、徐々にポジションを押し上げ、直線は間を割って伸びた地元川崎の5番人気ヴァケーション(吉原寛人騎手)が、逃げ粘る4番人気のJRAアイオライトを差し切って優勝、勝ち時計は1分41秒9。アタマ差2着にアイオライト、さらに半馬身差の3着には、浦和の9番人気ティーズダンクが入り、波乱の結果となった。1番人気のJRAメイショウテンスイが4着、2番人気のJRAテイエムサウスダンは5着に終わっている。

勝ったヴァケーションは父エスポワールシチー母テンノベニバラ(その父サッカーボーイ)の牡2歳栗毛馬、川崎・高月賢一厩舎の管理馬。通算成績5戦4勝、前走船橋の平和賞に続いて重賞連勝、JpnI制覇を飾った。

~レース後のコメント~

1着 ヴァケーション(吉原寛人騎手)
「勝つことができてすごく嬉しいです。パドックで跨った時から感触が良く、あとはテンションだけ落ち着いてくれればと思っていました。先出しにはなりましたが、堂々と返し馬ができました。揉まれる経験はあまりなかったのでこのメンバーでどれだけやれるかと思っていましたが、落ち着いて走ってくれました。ペースが速くなり脚をうまくためられたので展開も向きましたね。ただ前の馬とは差があったので、必死に追っていてゴールの瞬間は勝ったかどうか分かりませんでした。武藤騎手にはおめでとうございますと言われましたが、数字が出て初めて勝ったんだと分かりました。この馬は、物怖じしないところが良いですね。堂々としているので安心して乗っていられます。距離は1800m〜2000mでも大丈夫でしょう。これから活躍すると思いますので、ヴァケーションの応援をよろしくお願いします」

2着 アイオライト(武藤雅騎手)
「スピードがあるのでテンに速く行けました。ペースを落とさず淡々と運べて、後続をうまく離せましたが、最後は勝ち馬にうまく乗られてしまいました」

3着 ティーズダンク(石川倭騎手)
「道中スムーズで、自信を持って乗ることができました。この差で負けたことは悔しいですが、中央馬相手にこれだけやれたことは良かったです。手前をスムーズに替えていて、左回りは問題ありませんでした。揉まれ弱いところがあるので、そこは課題ですね。ペースが上がって前が止まる展開になったことは、この馬にとってプラスでした」

4着 メイショウテンスイ(武豊騎手)
「形としては良かったのですが、行きっぷりがよくありませんでした。連戦していたので目に見えない疲れがあったのかもしれません。距離は大丈夫でした」

5着 テイエムサウスダン(M.デムーロ騎手)
「最初のコーナーはうまく回ってくれましたが、それからずっと同じ手前で走っていて、直線ではバテてしまいました。1200m〜1400mならそれでも押し切れるのかもしれませんが、1600mでは厳しかったです。真面目でとても良い馬で頑張ってくれましたが、残念でした」

(取材:小屋敷彰吾)

【有馬記念】栗東レポート~ワールドプレミア(武豊騎手) [News] [News]
2019/12/18(水) 17:33

☆22日(日)中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走を予定しているワールドプレミア(牡3、友道)について関係者のコメントは以下の通り。

◎ワールドプレミアについて武豊騎手

・(この馬の成長、強さ)春までは気性的に幼かったのですが、秋になってその点は解消されてきましたね。フィジカル面でも力強さが出てきました。

・(一週前に乗って)特別大きく変わった点はありませんが、順調にきているようには思えました。動き自体も悪くは無いです。若干重いかなという動きでしたが、一週前の追い切りとしてはいい動きでした。

・(伸び代については)まだ3歳でキャリアの浅い馬なので、前回菊花賞を勝ったとは言え今回の古馬達の中に入るとまだまだ...というところがあります。だから前回よりさらに強くなっていい走りができないと太刀打ちできないと思っています。そこ(伸び代)に期待ですね。

・(レースプランは)強いメンバーなので、大外を回すような力勝負で勝てるメンバーでは無いので、成長力、負担重量、あとはレースでうまく導ければチャンスはあると思っています。

・(有馬記念は)独特の雰囲気があるレース。一年を締めくくるという意味もあります。競馬ファンも競馬を普段見ない人もこのレースは知っています。日本の暮れの風物詩でもあります。今年もそれに参加できて嬉しいですし、何とかレースを盛り上げて、いいレースをしたいです。

・昨年も3歳馬が勝ったレースです。それは成長力だと思っていますので、そこに僕自身大きな期待を持っています。

〔取材:檜川彰人〕

【有馬記念】栗東レポート~ワールドプレミア(友道調教師) [News] [News]
2019/12/18(水) 17:31

☆22日(日)中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走を予定しているワールドプレミア(牡3、友道)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ワールドプレミアについて友道康夫調教師

・(今日の追い切りについて)先週騎手が乗ってしっかりやっているので、坂路でうちの助手を乗せまして息を整える程度にやりました。馬場が悪かったということもありますが、全体が54秒ぐらい(54.5-12.8)で乗りました。

・(今年の流れ)秋初戦の神戸新聞杯を使ったあたりから馬もしっかりしてきて、菊花賞も本当にいい状態で出走できましたが、その疲れも無く馬が成長しているというか、身体の張りも出てきましたし、見た感じも迫力が出てきて、いい感じでここまできていると思います。

・(精神面について)栗東トレーニングセンターの調教では、それほどやんちゃなところは見せません。精神面も成長しているとは思いますが、菊花賞の時はパドックでは一番イレ込んでいるようなところもあったので、そこは競馬の当日になってみないと分からないというのが本音ですね。

・馬も本当に良くなっているので厩舎も期待して出走させられますが、この馬は初の関東圏への輸送で、克服すべき初めての課題がたくさんあるので、そこをどの程度クリアしてくれるかがポイントです。それよりも今の成長を見ていると、楽しみの方が大きいですね。

・まだまだどんどん良くなってくる馬だと思いますので、ここをステップに来年に繋げたいと思います。

〔取材:檜川彰人〕

【有馬記念】栗東レポート~リスグラシュー [News] [News]
2019/12/18(水) 17:28

☆22日(日)中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走を予定しているリスグラシュー(牝5、矢作)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎リスグラシューについて矢作芳人調教師

・(コックスプレート後は)有馬記念目標ということで考えていたので、競馬学校での検疫中も乗って、有馬記念から逆算してここまで進めてきました。(引退レースということについて)今日の追い切りを見ていて、これが最後だと思うと感慨深い気持ちと、残念だという気持ちがあります。

・(今日の追い切り内容は)普段のこの馬の調整であれば、先週しっかりと併せて負荷をかけているので、競馬の週は単走が一般的な形だったのですが、今朝の体重と身体のシルエットを見てもう少し負荷をかけてもいいのではということと、やはり最後の競馬ということで悔いを残したくない、ということで併せ馬にしました。

・(有馬記念は初めて)これまでなかなか適性のある馬がいなかった、ということが第一の理由ですが、出すからには使うだけではなくて、ファン投票上位で選ばれて勝負になる馬で有馬記念に出走したい、というのが自分の思いでした。それが実現するのが嬉しいです。

・(思い描くレースは)競馬は生き物で展開その他いろいろあります。この馬はどんなレースでも出来ますから、乗り方を決め付けるようなことはしたくはありません。騎手にはコースの特徴などを伝えるぐらいです。

・勝って有終の美を飾ってくれたら、これ以上のことは無いなという気持ちですが、今のところ無事に追い切りを終えて、いい状態で出せるのではないかというところでホッとしています。

・(アーモンドアイとの対決は)ホースマンとして、競馬が大好きな人間として(アーモンドアイが)出走してくれたことをありがたいと思いますし、一度は対決したいと思っていたので負けてもともとで挑戦したい、という気持ちです。

・(セールスポイントは)自在性と堅実さ、あとは目標にしたレースに無事出走できているということ、そのタフさですね。あと今年の成長としては、オンとオフが今まで以上にしっかりしたと思います。

・本当にこれが最後かと思うと一抹の寂しさはありますが、悔いの無い仕上げをしようと考えていて、ここまではそれが出来ています。いつも一生懸命走る馬ですし、必ずいい勝負になると思っています。応援よろしくお願いします。

〔取材:檜川彰人〕

【有馬記念】栗東レポート~スワーヴリチャード(O・マーフィー騎手) [News] [News]
2019/12/18(水) 17:25

☆22日(日)中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走を予定しているスワーヴリチャード(牡5、庄野)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ スワーヴリチャードについてオイシン・マーフィー騎手

・(前走のJCは)レース前からいい状態という感触は得ていました。幸運にもいい枠を引けて、レース前に思い描いていた通りの展開になりました。自分自身こんなに早くジャパンカップを勝てるとは思わなかったので素晴らしい出来事でした。

・(この馬の強さは)大きく筋肉質の馬で素晴らしい馬体の持ち主で、調教でも坂路でも簡単にすごいタイムを出せるパワフルな馬です。

・(今日の追い切りは)ジャパンカップの時に馬は仕上がっていたと自分は思っていました。先週も乗って状態がいいことは確認できました。今日は馬のことを感じるという部分で言うと、それが出来ていい状態というのがわかります。

・(疲れは)今日の追い切りタイムが遅いということで少し心配されているのかとも思います。私自身感じるのは精神状態が前走より良くなっていることです。いい状態と感じています。これ以上無い最高の状態です。

・(有馬記念の印象)世界的にも注目を集めています。12月にある国際GIで、日本に来る前から知っていたレースです。昨年ミッキーロケットで参加させていただき、いいレースができました。今年勝てたらいいなとも思います。今年勝てなくても将来的に勝ちたいレースです。

・(今回は強いメンバー)レーティング的にも世界トップクラスのレースになるでしょう。メンバーの枠が決まってから、色々(レースプランを)考えたいと思います。

・(中山芝2500mについては)問題無いと思います。

・素晴らしいレースに参加できることは光栄で興奮しています。この馬とともに臨めることがとても幸せです。難しいことですが、私は日本で数多くのGIを勝ちたいと思っています、とにかく頑張ります。

〔取材:檜川彰人〕

【有馬記念】栗東レポート~スワーヴリチャード(庄野師) [News] [News]
2019/12/18(水) 17:22

☆22日(日)中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走を予定しているスワーヴリチャード(牡5、庄野)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ スワーヴリチャードについて庄野靖志調教師

・(ジャパンC後の様子は)一週間放牧に出して様子を見てもらいましたが、元気で回復も早かったので、有馬記念参戦を決めました。

・(ハードな闘いだが)馬の体調に合わせてということで、秋GI三戦目ですが、昨年一昨年よりいい状態で臨めそうです。

・(追い切りについて)今日(マーフィー)騎手には最初ゆっくりと入って後は感覚で任せるという指示でした。狙った時計よりも遅かったかも知れませんが、まっすぐ走れていましたし、パワフルでいい動きだったと思います。ジャパンカップの段階で、騎手もいい手応えを掴んでいましたし、先週の追い切りの時点で仕上がっていたという感触を、騎手と我々スタッフも持っていました。後は無事に競馬を迎えたいという気持ちです。

・5歳の秋を迎え馬体も完成したという印象です。ここまできたら右回り左回りとかは言ってはいられませんね。

・(勝つために)前走の競馬がロス無く運んでよかったと思います。今回もロス無く運んで1着で駆け抜けてくれたらいいなと思います。後は枠順が決まったら、また騎手と話し合いたいと思っています。

・一昨年(の有馬記念)は枠順もあって外を回る形になりました。今回は馬も完成して、デキも今までで一番いい形になるのではと思っているので、良い結果を期待したいです。

〔取材:檜川彰人〕

【有馬記念】栗東レポート~シュヴァルグラン [News] [News]
2019/12/18(水) 17:20

☆22日(日)中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走を予定しているシュヴァルグラン(牡7、友道)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎シュヴァルグランについて友道康夫調教師

・すこしズルイところがあるので併せ馬でしっかりやりました。もともと調教はあまり動かないタイプですが、今日は良く動いたと思います。

・(今回がラストラン)この血統は大きな怪我も無くコンスタントに競馬を使えて、今年春はドバイ、夏はイギリスにつれていってもらっていい思い出しかありません。とにかく無事に走って次の仕事(種牡馬)に行って欲しいと思います。

・コース相性はいいと思いますので、年齢はいきましたけれど、その点を生かして、何とかカバーしてくれないかなと思います。

〔取材:檜川彰人〕

【有馬記念】栗東レポート~サートゥルナーリア [News] [News]
2019/12/18(水) 17:16

☆22日(日)中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走を予定しているサートゥルナーリア(牡3、角居)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎サートゥルナーリアについて角居勝彦調教師

・(天皇賞・秋6着について)3歳なので菊花賞と天皇賞(のどちらか)ということでしたが、前哨戦で高い能力を見せてくれていたのでチャレンジしました。結果が思うように出なかったのですが、能力的には高い素質を感じています。(敗れた)原因がはっきりしていませんが、左回りではなく右回りでチャレンジしようと思い、有馬記念に駒を進めました。

・前走はアーモンドアイを負かすために、少し前目にということで押していったことで(ハミを)噛んでいました。その点の修正も出来ていますので、次は違う形になればいいなと思っています。

・(中間は)一旦放牧に出してチェックしてもらい、馬体のチェックはしました。栗東トレーニングセンターに帰ってきてからも落ち着いていますし、調教も順調にこなせていますし、いい状態だなと思っています。

・(一週前は)Cウッドチップコースでやりましたが、しっかり動けていましたので調教過程は順調に踏めているなという印象です。

・(今日の)最終追い切りは「坂路でやってみては」というスタッフのアイディアです。しっかり押していましたからいい状態で仕上がったかなという印象です。

・(中山芝2500mは)長いという意見もありますが、折り合いのしっかりつく馬なので、こなせる距離だとは思います。有馬記念出走に相応しい仕上がりになっていますので、応援よろしくお願いします。

〔取材:檜川彰人〕

【有馬記念】栗東レポート~キセキ [News] [News]
2019/12/18(水) 17:14

☆22日(日)中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走を予定しているキセキ(牡5、角居)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎キセキについて角居勝彦調教師

・(海外遠征は)馬自身の状態は良かったのですが結果がついてこず、応援して下さった方には申し訳なかったです。凱旋門賞はずっと当該週雨が降っていました。菊花賞でも雨の中で走ってくれましたが、タフさ加減が違いましたね。日本の競馬では無かったのですが、レース後、息はしっかり入っていましたが、後肢がついてこない感じで、こんな疲れ方があるのだなという感じでした。その後はしっかり休みをとって今ではパワーアップした感じがあります。

・(一週前追い切りは)Cウッドチップコースでやりましたが、フランスで調整してきた時と同じような感じになるよう仕上げてきました。

・(今日の追い切りは)単走ですが馬なりで流すというより、最後だけは押していました。いい状態でできているという感じです。

・(中山芝2500mは)トリッキーで先行馬に有利かなと言う印象がありますので上手に競馬をしてくれたらなと思います。

・(帰国初戦だが)海外で競馬をしたことがプラスになっていればいいなと思います。今回素晴らしいメンバーの中で高い支持を受けて(ファン投票3位)の競馬で、いい状態で臨めるということが一番の喜びです。是非応援に来て下さい。

〔取材:檜川彰人〕

【有馬記念】栗東レポート~エタリオウ [News] [News]
2019/12/18(水) 17:12

☆22日(日)中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走を予定しているエタリオウ(牡4、友道)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎エタリオウについて友道康夫調教師

・すこしズルイところがあるので併せ馬でしっかりやりました。もともと調教はあまり動かないタイプですが、今日は良く動いたと思います。

・前回から今年の春まで使っていた深いブリンカーをつけるようになって前向きさも出てきたと思います。前回横山騎手が初めて納得したエタリオウだったと言ってくれました。調教の動きを見ても前回のジャパンカップよりも良くなっていると思いますので後は横山騎手に任せます。

・2勝目を目指して頑張ってもらいたいですね。

〔取材:檜川彰人〕

全16件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]