【香港ヴァーズ】日本馬の近況~ラッキーライラック、ディアドラも芝で追い切り [News] [News]
2019/12/04(水) 19:26

12月8日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港ヴァーズ(G1 芝2400m)に出走予定の日本馬3頭の、4日の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

●グローリーヴェイズ(牡4歳 美浦・尾関知人厩舎)
<4日の調教状況>
矢原洋一調教助手が騎乗して、角馬場→芝コース(キャンターを1周)
<尾関知人調教師のコメント>
「明日の芝での追い切りに向けて今日は芝コースを見せました。パドックでのスクーリングもできて順調です」

●ディアドラ(牝5歳 栗東・橋田満厩舎)
<4日の調教状況>
O.マーフィー騎手が騎乗し、角馬場→芝コース(追い切り6ハロン)
※調教時計 84.9(6F)-51.2(4F)-22.5(2F)
<O.マーフィー騎手のコメント>
「今日は強めの追い切りを行いましたが、とても良いコンディションなので、この状態が維持できれば良いと思います」
<込山雄太調教助手のコメント>
「体調は問題ないです。この競馬場は前にも使っており経験があるのは大きいです。順調にきています」

●ラッキーライラック(牝4歳 栗東・松永幹夫厩舎)
<4日の調教状況>
丸内永舟調教助手が騎乗して、角馬場から芝コース(追い切り6ハロン)
※調教時計 78.5(6F)-47.0(4F)-21.5(2F)
<丸内永舟調教助手のコメント>
「日本でも香港に到着してからも控えめに調整してきましたので、今日はしっかりと追い切りました。馬の状態も良いですし、芝も適度に弾力があって走りやすそうです」

(JRA発表のリリースより)

【香港スプリント】日本馬の近況~ダノンスマッシュも芝で追い切り [News] [News]
2019/12/04(水) 19:07

12月8日(日)に香港・シャティン競馬場で行われる香港スプリント(G1 芝1200m)に出走予定のダノンスマッシュの、4日の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

●ダノンスマッシュ(牡4歳 栗東・安田隆行厩舎)
<4日の調教状況>
安田景一朗調教助手が騎乗して、角馬場→芝コース(追い切り5ハロン)
※調教時計 82.2(6F)-50.3(4F)-22.4(2F)

<安田景一朗調教助手のコメント>
「すごく落ち着いています。テンションが上がり過ぎないように調整しながら追い切りましたが、追い切った後も落ち着いていますし、良い状態です」

(JRA発表のリリースより)

【香港マイル】日本馬の近況~日本馬3頭が芝コースで追い切り [News] [News]
2019/12/04(水) 18:57

12月8日(日)に香港シャティン競馬場で行われる香港マイル(G1 芝・1600m)に出走予定の日本馬4頭の、4日の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

香港マイル(G1 芝1600m)

●アドマイヤマーズ(牡3歳 栗東・友道康夫厩舎)
<4日の調教状況>
大江祐輔調教助手が騎乗して、角馬場→芝コース(追い切り5ハロン)
※調教時計79.0(6F)-49.6(4F)-22.1(2F)

<友道康夫調教師のコメント>
「今朝1週間ぶりに馬を見ましたが、毛づやも良く順調そのものだと思います。今日は5~6ハロンあたりから15-15で始め、最後は強めに追い切りました。最後の動きもとても良かったです」

●インディチャンプ(牡4歳 栗東・音無秀孝厩舎)
<4日の調教状況>
D.レーン騎手が騎乗して、角馬場→芝コース(追い切り6ハロン)
※調教時計 84.5(6F)-50.5(4F)-22.6(2F)

<D.レーン騎手のコメント>
「体もできていますし、とても良いコンディションです。インディチャンプに騎乗できることをとてもうれしく思います」

<生野賢一調教助手のコメント>
「途中、スタンドを物見する仕草も見せましたが、全体的にはしっかりと動けていましたし、負荷もかけられたので良い状態です」


●ノームコア(牝4歳 美浦・萩原清厩舎)
<4日の調教状況>
南田雅昭調教助手が騎乗して、角馬場→芝コース(追い切り4ハロン)
※調教時計 51.3(4F)-21.3(2F)

<萩原清調教師のコメント>
「順調です。香港の芝は問題ありません。明日については様子を見てから決めます」

●ペルシアンナイト(牡5歳 栗東・池江泰寿厩舎)
<4日の調教状況>
斉藤勲調教助手が騎乗して、角馬場→オールウェザーコース(キャンター1周半)

<斉藤勲調教助手のコメント>
「芝コースで明日追い切るので今日は軽めにしました。気合が乗って良い感じです」

(JRA発表のリリースより)

【阪神JF】美浦レポート~オータムレッド [News] [News]
2019/12/04(水) 17:47

12月8日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に出走予定のオータムレッド(牝2)について、手塚貴久調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

「クローバー賞を勝たせてもらって、阪神ジュベナイルフィリーズを使いたいと思ったんですけど、その前に上位の馬との力関係を見るために、アルテミスステークスを使わせてもらいました。5着でしたが、勝った馬は強かったですけれども、時計的には走れているのではないかと思って、悲観はしていません。デビュー戦はのちに重賞を勝つビアンフェを破っていますし、クローバー賞も強い競馬だったと思います。前走もしっかり走っての5着でしたから、これがいいガス抜きになればと思います。
アルテミスステークスの時は少しテンションが高くなってしまって、体重も減ってしまったんですが、その後は美浦に残って調整して、リラックスしてきていますし、今回に向けては随分上積みがあるのではないかと思っています。1週前の追い切りは(併走した)マルターズディオサと違って、自らグイグイ行くタイプですからね。調教のタイムも動きも良く見えるんですけれども、どちらも特に問題はなく、いい動きだったと思います。調教でも積極性があるタイプなので、すごく動きはいいです。
前向き過ぎるところがあるので、最終追い切りは単走にさせてもらったんですが、リズム良く折り合って、いい動きだったと思います。前走で減った身体がそうは戻っていないと思いますが、リラックスして精神面は落ち着いてきているので、そういった面の上積みはかなりあるかな、と思っていますので、今度のレースはプラスの要素が多いと思っています。
この仔はマイルがギリギリかな、という印象があるので、その意味で直線の長い(東京コースの)アルテミスステークスを使わせてもらったんですが、力勝負ができる、トリッキーなコースではないので、東京を使った経験が活きればいいと思っています。
2勝目を挙げた時は函館から札幌への直前輸送で、その時は体重が減らなかったんですが、アルテミスステークスは当日輸送で体重がだいぶ減ってしまったので、そのあたりが少し心配だなと思っています。なので、今回は2日前に輸送して調整したいと思っています。
新種牡馬のワールドエースの産駒で、GIへの出走が初めてなのですが、ワールドエースもディープインパクトの仔らしい瞬発力と、想像以上に走る子どもがいっぱい出てますから、その先駆けになれるよう頑張ってほしいと思います」

(取材:山本直)

【阪神JF】美浦レポート~マルターズディオサ [News] [News]
2019/12/04(水) 17:46

12月8日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に出走予定のマルターズディオサ(牝2)について、手塚貴久調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

「前走は外から力でねじ伏せるような走りで強いと思いました。想像以上で嬉しい誤算でした。新馬は意図しない先行の形になって、ウーマンズハートに負けてしまいましたが、2戦目では出遅れましたが脚を使って好時計勝ち、前走は強い競馬で、一戦ごとに力をつけていると思います。
前走の後、このレースから逆算して、早めに美浦へ戻して調教を積んでいます。量的にも十分すぎるほど乗り込んでいて、仕上がりは問題ないと思います。体重はあまり変わってないように見えますが、見た目にボリュームが出て、華奢な印象から少しドシっとしたようなイメージになってきました。
1週前の追い切りはオータムレッドを追いかけて、手応えは劣勢に見えますが、調教のタイプが違うので、特に問題にはしていません。仕掛けてからの反応が良かったと思います。ジョッキーも好感触でした。
先週はしっかりやったので、やりすぎだけには気をつけようと、今日はポリトラックにしました。こちらが思っているよりも時計が速くなってしまいましたが、それだけ状態の方は気合が乗って、いい感じになってきたのかなと思います。
1走ごとに成長が感じられるので、前走より精神面も体力面も成長が感じられるなと思っていて、ここにチャレンジするだけの資格はあるかなと思っています。元は我が強いタイプだったのですが、そういった部分が影を潜めて、闘志は表に出ないのですが、鞍上の意図が理解できるようになって、大人になったな、というところです。
力勝負になりますし、相手も強いですから、自信満々、というところまではいきませんが、しっかり抵抗できると思っていますし、阪神コースは望むところかな、と思います。入念にゲート練習をしています。練習では納得しておとなしくなってくれていますし、大丈夫だと思っていますが、競馬のテンションで分からないところはあります。
新潟への輸送は経験していますが、阪神はその倍くらいの時間がかかりますからね。できるだけケアができるように、金曜に出発して、スクーリングして臨みたいと思います。(同じ厩舎の)オータムレッドと一緒に輸送しようと思っています。
フルゲートにはなっていないかもしれませんが、上位の数頭はかなり強いと思っています。阪神ジュベナイルフィリーズは何度も使わせてもらっていますが、その中でも強いメンバーになっていると思います。その中の強い1頭になれるように鍛えてきたつもりなので、頑張ってもらいたいと思います。関東馬は少ないですが、暮れの強い2歳牝馬を決めるレースで、出る以上はチャンスがあると思って、少しでもいい成績を収められればと思います」

(取材:山本直)

【阪神JF】美浦レポート~ジェラペッシュ [News] [News]
2019/12/04(水) 17:45

12月8日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に出走予定のジェラペッシュ(牝2)について、尾関知人厩舎の伊藤春菜調教助手のコメントは以下の通り。

「前走は初の牝馬限定戦でしたが、どこでも堅実に走ってくれますし、もうちょっと上でもやれるかな、という内容でした。
普段は落ち着いていますが、パドックで気が入ってしまうところがあるので、そこがクリアできれば、賢い馬なので大丈夫だと思います。
前走を使った後もテンションが上がることはなく、むしろ精神的に落ち着いた感じで、このままいければ大丈夫だと思います。放牧明けだった前走より毛艶が良くなり、体重も増えて、調子は良さそうです。放牧から帰ってきた時から15キロくらい増えています。
追い切りは芝でやりましたが、ケガもなく無事に終われたので、このままレースを迎えてほしいと思います。終わった後もすぐカイバを食べてましたが、落ち着いてて良かったと思います。
阪神は初めてのコースですし、行ってみないとわからないですね。長距離輸送は初めてですが、こちらでも輸送は全く問題ないです。胸を借りるつもりで、いつもどおりの力を出せれば頑張ってくれると思います」

(取材:山本直)

【中日新聞杯】美浦レポート~マイネルサーパス [News] [News]
2019/12/04(水) 17:45

12月7日(土)に中京競馬場で行われる中日新聞杯(GIII)に出走予定のマイネルサーパス(牡3)について、高木登調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

「前走以降、疲れや反動もなく順調に来ています。中京は初めてになりますが、未勝利戦とはいえ東京でも勝っていますから大丈夫だと思っています。斤量泣きするタイプでもないですし、55キロなら、と思っています。輸送は心配していません。だいぶ、性格的に大人になってきました。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【香港カップ】日本馬の近況~ウインブライト、芝コースで追い切り [News] [News]
2019/12/04(水) 17:34

12月8日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港カップ(G1 芝2000m)に出走予定のウインブライトの、4日の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

●ウインブライト(牡5歳 美浦・畠山吉宏厩舎)
<4日の調教状況>
角馬場から、芝コースで松岡正海騎手が騎乗し追い切り(5ハロン)
※調教時計 74.4(6F)-47.5(4F)-22.0(2F)

<松岡正海騎手のコメント>
「良い追い切りができました。腰の疲れなどもなく、日本にいるときと変わらず良い状態です」

<木場迫学調教助手のコメント>
「馬はできていますしフットワークも良く、良い追い切りができたと思います。順調にきています」

(JRA発表のリリースより)


富田暁騎手のオーストラリアでの騎乗成績(12月4日) [News] [News]
2019/12/04(水) 17:19

富田暁騎手(栗東・木原一良厩舎)の4日のオーストラリア・サンダウン競馬場での騎乗成績は以下通り。

1R 一般レース(芝1500m) デヤマ 5着(10頭)

(JRA発表)

小崎綾也騎手のニュージーランドでの騎乗成績(12月4日) [News] [News]
2019/12/04(水) 17:13

小崎綾也騎手(栗東・フリー)の4日のニュージーランド・プケコヘパーク競馬場での騎乗成績は以下通り。

1R 一般レース(芝1200m) オータムワイルド 2着(9頭)

(JRA発表)

全15件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]