小崎綾也騎手のニュージーランドでの騎乗成績(11月5日) [News] [News]
2019/11/05(火) 20:09

 小崎綾也騎手(栗東・フリー)の11月5日のニュージーランド・エラズリー競馬場での騎乗成績は以下の通り。

8R 一般レース 芝1600m ピンメダウン 5着/12頭

(JRA発表)

富田暁騎手のオーストラリアでの騎乗成績(11月5日) [News] [News]
2019/11/05(火) 20:04

 富田暁騎手(栗東・木原一良厩舎)の11月5日のオーストラリア・クランボーン競馬場での騎乗成績は以下の通り。

1R 一般レース 芝1300m ビヨンドリプローチ 8着/8頭
2R 一般レース 芝1500m タクネ 2着/8頭
3R 一般レース 芝2060m チェスタトン 2着/8頭
5R 一般レース 芝1000m イジーグッド 4着/8頭
6R 一般レース 芝1400m ゴールデンタルト 7着/8頭

(JRA発表)

【マッキノンS】(豪)~クルーガー、芝コースで追い切り [News] [News]
2019/11/05(火) 19:19

11月9日(土)にオーストラリアのフレミントン競馬場で行われるマッキノンステークス(G1・芝2000m)に出走予定の、クルーガー(牡7歳 栗東・高野友和厩舎)の5日の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

<5日の調教状況>
ウェリビー競馬場
小川洋平調教助手が騎乗し、ポリトラックコースをハッキング
→芝コースを単走で5ハロンから、最後を馬なりで伸ばす(追い切り)

<小川洋平調教助手のコメント>
「中1週でレースを使うので、今日の調教ではそんなに速い時計は求めずに体調維持を心掛けました。馬の動きはいつもと変わらず順調で、調教後の息遣いも問題ありません。喉の術後の経過も良好なので不安はありません。良い走りを期待しています」

(JRA発表)

【メルボルンC】(豪)~メールドグラース、レース後の関係者のコメント [News] [News]
2019/11/05(火) 15:23

 11月5日(火)にオーストラリアのフレミントン競馬場で行われたメルボルンカップ(G1・芝3200m)に出走し6着だったメールドグラース(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)について関係者のコメントは以下の通り。

・清水久詞調教師のコメント
「ペースが遅く馬群に包まれている中で、よく我慢してくれました。頭数も多く人気もしていましたので、簡単な競馬が出来ないことは分かっていましたが、もう少しスムーズに流れてくれれば良かったです。最後は脚色が悪かったですが、その割にはあの着差なので、馬場状態も考えれば本当に頑張ってくれたと思います」

・D.レーン騎手のコメント
「返し馬とゲートの中で非常に馬が落ち着いていて、良いスタートが切れました。自分にとって理想的なポジションを取ることが出来ましたが、ペースが遅くなって折り合いに苦労した場面もありました。最後の直線では少し末脚を出してくれましたが、道中に折り合いを欠いた分、伸びきれませんでした。今日の馬場や距離は問題ではなかったので、もう少しペースが上がれば勝ち負けになっていたと思います」

(JRA発表)

マヤノトップガン死す、27歳 [News] [News]
2019/11/05(火) 13:34

 現役引退後は優駿スタリオンステーション(北海道新冠郡新冠町)において種牡馬として供用され、種牡馬引退後も優駿スタリオンステーションで繋養されていたマヤノトップガン(牡27歳)が、11月3日(祝・日)に老衰のため、死亡したとの連絡があった。

 マヤノトップガンは父ブライアンズタイム、母アルプミープリーズという血統。現役時代には1995年の菊花賞と有馬記念などGIを4勝し、1995年には年度代表馬と最優秀4歳牡馬に選出された。

◆株式会社優駿のコメント
「27歳ともなり、今年になってだんだん体にもハリがなくなり、歳をとってきたように感じていました。11月3日の夕刻より体調を崩し、午後6時に安らかに息を引き取りました。怪我や病気は無く、立会いの獣医師によりますと高齢による老衰とのことでありました。種牡馬として、重賞馬も数多く出してくれて、長く現役種牡馬として活躍してくれました。功労馬として余生を過ごし、ファンにもとても愛された馬でした」

(JRA発表による)