【コーフィールドC】(豪G1)~メールドグラースが抜け出し、6連勝でG1初制覇 [News] [News]
2019/10/19(土) 18:55

19日(土)オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われたコーフィールドカップ(G1)は、日本から参戦したメールドグラース(牡4、栗東・清水久詞厩舎)が後方から追い上げて直線抜け出し、G1初制覇を飾った。勝ちタイムは2分30秒16だった。

関係者のコメントは以下の通り。

1着 メールドグラース(清水久詞調教師)
「今回の遠征は初めての飛行機でしたし、環境もガラッと変わったので、レース前は心配していましたが、馬がよく耐えて頑張ってくれました。今日の乗り方はジョッキーに任せていましたが、直線に向いたとき完全に射程圏内に入れていたので完璧な騎乗でした。次走としては、行くならメルボルンカップになると思いますが、馬の状態を最優先にしっかりとケアして、オーナーサイドと相談したいと思います」

1着 メールドグラース(ダミアン・レーン騎手)
「スタートはそこそこ良かったのですが、他の馬のペースが速かったので、無理にポジションを取りに行くのではなく後方に控えることにしました。道中は行きたがる場面もあり完全に折り合うことは出来ませんでしたが、常に良い手応えでした。思っていたより早めに先頭に立ってしまいましたが、直線の伸び脚は良かったです」

(JRA発表)

【稲光特別】(新潟12R)~アルミューテンが逃げ切り勝ち [News] [News]
2019/10/19(土) 17:45

新潟12Rの稲光特別(3歳以上1勝クラス・芝1000m)は3番人気アルミューテン(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは56秒5(稍重)。2馬身差の2着に2番人気コンピレーション、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気エムオールビーが入った。

アルミューテンは美浦・南田美知雄厩舎の5歳牝馬で、父スクリーンヒーロー、母デラセーラ(母の父Maria’s Mon)。通算成績は19戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アルミューテン(勝浦正樹騎手)
「落ち着きもあり、ゲートも出ました。ハナにこだわったわけではありませんが、競馬は楽でした。今日のような馬場もプラスになったようです。今日は願った通りの形になりました」

2着 コンピレーション(嶋田純次騎手)
「行く馬を前に行かせて壁を作ってレースをしました。追ってから前の馬も伸びていました。初めの頃と違い、前走ぐらいから1000mでも競馬がしやすくなり安定しています」

3着 エムオールビー(西田雄一郎騎手)
「前につけたかったのですが、先にコンピレーションにポジションを取られて一列後ろの位置になりました。しかし、あそこからでも伸びていましたし、1000mの適性はあります。プレッシャーのかからないところなら外枠でなくてもいいと思います」

【富士S】(東京11R)~ノームコアがGI勝ちの舞台で重賞3勝目 [News] [News]
2019/10/19(土) 17:22

東京11Rの富士ステークス(3歳以上GIII・芝1600m)は2番人気ノームコア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0(稍重)。半馬身差の2着に3番人気レイエンダ、さらにアタマ差の3着に4番人気レッドオルガが入った。

ノームコアは美浦・萩原清厩舎の4歳牝馬で、父ハービンジャー、母クロノロジスト(母の父クロフネ)。通算成績は10戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ノームコア(C.ルメール騎手)
「今日は外枠で休み明けだったので、前のポジションには行きたくなかったです。前の人気馬を見ながら後ろからレースを運びました。彼女も大人になってよりパワーアップして強くなりました。休み明けを走って次も大きなチャンスがあると思います」

2着 レイエンダ(C.スミヨン騎手)
「ベストの競馬はできました。マイル戦でしたし、こういう馬場でしたからペースが速くなると思って折り合い重視で乗りました。最後はしっかりと脚を使ってくれています。1800mがベストでしょう」

3着 レッドオルガ(福永祐一騎手)
「上位2頭よりもコースロスなく走れて、直線もいいタイミングで抜け出せたのですが、上位2頭が今日は強かったですね」

5着 カテドラル(A.シュタルケ騎手)
「スタートのタイミングが合いませんでしたが、それが良かったのか内にスペースが空いていてリズムよく走れました。ためられた分、最後いい脚を使ってくれました。直線で少しスムーズでないところがあり、そこがスッと行けたらさらに上位に来られたかもしれません。ただ、馬場を気にしていませんでしたし、いい走りでした」

9着 アドマイヤマーズ(M.デムーロ騎手)
「直線で左にもたれていて全然伸びませんでした。敗因はわかりません。馬場は気にしていませんでしたが、今回久々ということもあったのかもしれません。使って良くなりそうです」

(友道康夫調教師)
「馬場は問題なかったですが、終始力んで走っていました。久々もあると思います。一瞬の脚がないのでヨーイドンになると厳しいです。次走については未定です」

17着 ロジクライ(武豊騎手)
「途中から掛かり気味で外々を回らされました。休み明けの分もあったかもしれません」

【室町S】(京都11R)~モンペルデュがレコードタイムで圧逃 [News] [News]
2019/10/19(土) 17:12

京都11Rの室町ステークス(3歳以上オープン・ダート1200m)は1番人気モンペルデュ(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒0(不良)。3馬身半差の2着に4番人気タテヤマ、さらに1馬身半差の3着に10番人気ハングリーベンが入った。

モンペルデュは栗東・松永幹夫厩舎の3歳牝馬で、父Cairo Prince、母Spanish Post(母の父Flatter)。通算成績は7戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 モンペルデュ(松若風馬騎手)
「ゲートを上手く出てくれましたし、私は乗っかっていただけです。馬は気分よく走っていました。強かったと思います」

(松永幹夫調教師)
「他に速い馬がいてどうなるかと思っていましたが、好スタートを決めてくれました。いいスピードがありますし、力をつけています。今後は出否は未定ですがJBCに登録したいと思っています」

2着 タテヤマ(松山弘平騎手)
「京都コースは相性がいいですし、ダートスタートでスタート良くいい形で運べました。枠も良かったですし、勝ち馬の後ろにつけられました。最後も伸びてくれましたが、勝った馬が強かったです」

12着 ヒロシゲゴールド(幸英明騎手)
「ゲートをうまく出せませんでした。それだけです。行けたら良かったのですが、揉まれたら力を出し切れません」

【妙高特別】(新潟11R)~マラードザレコードがレコード勝ち [News] [News]
2019/10/19(土) 17:10

新潟11Rの妙高特別(3歳以上2勝クラス・ダート1200m)は1番人気マラードザレコード(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒1(重)。3馬身半差の2着に14番人気クリノレオノール、さらにハナ差の3着に3番人気シスルが入った。

マラードザレコードは栗東・鈴木孝志厩舎の5歳セン馬で、父Pivotal、母Cape Elizabeth(母の父Invincible Spirit)。通算成績は19戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 マラードザレコード(吉田隼人騎手)
「強かったです。まだ砂を被ると怖がるので出して行ってほしいと言われていました。隣に同型の逃げ馬がいたので、出して積極的に行きました。その後もこちらの指示を聞いてくれて、最後も二の脚を使ってくれました。道中はさすがに速いかなと思いましたが、それでも逃げ切るのですからスピードがあります。上のクラスでも楽しみです」

2着 クリノレオノール(嶋田純次騎手)
「スタートは普通に出て、いい位置に付けられました。追ってから馬が反応していい脚を使ってくれました。勝ち馬は強かったですが、この馬もよく頑張りました」

3着 シスル(横山武史騎手)
「今日は先行する同型の馬が多く、他の馬が速かったです」

【赤富士S】(東京10R)~エルデュクラージュが5勝目を挙げてオープン入り [News] [News]
2019/10/19(土) 17:04

東京10Rの赤富士ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート2100m)は1番人気エルデュクラージュ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分08秒3(重)。1馬身3/4差の2着に3番人気アシャカトブ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気フリーフリッカーが入った。

エルデュクラージュは栗東・池添学厩舎の5歳セン馬で、父クロフネ、母エルダンジュ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は20戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 エルデュクラージュ(C.ルメール騎手)
「段々と加速してスピードも持続しました。スムーズに上手に走れたのが大きかったです。長い距離は向いていると思います」

2着 アシャカトブ(武藤雅騎手)
「馬場を考えて積極的に2番手でじっくり構えていきました。丸田騎手の馬(ジェミニズ)に外から来られて苦しくなりましたが、最後までよく頑張ってくれました。今日は勝ち馬の脚が抜けていました」

3着 フリーフリッカー(M.デムーロ騎手)
「勝てるかなと思いましたが、最後甘くなってしまったのは休み明けの分かと思います」

5着 アドラメレク(田辺裕信騎手)
「スタートで後ろ扉にもたれて後手を踏んでしまいました。ゲートを普通に出ていれば向正面で動く必要もなかったんですが......。ただ、久々を考えれば動けていると思います」

【トルマリンS】(京都10R)~リリックドラマが逃げ切る [News] [News]
2019/10/19(土) 16:30

京都10Rのトルマリンステークス(3歳以上3勝クラス・牝馬・芝1800m)は4番人気リリックドラマ(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒5(稍重)。半馬身差の2着に5番人気シャンティローザ、さらに半馬身差の3着に8番人気レオコックブルーが入った。

リリックドラマは栗東・岡田稲男厩舎の5歳牝馬で、父ステイゴールド、母ヴェルヴェットクイーン(母の父Singspiel)。通算成績は26戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 リリックドラマ(菱田裕二騎手)
「いつものようにマイペースで行けました。北海道から帰って間隔が空きましたが、うまく仕上げてくれました」

2着 シャンティローザ(北村友一騎手)
「最後は差をつめてくれたのですが、ゲートで寄りかかってしまい、スタートで出遅れてしまったのは申し訳ありません。でも、馬自身は力をつけています」

3着 レオコックブルー(藤岡佑介騎手)
「しっかり折り合いもついて乗りやすい馬です。今日の馬場を考えたらよく伸びていると思います。いい馬です」

4着 ラテュロス(秋山真一郎騎手)
「使ったら次は良くなります。フットワークの大きな馬なので理想は時計のかかる良馬場です。こういう馬場は上手だと思いますが、ヨーイドンだと切れ負けします。でも、崩れないのでチャンスがありそうです」

5着 サンティール(浜中俊騎手)
「スタートを出て、出たなりの位置から。上がりの速い競馬でしたし、(この馬には)もう少し終いの時計がかかった方が良さそうです。(渋った)馬場は苦手という感じではないです。ワンペースなところがあるので決め手勝負は分が悪いですね」

6着 ハイヒール(川田将雅騎手)
「直前に降り出した雨によって、乗りながらでも馬場が変化していくぐらい影響があったと思います。乾いた馬場のほうが良さそうなタイプの馬ですが、その中でも頑張ってくれました」

【岩船特別】(新潟10R)~サンアップルトンが3馬身差の完勝 [News] [News]
2019/10/19(土) 16:25

新潟10Rの岩船特別(3歳以上1勝クラス・芝2200m)は4番人気サンアップルトン(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒7(稍重)。3馬身差の2着に6番人気ダークナイトムーン、さらに1馬身差の3着に7番人気ロードブレスが入った。

サンアップルトンは美浦・中野栄治厩舎の3歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母シナル(母の父キングカメハメハ)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サンアップルトン(柴田善臣騎手)
「いいですね。調教に乗ってアクションがいい馬だと感じて期待していました。状態さえ良ければこれくらい走る馬です」

2着 ダークナイトムーン(勝浦正樹騎手)
「前半は折り合いに専念しました。しかし、他の馬に先に行かれて動きたい時に上がっていけず、スムーズな競馬ではありませんでした。それでいて2着になるのですから力はあります」

5着 スティーン(横山武史騎手)
「逃げて早めに後ろから来られたことよりも、外へ張ってしまってコーナーをうまく回ることができませんでした」

【アイビーS】(東京9R)~ワーケアが断然人気に応え圧勝 [News] [News]
2019/10/19(土) 16:23

東京9Rのアイビーステークス(2歳オープン・リステッド・芝1800m)は1番人気ワーケア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒1(重)。3馬身差の2着に4番人気クリスティ、さらにクビ差の3着に2番人気ショコラブリアンが入った。

ワーケアは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母チェリーコレクト(母の父Oratorio)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ワーケア(C.ルメール騎手)
「ずっといい感じでしたね。乗りやすくて、直線も楽に競りかけていきました。抜け出してからは手前を3~4回替えていて全力で走っていません。2回目の競馬でまだまだ緩さもあります。距離は延びても大丈夫そうです」

(手塚貴久調教師)
「特に心配はしていませんでしたが、楽にダメージのない勝ち方をしてくれて良かったです。直線では物見をしたり手前を替えたりと、遊んで走っていますね。その辺りがしっかりしてくれればもっと良くなりそうです。次走についてはホープフルSを視野に入れ、オーナーと相談します」

2着 クリスティ(福永祐一騎手)
「(プラス18kgと)体は増えていましたが太くはなく、体に幅が出ていました。そのおかげかいいスタートを切ってくれました。勝ち馬は強かったですが、この馬もこの先が楽しみです」

3着 ショコラブリアン(田辺裕信騎手)
「今日は逃げる形ではありませんでしたが、上手に走っていました。リズムよく行けましたが、早めに勝ち馬に来られてしまいました。来るのがもう少し遅ければ2着はあったと思います」

【久多特別】(京都9R)~シトラスノートが外から鋭く突き抜ける [News] [News]
2019/10/19(土) 14:58

京都9Rの久多特別(3歳以上2勝クラス・芝1400m)は1番人気シトラスノート(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒2(稍重)。1馬身1/4差の2着に5番人気ピエナミント、さらに3/4馬身差の3着に3番人気ケイアイサクソニーが入った。

シトラスノートは栗東・石坂正厩舎の3歳牝馬で、父ロードカナロア、母エピセアローム(母の父ダイワメジャー)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 シトラスノート(川田将雅騎手)
「昇級戦でしたが、前走以上にいい手応えで4コーナーを回ることができました。この馬の成長を感じることができたと思います」

2着 ピエナミント(秋山真一郎騎手)
「道中はハミを噛むところがあるので、もう少しリラックスしてくれればいいですね。いかに最後の直線まで余力を残せるかだと思います。このクラスでも突き抜けるくらいの能力はあります」

4着 インへリットデール(北村友一騎手)
「ゲートを出てから取りたい位置を取れませんでした。返し馬でもレースでも一歩目がスムーズに降りなくてブレーキをかける感じになって、ポジションを取れませんでした。終いは伸びていますが、勝った馬の位置で競馬ができるのがベストでした」

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]