【お知らせ】9月15日(日)特別番組「女性競馬キャスター大放談!」を放送! [お知らせ] [お知らせ]
2019/09/11(水) 19:00

9月15日(日)に特別番組「女性競馬キャスター大放談!」をラジオNIKKEI第1で放送します!

各局の競馬番組に出演している女性キャスターがラジオNIKKEIに大集合し、楽しい競馬トークを繰り広げます。

番組では、BSイレブン競馬中継でご活躍中の宮島咲良さんと、
ラジオNIKKEIアナウンサーが進行役を務め、

フジテレビの堤礼実アナウンサー、
グリーンチャンネルキャスターの栗林さみさん、
BSイレブン競馬中継土曜日キャスターの高見侑里さんの三名がそれぞれ順番に登場します。

競馬にまつわるトークはもちろん、普段の仕事からプライベートまで、
競馬番組に関わる女性キャスターならではの視点で語り合います!
この番組でしか聴けない、女性キャスター同士のギリギリトークが盛りだくさんの1時間半です!

是非、お聴きください!


「女性競馬キャスター大放談!」

ラジオNIKKEI第1(ラジコ) 9月15日(日) 17:30~19:00

【セントライト記念】美浦レポート~オセアグレイト [News] [News]
2019/09/11(水) 17:27

 16日(祝・月)に中山競馬場で行われる第73回セントライト記念(GII)に出走予定のオセアグレイト(牡3歳、美浦・菊川正達厩舎)について、騎乗予定の野中悠太郎騎手のコメントは以下の通り。

※最終追い切りは木曜に予定
「前走(信夫山特別)は連戦していての疲れも少しありましたが、福島への輸送も含めて上手にクリアしてくれて、競馬でもこちらの指示通りに動いてくれて、内容的にも完勝でしたね。この馬は操作性が良いので出していっても折り合いがつきますし、多少馬場が悪くなっても対応できるのが良さだと思います。(性格的には)普段僕が乗っている時には大人しいんですが、やはりオルフェーヴル産駒らしく、スイッチが入ると我の強い面があるのかな、というのはたまに感じる馬です。

 (野中騎手と相性の良さを感じますが)ちょうど馬が良くなっていく所で未勝利から乗せて頂いて、上手く連勝させてもらえているので、自分としても凄く相性が良いと感じています。

 この中間はずっと在厩していて、まずは夏の疲れをしっかり取って貰えました。先々週から乗せて頂いたのですが、夏の疲れが抜けて状態が良くなってきたと感じました。体もふっくらして来ましたね。1週前には前の馬を大きく追走する形で追い切りましたが、反応もしっかりしてきて良かったです。間違いなく前走と比べても状態が良いと思います。

 未勝利の時に中山で好走していますし、東京でも走って、トリッキーな福島の2600m戦でも走れているので、中山2200mという条件でも問題はないと思います。3連勝している馬で重賞に乗せて頂けるという機会もなかなか無いと思いますし、またチャンスを頂けたので本番(菊花賞)に向けて、この馬にとっても良いレースにしたいです。継続して乗せて頂いて、オーナーや厩舎スタッフの方々の期待に、しっかり結果で応えられるように頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材:大関隼)

【セントライト記念】美浦レポート~ニシノデイジー [News] [News]
2019/09/11(水) 17:24

 16日(祝・月)に中山競馬場で行われる第73回セントライト記念(GII)に出走予定のニシノデイジー(牡3歳、美浦・高木登厩舎)について、高木登調教師のコメントは以下の通り。

※最終追い切りは木曜日に予定
「皐月賞は折り合いがうまくつかなかったのですが、ダービーでは折り合いに専念して、上手くいったと思います。あのような競馬をすれば折り合いがついて、終いもしっかり走ってくれたので良かったですね。

 ダービー後はさすがにガタっと来ましたが、北海道の西山牧場へ放牧に出して英気を養って、8月の上旬には美浦へ戻って来ました。順調に来ていますし、気負いもなく馬が落ち着いているのが何よりですね。肉体的にというより、ひと夏越えて精神的に落ち着いてきたと思います。

 先週はビシッと追っておきたかったのでポリトラックで追い切りましたが、時計も出ていましたし状態も良いと思います。フットワーク良く、リズムよく走れていたのが良いですね。

 中山であまり結果が出ていませんが、雨だったり、折り合いがつかなかったりと敗因はハッキリしているので、ダメという事はないと思います。ここが試金石になるでしょう。

 前半どうしても一度馬群に入れて、折り合いをつけてから動く形になるので、自分との戦いにもなるのかなと思います。あとは(展開が)前半流れてくれるようなら良いですね。ひと夏越えて成長したニシノデイジーを見て頂けると思いますし、菊花賞へ向けて良い結果を残せるように頑張りたいです」

(取材:大関隼)

【セントライト記念】美浦レポート~ランフォザローゼス [News] [News]
2019/09/11(水) 17:13

 16日(祝・月)に中山競馬場で行われる第73回セントライト記念(GII)に出走予定のランフォザローゼス(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)について、藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

「札幌記念は初の古馬相手でしたが、思っていたほど走れなくて残念でした。この中間は順調に調教出来ていますし、徐々にペースアップ出来ています。1週前の追い切りで息遣いも大分良くなりましたし、暑さの中でも馬は元気ですね。

 前走も状態は悪くなかったのですが、あの結果でしたから、まだ馬がのんびりしていた面があったようです。そういう意味では一度使って、今回は良いのではないかと思います。

 中山でも結果が出ていますから問題ないでしょう。一度使ったことで中間の調整も楽でしたから、前走のようなことはないはずです。引き続き調教も順調に出来ているので頑張って欲しいです」

(取材:大関隼)

【セントライト記念】美浦レポート~ザダル [News] [News]
2019/09/11(水) 17:10

 16日(祝・月)に中山競馬場で行われる第73回セントライト記念(GII)に出走予定のザダル(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)について、松浦達彦調教助手のコメントは以下の通り。

「前走(プリンシパルステークス)は1週スライドして状態がどうなるかなと思いましたが、それが良い方へ向いたと言うか、自分達が思っている以上に馬がこなしてくれた印象でした。輸送していつも少しうるさい所がありますが、それが良いスクーリングの効果になって、レースにも落ち着いて挑めたのが一番の勝因だったと思います。狭い所を割って来られたように体幹が強いですし、人間の指示にも従順なので、思った以上に馬が成長したと感じました。まだまだ成長する余地はありますが、この馬なりに徐々に成長してきたなと思います。

 前走後は北海道(ノーザンファーム)で一度リフレッシュさせて、レースの3週間前に美浦に戻ってきて、という流れで来ました。夏を越えて馬体面でそんなに変化したという印象はないのですが、まだまだ良くなる余地を残していると思います。精神的に余計な事をしなくなったという面はありますが馬運車に難があったりするので、今度のレースで気性面がどうかというまだ分からない所はあります。

 1週前の追い切りはちょっと久々の分重さがあったかなとも思いますが持ったままで、元気よく走れていました。今週の追い切りはリズムも良かったですし、変に気負ったりせずしっかり走れていたので、思った通りの調整が出来たと思います。100パーセント、プリンシパルステークスを勝った時の出来に比べるとまだそこまでは...とも感じますが、この馬の力を出せる仕上がりではあると思います。

 (中山は)勝っていますし、操縦性で苦労しないですから問題はないでしょう。距離延長に関しても折り合いに心配がない馬ですから、2200mでもこなしてくれると思います。春のクラシックを戦ってきた馬や、夏の上がり馬の胸を借りて、この馬も成長できればと思っているので、応援をよろしくお願いします」

(取材:大関隼)


【ローズS】美浦レポート~スイープセレリタス [News] [News]
2019/09/11(水) 17:07

 15日(日)に阪神競馬場で行われる第37回ローズステークス(GII)に出走予定のスイープセレリタス(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後の藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

「前走(月岡温泉特別)は暑い中でしたが、古馬相手によく頑張ってくれました。良い競馬だったと思います。いつもは早めに先頭に立つ競馬だと少し甘くなるような面があるのですが、今回は最後までしっかり走れたので、随分と逞しくなったなぁと思って見ていました。

 前走後はいったん牧場へ帰ってひと月くらい前に厩舎へ戻って来て、レースに向けて調整してきました。1週前は坂路で追い切りましたが、一度使ったことで息遣いも動きも良くなりました。いつも素軽い動きをする馬ですが、順調に調教出来ていますね。今日の最終追い切りもそんなに時計は速くありませんでしたが、元気が良くて息遣いも良かったので大丈夫でしょう。明らかに一度使った分、良くなったと思います。

 初めての1800mで強いオープン馬が相手ですが、初めての重賞でどれくらいやれるか楽しみです。お母さん(スイープトウショウ)は秋華賞を勝った馬ですし、お父さん(ハーツクライ)も長い距離で走っていた馬ですからね。気持ちも穏やかな馬ですから、頑張ってくれると思います。

 春の時点では1勝しかできなくてクラシックに出られませんでしたが、遅生まれでようやく良くなって来ました。ここでどれくらい頑張ってくれるか楽しみにしています」

(取材:大関隼)

【ローズS】栗東レポート~シゲルピンクダイヤ [News] [News]
2019/09/11(水) 15:51

☆15日(日)阪神競馬場で行われる第37回ローズS(GII)に出走を予定しているシゲルピンクダイヤ(牝3、渡辺)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎シゲルピンクダイヤについて、渡辺薫彦調教師

・オークス時に外傷を負ったので(その後は)その治療に3週間ほど栗東トレーニングセンターにいましたがその後は北海道で休ませました。

・この馬は未勝利戦でいい勝ち方をしてくれたので、そこそこ活躍できるのではという手応えはありました。(春は)結果こちらの期待以上に頑張ってくれてあと一歩というところまで行ってくれました。

・一週前追い切りはCウッドチップコースでしっかりやろうと考えて予定通りしっかり負荷をかけられたと思います。

・(今日の最終追い切りは)当初坂路を考えていましたが、先週の追い切りでフワッとする(気を抜く)面があったので、それが気になりCウッドチップコースでそういった面が出ていないかどうか気をつけてやりました。

・北海道でリラックスできたのか目つきも穏やかになって、春先に見られた、立ち上がったり尻っ跳ねをする面がほとんど無くなりました。夏を越えて少しお姉さんになったようです。

・気の強さから来る切れる末脚が持ち味です。阪神競馬場はチューリップ賞と桜花賞としっかり脚を使っています。200m伸びますがムキになって走る面も無く折り合いも付きやすいので大丈夫でしょう。

・すんなりゲートインをしてポンとスタートを切ってレースをして欲しいですね。良い状態でレースに挑めます。オーナーの期待に応えたいという気持ちも大きくここが勝負だと思っています。

〔取材:檜川彰人〕

【ローズS】栗東レポート~ウィクトーリア [News] [News]
2019/09/11(水) 15:48

☆15日(日)阪神競馬場で行われる第37回ローズS(GII)に出走を予定しているウィクトーリア(牝3、小島茂)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ウィクトーリアについて、土明充生調教助手

・ここ2走、オークスの時もそうでしたがゲートがあまり良くなかったので後ろからという競馬になったのですが、この馬自身道中はリズム良く進めましたし直線に入っても良い脚で追い込んできてくれました。内容のあるいい競馬だったと思います。

・オークスの後はノーザンファーム天栄に放牧に出してこの夏はゆっくりして、それで美浦のトレーニングセンターに戻しました。その後栗東トレーニングセンターに来ましたがここまでは順調に来ているという印象です。

・元から飼葉食いが細いところがあるのですが栗東トレーニングセンターに来てからしっかり食べていますし何よりも水をしっかり飲んでくれるので環境にも慣れて仕上げ易いかなと感じています。

・(一週前の追い切りは)笹田厩舎の馬と併せ馬をさせていただき、馬の後ろ(につけた時)の反応と直線に向いた時の反応を確認するという内容でした。馬の後ろでもしっかり我慢できましたし並んだ時でも我慢して、その後もう一度反応してくれました。一週前としては内容のある追い切りが出来ました。

・(最終調整は)先週である程度しっかり調教をしたので馬の後ろで我慢した時と、先週4コーナーでもたついたところがあったのでその点がどうかというところを見ました。今週はスムーズに4コーナーを加速できましたし直線でも手応えが良く、いい状態で競馬まで行けるかなと思います。

・春先は飼葉食いもあまり良くなかったので馬体のラインも寂しく非力な面もありましたがこの夏を越してからは飼葉食いも良くなり調教をしていても馬体重が減らなくなったことが大きな変化です。

・逃げても控えても、どんな位置からでも競馬が出来ることが強みです。ただここ2走ゲートが良く無いので、ゲートをしっかり出てくれればよりレースがしやすいと思います。飛びが大きく綺麗な馬なので阪神競馬場のような広いコースはこの馬にとっては競馬がしやすいと思います。

・大一番を控えていますが、まずここでしっかり結果を出して本番に向かいたいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【オークランドRCT】栗東レポート~タガノグルナ [News] [News]
2019/09/11(水) 15:45

☆14日(土)阪神競馬場で行われるオークランドレーシングクラブトロフィーに出走を予定しているタガノグルナ(牡5、大根田)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎タガノグルナについて、大根田裕之調教師

・(前走芝2400mの御堂筋Sは)長い距離で前に行って粘れるかと思いましたが芝ではスピードが足りないという印象です。

・(前々走のダート2000mの甲南Sは)狙い通りの長距離で、ゆっくり前に行けて粘り込むレースをしてくれました。もう少し粘れるか・・とも思いましたが(勝った)差し馬が強かったので仕方無いですね。

・(中間の過ごし方は)放牧に出しました。暑い季節ですから夏バテにならないように軽く乗ってもらいながらゆっくりとここ目標に体調をアップしてきました。

・(一週前追い切りは)いつも菱田騎手が乗ってくれています。彼のいつものパターンで乗ってくれました。先週から今週にかけて(追い切りの)動きは悪く無いと思います。

・間隔が(前走から)開きましたが、この馬は絶好調と思っても展開次第で着順も変わります。ただ息遣いに関してはレースを使える状態には達しています。やや重めかも知れませんが自分のペースで行って、それでバテたら仕方無いと思っています。他の馬の出方は気にしていません。

・とにかくいいスタートを切ってあの馬らしい逃げを見せてくれたらそれでいいです。成績に波がありますが楽しい逃げを打てたらいいかなと思っています。

〔取材:檜川彰人〕

令和2年度調教師及び騎手免許試験の新規申請者数 [News] [News]
2019/09/11(水) 15:35

今日11日に申請が締め切られた、令和2年度調教師および騎手免許試験の新規申請者数は以下の通り。

・新規調教師免許申請者:142名
・新規騎手免許申請者:8名(うちJRA競馬学校生徒4名)

※第一次試験合格発表予定日:令和元年10月10日(木)
 最終合格発表予定日 調教師:令和元年12月5日(木) 騎手:令和2年2月11日(祝・火)

(JRAの発表による)

全12件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]