【習志野特別】(中山)~断然人気のサトノエルドールが連勝 [News] [News]
2019/09/08(日) 15:40

中山9Rの習志野特別(3歳以上2勝クラス・芝2000m)は1番人気サトノエルドール(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒6(良)。クビ差の2着に4番人気ダイワギャバン、さらに2馬身半差の3着に7番人気キューンハイトが入った。

サトノエルドールは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ミゼリコルデ(母の父Fasliyev)。通算成績は10戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノエルドール(田辺裕信騎手)
「着差以上に楽な競馬ができました。抜け出すとフワッとするので、ギリギリまで追い出すタイミングを我慢しました。いつでもとらえられる感じでしたが、2着の馬が思った以上に頑張っていました。それでも最後は、力の違いで押し切ってくれました」

2着 ダイワギャバン(北村宏司騎手)
「平均的に流れてこの馬向きの展開になりました。レースはしやすかったです」

3着 キューンハイト(柴田大知騎手)
「1800mだと少し忙しいですね。2000mが向いていると思います。コーナー4つの競馬場で上手く立ち回ってくれると、今日のようなレースができると思います」

4着 トゥーフラッシー(戸崎圭太騎手)
「ダートで勝ってきた馬ですが、センスのある馬で芝でもよく走ってくれました。軽い馬場も向いています」

5着 マスラオ(M.デムーロ騎手)
「スタミナはありますが、まだ本気で走っていません。サボっている感じです。飛びの大きい馬ですが、ワンペースですね」

【瀬戸内海特別】(阪神)~メモリーコロネットがコースレコードで快勝 [News] [News]
2019/09/08(日) 15:22

阪神9Rの瀬戸内海特別(3歳以上2勝クラス・芝1400m)は2番人気メモリーコロネット(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分19秒3(良)のレコード。3馬身差の2着に1番人気トオヤリトセイト、さらにアタマ差の3着に7番人気プリュスが入った。

メモリーコロネットは栗東・大久保龍志厩舎の4歳牝馬で、父ロードカナロア、母メモリーパフィア(母の父ノボジャック)。通算成績は13戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メモリーコロネット(C.ルメール騎手)
「ペースは速かったのですが、この馬には良いペースでした。直線は長く良い脚で加速してくれました。レコードタイムにはびっくりでした。1400mで強い馬です」

2着 トオヤリトセイト(福永祐一騎手)
「この馬も良いタイムで走っていますが、相手がレコードタイムですからね。休み明けで馬は良くなっていました。スタートも出てしっかり競馬をしてくれました。良い形に成長しています」

3着 プリュス(武豊騎手)
「このペースで上手く折り合いもついて、ラストもしっかり伸びてくれました。久々に良い競馬でした」

5着 アプルーヴァル(和田竜二騎手)
「外に張る感じではなかったけど、(気持ちが)おっとりして帰ってきました。使って気持ちが戻ってくれば良いですね」

富田暁騎手のオーストラリアでの騎乗成績(9月8日) [News] [News]
2019/09/08(日) 14:57

富田暁騎手(栗東・木原一良厩舎)は8日、オーストラリアのセール競馬場で1鞍に騎乗した。成績は以下の通り。

4R 一般レース(芝1400m、14頭立て) トリプルレッド 3着 

(JRA発表による)

田村康仁調教師、JRA通算500勝達成 [News] [News]
2019/09/08(日) 14:44

中山6Rで、8番アルマスティング(勝浦正樹騎手)が1着となり、同馬を管理する田村康仁調教師(美浦)は、現役28人目となるJRA通算500勝を達成した。

~田村康仁調教師のコメント~
「この業界に入ることができて、調教師になれたことは私の人生にとって一番の幸運でした。500勝という数字は開業からの大きな目標だったので、関わった全ての皆さんに感謝しています。これまでの全ての管理馬が私にとっての先生であり、ありがとうと言いたいです」

(JRAの発表による)

サクラアンプルール競走馬登録抹消、種牡馬に [News] [News]
2019/09/08(日) 14:22

2017年札幌記念(GII)に優勝したサクラアンプルール(牡8歳、美浦・金成貴史厩舎)は、2019年9月11日付で競走馬登録を抹消する。今後は北海道日高郡新ひだか町の新和牧場で種牡馬となる予定。

JRA通算成績は30戦4勝。地方通算成績は2戦2勝。重賞は2017年札幌記念(GII)の1勝。

(JRA発表による)

【メイクデビュー】(中山3R、5R)~イモータルスモーク、シャインガーネットが新馬勝ち [News] [News]
2019/09/08(日) 14:10

中山3Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気イモータルスモーク(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒6(良)。3馬身差の2着に7番人気ベストランナー、さらに10馬身差の3着に8番人気ハイエストエンドが入った。

イモータルスモークは美浦・金成貴史厩舎の2歳牡馬で、父Into Mischief、母Bellini Sunrise(母の父Machiavellian)。

~レース後のコメント~

1着 イモータルスモーク(M.デムーロ騎手)
「強かったです。まだ競馬をわかっていなくて、最初からずっと一生懸命でした。それでもポンと出て、最後まで真面目に走り切ってくれました」

3着 ハイエストエンド(田辺裕信騎手)
「調教の時計があまり詰まってこなかったのですが、レースではよく走ってくれました。まだ幼い所があります。距離はこのくらいが良さそうです」

5着 ラインキャンドル(武藤雅騎手)
「3~4コーナーでの不利がもったいなかったです。ゲートは課題でしたが、しっかり走ってくれました」

中山5Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は1番人気シャインガーネット(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒6(良)。アタマ差の2着に7番人気シングンバズーカ、さらに1馬身差の3着に2番人気シベールが入った。

シャインガーネットは美浦・栗田徹厩舎の2歳牝馬で、父オルフェーヴル、母ベルベットローブ(母の父Gone West)。

~レース後のコメント~
1着 シャインガーネット(田辺裕信騎手)
「調教で能力があるのは感じていたので、どういう勝ち方をするのかと思っていましたが、思ったような競馬ではありませんでした。調教では、追わないでも時計は出ていましたが、それ程攻めていませんし、体力をつけていければと思います。教えていかなければいけないこともあります」

3着 シベール(三浦皇成騎手)
「良い物を持っているのですがまだ調教で強く追っていませんし、体がどっしりしてくれば良くなってくると思います」

4着 タイニーベイビー(津村明秀騎手)
「1~2コーナーでガツンとハミをかみました。先頭に立ってからは抜けました。」

【メイクデビュー】(阪神3R、5R)~アルコレーヌ、アルジャンナが新馬勝ち [News] [News]
2019/09/08(日) 14:02

阪神3Rのメイクデビュー阪神(ダート1400m)は2番人気アルコレーヌ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒4(良)。5馬身差の2着に1番人気サイレントスウープ、さらにクビ差の3着に8番人気シゲルガリレオが入った。

アルコレーヌは栗東・奥村豊厩舎の2歳牝馬で、父ゴールドアリュール、母マチカネタマカズラ(母の父Kingmambo)。

~レース後のコメント~
1着 アルコレーヌ(C.ルメール騎手)
「すごく真面目でダートも上手な馬、さすがゴールドアリュール産駒ですね。距離はこのくらいが良いと思いますが、1600mまではいけるでしょう。良い反応を見せて、良い脚を使ってくれました。」

2着 サイレントスウープ(川田将雅騎手)
「初めての分中々進んで行かなかったのですが、最後までしっかり頑張ってくれました。次につながると思います」

4着 コアレスクイーン(岩田望来騎手)
「ゲートの1歩目は出ましたが、2,3歩目は思ったより進んでいかず、砂を被ると嫌がる面がありました。ただ直線で砂を被らないところへ持ち出すと、ジワジワと伸びていましたし、経験を積んで良くなるでしょう。次につながる内容だったと思います」

阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝2000m)は1番人気アルジャンナ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分4秒4(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気タガノキングロード、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気ミッキーノワが入った。

アルジャンナは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母コンドコマンド(母の父Tiz Wonderful)。

~レース後のコメント~
1着 アルジャンナ(川田将雅騎手)
「競馬を勉強しながら初戦を終えることができました。まだまだ競馬で能力を出すまでには至っていないので、これから競馬で能力を出せるように、時間をかけて過ごしていければと思います」

2着 タガノキングロード(国分優作騎手)
「前向きというよりも子供っぽさが全面に出る馬なので、遊ばれないように気をつけました。最後は他に来られた分だけ走ってくれました。勝ちたかったですが、よく頑張っています」

3着 ミッキーノワ(和田竜二騎手)
「扱いやすい馬です。飛びが大きいので、早め早めの競馬を心がけました。よく頑張ってくれました。力をつけている段階ですし、使っていけば更に良くなると思います」

【2歳未勝利】(中山1R、2R)~アポロセイラン、ルトロヴァイユが勝利 [News] [News]
2019/09/08(日) 13:45

中山1Rの2歳未勝利(ダート1200m)は1番人気アポロセイラン(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒4(良)。2馬身半差の2着に5番人気プレジールドビブル、さらに半馬身差の3着に6番人気ノンリミットが入った。

アポロセイランは美浦・中舘英二厩舎の2歳牡馬で、父アポロキングダム、母ウインドクラスト(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は4戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 アポロセイラン(勝浦正樹騎手)
「落ち着きがありましたし、レース内容も言うことなしでした。強かったですね。芝も大丈夫そうですし、これから頑張っていけると思います」

2着 プレジールドビブル(木幡初也騎手)
「ダートは2回目で、前走でも終いは良い脚でしたからね。今日はゲートを出て内枠でもあったので、前に行きました。勝った馬は強かったですが、楽にペースを落とすことができて、上手にレースをしていました」

4着 エコロウィング(藤田菜七子騎手)
「ダートは合いそうです。テンションが高いので、もう少し落ち着いてくれると良いですね」

中山2Rの2歳未勝利(芝2000m)は1番人気ルトロヴァイユ(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分3秒3(良)。2馬身半差の2着に2番人気グラスデスティーノ、さらに5馬身差の3着に3番人気アッカレッツァーレが入った。

ルトロヴァイユは美浦・竹内正洋厩舎の2歳牝馬で、父エピファネイア、母メジロシャレード(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ルトロヴァイユ(吉田豊騎手)
「1戦使って気性が勝ってきました。祖母(メジロドーベル)とそのあたりが似てきましたが、騙しながらレースを進めました。良い物を持っている馬です」

3着 アッカレッツァーレ(野中悠太郎騎手)
「スタートして出て行かないので、無理せずこの馬のリズムで行きました。脚は使っていますが、残り1ハロンで甘くなりました。まだ良くなってくると思います」

4着 スキルショット(丸田恭介騎手)
「スタートが良かったので、主張して前へ行きました。途中まででしたが、自分のペースで行けたのは良かったです。よく頑張っています」

【2歳未勝利】(阪神1R、2R)~メイショウカムロ、イズジョーノキセキが勝利 [News] [News]
2019/09/08(日) 13:37

阪神1Rの2歳未勝利(ダート1400m)は2番人気メイショウカムロ(団野大成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒6(良)。1馬身差の2着に4番人気エターナリー、さらに1馬身半差の3着に1番人気ホットミストが入った。

メイショウカムロは栗東・荒川義之厩舎の2歳牡馬で、父メイショウボーラー、母シェムリアップ(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は4戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウカムロ(団野大成騎手)
「ゲートもスムーズでしたし、初ダートでしたが前半の芝もダートの走りも問題ありませんでした。楽に好位に付けられましたし、人気馬を早めにつかまえられたのも良かったです」

3着 ホットミスト(川田将雅騎手)
「あまりにも走れませんでした。熱中症の症状が出ていたのかもしれません。今日もすごく暑いですから、そのくらいしか(敗因が)考えられません。無事であってくれれば良いのですが」

阪神2Rの2歳未勝利(牝馬・芝1600m)は6番人気イズジョーノキセキ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒8(良)。2馬身差の2着に4番人気マドルガーダ、さらにクビ差の3着に1番人気アージオンが入った。

イズジョーノキセキは栗東・石坂公一厩舎の2歳牝馬で、父エピファネイア、母キングダンサー(母の父キングカメハメハ)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 イズジョーノキセキ(岩田康誠騎手)
「初めて乗りましたが、スムーズにレースができました。追ってからすごく反応してくれました」

2着 マドルガーダ(C.ルメール騎手)
「マイペースで良い競馬をしてくれました。少し物見をしていましたが、直線ではよく伸びてくれました。更に良くなったら未勝利は勝てると思います。距離もピッタリです」

5着 シンフェイス(菱田裕二騎手)
「道中はスムーズでしたし、終いは良い脚を使ってくれました」

6着 スターライトジャズ(和田竜二騎手)
「道中が力みますね。スタートは速くないですし、途中でハミをかんでいました。」

【凱旋門賞】~日本馬の近況(7日) [News] [News]
2019/09/08(日) 13:29

10月6日(日)にフランス・パリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走予定のキセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)の7日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

【現地時間7日の調教状況】
エーグル調教場(芝周回コース) 
単走で約8ハロン(1600m)の追い切り(C.スミヨン騎手が騎乗)

【関係者のコメント】
C.スミヨン騎手
「何も言うことないです。今日はリラックスしてとてもバランスよく動けていました。この状態をキープしていければ良いと思います」

清山宏明調教助手
「思ったよりもリラックスできて環境に馴染むのが早かったです。今日はスミヨン騎手にどういう馬か把握してもらうために乗ってもらいました。馬の状態も良くて心配することなく順調にきていると思います。前向きな気持ちでレースに向かっていけると思います」

(JRA発表)

全20件中 11件〜20件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]