C.ルメール騎手がJRA年間100勝を達成 [News] [News]
2019/09/07(土) 17:36

中山5レースで、4番ブレッシングレインが1着となり、同馬に騎乗したC.ルメール騎手(栗東・フリー)は、5年連続5回目となるJRA年間100勝を達成した。

~C.ルメール騎手のコメント~
「とてもうれしいです。今日で100勝を達成できて良かったです。たくさん勝てているのは色々な方のおかげで、感謝しています。このレースでは、戸崎騎手の後ろの良いポジションで競馬ができましたし、完璧でした。直線では激しい戦いになりましたが、ブレッシングレインがよく頑張ってくれました。能力が高い馬だと思います。
(今後のGIレースに向けて)全部勝ちたいですが、特にアーモンドアイは楽しみですし、サートゥルナーリアも良い馬なので結果を出したいです。
ファンの皆様、本日は競馬場に来ていただいてありがとうございました。リーディングでは出遅れましたが、最後まで頑張りますので応援よろしくお願いします」

(JRA発表による)

★★明日の出走取消(阪神12R)★★ [News] [News]
2019/09/07(土) 17:33

明日の阪神12レースに出走予定だった10番はバルコラベーロは、右上眼瞼部挫創のため出走を取り消した。

(9月7日 15:15 JRA発表)

【紫苑S】(中山)~パッシングスルーがハナ差の激戦を制す [News] [News]
2019/09/07(土) 17:26

中山11Rの紫苑ステークス(3歳GIII・牝馬・芝2000m)は2番人気パッシングスルー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒3(良)。ハナ差の2着に6番人気フェアリーポルカ、さらに半馬身差の3着に1番人気カレンブーケドールが入った。

パッシングスルーは美浦・黒岩陽一厩舎の3歳牝馬で、父ルーラーシップ、母マイティースルー(母の父クロフネ)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 パッシングスルー(戸崎圭太騎手)
「大外枠でしたが、スタートが良く、二の脚もききました。道中スムーズに運べましたし手応えも良く、仕掛け所を間違わなければと思いました。牝馬としてはパワーがあります。GIでも期待してほしいです」

(黒岩陽一調教師)
「思い描いた調整ができましたし、競馬場でも落ち着いていたので、自信を持って送り出せました。この後は天栄に向かいます。次走は慎重に馬の様子を見ながら決めたいと思います」

2着 フェアリーポルカ(三浦皇成騎手)
「もうちょっとでした。うまく行ったと思いましたが、一瞬追い出しを待たされた分でしょう」

3着 カレンブーケドール(津村明秀騎手)
「ゲートを出たところで、少しトモを落としてしまいました。そこから出していったら、ハミをかんでしまいました。それが抜けていれば良かったのですが......。でも力を付けているし、頑張っています」

4着 レッドベルディエス(C.ルメール騎手)
「もう少しペースが流れてくれれば良かったです。開幕週で前有利の馬場。仕方ないです。でもこの馬なりに脚も使って頑張っていました」

5着 フィリアプーラ(丸山元気騎手)
「今日はいつもよりポジションを取りに行って、次につながる内容のレースができたと思います」

10着 グラディーヴァ(M.デムーロ騎手)
「良い競馬はできていたと思いますが、最後は気持ちがなくなってしまいました。休み明けは良くないのかもしれません。一回使ってまた良くなると思います」

11着 アップライトスピン(田辺裕信騎手)
「調教でも真面目で良い走りをするので、スタミナや体力がついてくれると良いですね」

【エニフS】(阪神)~断然人気のエアアルマスがダートで連勝 [News] [News]
2019/09/07(土) 16:58

阪神11Rのエニフステークス(3歳以上オープン・リステッド・ダート1400m)は1番人気エアアルマス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒6(良)。クビ差の2着に2番人気ヴァニラアイス、さらに半馬身差の3着に11番人気ラインシュナイダーが入った。

エアアルマスは栗東・池添学厩舎の4歳牡馬で、父Majestic Warrior、母Nokaze(母の父Empire Maker)。通算成績は13戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 エアアルマス(川田将雅騎手)
「砂を被って嫌がるのは予定通りでしたが、ここまで嫌がるとは......。あまりに競馬にならなかったのですが、ダートを走るにあたっては克服しなければいけない課題ですからね。能力が相当高いことは確かです」

2着 ヴァニラアイス(幸英明騎手)
「もう少しでした。馬は成長して良くなっていましたし、精神的にも成長して競馬が上手になっていました。ハナに行けるなら行っても良いと思っていましたが、行けなくても良い感じでした。勝った馬は強かったですが、(この馬は)2回くらい止めようとするところがありましたし、ずっと集中して走れれば、逆転まであったかもしれません」

3着 ラインシュナイダー(藤井勘一郎騎手)
「しぶとく残ってくれました。この馬は調子が良ければ前々に付けて押し切るような競馬をしていましたし、それを再現できればと思っていました。こういう形になると力を発揮してくれますね」

【木更津特別】(中山)~ジョーアラビカが接戦を制する [News] [News]
2019/09/07(土) 16:30

中山10Rの木更津特別(3歳以上2勝クラス・芝1600m)は3番人気ジョーアラビカ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒1(良)。アタマ差の2着に9番人気トーセンリスト、さらに3/4馬身差の3着に4番人気ナムラムツゴローが入った。

ジョーアラビカは栗東・清水久詞厩舎の5歳牡馬で、父ジョーカプチーノ、母アクティブアクト(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は28戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ジョーアラビカ(横山典弘騎手)
「最後はきっちりかわしてくれて良かったです。初めて乗る馬で、入念に返し馬をやったのも良かったのだと思います」

2着 トーセンリスト(菊沢一樹騎手)
「休んだことで馬が大きくなって成長していました。右回りのコーナーワークが課題でしたが、前目でスムーズに運べました」

3着 ナムラムツゴロー(松岡正海騎手)
「2度の不利が痛かったです。3コーナー過ぎで他馬に乗り上げられてかかってしまいましたし、4コーナーでは内に寄られて仕掛けが早くなりました。競馬の形はベストだったので、もったいないことをしました」

4着 スイートセント(戸崎圭太騎手)
「リズムよく運べましたが、コーナーから動いている分甘くなりました。直線まで待って追い出したほうが良いようです」

【鳥取特別】(阪神)~マッスルビーチが外から差し切って完勝 [News] [News]
2019/09/07(土) 16:17

阪神10Rの鳥取特別(3歳以上2勝クラス・ダート1800m)は2番人気マッスルビーチ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒0(良)。3馬身半差の2着に11番人気サンマルエンパイア、さらに3馬身差の3着に1番人気ローザノワールが入った。

マッスルビーチは栗東・鈴木孝志厩舎の3歳牡馬で、父メイショウサムソン、母クロンヌドール(母の父アグネスタキオン)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 マッスルビーチ(福永祐一騎手)
「思っていた以上に良い脚を使ってくれました。ペースは速くなるとは思っていましたが、行く気はなかったものの、それにしても後ろからのレースになりました。ひと夏休養にあてたことで道中のフォームも良くなって、より脚が溜まったこともあり、良い脚を使ってくれました」

2着 サンマルエンパイア(国分優作騎手)
「2戦続けてしっかり走ってくれています。1回使った分、今日の方が追い出してからの伸びが良かったですね。この時計でよく走ってくれています」

3着 ローザノワール(幸英明騎手)
「レース序盤前が激しく、勝ち馬に展開が向いた面がありました。今日は最初に脚を使っているので、自分の形で運べたらもっと違っていたと思います」

4着 マルヨシャバーリー(国分恭介騎手)
「ゲートが課題でしたが、やはりその点が......。道中はリズム重視で運びました。とにかく力があるので、コンスタントに使っていければ良いですね」

5着 キコクイーン(田中健騎手)
「先手を取られたと思っていましたが、流れが速くなったので無理せず3番手からのレースになりました。最後もよく残っています。4着の馬が早めに動いて行って展開が速い中、よくふんばってくれています」

【アスター賞】(中山)~人気のサクセッションが2戦2勝 [News] [News]
2019/09/07(土) 16:01

中山9Rのアスター賞(2歳1勝クラス・芝1600m)は1番人気サクセッション(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒6(良)。1馬身半差の2着に3番人気ヴェスターヴァルト、さらに3/4馬身差の3着に5番人気ミャゴラーレが入った。

サクセッションは美浦・国枝栄厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母アディクティド(母の父Diktat)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サクセッション(C.ルメール騎手)
「距離はマイルがピッタリです。スピードがあるので前に行きましたが、馬の後ろでも大丈夫だと思います。ずっとスムーズに走っていましたし、最後までしっかりとしていました」

2着 ヴェスターヴァルト(M.デムーロ騎手)
「内で良いスタートが切れました。道中外から交わされましたが、前走は差して勝っているので、2番手でも大丈夫だと思いそのまま運びました。スムーズに走っていましたし、今日は勝った馬が強かったです」

7着 エヴァーガーデン(高橋祥泰調教師)
「マイルの距離に短縮してレースに臨みましたが、上手く流れに乗って対応できたと思います。ただ急にガス欠のようになってしまい、勢いがなくなってしまいました」

【野分特別】(阪神)~ゴータイミングが直線で先行勢をとらえる [News] [News]
2019/09/07(土) 15:26

阪神9Rの野分特別(3歳以上2勝クラス・芝1800m)は2番人気ゴータイミング(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒7(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気カリボール、さらに1馬身3/4差の3着に3番人気アグネスリバティが入った。

ゴータイミングは栗東・松永幹夫厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母サラフィナ(母の父Refuse To Bend)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ゴータイミング(武豊騎手)
「今日は折り合いのついた競馬ができました。阪神にも実績がありますし、良い切れ味を見せてくれました」

2着 カリボール(川田将雅騎手)
「前回取り消した時とは捌きが全く違った分、中身のある競馬ができました。今後も良い状態で競馬に向かえればと思います」

3着 アグネスリバティ(中井裕二騎手)
「自分のやりたい競馬はできました。4コーナーから想定より早めに後ろに来られてしまいましたが、それでも3着は死守してくれました。能力を再確認できました。」

【メイクデビュー】(中山5R)~ブレッシングレインが新馬勝ち [News] [News]
2019/09/07(土) 15:06

中山5Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は1番人気ブレッシングレイン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒3(良)。クビ差の2着に2番人気ブリジャール、さらに3馬身差の3着に6番人気ソステヌートペダルが入った。

ブレッシングレインは美浦・木村哲也厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母レインデート(母の父Unbridled’s Song)。

~レース後のコメント~
1着 ブレッシングレイン(C.ルメール騎手)
「スタートからゴールまで冷静で真面目でした。乗りやすかったです。良い瞬発力をしていて、距離は大丈夫そうです。能力を感じました」

2着 ブリジャール(戸崎圭太騎手)
「競馬も上手で、とにかく乗りやすい馬です。切れるというよりも、長く脚を使うタイプで早めに動いて行きましたが、最後は交わされてしまいました」

3着 ソステヌートペダル(石橋脩騎手)
「スタートが良すぎてしかも内枠だったので、ハナに行きました。最後もよく伸びていますし、長く脚を使うタイプです。メンバーひとつで勝ち負けになると思います」

5着 トロピカルビーチ(柴田大知騎手)
「まだ馬が若くて、こちらの指示がうまく伝わっていないですね。ただ瞬発力はあるので、いずれ走ってくると思います」

阪神5Rの競走中止について [News] [News]
2019/09/07(土) 14:57

阪神5Rで、11番メモリアルロード(松若風馬騎手)は、下記疾病を発症したため、最後の直線コースで転倒し、競走を中止した。

 馬:左第3中手骨開放骨折 ※予後不良 
騎手:異状なし

(JRAの発表による)

全14件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]