【訃報】原良馬さん死去、85歳 [News] [News]
2019/07/24(水) 15:49

 ラジオNIKKEI第1放送の中央競馬実況中継で長年にわたり解説を務め、2018年度JRA賞馬事文化賞功労賞を受賞した原良馬さんが、7月24日午前7時46分に死去した。85歳だった。東京競馬記者クラブが発表した。

【アイビスSD】栗東レポート~ラブカンプー [News] [News]
2019/07/24(水) 15:11

☆28日(日)新潟競馬場で行われる第19回アイビスサマーダッシュ(GIII)に出走を予定しているラブカンプー(牝4、森田)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ラブカンプーについて、森田直行調教師

・前走(高松宮記念)後は、僚馬ダイメイプリンセスと同じ牧場に放牧に出して同じ時期に(栗東トレーニングセンターに)戻して調整をしています。

・この馬は稽古駆けしないので(一週前追い切りは)ラスト1ハロンの時計もかかっていました。この馬のいつもの追い切りかなと思いました。

・(昨年夏と比較して)昨年の馬体の張りが良かったので今年は少し物足りない印象があります。

・(セールスポイントは)今年は成績がもうひとつという感じなのですが、昨年あたりはスピードの持続性が素晴らしかったですね。

・(今回の条件について)適性はあると思います。とにかく昨年の馬体の張りが良かったので使いつつ昨年の状態に戻っていってくれたらなという考えです。

〔取材:檜川彰人〕

【アイビスSD】栗東レポート~ビップライブリー [News] [News]
2019/07/24(水) 15:07

☆28日(日)新潟競馬場で行われる第19回アイビスサマーダッシュ(GIII)に出走を予定しているビップライブリー(牡6、清水久)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ビップライブリーについて、清水久詞調教師

・(前走のCBC賞5着について)理想的な競馬はできたと思います。(その後は)短期間ではありましたが一旦外(放牧)に出しまして、戻してからはいつも通りの調整で進めています。

・(一週前の)追い切りは、凄く気のいい馬ですから勝手に時計は出ます。しっかりと負荷をかけて予定通りのいい追い切りができました。

・(今日の最終追い切りは)身体は仕上がっていますのでラストに重点を置いたもので、輸送も考えて予定通りの調整ができました。いい状態だと思います。

・(この馬のセールスポイントは)凄く前向きさを持っていることです。今年は久しぶりに中山競馬場で勝つことが出来ました。その後良い状態を保っていますからね。良い結果を出せるように頑張ります。

〔取材:檜川彰人〕

【アイビスSD】栗東レポート~ダイメイプリンセス [News] [News]
2019/07/24(水) 15:04

☆28日(日)新潟競馬場で行われる第19回アイビスサマーダッシュ(GIII)に出走を予定しているダイメイプリンセス(牝6、森田)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ダイメイプリンセスについて、森田直行調教師

・(前走の鞍馬ステークスは)スタートが良くて良い位置につけられましたが思ったほど伸びなかったですね。敗因についてはつかみきれないところがあります。その後は放牧に出しまして坂路のある牧場で入念に乗り込んでいましたし、いつもよりは早めに帰厩させて栗東トレセンで調整をしました。

・(一週前追い切りは)坂路で強めのところを指示しました。動きは良かったです。

・(今日の最終調整は僚馬の)ラブカンプーと併せていっぱいという指示でした、良かったですね。

・(普段厩舎では)ちょっと気がキツく反抗的なところのある馬です。(6歳牝馬ですが)未勝利の頃に比べたらだいぶ緩さも消えて体重も増え続けています。ただ昨年の今頃と比べたら馬体の張りはもう一つかなとは思いますが調教の動きは二週続けてよかったです。

・距離適性とコースは問題ありません。とにかく(レースに行っては)乗り手に対して従順です。昨年の覇者として2連覇目指して調教を積んできました。強いメンバーもいますがなんとか頑張って欲しいと思っています。

〔取材:檜川彰人〕

【小倉SJ】栗東レポート~メイショウダッサイ [News] [News]
2019/07/24(水) 15:01

☆27日(土)小倉競馬場で行われる第21回小倉サマージャンプ(JGIII)に出走を予定しているメイショウダッサイ(牡6、飯田祐)について追い切り後の飯田祐史調教師のコメントは以下の通り。

◎メイショウダッサイについて、飯田祐史調教師

・(前走は快勝でした)強かったですね、最近特に状態が良くなってきまして自信がついてきた感じです。障害飛越のミスも無くラストにもしっかり脚が残っていた感じです。変化について、これ!といったものは無いのですが全体的に馬が良くなってきたのだと思います。

・(中間は)前走が良かったので状態の維持を心がけました。前走後はすぐにここを目標として調整を続けました。この馬は太めが残りやすい馬なのでその点だけ注意して、騎手には毎週乗ってもらい障害飛越は確認してもらいました。

・(最終調整は)今週も騎手に乗ってもらい障害を飛越させてその流れから追い切るという内容にしました。小倉までの輸送も考えて前日のスクーリングもありますから馬ナリ程度です。

・(コース条件について)この馬はどこの競馬場に行ってもすぐに対応できる器用な馬です。小倉も勝っています。小倉がベストかどうかはわかりませんが嫌なイメージはありません。
今なら最後の直線が芝でも問題ありません。どちらがと言われたらダートのほうがいいと思います。

・まだ重賞をとっていませんし、やっと勝負してもいいかなというところに来ました。こういうところで経験を重ねて大きいところ(中山大障害)が見えてくるのかなと考えています。順調にここまで来ています。何とかいい競馬をお見せしたいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【アイビスサマーダッシュ】美浦レポート~レジーナフォルテ [News] [News]
2019/07/24(水) 13:35

 7月28日(日)に新潟競馬場で行われる第19回アイビスサマーダッシュ(GIII)に出走を予定しているレジーナフォルテ(牝5歳、美浦・佐藤吉勝厩舎)について、岩本敏幸調教助手のコメントは以下の通り。

(前走バーデンバーデンカップは5着でしたが、振り返ってください)
「内田騎手の話ではスタートしてすぐに落鉄してしまったという不運があり、レースはほぼ左前脚の鉄を履いていない状態で競馬をすることになりました。そのような状態でしたから4コーナーで外からまくって来られた時はダメかなと思いましたが、そこからよく盛り返してくれました。負けたことは残念でしたが、この馬のハートの強さを再確認できましたので、決して悲観する内容ではありませんでした」

(前走は重馬場でしたが、馬場状態はこの馬にとっていかがでしょう?)
「以前重馬場の直線1000メートル戦で2着に来ているように、こなせるはこなせると思っていました。ただ福島で良い時計で勝っているように、理想を言えば開幕週で良馬場になってくれるとこの馬のより持ち味が活きると思っています」

(中一週というローテーションは予定通りでしょうか?)
「はい、当初の予定通りです。馬体が減ったりといったことが全然ないですし元気一杯ですので、中一週でも全く問題ないと思います」

(今朝の最終追い切りは、いつも通り坂路で行われましたが、狙いと手ごたえを教えてください)
「以前から気をつけてきましたがあまりテンションを上げさせたくないので、いつもと場所を変えないように坂路で行いました。またテンから行きっぷりがよく中一週としては良い時計で走ってしまいましたが、馬とケンカして抑えるのも良くないと思いましたのである程度馬に任せるという追い切りで、良い動きだったと思います」

(レースへ向けて万全、ということでよろしいでしょうか?)
「この馬は飼葉を食べている際に怒っているような時は気合いが入っている証拠で、反対にフケが表れている時は猫のように大人しくなってしまうので、非常に分かりやすいタイプです。今回は耳を絞って、気合いも入ってますので体調は問題ないと思います」

(アイビスサマーダッシュは、一昨年3着、去年4着ということで、今年こそは勝ちたいレースですよね)
「そうですね。直線1000メートルという舞台、夏場のこの時期、加えて開幕週のきれいな馬場といったこの馬にとって良い条件が重なって、好走できているのだと思います。だからこそ、なんとかチャンスをものにしたいですね」

(やはり枠もポイントとなるレースでしょうか?)
「前々走9着に敗れた時は、この馬が内枠で強い馬が外枠に揃っていて、外枠勢が上位占めるという結果になったので、やはり外枠に越したことはないですね」

(最後に意気込みをお願いします)
「この馬はフケが突然きて流れが読めなかったり、前走のように落鉄があったりというように、動物らしく生き物という魅力がたくさん詰まった馬です。またハートがものすごく強い馬で、競走馬という魅力に溢れた馬ですので、勝ち星からは遠ざかっていますが、応援していただけたらと思います」

(取材:小屋敷彰吾)

【アイビスサマーダッシュ】美浦レポート~ライオンボス [News] [News]
2019/07/24(水) 13:29

7月28日(日)に新潟競馬場で行われる第19回アイビスサマーダッシュ(GIII)に出走を予定しているライオンボス(牡4歳、美浦・和田正一郎厩舎)について、和田正一郎調教師のコメントは以下の通り。


(直線1000メートルで連勝しましたね)
「競馬の内容が良く最後までしっかり走れていて、時計も良かったのでそういった面でもいい競馬でした。直線1000メートルの舞台への適性もあったと思いますが、控える競馬をやめて行かせる競馬をしたことも良かったのかなと思います」

(それから2ヶ月間の様子は?)
「前々走から中一週で前走使いましたので、一旦牧場の方でしっかりとリフレッシュして疲れをとってから入厩して、その後は順調に調整できています。以前から調教の動きは良かったですが、ここのところ順調に来れていて、パワーアップしてるのではと思います」

(一週前追い切りには鮫島騎手が乗ったそうですね)
「ポリトラックで鮫島騎手を背にして、前に一頭馬を置いてその馬を見ながら最後並入という形で併せました。気持ちも程よく入っていたと思いますし、動きも良かったと思います」

(ポリトラックで今朝も追い切られましたが、狙いと手ごたえを教えてください)
「競馬をイメージし、先行していって後ろから併せた馬が来る時に反応させて、最後ゴール前からゴール後にかけてまた抜け出すという形で行い、イメージ通りにできました。息の入りも良く、動きも良かったので今のところ良い状態で競馬に臨めると思います」

(ここ2戦逃げる競馬でしたが、レースの作戦のほどは?)
「ハナに行かなくてはならないということはないでしょうが、ためる競馬は考えずに馬の気持ちを乗せてそのまま押し切るという競馬ができれば良いなと思います」

(直線1000メートル戦となりますと、やはり枠もポイントでしょうか)
「このコースは外枠が有利というところがありますので、できれば外枠が良いかなとは思います。ただダッシュが速い馬ですので、(2走前5番ゲートで勝っているように)内枠でもそこまで不利ではないのではと思っています」

(今回は重賞ということですが、相手関係いかがでしょう?)
「前走は53キロ、今回は56キロということで斤量が3キロ重くなりますし、この舞台で実績のある馬が揃っていますので、その中に入っても頑張ってくれれば良いなと思います」

(最後に意気込みをお願いします)
「良い形で連勝して、また同じ舞台で重賞を迎えることができましたし、今のところ調整も順調に来ていますので、このまま良い状態で競馬へ向かえたらと思います」

(取材:小屋敷彰吾)

【アイビスサマーダッシュ】美浦レポート~アンフィトリテ [News] [News]
2019/07/24(水) 13:23

 7月28日(日)に新潟競馬場で行われる第19回アイビスサマーダッシュ(GIII)に出走を予定しているアンフィトリテ(牝4歳、美浦・宗像義忠厩舎)について、宗像義忠調教師のコメントは以下の通り。

「脚元に問題があったというわけではなく、トモに疲れが溜まってしまい長期にわたって休養していました。前走は9ヶ月ぶりの競馬ということもあってブランクがあった感じでしたね。ただ一度使ったことでピリッとしてきましたし、馬体の前と後ろのバランスも良くなりました。直線1000メートルの競馬は今回が初めてなので、正直使ってみないと分からない部分はあります。スタートしてすぐはこの馬自身も戸惑うかもしれませんが、スピードは持っているので対応してほしいです」

(取材:小屋敷彰吾)

【ナッソーS】~日本馬の近況(23日) [News] [News]
2019/07/24(水) 11:29

 8月1日(木)にイギリス・グッドウッド競馬場で行われるナッソーステークス(G1)に出走予定のディアドラ(牝5、栗東・橋田満厩舎)の23日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

【現地時間23日の調教状況】
ニューマーケット調教場 アルバハスリ ポリトラックコースで7ハロンの追い切り
(O.マーフィー騎手が騎乗、マーフィー騎手のレースでの騎乗は未定)

【関係者のコメント】
O.マーフィー騎手
「すばらしい反応でとても良い走りをしていましたので、良い状態にあると思います。前走は馬場状態が悪かったので結果は度外視していいと思います。昨年12月に香港カップで対戦して、とてもいい馬だと思っていました」

(JRA発表)

【キングジョージ】~日本馬の近況(23日) [News] [News]
2019/07/24(水) 11:20

 7月27日(土)にイギリス・アスコット競馬場で行われるキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークス(G1)に出走予定のシュヴァルグラン(牡7、栗東・友道康夫厩舎)の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

【現地時間23日の調教状況】
ニューマーケット調教場 アルバハスリ ポリトラックコースで5ハロンの追い切り
(O.マーフィー騎手が騎乗、先行馬を交わして先着)

【関係者のコメント】
O.マーフィー騎手
「先週に引き続き、厩舎陣営がとても良い調整をしてくれていて、今日も良い追い切りができました。少し暑くなって調整が難しい状況でも非常に良い状態をキープできていると思います。日本の皆さんが誇りに思えるようなレースをしたいと思います」

友道康夫調教師
「先週も良かったですが、今日も非常に良い動きでした。日本にいる時と同じような雰囲気で、太め感もなく体も減っていないので、良い状態だと思います。相手は強いですが、日本の代表として頑張りたいです。ぜひ応援してください」

(JRA発表)