【プロキオンS】美浦レポート~アルクトス [News] [News]
2019/07/03(水) 14:19

7月7日(日)に中京競馬場で行われる第24回プロキオンステークス(GIII)に出走を予定しているアルクトス(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎)について、栗田徹調教師のコメントは以下の通り。

(東京競馬場での2戦を振り返って)
「前々走のオアシスステークス、前走の欅ステークスともに勝利してくれました。特に前走の欅ステークスは1400メートルかつ内枠という厳しい条件でしたが、ジョッキーもうまく立ち回ってくれて、ここへきてとても充実してきたなという印象を受けました」

(中5週の様子は?)
「前走後は一旦近くの牧場へ放牧に出し、3週前に厩舎に戻しました。帰ってきた様子が今までにない感じで、特に左右のバランスが非常に良く順調に調整できました」

(今朝の最終追い切りについて)
「トモに少し不安のある馬だったので、ダートコースにするかポリトラックにするか悩みましたが、ポリトラックで田辺騎手を背にして追い切りました。先週は若干の重苦しさがあったような感じでしたが、今日の追い切りではその重苦しさも解消された感じがして息遣いも良かったと思います。田辺騎手は前走以上に出だしの動きが良く折り合いも良くて、最後もしっかり伸びていたということを話してくれて、調子の良さがうかがえました」

(現在の馬の様子)
「普段から大人しくてオンとオフがはっきりしているので、大きい馬ですが本当に手のかからない馬ですね。厩舎の中でも非常に落ち着いていて順調です」

(初めての中京競馬場、距離の1400メートルという舞台については?)
「東京の1600メートルがベストだと思って使ってきた結果たまたま左回りが好成績ですが、私自身としては左回りでも右回りでも左右の差はないと思っています。そして中京競馬場の1400メートルという条件は合っていると思います。また週末は雨の予報ですが、雨が降った場合でも対応できると思っています」

(輸送はどうでしょうか?)
「新潟へも経験していますし、輸送があるから体調が変動するというわけでもないと思います。精神面、馬体面ともにしっかりとした馬です」

(最後に意気込みを)
「ここまでプロキオンステークスを目標に順調に来ました。馬の調子も良さそうですので、応援よろしくお願い致します」

(取材:小屋敷彰吾)

【七夕賞】栗東レポート~ブラックスピネル [News] [News]
2019/07/03(水) 14:17

☆7日(日)福島競馬場で行われる第55回七夕賞(GIII)に出走を予定しているブラックスピネル(牡6歳、音無厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ブラックスピネルについて、生野賢一調教助手

・(前走の鳴尾記念は2着でした)スタートも決まりましたし自分のペースで上手く競馬を運べたと思います。最後は(末脚が)切れる馬に敗れましたがいい競馬ができたと思います。

・(その後は)一旦放牧に出しまして帰厩後普段と変わらない調整を始めました。

・(一週前追い切りは)しっかりと動かすようにと指示がありましたのでそのような形の追い切りでした。先週の時点でしっかりと動けていたのでいい動きかなと思いました。

・(今日の最終追い切りは)この馬はあまり可愛がらずに(楽をさせず)しっかりと追い切って使った方がいい馬なので今週もしっかりとやりましたが、いい動きだったと思います。(今年に入って5戦)変わらずいい状態だと思います。

・(今回の舞台は)福島競馬場は3歳の時に経験して、その時から間隔は開いていますが小回りの競馬場は今年小倉でも経験しています。2000mはちょうどいいぐらいの距離なのでこなしてくれると思います。

・自分の競馬ができるのが一番です。57kgも力がある馬なのでこなしてくれると思います。一生懸命走る馬です応援よろしくお願いします。

〔取材:檜川彰人〕

【プロキオンS】栗東レポート~マテラスカイ [News] [News]
2019/07/03(水) 14:13

☆7日(日)中京競馬場で行われる第24回プロキオンステークス(GIII)に出走を予定しているマテラスカイ(牡5歳、栗東・森厩舎)について関係者のコメントは以下の通り。

◎マテラスカイについて、森秀行調教師

・(前走のドバイゴールデンシャヒーンは)上手くゲートも出て先行できましたが、やはり勝った馬が強くて交わせなかったですね。

・(前走後は)検疫も順調にいって早く栗東トレーニングセンターに帰ってきましたのでスムーズに進んでいます。

・(一週前追い切りは)この馬はやればある程度(時計が)出るのですが、楽にそれ(時計)が出ました。馬なりでした。動きそのものも良かったと思います。

・(明日の最終追い切りは)今日はこの後結構雨が降ると思うのでぬかるむと思いますが、この馬は雨が降っても朝一番(のきれいな馬場)だったら時計は出るのでそこそこは動くと思います。

・(今回休養明け初戦ですが状態は)ここまですこぶる順調に来たのでなんとかいい状態で日曜日出られると思います。

・(昨年の優勝馬です)このまま雨が続いてくれたら時計も速いでしょうし、昨年並みには走れると思います。いつも通りこの馬は先行してというレースがいいと思います。

・負担重量57kgですが他(陣営)も同じぐらい背負っていますからいいと思います。連覇をして秋にブリーダーズカップに行くことを目標に、頑張ります。

(取材は3日、最終追い切りは4日木曜日の予定)

〔取材:檜川彰人〕

【七夕賞】美浦レポート~ロシュフォール [News] [News]
2019/07/03(水) 14:11

7月7日(日)に福島競馬場で行われる第55回七夕賞(GIII)に出走を予定しているロシュフォール(牡4歳、美浦・木村厩舎)について、木村哲也調教師のコメントは以下の通り。

(前走の新潟大賞典は3着でしたね)
「道中のポジションが悪くてヒヤヒヤしていましたが、良い脚を使ってくれて実力のあるところをみせてくれました。ただ結果は残念でしたので、ホッとした気持ち半分、悔しい気持ち半分といった感じです」

(それから2ヶ月の中間は?)
「新潟競馬場から福島県のノーザンファームに移動させていただいてメンテナンスをして、4週間前に厩舎の方へ連れてきました。美浦に戻してからはポジションをしっかり取りに行けるような調教を織り交ぜながら、当然健康状態も良くなるよう気をつけて調整してきました」

(今朝の最終追い切りについて)
「今日は坂路の馬場状態が良くなかったのでそのあたりも考慮して、時計は気にせず最後まで走り切れるようにと助手に伝えました。前半からハイペースな刻みだったので割とタフな条件だったのですが、最後まで走り切ってくれたので偉いなと思います。調教が終わって鞍を外したら寝転がって大の字になっていました。こういう暑い気候なのでいつもより水をガブガブ飲んで調教後はリラックスしていました」

(初めての福島競馬場で芝2000メートルという条件は?)
「過去に関西へ行ったりと色々輸送しても苦にしている様子はないですし、その都度その都度実力を発揮してくれているのでそれほど心配していません」

(福島競馬場は直線が短いコースですが、いかがでしょう?)
「そのあたりも踏まえて前半の立ち回りは鍵になってくると思います。ただ、期待している馬なので色々な課題を跳ね返して、力を見せて欲しいなと思います」

(それでは意気込みを)
「梅雨空が続いていますが、そうした天気を吹き飛ばすような走りを見せていただいて、織姫と出会えるようにして欲しいと思います」

(取材:小屋敷彰吾)

【プロキオンS】栗東レポート~サクセスエナジー [News] [News]
2019/07/03(水) 14:08

☆7日(日)中京競馬場で行われる第24回プロキオンステークス(GIII)に出走を予定しているサクセスエナジー(牡5歳、栗東・北出厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎サクセスエナジーについて、北出成人調教師

・(前走のさきたま杯は)浦和競馬場が昨年に続き2回目ということで馬の方も学習したのか、前の日から飼葉食いが悪くなったようで13kg身体を減らしてしまいました。案の定馬も少しイラついていて、それがスタートの躓きなどに出たようで思うような競馬が出来なかったことが残念でした。

・(その後の調整は)引き続き栗東トレーニングセンターの厩舎に置いて一週前には松山騎手を乗せて併せ馬でCウッドチップコースで調教をして負荷をかけました。あまり緩めると良くない傾向のある馬なのでしっかりと坂路の併せ馬で負荷をかけておきました。(今朝の調教は)決して良いとは言えませんが、併せた相手が調教駆けする未勝利馬で動きが良かったのですね。サクセスエナジー自体が頭の高い走りでお世辞にも良いとは言えない動きでしたが、それなりに負荷をかけられたのでよかったかなと思っています。

・年明けにすばるステークスをいい形で勝てて高知の黒船賞も勝たせていただいたのですがフェブラリーステークスで結果を出せず、やはり理想は1400mのダートと思いますのでここはいい舞台だと思います。1200mは短く1600mは長いですからね。力は発揮できる状態だと思います。昨年同様強力な逃げ馬もいますしなんとか昨年の借りは返したいですね。

・実際条件クラスの時に勝っているコースです。ですからその点は心配していません。レースとしては揉まれずに運べる形がいいですね。はっきりとした逃げ馬がいますから、それに行ってもらって2〜3番手の位置が理想だと思っています。

・(57kgの)負担重量は心配していません。とにかく競馬の形、嫌気をさす形にならなければと思います。後はスタートをクリアしていい形で運びたいですね。この秋は浦和競馬場でJBCスプリントがありますのでそこに参加できるように賞金を加算させたいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【七夕賞】美浦レポート~クレッシェンドラヴ [News] [News]
2019/07/03(水) 14:05

7月7日(日)に福島競馬場で行われる第55回七夕賞(GIII)に出走を予定しているクレッシェンドラヴ(牡5歳、美浦・林厩舎)について、林徹調教師のコメントは以下の通り。

(前走の福島民報杯2着を振り返ってください)
「中山コースの2000メートル前後でこれまで結果を出してきた馬ですが、秋までしばらくないということで中山の次に適性がありそうな福島コースを中2週にはなりましたが使いました。オープン緒戦でも良い結果を出してくれて良かったです」

(それから中間の様子について)
「一旦放牧へ出し、その放牧先である程度仕上げてからこちらで最終調整をするという、いつものルーティンです。牧場とのコミュニケーションをしっかり取ることができていますし、ここまで順調に来ているので嬉しく思います」

(今朝の最終追い切り)
「先週の時点である程度負荷をかけていたのですが、今回は最終追い切りが坂路になるということで今朝の追い切りもある程度しっかりやりました。動きも良かったですし、上がりの息遣いも良かったですし雰囲気も良かったので、いつものこの馬の状態で出走できるのかなと思っています。夏場なので暑さだけが心配でしたが、暑さに負けるような感じもありませんし、リフレッシュした良い状態で競馬に臨めそうです」

(今回も前走と同じ福島芝2000メートルですね)
「前回は中2週という強行軍でしたがその時から七夕賞を意識して使わせてもらい、その前走で色々な課題はクリアしてくれたので、適性も十分あると思います」

(最後に意気込みを)
「今回はメンバーが本当に強いですが、挑戦者の立場で思い切ってやれたらなと思いますので、何とぞ応援よろしくお願い致します」

(取材:小屋敷彰吾)

【プロキオンS】栗東レポート~ヴェンジェンス [News] [News]
2019/07/03(水) 14:01

☆7日(日)中京競馬場で行われる第24回プロキオンステークス(GIII)に出走を予定しているヴェンジェンス(牡6歳、栗東・大根田厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ヴェンジェンスについて、大根田裕之調教師

・(オープン2連勝)2走とも展開的にも位置取りもうまくいったなという感じはありますね。若いときは少し力みもありましたが最近は力をつけてきていることもあって自分の好きな位置に行けるというのもあると思います。それに、ここ2戦は落ち着いて競馬をしていると思います。

・(中間は)調子としては前走を維持するのに努めたという感じです。現時点でそれはうまくいっていると思います。ですから一週前追い切りは調子を崩さず手応えを見て、息遣いを見て当該週に照準を合わせて行いました。

・(今日は坂路で54.0-12.3という最終追い切りでした)馬自体はかなり良いラインまで来ていると思いますので、それを先週から維持するような形で、あまり時計を出すというような内容ではなくて調子の維持に主眼を置きました。テンはそれほど速くなく最後はしっかりハミをかけて強めということでちょうど思った通りでした。

・この馬は若い頃に長く休んだこともあって(その時に無理をせず)我慢をしたことが今になって花開いたのかなと感じています。体力的なものは年齢よりも若いと思います。

・(今回の舞台について)左回りは東京競馬場と中京競馬場を使いましたがかなり前の若いときのことです。馬も力みの入った走りでいくらか口向きで堅いところがありました。最近は徐々にそれも解消されて(騎乗した)騎手からも「良くなってきましたね」と言ってもらいましたから全く心配はしていません。

・展開はその時の雰囲気ですし、騎手も何度もコンビを組んでいます。後は出たところで騎手に任せたいと思います。とにかく1戦1戦、大事に戦うだけですね。これからしっかり花を咲かせて欲しいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【プロキオンS】栗東レポート~ウインムート [News] [News]
2019/07/03(水) 13:57

☆7日(日)中京競馬場で行われる第24回プロキオンステークス(GIII)に出走を予定しているウインムート(牡6、加用)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ウインムートについて、加用正調教師

・(前走のさきたま杯は)昨年浦和で走った時(テレ玉杯オーバルS)はいいところが無かったので今回は競馬場のレース展開を見ていたら先行決着が多く和田騎手と相談して無理してでも1コーナーはハナに立って欲しいと話しました。スタートして少し躓いてヒヤッとしましたが、その後は和田騎手が(馬の)やる気を出してくれて先行して結果を出してくれました。前に行ってこそ持ち味が出るということを再確認したレースでもありました。

・(中間は)厩舎にずっと置いての調整でした。何回も同じようなローテーションで使っていますから先週は単走で調教助手が坂路で52秒を切る時計を出していい仕上がりでした。今日は初めて川田騎手に追い切りに跨ってもらいました。坂路の馬場も悪いので全体の時計よりも最後が良くなるようにという内容でうまく調整が出来たと思います。使い込んでいますのでこの馬の状態を維持する追い切りでした。順調さを実感しています。

・(今回の舞台について)左回りは成績もいいので現に準オープンでは(中京ダート1400mを)勝たせてもらっているので、枠順が向いてこの馬の競馬が出来れば何とかなるのではと期待しています。負担重量も58kgですし先行した方が(良い)と思っています。

〔取材:檜川彰人〕

【ベルモントオークス招待】(6日・米ベルモントパーク)~ジョディーが追い切り [News] [News]
2019/07/03(水) 11:45

6日(土)にアメリカのベルモントパーク競馬場で行われるベルモントオークス招待(G1・芝2000m)に出走するジョディー(牝3歳、美浦・戸田博文厩舎)について、2日の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

【調教内容】
ベルモントパーク競馬場のトレーニングトラック(ダートコース)で1周半の準備運動後、単走で5ハロンの追い切り。その後メイントラック(芝コース)でのウォーキングを行った。調教時計は5ハロン63秒80(主催者発表のもの)。

<戸田博文調教師のコメント>
「アメリカまでの輸送後も馬は動じる様子もなく、そういった意味では良い感じで輸送ができたと思います。(リードポニーに乗り)近くで確認していましたが、今日の調教ではオーバーワークにならないように気をつけました。2000メートルの距離については、東京競馬場で経験しており、また、これまで左回りのコースで結果を出してきているので、今回も期待しています」

<武藤雅騎手のコメント>
「馬が環境の変化についてきてくれており、こちらに来ても日本と変わらず、リラックスしていると思います。(実際に騎乗してみて)ベルモントパーク競馬場は想像していたよりも大きかったですが、コースとしては東京競馬場にも似ている印象を受けました」

(JRA発表による)