【マーキュリーC】~JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2019/06/30(日) 19:39

7月15日(祝・月)に盛岡競馬場で行われるマーキュリーカップに出走を予定しているJRA所属馬は以下の通り。

●出走予定馬(予定騎手名)

グリム(未定)
コパノチャーリー(未定)
テルペリオン(未定)
ノーブルサターン(未定)
ロードゴラッソ(未定)

●補欠馬(予定騎手名)

アンデスクイーン(未定)
マイネルクラース(未定)
リーゼントロック(未定)
プレスティージオ(未定)
マイネルバサラ(未定)

(JRA発表による)

【プロキオンS】登録馬~マテラスカイなど15頭 [News] [News]
2019/06/30(日) 19:37

7月7日(日)、中京競馬場で行われる第24回プロキオンステークス(3歳以上GIII・ダート1400m)の登録馬は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。

【登録頭数:15頭】(フルゲート:16頭)
マテラスカイ
ウインムート
サンライズノヴァ
サクセスエナジー
アルクトス

ヴェンジェンス
キングズガード
オールドベイリー
ドンフォルティス
ミッキーワイルド

アディラート
ダノングッド
ワンダーサジェス
アードラー
プロトコル

【七夕賞】登録馬~マルターズアポジーなど16頭 [News] [News]
2019/06/30(日) 19:23

7月7日(日)、福島競馬場で行われる第55回七夕賞(3歳以上GIII・芝2000m)の登録馬は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。

【登録頭数:16頭】(フルゲート:16頭)
マルターズアポジー
ブラックスピネル
タニノフランケル
ウインテンダネス
ロシュフォール

ストロングタイタン
ミッキースワロー
アウトライアーズ
クレッシェンドラヴ
クリノヤマトノオー

エンジニア
カフェブリッツ
ロードヴァンドール
ソールインパクト
ゴールドサーベラス

ベルキャニオン

【道新スポーツ杯】(函館)~人気のジョーマンデリンが連勝 [News] [News]
2019/06/30(日) 19:21

函館12Rの道新スポーツ杯(3歳以上2勝クラス・牝馬・芝1200m)は1番人気ジョーマンデリン(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒5(稍重)。1馬身1/4差の2着に2番人気メイラヴェル、さらにクビ差の3着に11番人気アリンナが入った。

ジョーマンデリンは栗東・清水久詞厩舎の3歳牝馬で、父ジョーカプチーノ、母ジョーアラマート(母の父キングヘイロー)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ジョーマンデリン(池添謙一騎手)
「スタート良く、余裕を持ってあの位置でレースをすることが出来ました。手応え通り、最後はしっかり伸びて強い内容だったと思います。上のクラスを目指していけると思います」

2着 メイラヴェル(C.ルメール騎手)
「スタートして、最初は進んで行かなかったのですが、最後の直線では瞬発力を見せてくれました。勝ち馬との差は1馬身1/4差で、勝った馬は52キロで、こちらは55キロ、3キロの差の分でしょう」

3着 アリンナ(大野拓弥騎手)
「好位で脚を溜めて行きました。今日は集中して走っていました」

ラジオNIKKEI賞表彰式プレゼンターを務めた木南晴夏さんのコメント [News] [News]
2019/06/30(日) 19:16

女優として活躍中の木南晴夏さんが、本日、福島競馬場のイベントに出演し、11RラジオNIKKEI賞の表彰式プレゼンターを務めた。コメントは以下の通り。

~木南晴夏さんのコメント~
「あいにくの雨でしたが、トークショーでは多くの方に来ていただき、表彰式プレゼンターという貴重な体験ができて忘れられない一日となりました。今度は福島をゆっくり観光したいと思います」

(JRA発表による)

【ラジオNIKKEI賞】(福島)~ブレイキングドーンが外から突き抜け重賞初制覇 [News] [News]
2019/06/30(日) 19:08

福島11Rの第68回ラジオNIKKEI賞(3歳GIII・芝1800m)は3番人気ブレイキングドーン(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒8(不良)。3/4馬身差の2着に9番人気マイネルサーパス、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気ゴータイミングが入った。

ブレイキングドーンは栗東・中竹和也厩舎の3歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母アグネスサクラ(母の父ホワイトマズル)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ブレイキングドーン(田辺裕信騎手)
「今回初コンビでしたが、これまで何度か一緒のレースに乗ったことがあったので、そのときのことを思い出しながら考えて乗りました。こういう馬場ですから馬場の悪い所に押し込められたくないと思っていました。これまで強い馬相手に、善戦してきただけあって力がありますし、3コーナーあたりでの手応えで、『勝てるのでは』と思うほどでした。賞金が加算できて、チャンスが広がったので秋が楽しみです。また地元福島競馬の開幕週に重賞を勝つことができて良かったです」

2着 マイネルサーパス(柴田大知騎手)
「この馬には内枠が良かったと思います。急かすことなく上手にレースをしてくれました。ただこういう馬場は得意ではない馬です。それに今日は相手が一枚上でした」

3着 ゴータイミング(武豊騎手)
「折り合いに専念してレースをしました。届かなかったのは、小回りコースの16頭立てですからその分でしょうか。力のあるところは見せてくれました」

4着 ダディーズマインド(宮崎北斗騎手)
「最高のレースをしてくれました。皐月賞のあと休ませたことで馬が良くなっていました。最後までよく頑張ってくれました」

7着 ブレイブメジャー(戸崎圭太騎手)
「上手にレースをしてくれました。もう少し短い距離の方が合っているかもしれません」

9着 ヒシイグアス(M.デムーロ騎手)
「この馬には今日の馬場は合いませんでした」

11着 ディキシーナイト(石橋脩騎手)
「こういう馬場ですから前へ行かせるか思いきって後ろから行くか考えていましたが、スタートが良かったので前へ行かせました。3コーナーから手前を替えませんでした。馬場を気にしていたようです」

12着 インテンスライト(菊沢一樹騎手)
「馬の具合は良さそうでしたが、ポジションと進路取りに苦労しました。馬場の良いところを見つけられず、この馬の力を発揮することができませんでした」」

【CBC賞】(中京)~人気のレッドアンシェルが重賞初制覇を飾る [News] [News]
2019/06/30(日) 18:56

中京11Rの第55回CBC賞(3歳以上GIII・芝1200m)は1番人気レッドアンシェル(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒8(不良)。クビ差の2着に7番人気アレスバローズ、さらにクビ差の3着に2番人気セイウンコウセイが入った。

レッドアンシェルは栗東・庄野靖志厩舎の5歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母スタイルリスティック(母の父Storm Cat)。通算成績は15戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドアンシェル(福永祐一騎手)
「内から迫ってくる馬がいて、何とか凌いでくれという思いで追っていました。スタートが良かったですし、大体イメージしたポジションでレースができました。ただ、雨が凄くて、何も見えなくて外を回っていました。コンディションは前走より良く感じましたし、返し馬の感じも良かったです。重い馬場も苦にしない馬でしたから、大変な馬場でしたけど、一生懸命走ったおかげで勝てました。1200mに移って2連勝となりましたが、適性距離を距離を早いうちに見つけてあげられたら、もっと活躍できたかもしれないと思うと、自分の反省点でもあると思います。今後もこのカテゴリーでトップを目指してほしいです」

2着 アレスバローズ(川田将雅騎手)
「返し馬からこの馬場でもこなせそうな雰囲気がありましたし、その感触通りに競馬もしっかり走り切ることができたので、とても良い内容でした。着差が着差だけに...」

3着 セイウンコウセイ(幸英明騎手)
「ゲートを出てゴチャゴチャするよりは、と思ってハナに行きました。最後に斤量を背負っていた分がこたえましたね。ただ、緩い馬場で力のいる中でも僅差でよく頑張ってくれました」

4着 キョウワゼノビア(中井裕二騎手)
「この馬場の中、よく頑張ってくれました。重馬場でもしっかり走れると信じていたので、自信を持って乗りました。久々の1200mを連闘で使うというオーナーサイドと陣営の作戦は良かったと思います。これから楽しみです」

5着 ビップライブリー(和田竜二騎手)
「スタートが良かったですし、良いポジションを取れましたが、3コーナーで外から来られた時に力んでしまった分最後にタレてしまいました。道悪は上手い馬ですが、今日は間隔があいていた分もあったと思います」

7着 コパノディール(松若風馬騎手)
「いいところで折り合いもついて、反応もしているのですが、ラストは甘くなりました。でも、よく頑張っています」

8着 アウィルアウェイ(浜中俊騎手)
「この馬場が響きました。それに尽きます」

12着 ショウナンアンセム(藤岡康太騎手)
「こういう重馬場ですから、スタートがよければ前目でと思っていました。スタートが良かったので、前でリズム良く運びましたが、3コーナーあたりから走りがぎこちなくなり、リズムが悪くなって、そこから気持ちが切れた感じでした」

西村真幸調教師、JRA通算100勝達成 [News] [News]
2019/06/30(日) 18:48

中京7Rで、12番スターリーパレード(幸英明騎手)が1着となり、同馬を管理する西村真幸調教師(栗東)は、現役146人目となるJRA通算100勝を達成した。

~西村真幸調教師のコメント~
「馬主様、牧場スタッフ、生産者の方々のおかげで100勝を達成することができました。これからも、もっともっと活躍できるように努力を続けていきますので、応援よろしくお願いします」

(JRAの発表による)

矢野英一調教師、JRA通算200勝達成 [News] [News]
2019/06/30(日) 18:44

函館7Rで、2番クールティアラ(丹内祐次騎手)が1着となり、同馬を管理する矢野英一調教師(美浦)は、現役105人目となるJRA通算200勝を達成した。

~矢野英一調教師のコメント~
「いつもサポートしてくださっているオーナーや育成牧場の皆さまのおかげです。これも一つの節目なので、次の100勝に向かって、スタッフと頑張っていきたいと思います」

(JRAの発表による)

函館4Rの競走中止について [News] [News]
2019/06/30(日) 18:41

函館4Rで、7番キョウエイシンシア(坂井瑠星騎手)は、3コーナーで前の馬に触れてつまずき、騎手が落馬したため、競走を中止した。

 馬:鼻出血
騎手:左顔面、左肩打撲傷 ※函館市内の病院に搬送

(JRAの発表による)

全254件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の10件 ]