【馬場情報】東京競馬場 [News] [News]
2019/05/10(金) 13:54

 10日(金)正午現在の東京競馬場の馬場状態は以下の通り。

●天候:晴
●馬場状態:( 芝 )良 (ダート)良
●芝の状態:今週からBコースを使用。柵の移動により傷んだ箇所がカバーされ、全体的に概ね良好な状態。
●芝の草丈:(芝コース)野芝約8から10センチメートル、洋芝約12から16センチメートル
●使用コース:Bコース(Aコースから3メートル外に内柵を設置)
●含水率(測定時刻 午前8時30分)
・芝コース:ゴール前14.7%、4コーナー15.4%
・ダートコース:ゴール前4.6%、4コーナー3.4%

<中間情報・5月3日(金)~5月10日(金)正午の情報>
●気象情報(中間の降水量)
 4日(土)に16.5mmの雨量を記録した。
●作業内容
<芝コース>
 7日(火)芝刈りを実施した。
 8日(水)から10日(金)芝の生育管理のために散水を実施した。
<ダートコース>
 7日(火)から10日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0センチメートル)した。

(JRA発表)

【馬場情報】京都競馬場 [News] [News]
2019/05/10(金) 13:51

5月10日(金)正午現在の京都競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:晴
馬場状態:(芝)良/(ダート)良

(芝の状態)
今週からDコース(Aコースから直線部10メートル、曲線部9メートル外に内柵を設置)を使用。柵の移動により傷んだ箇所は概ねカバーされたが、向正面および正面直線の内柵沿いに傷みがある。

(芝の草丈)
芝コースは野芝約8~10cm、洋芝約14~18cm
障害コースは野芝約8~10cm
 
(含水率)測定時間 午前9時40分
芝コース:ゴール前9.8%、4コーナー9.1%
ダートコース:ゴール前2.4%、4コーナー2.0%

(中間の降水量)
6日(月)2.5mm、7日(火)0.5mmの降水量を記録。

(中間の作業内容)
●芝コース
5日(日)~9日(木)芝の生育管理のため散水を実施した。
7日(火)芝刈りを実施。
8日(水)肥料を散布した。

●ダートコース
7日(火)~10日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。

●障害コース
5日(日)~9日(木)芝の生育管理のため散水を実施。
9日(木)殺虫剤を散布した。
9日(木)殺菌剤を散布した。

(JRA発表)

【馬場情報】新潟競馬場 [News] [News]
2019/05/10(金) 13:35

5月10日(金)正午現在の新潟競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:晴
馬場状態:(芝)良/(ダート)良

(芝の状態)
今週もBコース(Aコースから4メートル外に内柵を設置)を使用。内回り3コーナー入口および正面直線の内側に傷みが出ている。それ以外の箇所も内柵沿いに若干の傷みが見られる。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約8~10cm
 
(含水率)測定時間 午前10時30分
芝コース:ゴール前12.4%、4コーナー14.8%
ダートコース:ゴール前5.4%、4コーナー4.4%

(中間の降水量)
6日(月)に8.0mmの降水量を記録。

(中間の作業内容)
●芝コース
5日(日)から9日(木)芝の生育管理のため散水を実施した。
6日(月)芝刈りを実施。
8日(水)肥料を散布した。

●ダートコース
6日(月)~9日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。

(JRA発表)


ワールドベストレースホースランキング、ウインブライトが第9位タイにランクイン [News] [News]
2019/05/10(金) 13:21

 「ロンジンワールドベストレースホースランキング(LWBRR)」がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。今回は2019年1月1日から5月5日までに実施された世界の主要レースを対象としていて、TJスミスステークス、ガネー賞、ケンタッキーダービー、香港チャンピオンズデーの諸競走などが含まれている。掲載された120ポンド以上の競走馬は21頭だった。

 ランキングトップは前回と変わらずビューティージェネレーション、シティオブライト、ウィンクスの3頭で125ポンド。前回の中間発表後、ビューティージェネレーションはチャンピオンズマイルを快勝した。ウィンクスもクイーンエリザベスステークスを完勝し、33連勝でラストランを飾った。ウィンクスの通算成績は43戦37勝でG1の勝利数は25となった。第4位は前回120ポンドで第7位タイだったサンタアナレーンで124ポンド、TJスミスステークスで2着に3馬身半差つけて勝利し順位を上げた。
 前回第4位だったハッピークラッパーは123ポンドの第5位で、第6位タイはオールドペルシアンとヴァルトガイストの2頭で122ポンドだった。昨年12月の香港ヴァーズ5着以来の出走となったヴァルトガイストは、ガネー賞を4馬身半差で鮮やかに勝って前年のLWBRRと同じ122ポンドと評価された。オールドペルシアンは前回の中間発表以降の出走はない。
 なお、ケンタッキーダービーで1位入線し17着に降着したマキシマムセキュリティは、120ポンドで第9位タイとなった。

 日本調教馬ではウインブライトが掲載された。ウインブライトはクイーンエリザベスII世カップの勝利が120ポンドと評価され、第9位タイにランクしている。

(JRA発表)

【ヴィクトリアマイル】枠順~ミッキーチャームは4枠7番 [News] [News]
2019/05/10(金) 10:23

12日(日)に東京競馬場で行われる第14回ヴィクトリアマイル(GI)の枠順は以下の通り。

第11競走 第14回ヴィクトリアマイル(GI)
サラ系4歳以上オープン 牝馬 定量 芝・1600m 
発走15時40分

1枠 1番 アマルフィコースト 55 坂井瑠星
   2番 レッドオルガ    55 北村友一
2枠 3番 クロコスミア    55 戸崎圭太
   4番 ノームコア     55 D.レーン
3枠 5番 メイショウオワラ  55 秋山真一郎
   6番 ラッキーライラック 55 石橋脩
4枠 7番 ミッキーチャーム  55 川田将雅
   8番 デンコウアンジュ  55 柴田善臣
5枠 9番 プリモシーン    55 福永祐一
  10番 ミエノサクシード  55 川島信二
6枠11番 アエロリット    55 横山典弘
  12番 ワントゥワン    55 中谷雄太
7枠13番 サトノワルキューレ 55 内田博幸
  14番 レッツゴードンキ  55 岩田康誠
  15番 カンタービレ    55 M.デムーロ
8枠16番 ソウルスターリング 55 武豊
  17番 サウンドキアラ   55 田辺裕信
  18番 フロンテアクイーン 55 三浦皇成

(JRA発表)