【香港チャンピオンズデー】~日本馬4頭、芝コースで追い切り [News] [News]
2019/04/24(水) 18:48

28日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港チャンピオンズデーに出走予定の日本馬のシャティン競馬場(24日)での調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

【クイーンエリザベスII世カップ】(G1 芝2000m)
●ウインブライト(牡5歳 美浦・畠山吉宏厩舎)
<調教状況>
松岡正海騎手が騎乗し、角馬場→芝コース(追い切り 4ハロン)

<木場迫学調教助手のコメント>
「日に日にこちらの環境に慣れてきてリラックスして調整できています」

<松岡正海騎手のコメント>
「日本での調整が軽めだったので、今日は少し強めに追い切りました。馬のリズム重視で良い追い切りができたと思います」


●ディアドラ(牝5歳 栗東・橋田満厩舎)
<調教状況>
武豊騎手が騎乗し、角馬場→芝コース(追い切り 5ハロン)

<橋田満調教師のコメント>
「終い重視の指示のもと、ゴール前の動きも良かったです。前回以下ということもなさそうですね。暑くて雨も多く戸惑っていましたが、輸送を含めて環境にも慣れてきました」

<武豊騎手のコメント>
「初めてディアドラに騎乗しましたが乗りやすい馬で、落ち着いていてコンディションも良い状態です。動きも良かったですし、良い追い切りが出来ました。レースに向けて更に楽しみになりました」


●リスグラシュー(牝5歳 栗東・矢作芳人厩舎)

<調教状況>
岡勇策調教助手が騎乗し、角馬場→芝コース(追い切り 4ハロン)

<矢作芳人調教師のコメント>
「半マイルから馬が気分良く走るのを重視しました。昨年の香港の時よりも馬体のシルエットが良くて安心しました。今回は1頭で心配していましたが、2度目であることが全ての面でアドバンテージとなっていますね」


【チェアマンズスプリントプライズ】(G1 芝1200m)
●ナックビーナス(牝6歳 美浦・杉浦宏昭厩舎)
<調教状況>
田面木博公調教助手が騎乗し、角馬場→芝コース(追い切り 4ハロン)

<田面木博公調教助手のコメント>
「今日は余力残しで追い切りました。初めての馬場で少し気負っていましたが、馬自体の雰囲気は悪くないです。日本にいる時と変わらず順調にきています」

(JRAからのリリースによる)

アヴドゥラ、レーン両騎手に短期免許を交付 [News] [News]
2019/04/24(水) 17:20

 JRAは24日、ブレントン・アヴドゥラ騎手(オーストラリア)とダミアン・レーン騎手(オーストラリア)に対して短期騎手免許を交付することを発表した。

 アヴドゥラ騎手の免許期間は4月27日~5月26日まで。1991年1月18日生まれで、2007年にオーストラリアの騎手免許を取得した。2017~2018年シーズンにはオーストラリアNSW地区で1位に輝いた。JRA通算成績は112戦18勝(重賞0勝)。身元引受調教師は池江泰寿調教師(栗東)、契約馬主は吉田和美氏。

 レーン騎手の免許期間は4月27日~6月25日まで。1994年2月6日生まれで、2009年にオーストラリアの騎手免許を取得した。2017~2018年シーズンにはオーストラリアのVIC地区で2位に輝いた。短期免許は今回が初めての取得。身元引受調教師は堀宣行調教師(美浦)、契約馬主は吉田和子氏。

【天皇賞】美浦レポート~グローリーヴェイズ(尾関調教師) [News] [News]
2019/04/24(水) 15:36

 4月28日(日)に京都競馬場で行われる第159回天皇賞(GI)に登録しているグローリーヴェイズ(牡4、美浦・尾関知人厩舎)について、追い切り後の尾関知人調教師のコメントは以下の通り。

―戸崎騎手は乗りやすいと言っていましたが
「セールスポイントのひとつだと思います」

―今日の調教のテーマを教えてください
「先週にしっかり負荷をかけて、中身も出来てるかなというところにもってきてるので、ある程度はレースに無駄な疲れが残らないイメージと、気持ちを少し競馬に向けて上げていければな、という感じだったんですけど、イメージ通りの追い切りになったかなと思います」

―3頭で併せるというのは
「当該週に使う馬の組み合わせもありますが、時計で負荷をかけるよりも、内容面で気持ちを競馬に向けていくイメージでした。時計も速くなりすぎず遅くなりすぎず、反応もしっかりしていて良かったと思います」

―放牧先や美浦での調整過程はどういったものでしたか
「前走の後は疲れがそれなりに出た部分があって、牧場で確認もしましたが、そのあたりに気を付けながら少しずつ進めていって、牧場の方でもケアをしてくれて、これなら大丈夫だなというところで引き継いで、馬の状態を確認しながら進めていったんですけれども、順調にここまで来れたな、と思います」

―長距離の最高峰へ挑むお気持ちはいかがですか
「純然たるステイヤーかというと、そうとも言い切れない部分もあると思いますが、操縦性の高さ、昔で言うとクシロキングのようなイメージでしょうか。名ジョッキーを鞍上に、操縦性の高さで攻めた競馬を出来たらいいのかなと思います」

―戸崎騎手とは打ち合わせをする予定はありますか
「馬の感触、操縦性を掴んでもらったと思いますので、直前に馬場状態を見ながら相談したいと思います」

―菊花賞で対戦した馬もいて、混戦ムードといえると思いますが
「(菊花賞の)上位馬はみんな出てきて、その後にこの馬もしっかり成長してタイトルをつかんでくれましたが、(日経新春杯は)55kgだったのが、今回は58kgになって課題もあると思いますが、チャレンジャーのつもりでいます」

―尾関厩舎のGI制覇はこれまで1200メートル戦でしたが
「この馬も母父がスウェプトオーヴァーボードで縁があると思いますが、大久保洋吉厩舎で調教助手をやっていた時からお世話になっていたメジロ牧場の血統、天皇賞を目指すように代々積み上げてきた血統がここにつながってくるので楽しみにしています。そういう部分で皆さんに応援していただいて、後押ししていただけたらと思います」

―平成最後の天皇賞になりますが
「平成の天皇賞といえばメジロマックイーンが思い浮かぶところで、血統的に繋がりはありませんが、メジロ牧場の血統が結集した部分はありますし、自分も競馬ファンでしたから、そういうロマンはあります。ぜひ応援していただきたいと思います。この馬は成長してきているので、令和の時代も頑張ってくれると思います」

(取材:山本直)

【天皇賞】美浦レポート~グローリーヴェイズ(戸崎騎手) [News] [News]
2019/04/24(水) 15:33

 4月28日(日)に京都競馬場で行われる第159回天皇賞(GI)に登録しているグローリーヴェイズ(牡4、美浦・尾関知人厩舎)について、追い切り後の戸崎圭太騎手のコメントは以下の通り。

―跨ってみての第一印象は
「とても乗りやすかったです。賢い馬で、やることを分かっている感じです」

―事前の印象と違ったところは
「レース映像を見ても乗りやすそうだと感じましたが、それ以上に乗りやすさを感じて、何の問題もないと思いました」

―3頭併せの真ん中、戸崎さんのアクションはそれほど大きくないように見えましたが
「先週にしっかりやってるということで、今週は僕がコンタクトを取れればいいかなという感じ、馬の反応を見る感じでいきました。状態の良さも感じましたし、いいコンタクトが取れたと思いました」

―4歳世代はレベルが高いと言われていますが、それに違わない馬でしたか
「気が入ってからは躍動感のある走りで、いい脚を見せてくれるのではないか、という走りでした」

―こういう競馬が理想ではないか、というのは浮かんでいますか
「なんとなくイメージはあります。距離も長いので、あまり外を回りたくないな、という感じなので、内が取れたらと思います。あとはいい脚を持ってそうなので、そのあたりも生かしたいと思います。乗りやすいので、どこからでもいいのかな、とは思います」

―急遽、依頼を受けましたが、改めて意気込みをお願いします
「シャケトラという馬で臨む予定でしたが、ああいう形になって残念な思いなんですけども、こうやって乗れるということですごくありがたいと思いますし、天皇賞ということで、平成最後を飾れたらと思っています」

(取材:山本直)

【天皇賞】美浦レポート~フィエールマン(手塚調教師) [News] [News]
2019/04/24(水) 15:32

 4月28日(日)に京都競馬場で行われる第159回天皇賞(GI)に登録しているフィエールマン(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)について、追い切り後の手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

―今朝の調教の狙いと印象を教えてください
「先週の段階であらかたいいかな、と思ったので、今週は輸送もありますし、それほど目いっぱい行かなくてもいいかな、という気はあったんですけどね。こちらが思っている以上に時計が出ちゃったかな、と思います。それだけ状態が良いのかな、と思います」

―調教で騎乗したルメール騎手とはどんな会話をしましたか
「彼はパワフルだったと言ってくれましたし、菊花賞と同じくらいのデキにある、という意見は一致していて、楽しみにしている雰囲気でした」

―中間の調整過程はどうでしたか
「前走の後はいつも通りノーザンファーム天栄に出して、レースの1か月前に美浦へ戻したんですが、天栄では疲れもなく順調に調整できました。美浦へ入る前に、天栄での追い切りを見てきましたが、素晴らしかったです。美浦でも至極順調に来ているので、前走の過程よりは数段いいかな、と思います」

―前走時は中間に一頓挫ありましたが
「その辺はミスといえばミスなんですけど、申し訳ないと、馬には思っています」

―菊花賞に続いてのビッグタイトル、力が入るところだと思いますが
「菊花賞はダークホースというか、チャレンジする立場で、気楽な雰囲気でレースに臨めたんですが、今回はひとつ勲章を持って天皇賞に向かうということで、人気にもなるでしょうし、そういった重圧をはねのけて欲しいと思っています」

―結果次第では秋にパリロンシャンへ、というプランもあるようですが
「お母さんもフランスで走った馬ですし、そういったところも踏まえてオーナーは考えていらっしゃるのかな、と思いますけれども、適性は十分備えていると思いますから、天皇賞で結果を出して、秋に希望が見えるようなレースになればいいな、と思います」

―今回の馬場状態はどうでしょう
「菊花賞で距離に対しての未知の部分は払拭されたので、3200メートルだから不安ということはないです。レースの折り合いはつきやすい方なので、どんな展開でもいいと思いますが、できれば良馬場がいいと思います」

―今年は厩舎開業20年で、一気に勝ち星を伸ばしていきたいのではないかと思うのですが
「今年は調子が悪くて皆さんに申し訳ないのですが、暖かくなってアクセルをふかせて頑張っていきたいと思います」

(取材:山本直)

【天皇賞】美浦レポート~フィエールマン(ルメール騎手) [News] [News]
2019/04/24(水) 15:30

 4月28日(日)に京都競馬場で行われる第159回天皇賞(GI)に登録しているフィエールマン(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)について、追い切り後のクリストフ・ルメール騎手のコメントは以下の通り。

―今日の追い切りはいかがでしたか
「(調子は)良さそうでした。いい追い切りをしました。加速していきました。すごくいい脚で頑張ってくれました。彼のコンディションは、ちょうどいいと思います。とても走りたいようです」

―前走時との違いはありますか
「パワーアップしたと思います。前回はすごくいい競馬ができました。精いっぱいで走っていましたが、負けました。激しい戦いでした。休み明けで負けました。(前走を勝った)シャケトラはすごくいい馬でした。残念ながらもういないんですけど......。AJCCでは、すごくいい競馬でした」

―理想とするレース展開はありますか
「まだ(考えは)ありませんが、ペースが大事ですね。スローだったら、いいポジションを取っていった方がいいと思います。3200メートルはすごく長い距離です。最初はリラックスすることが必要で、だんだんポジションを上げられればいいと思います」

―馬場状態についてはどうですか
「良馬場か軟らかい馬場がいいと思います。フィエールマンの母はヨーロッパの馬でしたね。軟らかい馬場でいい脚を使えると思います」

―桜花賞・皐月賞に続いてのGI制覇がかかりますが
「またGIを勝ちたいですね。ドバイターフ、桜花賞、皐月賞と3週連続でGIを勝つことができました。平成最後の天皇賞をぜひ勝ちたいです」

―ルメールさんも"平成最後"ということは考えますか
「はい、考えます(笑) 日本で天皇賞はとても特別なレースですね。今年は平成最後の天皇賞だから、ジョッキーはみんな勝ちたいと思います」

―ルメール騎手にとっては1000勝が近づいていますね
「少し時間がかかりました。先週と先々週は(勝ちが)少なかったけど、また自信を持って乗りたいです」

―天皇賞で1000勝達成ということもあるかもしれませんね
「はい、おもしろいですね。楽しみです。一番大事なことは大きなレース(を勝つこと)ですね。レースごとにいい競馬をしたいです」

―ファンの皆さんにメッセージはありますか
「菊花賞でフィエールマンは強かったです。今年もGIを勝てると思います。天皇賞はフィエールマンの春の目標です。皆さん応援してください。よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【青葉賞】美浦レポート~ランフォザローゼス [News] [News]
2019/04/24(水) 15:28

 4月27日(土)に東京競馬場で行われる第26回青葉賞(GII)に出走予定のランフォザローゼス(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後の藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

―京成杯を振り返ってください
「まだ経験がなかったんですけど、上手についていったんですが、直線はフラフラしていて、結果は2着でしたが、若い馬らしい内容で仕方ないかなと思います」

―中間はどのように過ごしましたか
「一度は牧場に帰って、そこから1か月前に戻ってきたんですけど、順調に調教が進んでいます」

―馬体や精神面の変化はありましたか
「身体が幾分大きくなったのと、もともと大人しい馬で、もっと大人っぽくなってもらいたいと思います。10kgくらい増えてるんですけど、調教もしてますし、暖かくなってきたので、幾分増加で競馬に使えると思います」

―1週前追い切りはいかがでしたか
「速い時計は出さないんですけど、動きは良かったと思います」

―今日の追い切りはいかがでしたか
「今日も時計は速くなかったんですけど相手なりに走ったと思います」

―東京2400メートルの条件はいかがでしょうか
「デビュー戦も東京でしたが、競馬の方が一生懸命走るんですけど、かかるわけではないので、2400メートルはいいと思います」

―父がキングカメハメハで、祖母がエアグルーヴ。2400メートルに向く血統だと思うのですが
「血統的に素晴らしい馬。徐々に良くなってきているので楽しみです」

―ダービーへの出走権獲得に向けて、どんなレースをしたいですか
「東京の2400は得意だと思うので、次につながる競馬になったらな、と思います」

(取材:山本直)

ミッシングリンク、浦和競馬に移籍 [News] [News]
2019/04/24(水) 13:46

2018年のTCK女王盃(JpnIII)に優勝したミッシングリンク(牝5歳 美浦・斎藤誠厩舎)は、今日24日付けで競走馬登録を抹消した。今後は、浦和競馬に移籍する予定。

<通算成績> 21戦5勝(地方4戦1勝)
<重賞勝鞍> 2018年TCK女王盃(JpnIII)

(JRA発表) 

豪遠征のクルーガー帰国 [News] [News]
2019/04/24(水) 13:35

オーストラリアに遠征したクルーガー(牡7歳 栗東・高野友和厩舎)は、今日24日7時45分に成田国際空港に到着した。その後、輸入検疫のためJRA競馬学校(千葉県白井市)の国際厩舎に入厩した。

(JRA発表)

【青葉賞】栗東レポート~ウーリリ [News] [News]
2019/04/24(水) 11:36

 4月27日(土)に東京競馬場で行われる第26回青葉賞(GII)に登録しているウーリリ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

(前走の毎日杯2着を振り返って)
「まだ成長していないというか、まだ体が緩いところがあるので、栗東の調教ではそんなに時計は出ないのですが、競馬に行くとさすがはダービー馬(マカヒキ)の弟というところを見せてくれたと思います」

(最終追い切りを振り返って)
「先週は福永騎手が乗って、ある程度体は仕上がっていました。今日は馬場状態もあったので、そんなに無理はしていないのですが、57秒ぐらいでしたか、助手に乗ってもらってすごく良い雰囲気で走っていました。問題ないと思います」

(今回のレースに向けて)
「まだ賞金的にダービーに出られるところまで来ていないので、ここで権利を獲って何とかダービーに出走して、兄に一歩でも近づきたいです。マカヒキの場合は、2歳で入ってきた時からすごく完成されていた馬でした。この馬も2歳で入ってきましたが、その時はまだまだかなという感じはありました。入厩から今までだいたい半年ぐらい経っているのですが、一歩ずつ成長してきて、何となく兄の雰囲気には似てきましたよね。マカヒキよりも長距離が向きそうな体をしています」

(取材:米田元気)

全14件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]