【アンタレスS】登録馬~ロンドンタウンなど22頭 [News] [News]
2019/04/07(日) 19:24

4月14日(日)、阪神競馬場で行われる第24回アンタレスステークス(4歳以上GIII・ダート1800m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:22頭】(フルゲート:16頭)

ロンドンタウン
グリム
ウェスタールンド
ヒラボクラターシュ
テーオーエナジー

メイショウスミトモ
コパノチャーリー
リーゼントロック
マイネルオフィール
ピオネロ

ナムラアラシ
アナザートゥルース
ドライヴナイト
トラキチシャチョウ
オルナ

クロスケ

以下、除外対象馬

カゼノコ
コスモカナディアン
ミッシングリンク
ハーベストムーン
ザイディックメア

ヒロブレイブ

【中山GJ】登録馬~オジュウチョウサンなど11頭 [News] [News]
2019/04/07(日) 19:19

4月13日(土)、中山競馬場で行われる第21回中山グランドジャンプ(障害4歳以上GI・芝4250m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:11頭】(フルゲート:16頭)

オジュウチョウサン
ニホンピロバロン
タイセイドリーム
ミヤジタイガ
マイネルプロンプト

ルペールノエル
シンキングダンサー
トーアツキヒカリ
ヤマニンシルフ
ラピッドシップ

シゲルボスザル

【アーリントンC】登録馬~ヴァルディゼールなど20頭 [News] [News]
2019/04/07(日) 19:06

4月13日(土)、阪神競馬場で行われる第28回アーリントンカップ(3歳GIII・芝1600m)の登録馬は以下の通り。

【フルゲート:18頭】

ヴァルディゼール
カテドラル
アズマヘリテージ
ラブミーファイン
イベリス

オーパキャマラード
トオヤリトセイト
フォッサマグナ
ミッキーブリランテ
ロードグラディオ

以下、抽選対象馬(8/10)

ヴァンドギャルド
サンノゼテソーロ
ジゴロ
ジャミールフエルテ
ニシノカツナリ

ニューアビリティ
ヘイワノツカイ
ミッキースピリット
ヤマニンマヒア
ユニコーンライオン

米沢特別プレゼンター、ダンディ坂野さんのコメント [News] [News]
2019/04/07(日) 19:00

本日、福島競馬場のイベントに出演し、11R米沢特別の表彰式プレゼンターを務めた、お笑いタレント・ダンディ坂野さんのコメントは以下の通り。

「桜も綺麗な福島競馬場。お客様も温かくて最高でした。競馬楽しいですね。ゲッツ福島競馬場」

(JRA発表による)

桜花賞プレゼンター、中川大志さんのコメント [News] [News]
2019/04/07(日) 18:55

桜花賞のプレゼンターを務めた、2019年JRA年間プロモーションキャラクターの中川大志さんのコメントは以下の通り。

「桜も満開の中、"乙女"たちの熱いレースに思わず歓声をあげてしまいました。今回は桜花賞ということで『桜』にちなんでシゲルピンクダイヤの単勝を買いました。
2着まで来ていたので本当に惜しかったです。これから色んな馬券の買い方も勉強していきたいと思います。
様々なレースにお呼びいただき競馬に対するモチベーションもどんどん上がっています。
また、今回からスタートしたスペシャルイベント『スペホリ!』。
次回は来週の皐月賞当日、中山競馬場で実施されます。皆さん是非競馬場に足を運んでみてください」

(JRA発表による)

木村哲也調教師、JRA通算200勝達成 [News] [News]
2019/04/07(日) 18:46

中山12Rで、15番リモンディが1着となり、同馬を管理する木村哲也調教師(美浦)は、現役104人目となるJRA通算200勝を達成した。

~木村哲也調教師のコメント~
「これだけたくさん勝たせていただいているのも、関係者のみなさまのおかげです。厩舎所属(大塚)騎手に初勝利を挙げさせていただいたことも含め、本当に恵まれているなぁと感謝しています。逆に大塚騎手に置いていかれないよう、明日からは私自身もまた次の1勝を目指して、コツコツ頑張っていきたいと思います」

(JRA発表による)

大塚海渡騎手、JRA初勝利 [News] [News]
2019/04/07(日) 18:32

中山12Rで、15番リモンディが1着となり、大塚海渡騎手(美浦・木村哲也厩舎)はJRA初勝利を挙げた。

~大塚海渡騎手のコメント~
「人生で一番嬉しいです。直線は、早くゴールが来てくれという気持ちで、入線した時は思わず声が出てしまいました。頑張ってくれた馬はもちろん、お世話になっている全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、この1勝は第一歩にすぎないので、これからも1戦1戦を大事に乗っていきたいと思います。
(木村哲也調教師のJRA通算200勝達成の勝利となったことについて)
常に気にかけてもらっているので、さらに頑張って恩返ししていきたいです。
これからも常に努力し、いずれは日本を代表するような騎手になれるよう頑張ります」

(JRA発表による)

【梅田S】(阪神)~リテラルフォースが間を割って完勝 [News] [News]
2019/04/07(日) 18:25

阪神12Rの梅田ステークス(4歳以上1600万下・ダート1800m)は2番人気リテラルフォース(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒3(良)。半馬身差の2着に5番人気グアン、さらに半馬身差の3着に6番人気フィールドセンスが入った。

リテラルフォースは栗東・高柳大輔厩舎の5歳牡馬で、父ホワイトマズル、母アブソルートライン(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は19戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 リテラルフォース(川田将雅騎手)
「道中は良い雰囲気でした。直線はスペースがなかったのですが、進路ができてからは良い伸びをみせてくれました。収穫のあるレースだったと思います」

4着 フリーフリッカー(北村友一騎手)
「もう少し内枠が欲しかったですね。力まずに馬のうしろに入れたかったです。最後はこの馬の脚は使ってくれました」

6着 グレートタイム(ルメール騎手)
「今日は長期休養明けでしたからね。良い競馬はできましたが、ペースが遅すぎました。次走は変わってくると思います」

【喜多方特別】(福島)~ラニカイサンデーが馬群を割って突き抜ける [News] [News]
2019/04/07(日) 18:15

福島12Rの喜多方特別(4歳以上500万下・芝1200m)は7番人気ラニカイサンデー(西村淳也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒2(良)。1馬身1/4差の2着に8番人気ボスキャットグレイ、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気バリンジャーが入った。

ラニカイサンデーは栗東・池添兼雄厩舎の5歳牡馬で、父ジャングルポケット、母プリティタヤス(母の父マーベラスサンデー)。通算成績は20戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ラニカイサンデー(西村淳也騎手)
「良い感じのレースができました。スタートも良かったですし、直線ではいい所が開いて、抜けてくることができました。強いレースをしてくれました」

2着 ボスキャットグレイ(菱田裕二騎手)
「ここのところ不甲斐ないレースが続いていましたから、今日は積極的なレースをしました。この馬の力を出してくれました」

4着 リュニヴェール(鮫島克駿騎手)
「ゲートをうまく出すことができず消化不良のレースになってしまいました。馬の具合は良かっただけに、かわいそうなレースになりました。申し訳ないです」

【桜花賞】(阪神)~年明け初戦のグランアレグリアが桜花賞レコードで1冠目を制す [News] [News]
2019/04/07(日) 17:40

阪神11Rの第79回桜花賞(3歳GI・牝馬・芝1600m)は2番人気グランアレグリア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒7(良)。2馬身半差の2着に7番人気シゲルピンクダイヤ、さらにクビ差の3着に3番人気クロノジェネシスが入った。

グランアレグリアは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母タピッツフライ(母の父Tapit)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 グランアレグリア(C.ルメール騎手)
「嬉しいです。すごく良い馬です。朝日杯FSで敗れてから、いろいろ勉強しました。朝日杯は速い脚を使えませんでした。今日は4コーナーから良い脚を使ってゴールまで頑張ってくれました。今日は4番手でリラックスしてレースができました。久々だったので心配しましたが、素晴らしい加速でした。この後、距離が延びてどうでしょう。マイルがベストではないかと思っています」

2着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「テンションはマシになっていました。ゲートは出ていますがその後つまずいてしまいました。前がゴチャついていたので、後ろで1頭にさせて、リラックスしていて、タメも利いていました。内もポッカリと開いていましたし、馬込みを怯まないのであの位置になりました。今後はテンションがどうなるかだと思います」

3着 クロノジェネシス(北村友一騎手)
「スタートが良くて、スタートからのリズムは良かったです。3コーナー手前で外から内に寄せられて、少しぶつかってトモを落とすような所がありました。その時、良いリズムが乱れてしまい、もったいなかったです。パドックではテンションが高かったのですが、その後は落ち着いていて、オンとオフのメリハリができていました。レースに行くまでの過程が良かったです。直線ではもう少しバラけてくれると良かったです。外に出してからは、この馬らしい脚をみせて、頑張ってくれました」

4着 ダノンファンタジー(川田将雅騎手)
「スムーズに競馬ができて、道中も我慢できていました。しかし、勝ち馬が早めに動いていく形になり、追いかけざるを得なかった分、苦しくなってしまいました」

5着 ビーチサンバ(福永祐一騎手)
「良いスタートを切れました。道中はダノンファンタジーを見ながら良いポジションにつけられました。まだエンジンのかかりに時間がかかりますし、成長途上です。スッと反応できませんが、長く良い脚を使ってくれました。2着馬とはあまり差はありませんでした。厩舎が取り組んできたことが、反映されていると思いますし、次を目指してうまく対応してくれると思います」

7着 エールヴォア(松山弘平騎手)
「スタートでトモをすべらせてしまいました。内枠の分包まれてしまったので、前につけたかったです。終いは来ていますし、馬は頑張っていました」

8着 ジュランビル(松若風馬騎手)
「マイルはもちそうな感じでしたし、走ることも分かりました。これからもっと成長してくれると思います」

13着 アクアミラビリス(M.デムーロ騎手)
「スタートは出てくれましたし、ルメール騎手の後ろで一番良い所を行っていました。折り合いもちゃんとついていました。しかし、伸びませんでした。まだ子供です」

全21件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]