【ダイオライト記念】(船橋)~チュウワウィザード交流重賞2勝目 [News] [News]
2019/03/13(水) 20:51

13日(水)船橋競馬場(曇・重)で行われた第64回ダイオライト記念(JpnII・4歳以上オープン ダート2400m)は、船橋のヤマノファイトが競走除外となり13頭によって行われた。レースは先行するオールブラッシュ(JRA )を見ながら、終始2番手を追走したチュウワウィザード(JRA)が直線で先頭に立つと後続との差を広げ、交流重賞2勝目を挙げた。勝ち時計は2分37秒3。勝利騎手はJRAの川田将雅。

2着争いは、2周目3コーナーから追い上げたアポロケンタッキー(JRA)が、粘るオールブラッシュ(JRA)を最後交わして4馬身差の2着に上がり、3着に半馬身差でオールブラッシュ、4着には1馬身半差でミツバ(JRA)と、上位はいずれもJRA勢が占めた。また、地方勢では船橋のサウンドトゥルーが5着に入った。

チュウワウィザードは父キングカメハメハ、母チュウワブロッサム(その父デュランダル)という血統の牡4歳馬。JRA栗東・大久保龍志厩舎の管理馬。通算成績は10戦6勝、2018年名古屋グランプリに続き交流重賞2勝目となった。

<レース後の関係者のコメント>
1着チュウワウィザード(大久保龍志調教師)
「川田騎手が騎乗していたので安心して見ていましたが、勝ててホッとしています。今日は内枠で、スタートが悪くない馬なのですが、ハナを切ったら嫌だなと思っていました。行く馬がいたので、シメシメと思って見ていました。今日もこの感じなら終いは伸びてくれると思って安心していましたが、競馬は何があるか分かりませんから、ゴール直前までは安心しつつもヒヤヒヤハラハラしていました。初のナイターで戸惑いがあったようですが、対応能力が高くて、1周回ってからは安心して走ってくれました。JpnIIを2勝しましたから、今度はGI(JpnI)かなと考えています。強い馬がいますけれども、成長してくれているので逆転できるよう、GIの舞台で戦いたいですね」

2着 アポロケンタッキー(戸崎圭太騎手)
「返し馬から前走と比べて良さを感じました。前向きさが出てきました。いい感じになってきました。勝負どころで置かれるのはいつものことです。勝ち馬が強かったですが、この馬もまだやれそうです」

4着 ミツバ(和田竜二騎手)
「スタートを出ませんでした。流れが落ち着いたところでハミを噛んでいました。我慢させたら落ち着いてくれました。いつも通りの脚は使ってくれていますが、どこかでペースが流れないと差が詰まらないですね」

(取材:山本直)

アドマイヤリード引退、繁殖へ [News] [News]
2019/03/13(水) 18:43

 2017年のヴィクトリアマイル(GI)を優勝したアドマイヤリード(牝6歳 栗東・須貝尚介厩舎)は、13日付けで競走馬登録を抹消した。今後は北海道勇払郡安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。通算成績は24戦6勝、重賞1勝。

(JRA発表)

【スプリングS】栗東レポート~ロジャーバローズ [News] [News]
2019/03/13(水) 14:51

 3月17日(日)に中山競馬場で行われる第68回スプリングステークス(GII)に登録しているロジャーバローズ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の辻野泰之調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の福寿草特別1着を振り返って)
「すごく良い内容で勝ってくれました。しかし、レース中に左前の爪をぶつけて坐石をしてしまったので、しっかりと治療を優先して、治してからここへという形で立ち上げてきています。
 症状は幸い軽いものでしたし、もう少し前のレースでも使えたぐらいなのですが、せっかく2勝目も挙げてくれましたし、じっくりと馬の状態を優先してここまで休養しました。
 状態面に関しては何の不安もなくここまで攻めて来られています」

(馬の成長分は?)
「元々骨格の良い馬で、プラス16キロでもすごく良い体になったなという感じはありました。今回も馬体重はそれほど大きく変わらないかもしれませんが、しっかり中身が詰まって良い体には見えます。
 前々走に関しては相手が悪かったと思いますが、少しトモの動きが物足りないところがあったので、それが前回、今回とだんだん良くなっているところもあります。この状態なら重賞でも良い競馬ができるのではないかと思っています」

(調教過程を振り返って)
「先週はジョッキーに乗ってもらって、反応の良さを確かめてもらいました。ジリジリと脚を使うタイプだったのが、トモのはまりが良くなってきた分、しっかり反応できるようになっているので、この状態なら良い競馬ができるという気がしています」

(今回のレースに向けて)
「中山の1800mなので、前半は少し忙しいのかなという印象は受けるのですが、競馬のセンスがすごく良い馬なので対応してくれるのではないでしょうか。
 (重馬場は)まだ走ってみないと分からないところはありますが、馬体重もしっかりある馬ですし、ある程度はこなしてくれるのではないかと思っています。
 この馬でGIに向かいたいと思っていますので、何とか権利をと思って、しっかりと調整してきています。また応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【スプリングS】栗東レポート~クリノガウディー [News] [News]
2019/03/13(水) 14:49

3月17日(日)に中山競馬場で行われる第68回スプリングステークス(GII)に登録しているクリノガウディー(牡3、栗東・藤沢則雄厩舎)について、追い切り後の藤沢則雄調教師のコメントは以下の通り。

(前走の朝日杯FS2着を振り返って)
「3、4コーナーでアクシデントがありました。外から内埒まで飛ばされて、そして戻ってきて、直線も右、左によれながら最後まで頑張ってくれました」

(前走後の調整について)
「12月30日にアクシデントがありました。人間で言えば階段を踏み外したみたいな形で、少し転んでしまいました。当初シンザン記念に行こうと思っていたのですが、一旦リセットして放牧に出しました。4週前に帰ってきて、何とか間に合いました。
 筋肉痛ですね。転ぶ時に右の肩を開いたみたいな形になって、嫌な転び方をしてしまったものですから、大事を取って、何とか復活してくれました」

(調教過程を振り返って)
「先週は最初から目一杯やって、今週は気合いをつける程度の方が良いかと思いました。先週は本当に良い時計で迫力ある動きでした。今週は今週でまた余裕のある動きでした。イライラするタイプなので、直前にやるよりは少し気合いをつける程度の方が好結果に繋がると思いましたので、そのような調教で終えました。上手くいったと思います」

(今回のレースに向けて)
「前走は装鞍所までは落ち着いていたのですが、下見所からイライラし出して、レースの本番も想像と違うような競馬になってしまいました。中団から行って終いを生かすような競馬になるかなと思ったのですが、引っ掛かって行ってしまいました。その割には最後の100mまで頑張ってくれたので、敗れてまた能力の高さは感じました。
 乗り役に任せるしかないですね。だいぶ落ち着いてはきているので、カーブがあった方が引っ掛かって行く馬には良いかなと、良い方に考えています。
 あまり外よりは内の方が良いと思いますが、枠はあまり関係ないと思います。
 まだ少し先の話ですが、ダービーというのがみんな調教師の夢ですし、全力をあげてクリアしていきたいと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【スプリングS】栗東レポート~ファンタジスト [News] [News]
2019/03/13(水) 14:47

3月17日(日)に中山競馬場で行われる第68回スプリングステークス(GII)に登録しているファンタジスト(牡3、栗東・梅田智之厩舎)について、鞍上の武豊騎手のコメントは以下の通り。

(前走の朝日杯FS4着を振り返って)
「デビューから連勝していたのですが、初めての1600mでどれだけやれるかなという感じでした。距離に関してはまずまず対応できたかなという感じです。結果は少し残念でしたが、メンバーも強かったですし、外枠で、流れ的に内枠に向く流れになってしまったかなという感じでした」

(調教課程を振り返って)
「2歳当時から調教でも素晴らしいタイムが出る馬でした。先週の動きは本当に良かったです。
 若干まだ余裕があるかなという感じで、ちょうど1週前らしい感触でした。
 相当良いものを持っている馬なので、期待は大きいです。
 (最終追い切りが坂路で50秒1)いつもそういうタイムを出せる馬です。休み明けですが状態はすごく良さそうです」

(今回のレースに向けて)
「一番のポイントは距離だと思います。1600mで良いレースはできたので、何とかこなしてくれるのではないかと期待はしています。1200mとか1400mであれだけ強いというのが逆に今度は1周するレースになってどうかなというところはあります。
 小回りですし、レースセンスのある馬なので、それこそごまかせたら良いかなと思っています。
 道悪自体はこなせそうな走り方をしているので、問題はないと思います。ただ、中山の芝生の状態は雨が少し降っただけでもかなり重くなりますから、しかも距離のことを考えると微妙かなというところはあります。
 1800mはスタートしてすぐコーナーなので、馬場状態がどうなるか分からないですが、あまり外枠には入りたくないかなというのはあります。
 調教でもすごく動くように脚力が相当強いのと、レースへ行っての競走センスというのはあります。
 今回のレース結果、内容次第で次走はどこにトライするかが決まってくると思います。ファンタジストの今年初戦なので、良い形で飾れたら良いなと思っています」

(取材:米田元気)

【阪神大賞典】栗東レポート~ヴォージュ [News] [News]
2019/03/13(水) 14:46

3月17日(日)に阪神競馬場で行われる第67回阪神大賞典(GII)に登録しているヴォージュ(牡6、栗東・西村真幸厩舎)について、鞍上の和田竜二騎手のコメントは以下の通り。

(前走の万葉S1着を振り返って)
「初騎乗だったのですが、ビデオを見てどうしようかなと思っていました。返し馬に行った感じが、1頭だったら力を抜いて走っていたので、そういうような競馬を試したいと思っていました。
 (ゴール前は)一杯一杯でしたが、あの距離で大逃げして粘ってくれたので、気持ち良かったです」

(前走後の様子について)
「ダイヤモンドステークスを使いたかったのですが、阪神大賞典になりました。十分に間隔もありましたし、状態は良いと聞いています」

(今回のレースに向けて)
「リズム良く走れる馬なので、その辺を生かして淡々と乗れたら良いなと思います。息さえ入れば長距離ももつのが分かったので、展開的にそういうふうに行ければ良いですね。そう甘くはないと思っているので、どんな展開になるか分からないですが、特徴を生かして頑張りたいです。
 頭数もそんなに多くないですし、いつも展開が難しいレースですが、その方が先行馬には有利だと思いますので、頑張りたいと思います。
 バラけた方が良いと思います。瞬発力勝負では厳しいですからね。そのようになってほしいです。
 天皇賞も使えたら良いなと思っていますので、重賞も勝てれば良いなと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【阪神大賞典】栗東レポート~リッジマン [News] [News]
2019/03/13(水) 14:45

3月17日(日)に阪神競馬場で行われる第67回阪神大賞典(GII)に登録しているリッジマン(牡6、栗東・庄野靖志厩舎)について、追い切り後の庄野靖志調教師のコメントは以下の通り。

(前走の有馬記念12着を振り返って)
「有馬記念は強いメンバーが揃っていましたし、中山の2500mということで、リッジマン向きのレースではなかったというか、ペースも難しいところがありますし、よく頑張ってくれたと思います。終わった後もしっかりリフレッシュできて、元気に帰ってきています。これからまた楽しみなレースを迎えられると思います。
 有馬記念は中山の2500mということで器用さも必要になってきます。GIですからメンバーも揃っていましたので、特に悲観はしていませんし、これからもどんどん挑戦はしていけるかなと思います」

(調教過程を振り返って)
「先週はCウッドチップコースで6ハロン、長めからしっかりと時計を出しました。帰厩当初は少し緩いかなという面もありましたが、先週の追い切りでだいぶ馬が固まってきたかなと思います。今週は予定通りで、半マイルで短めに終いだけさらっと伸ばした程度ですが、動きも良くなってきました。相変わらず心肺機能の高い馬なので、息遣いは良いです。十分に戦える態勢にはなったかなと思います」

(今回のレースに向けて)
「2600m以上でずっと安定した成績を残せていますし、距離も3000mということで、前走よりは流れも向いてくるでしょう。この馬なりに十分に力を発揮できる舞台ではないかと思います。
 (阪神は)特に気にはならないです。
 割りと休み明けでも全然苦にしないで走ってくれるタイプですので、期待しています。
 今までもいろいろな馬場を経験していますから、重馬場もあまり苦にしないでしょう 。少し時計がかかっても良いかなと思っています。
 先週は1着同着という形で、良い結果ではありましたが、今週はリッジマン号でぜひとも良い結果を出せるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【阪神大賞典】栗東レポート~シャケトラ [News] [News]
2019/03/13(水) 14:44

3月17日(日)に阪神競馬場で行われる第67回阪神大賞典(GII)に登録しているシャケトラ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の辻野泰之調教助手のコメントは以下の通り。

(前走のAJCC1着を振り返って)
「こちらも調整過程で半信半疑なところがあったのですが、思っている以上にこの馬のポテンシャルが上回っていたのかなと思います。
 しっかりと休ませてもらいましたし、脚元に関しては何の不安もなく、しっかり調教を積めてのレースだったので、その辺りは大丈夫でした。
 菊花賞馬が出走していたレースなので、その馬相手にどれぐらいの競馬がこの馬ができるのかなという思いではありました。こちらが思っていた以上にこの馬の力が上だったと感じています。
 帰ってきた時は体に余裕がありましたが、しっかり脚元も固まっていたので、しっかり調教を積んで競馬には臨めたので、この状態でどれぐらいの競馬ができるかなと思っていました」

(前走後の調整について)
「阪神大賞典が目標ということで、決まってからは短期放牧を挟みました。今回もしっかりと調教で攻めていますので、前回よりは良い状態で、叩いた分、上積みは見込めると思います」

(調教過程を振り返って)
「先週は戸崎騎手がこちらに来てくれたので、しっかりと負荷をかけてもらいました。今日はしっかりと動きが出ているかというところと、気で走る面がある馬なのでしっかりと気持ちが戻っているかの確認をする追い切りでした。
 併せてからも後ろからの動きもすごく良いものを感じましたし、横の馬に食らいついて行くと言いますか、噛み付いて行こうというぐらいの気持ちが見えたので、しっかりと戻っているなと感じました」

(今回のレースに向けて)
「阪神コースは何も問題ないと思います。今回は3000mという距離になりますので、いかに前半は闘争心を抑えて最後に繋げることができるかというのが課題になると思います。
 普段もメリハリがしっかり付く調教はできていますので、その辺りが競馬でもしっかりと出せれば良いなと思っています。
 あの時(天皇賞・春)は出遅れてポジションを取りに行った分、前半力んでしまった面もあります。今回はゲートを出たなりでこの馬のリズムを重視して乗ってもらおうと思っています。
 次はGIに向けてのレースになると思いますので、これをステップに次に向けて良いレースができたらなと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【フラワーC】美浦レポート~コントラチェック [News] [News]
2019/03/13(水) 14:32

3月16日(土)に中山競馬場で行われる第33回フラワーカップ(GIII)に出走予定のコントラチェック(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)について、藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

(前走の菜の花賞は3馬身差の圧勝でしたね)
「上手に競馬をしてくれて、強かったですね。スタートが良くて、二の脚も速くて、上がりもしっかりしていました」

(それから中7週の様子は?)
「一度牧場に出して、すぐに厩舎に戻しました。それほど速い時計は出ていませんが順調に来ています」

(馬体や精神面での変化はあるのでしょうか?)
「春になって幾分落ち着いてきたかなという感じです。体もふっくらしていい感じですね」

(今朝のウッドチップコースでの最終追い切りいかがでしたか?)
「1頭だと一人でどんどん行ってしまうので、相手にあわせる形にするため2頭併せで行いました。遅い流れでもしっかり折り合ってくれて良かったです」

(中山1800メートルとなる今回の舞台はいかがでしょう?)
「前走より少し長いですが、特に問題ないと思います」

(兄弟の馬も藤沢調教師が管理されてきましたが、比べると似ているところはありますか?)
「前向きな点は、お姉さんのバウンスシャッセと良く似ていますね」

(最後に重賞初制覇に向けての意気込みをお願いします)
「今回は初めて強いメンバーとの対戦になりますが、がんばり屋さんなのできっと頑張ってくれると思います。応援よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)

【阪神大賞典】美浦レポート~コルコバード [News] [News]
2019/03/13(水) 14:25

3月17日(日)に阪神競馬場で行われる第67回阪神大賞典(GII)に出走予定のコルコバード(牝6歳、美浦・木村厩舎)について、木村哲也調教師のコメントは以下の通り。

(まずは、前走の愛知杯を振り返ってください)
「ある程度良い状態で出せたと思っていましたし、一瞬突き抜けるかなというシチュエーションもあったので、残念でしたがよく頑張ってくれました。適正距離とは言い切れない条件でしたが、ひるまず真面目に走ってくれました」

(それからの中6週の様子は?)
「一旦美浦トレセンに戻した後、ノーザンファーム天栄に移動させてトレーニングなどをしてから2週半前に厩舎に戻しました。人間の方で指示を出さなくても自分から良いフォームで動いて質の高い動きをしてくれて、良い状態で来ているなと感じます」

(ウッドチップコースでの最終追い切りは?)
「予定通り折り合いがついて、しっかり集中して乗り手のアクションにも応えて、良い動きしてくれました。今日は若い馬の教育をしたくて3頭併せにしたのですが、若い馬が早めに脱落してしまったことだけが誤算でした」

(阪神3000メートルという舞台はいかがでしょう?)
「できるだけゆったりした距離で競馬をさせたいと思ってましたので、距離についての心配はありません。相手についても強い男馬がいますが、この馬自身引けを取らないと思っています」

(長距離輸送については、いかがでしょう?)
「今まで何度かこなしていて、ひるまなくなってきているので、それほど心配していません」

(この馬は木村調教師にとって思い出深い1頭だと思いますが、特に印象に残っていることなどはありますか?)
「(どれか一つというわけではなく)ずっと関わってきたこと自体が印象的ですね。初めて厩舎に来た時のことは今でも覚えていますし、ようやく6歳まで来たので、無事に競馬を走らせてお母さんにしっかりなれるよう良いヴァージンロードを築いてあげたいです」

(そのラストランですが、どんなレースを期待したいですか?)
「彼女らしく、最後に頑張るようなところを見せてくれたらなと思います。無事に出走させて、無事にあがって来られるよう、気持ち込めながら送り出したいです」

(それでは、意気込みをお願いします)
「たくさんファンのいる馬だと思っています。ここまで山あり谷ありたくさんありましたが、なんとか最後、彼女らしい走りをさせて、応援してくださるファンの皆さんの気持ちに応えたいと思っています」

(取材:小屋敷彰吾)

全12件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]