【ドバイシーマクラシック】(メイダン)~レイデオロが招待受諾 [News] [News]
2019/02/06(水) 17:16

3月30日(土)、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイシーマクラシック(G1・芝2410m)にレイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が選出され、関係者から招待を受諾するとの連絡があった。

(JRA発表)

【カタール国際競走】~ユウチェンジ、16日に出国 [News] [News]
2019/02/06(水) 17:10

現地時間2月22日(金)のカタールのアルライヤン競馬場で行われるアイリッシュサラブレッドマーケティングカップ(カタールG2)に出走するユウチェンジ(牡6歳、栗東・森秀行厩舎)は、2月16日(土)に出国するため、2月8日(金)から美浦トレーニングセンターで検疫に入る。

(JRA発表)

【クイーンC】栗東レポート~ビーチサンバ [News] [News]
2019/02/06(水) 16:26

☆9日(土)東京競馬場で行われる第54回クイーンカップ(GIII)に出走を予定しているビーチサンバ(牝3、友道厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ビーチサンバについて、友道康夫調教師

・(阪神JF3着は)レース後福永騎手とも話しましたが直線追い出そうとした時、馬がバランスを崩したようです。そこで追い出しのタイミングが遅れて差が開きました。しかしまた坂を上がってから2着馬と差を詰めているので負けはしましたが内容的には良かったと思います。

・(前走後の中間は)そんなには大きく変わりはありませんが、しっかり飼葉も食べています。先週福永騎手が乗って追い切りましたが体もしっかりしていいのではないかというコメントをもらいました。いい感じでいけると思います。

・先週でしっかり仕上がっているので今週は、牝馬でなおかつ東京への輸送を考え坂路で時計は遅かったのですが(56.1-40.4-25.9-12.2)走っている雰囲気は良かったと思います。

・前々走東京競馬場でいいレースをしているので東京は合っていると思います。これまで3回使って様々な環境の中でしっかり伸びています。東京のレース(アルテミスS)はあわやという惜しいレースでした。

・桜花賞を目指してここまで来ているので、ここで賞金加算をして、いい内容で向かいたいので応援よろしくお願いします。

〔取材:檜川彰人〕

【共同通信杯】栗東レポート~アドマイヤマーズ [News] [News]
2019/02/06(水) 16:22

☆10日(日)東京競馬場で行われる第53回共同通信杯(GIII)に出走を予定しているアドマイヤマーズ(牡3、友道厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎アドマイヤマーズについて、友道康夫調教師

・(今年の始動戦)本当に楽しみにしています。次に控えている皐月賞、ダービーに向けて楽しみを持てるような内容で勝ってもらいたいですね。

・(朝日杯FSは)瞬発力勝負になると分が悪くなるので騎手と相談して早めの競馬でいこうという作戦で臨みました。騎手がその通りに乗ってくれました。

・うちの厩舎はコースを使って長めの時計を出すように調教をしています。それに競馬の内容を見ていてもそんなにムキになっていく感じもありません。今回(1800メートルという)距離は心配していません。

・(今日の最終追い切りは)坂路でサッとやりましたが、(騎乗した)調教助手の手も動いていなかったような状態で54秒ぐらい(54.3-40.2-26.8-13.0)で上がってきたので、いい具合で仕上がったと思います。

・(今回様々なステップレースの中から東京競馬場の共同通信杯を選んだのは)皐月賞までは目標が決まっていますが、その後のダービー、NHKマイルカップの取捨選択を考えた場合、弥生賞を使うと間隔が詰まってしまいます。ですから今の時期のこのレースを選びました。休み明けでも走りますから皐月賞直行でも良かったのですが馬の具合も良くそこまで休ませることも無いと思いました。ですからここで一度使って間隔を空けて春のGIへ行こうと思いました。

・(強さのポイントは)並んでから抜かせない、勝ちたいという気持ちが強いことです。次のGIまで連勝で行きたいです。勝てるぐらいの出来にはあると思いますので、どうか応援よろしくお願いします。

〔取材:檜川彰人〕

【京都記念】栗東レポート~マカヒキ [News] [News]
2019/02/06(水) 16:19

☆10日(日)京都競馬場で行われる第112回京都記念(GII)に出走を予定しているマカヒキ(牡6、友道厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎マカヒキについて、友道康夫調教師

・(秋2戦の成績は)天皇賞は1週前(追い切り)も武豊騎手が乗っていい動きだったので期待したのですが当日に思った以上に体重が減ってしまい目に見えない疲れがあったのかと思っています。その後大きなダメージは無いものの本来のマカヒキの姿ではないということでジャパンカップを回避しました。その後中間も休む事無く乗っていました。そして有馬記念は天皇賞の出来にはありましたが中山の小回り、コーナー6つはこの馬には合っていなかったのかなと思っています。

・有馬記念以降はダメージも無く年末年始もこちら(栗東トレーニングセンター)でしっかり乗り込んできました。いつも乗っている調教助手の話し、走る姿を見てもようやく昨年の札幌記念の出来ぐらいまでは来たかなと思っています。迫力を感じるというか、いつものマカヒキのオーラのようなものが出るようになってきました。

・(今週の最終追い切りは)これまで本数もしっかりやっていますし間隔も詰まっているので負荷をかけるよりも息を整える程度に乗ってもらいました。最後の1ハロンだけでしたが反応も良かったと思います。道中の息遣いも良く、(上がってきた後の)息の入りも良かったですね。いつものマカヒキに戻りつつあるのを感じます。

・京都のように広いコースはいいですね。今の京都の馬場は若干時計がかかっているようですがこの程度なら許容範囲です。大阪杯という目標に向けて京都記念を使ってもうワンステップ上がればいい状態で本番を迎えられると思います。強いマカヒキを見せられるように頑張ります。

〔取材:檜川彰人〕

【京都記念】栗東レポート〜ノーブルマーズ [News] [News]
2019/02/06(水) 16:16

☆10日(日)京都競馬場で行われる第112回京都記念(GII)に出走を予定しているノーブルマーズ(牡6、宮本厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ノーブルマーズについて、宮本博調教師

・(日経新春杯は)結構ペースが速くこの馬のペースで走って位置取りが後ろでしたが4着ということでいい内容のレースでした。使い始めのアルゼンチン共和国杯が急仕上げ、ジャパンカップは相手が強過ぎて結果が出ず、この後どうなるかと思ったところでの0.2秒差でしたから良かったと思います。いつものノーブルマーズに戻った感じです。

・レースの後も(状態は)悪くありません。今回はレースの間隔もあまり無いので在厩して京都記念を目標に調整を続けました。最初の一週間は疲れを取って次の一週間はキャンターを乗って一週前に速いところ(追い切り)をやって、今週速いところをやってという感じでした。(調教に乗った)高倉騎手はジャッジが厳しいのですが「良かったですよ」と言っていたので良かったと思います。実際に(私も見て)良かったと思います。

・(京都芝2200メートルは)合っていると思います。今のちょっと荒れた(馬場の)京都もいいと思います。厩舎としての連覇がかかっているので勝って欲しいという気持ちが大きいです。

・前走時と(状態は)そんなに変わらないと思います。少しだけ上積みがある感じですね。どうか応援よろしくお願いします。

〔取材:檜川彰人〕

【京都記念】栗東レポート〜タイムフライヤー [News] [News]
2019/02/06(水) 16:12

☆10日(日)京都競馬場で行われる第112回京都記念(GII)に出走を予定しているタイムフライヤー(牡4、松田国英厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎タイムフライヤーについて、和田竜二騎手

・(中山金杯は)前半が思ったよりいいところ(ポジション)が取れなかったので、途中から動く形になってしまいました。最後は(勝馬と)同じ脚色になってしまいましたので少しもったいないレースになったかも知れません。

・(一週前の追い切りに騎乗)調教はいつもいい動きで手応え良くレースに向かえます。いい動きでした。

・(初騎乗の神戸新聞杯の時は)少しコントロールするのが難しい馬という印象でしたが乗るたびにコンタクトもとれて来ました。メンコも着用して菊花賞も走れてきました。(それを踏まえて今回)得意の中距離でいい結果が出せればと思っています。馬の体調が安定してきて回数も使えるようになりました。まだまだこれからの馬、成長してくると思います。

・脚力はあります、二歳の頃は長くいい脚を使えていましたが、私が乗っている時は一脚(ひとあし)使えますが長続きしていないのでその点を踏まえて乗っていきたいと思っています。

・今回の舞台(京都芝2200メートル)は芝2000メートル内回りとはレースも変わってくると思います。しっかり折り合いをつけてこの馬の良いとこを引き出せるようにしたいと思います。京都競馬場も合わないことはありませんので楽しみです。

・(できれば)平均的に流れてくれたらいいですね。スローペースの上がり勝負だと厳しいと思います。

・続けて乗せていただいていますしGIホースですから、いい結果が欲しいのでこの馬の実力を(最大限に)引き出すよう頑張ります。

〔取材:檜川彰人〕

【共同通信杯】美浦レポート~フォッサマグナ [News] [News]
2019/02/06(水) 14:56

 10日(日)に東京競馬場で行われる第53回共同通信杯(GIII)に出走予定のフォッサマグナ(牡3)について、藤沢和雄調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

―新馬戦(中京芝1400m)を振り返って
「東京のレースを除外になって、少し距離が短くなったんですけど、結果は想像以上に強くて良かったです」

―中間は
「前走時は厩舎に長くいたので、一旦放牧に出して、ひと月前に帰ってきて厩舎で調整しています」

―美浦ではどういった調整をしていますか
「速い時計は出してないですが、毎週(1ハロン)15~16秒程度の調教はやっていました」

―最終追い切りはいかがでしたか
「先週も併せ馬で時計は速くないんですけど、ゴール前は併せ馬をするように、ということでした。相手はあまり調教を速く走らない古馬なんですけど、(こちらの)手応えは良く見えました」

―現在の馬の様子は
「まだ若い馬なんですが、順調に調整できていると思います」

―新馬から感じるこの馬の成長している部分は
「だいぶ身体が大きくなって、気持ちも穏やかになっています。メンバーは強いですが、楽しみにしてます」

―東京芝1800mという条件はいかがですか
「このくらいの距離は走ってもらいたいので、楽しみです」

(取材:山本直)

【共同通信杯】美浦レポート~ダノンキングリー [News] [News]
2019/02/06(水) 14:54

 10日(日)に東京競馬場で行われる第53回共同通信杯(GIII)に出走予定のダノンキングリー(牡3)について、萩原清厩舎の南田雅昭調教助手のコメントは以下の通り。

―初戦(新馬、東京芝1600m)を振り返って
「能力はあるかなと思っていて、その通り頑張ってくれました。ディープインパクト産駒の独特の柔らかみがあったので、期待はしていました」

―2戦目(ひいらぎ賞、中山芝1600m)を振り返って
「終いもすごくしっかり走ってくれましたし、終わってからも物見するところがありました。全力ではなかったのかな、と思います。内容も良かったと思います」

―今回の条件は
「200mの距離延長は問題ないと思います」

―中間は
「牧場でリフレッシュをしてもらって、あとは厩舎で仕上げました」

―最終追い切りは
「3頭併せの後ろからだったのですが、手ごたえも良さそうでしたし順調です」

―意気込みを
「強そうな馬がそろっていますが、頑張ってほしいです。ここを順調に行ってくれると嬉しいです」

(取材:山本直)