【佐賀記念】(2月11日、佐賀)~JRA所属出走予定馬及び補欠馬について [News] [News]
2019/01/27(日) 18:05

2月11日(祝・月)、佐賀競馬場で行われる第46回佐賀記念(JpnIII、4歳以上、ダート2000m)のJRA所属出走予定馬及び補欠馬は以下の通り。

出走予定馬 予定騎手名
タイキフェルヴール  未定
テルペリオン     未定
テーオーエナジー   未定
ヒラボクラターシュ  未定
メイショウスミトモ  未定

補欠馬 予定騎手名
リーゼントロック   未定
トップディーヴォ   未定
ピオネロ       未定
アスカノロマン    未定
コスモカナディアン  未定

【きさらぎ賞】登録馬~アガラスなど11頭 [News] [News]
2019/01/27(日) 17:58

2月3日(日)、京都競馬場で行われる第59回きさらぎ賞(GIII、3歳、芝1800m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)
アガラス
エングレーバー
ダノンチェイサー
ヴァンドギャルド
コパノマーティン

サンアップルトン
タガノディアマンテ
ハギノアップロード
マコトジュズマル
メイショウテンゲン

ランスオブプラーナ

【東京新聞杯】登録馬~ロジクライなど16頭 [News] [News]
2019/01/27(日) 17:55

2月3日(日)、東京競馬場で行われる第69回東京新聞杯(GIII、4歳以上、芝1600m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:16頭】(フルゲート:16頭)
ロジクライ
ロードクエスト
タワーオブロンドン
ショウナンアンセム
ヤングマンパワー

ジャンダルム
レイエンダ
レッドオルガ
グァンチャーレ
サトノアレス

インディチャンプ
テトラドラクマ
リライアブルエース
ゴールドサーベラス
ストーミーシー

レアリスタ

伊勢特別プレゼンター、メイプル超合金のコメント [News] [News]
2019/01/27(日) 17:48

伊勢特別のプレゼンターを務めた、お笑いタレントとして活躍中のメイプル超合金(カズレーザーさん、安藤なつさん)のコメントは以下の通り。

●カズレーザーさん
「レースには負けましたが、売店のもつ煮込みが絶品でした。また機会があれば立ち寄りたいです」

●安藤なつさん
「涼しくて晴天で、会場も広々としていたのですごく気持ち良かったです。今度は私も競走馬のように走ってお腹を空かせた後、さっき食べた美味しいもつ煮込みを補給したいです」

(JRA発表による)

【根岸S】(東京)~コパノキッキングが4連勝飾る [News] [News]
2019/01/27(日) 17:38

東京11Rの第33回根岸ステークス(GIII、4歳以上、ダート1400m)は2番人気コパノキッキング(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5(良)。3/4馬身差2着に3番人気ユラノト、さらに1馬身3/4差で3着に5番人気クインズサターンが入った。

コパノキッキングは栗東・村山明厩舎の4歳セン馬で、父Spring At Last、母Celadon(母の父Gold Halo)。通算成績は9戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 コパノキッキング(マーフィー騎手)
「いい位置へ楽につけられました。これからが楽しみです。唯一1200mから1400mへの距離延長を懸念していました。早めに先頭へ立たないように気をつけて乗りました。これが日本での24勝目ですが、次のレースでも勝ちたいと思っています。(今回の来日では)JRAや皆さんのサポートに感謝しています。日本の競馬は世界一と思っています。何回でも来たいと思っています。"またね"(日本語で)」

(村山明調教師)
「スタートが良かったです。(スタートが良ければ)無理に下げなくていいですよ、とは言っていました。ちょうどいい位置だったと思っています。初の左回りでしたし、距離を克服してくれました」

2着 ユラノト(ルメール騎手)
「マテラスカイの後ろにつけられて、いいポジションでレースが出来ました。直線もスムースに抜けられて、精一杯頑張ってくれたのですが、今日は勝った馬が強かったです」

3着 クインズサターン(四位騎手)
「レース前に調教師から、"リズムを崩さないように"と言われていたので、この馬のリズムで中団から行きました。いい感じで最後まで詰めているけど、2着までに入って賞金を加算したかったので残念です」

5着 ワンダーリーデル(柴田大知騎手)
「砂を被ると嫌がっていましたが、砂を被らないところに出してからはよく伸びていました。とてもいい馬です」

6着 ノボバカラ(ミナリク騎手)
「いいスタートから3番手につけて、リラックスしていました。最後まで走っていて、よく頑張ってくれました」

8着 サンライズノヴァ(戸崎騎手)
「この馬に合う条件だったのに、これだけ負けるのは久々です。形としてはイメージ通りで、4コーナーでもいつもの感じでしたが、直線ではいつもの反応がありませんでした」

9着 キタサンミカヅキ(森泰斗騎手)
「勝ち馬の後ろにつけられましたが、一気に離されました。今日は"開き直って乗って欲しい"という指示でした。サンライズノヴァと同じくらいは伸びていましたが、やはり甘くないです」

10着 ケイアイノーテック(藤岡佑介騎手)
「体調はものすごく良かったです。ダートはまったくダメというわけではありませんが、一線級の相手にはまだ厳しいです」

【シルクロードS】(京都)~ダノンスマッシュが重賞連勝 [News] [News]
2019/01/27(日) 17:17

京都11Rの第24回シルクロードステークス(GIII、4歳以上、ハンデ、芝1200m)は1番人気ダノンスマッシュ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(良)。1馬身1/4差2着に11番人気エスティタート、さらにクビ差で3着に12番人気ティーハーフが入った。

ダノンスマッシュは栗東・安田隆行厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母スピニングワイルドキャット(母の父Hard Spun)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンスマッシュ(北村友一騎手)
「前走とは違い、今回は負けられないという気持ちでした。これで本番にいい形で向かえますから、勝ててホッとしています。今日はスタートが良く、馬も落ち着いていました。ラブカンプーを見ながらのレースでしたが、(ラブカンプーの)手応えが怪しくなり、外に切り替えたのが良かったです。その切り替える時に、馬が落ち着いて反応が良かったことが収穫です。大舞台を目標に無事にここまで来ることが出来ました。次も期待を持って、人馬ともに頑張りたいです」

2着 エスティタート(浜中騎手)
「前の馬が飛ばして展開が向くかと思ったのですが、今日は勝ち馬をほめるしかありません。でも、これだけ実績のあるメンバーの中での2着ですから、本当に頑張っています」

3着 ティーハーフ(国分恭介騎手)
「馬は状態が良いと聞いていて、具合さえ良ければこれくらいは走ると思っていました。9歳ですが、体も柔らかく、賢い馬です」

4着 アンヴァル(松山騎手)
「中団のいい位置で脚をためて、いい形だったのですが、後続の馬に早めに来られて、思っていたより早いタイミングで動いて苦しい展開になりました。その中で盛り返しているのですから頑張っています」

5着 アレスバローズ(川田騎手)
「負担重量、枠順も厳しかったのですが、近走を考えればよく頑張っています。このレースが次につながればと思います」

7着 ペイシャフェリシタ(三浦騎手)
「ゲートは出ましたが、他の馬に寄られて位置取りが悪くなってしまいました。ラストは前が空くと伸びていただけにもったいなかったですね。状態も良かったですから」

8着 ビップライブリー(高倉騎手)
「ゲートで両サイドから寄られて、コーナーに入るまで馬がエキサイトしてしまいました。直線、ハミも外れて、最後に向かって気持ちが向かない不完全燃焼のレースになってしまいました。残念です」

9着 リョーノテソーロ(坂井瑠星騎手)
「ゲートは出て、道中もリズム良く運べました。最後のコーナーでは突き抜けそうな脚は残っていましたが、進路を見出すことが出来ませんでした」

11着 ナインテイルズ(福永騎手)
「勝ち馬の後ろで脚をためてレースを運びましたが、反応がありませんでした。勝ち馬について行けませんでした」

15着 セイウンコウセイ(池添騎手)
「ブリンカーが利きすぎて、ハミをがっつり噛んでオーバーペースになってしまいました」

18着 ラブカンプー(M.デムーロ騎手)
「スタートは良く、いいポジションは取れましたが、コンディションがあまり良くなかったです。イレ込んでいて耳を絞って走っていました」

【蒲郡特別】(中京)~ズアーが制す [News] [News]
2019/01/27(日) 16:54

中京12Rの蒲郡特別(4歳以上500万下、芝1200m)は3番人気ズアー(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒8(良)。1馬身1/4差2着に1番人気ヤマニンペダラーダ、さらにクビ差で3着に5番人気キスミーワンスが入った。

ズアーは栗東・池添学厩舎の5歳牡馬で、父The Factor、母Salvar(母の父Eddington)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ズアー(藤岡康太騎手)
「スタートだけ気をつけていいポジションが取れました。折り合いの難しい馬と聞いていましたが、うまく折り合って、直線に向いてからはいい脚で伸びてくれました」

2着 ヤマニンペダラーダ(鮫島克駿騎手)
「久しぶりの1200m戦なのでしっかりポジションを取りに行きました。後手に回ることなく直線を向いたのですが、久しぶりの1200mのせいか、トップスピードまで時間がかかりました。それでも対応は出来ていました。短い距離の方が切れる脚を使えます」

3着 キスミーワンス(津村騎手)
「内枠から出たなりでいいポジションを取れました。この条件は合っています。最後までよく頑張って走ってくれました」

【伊勢特別】(中京)~ナンヨープルートーがハナ差競り勝つ [News] [News]
2019/01/27(日) 16:40

中京11Rの伊勢特別(4歳以上1000万下、ダート1900m)は6番人気ナンヨープルートー(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒7(良)。ハナ差2着に1番人気コマビショウ、さらに4馬身差で3着に8番人気ジャストコーズが入った。

ナンヨープルートーは栗東・松永幹夫厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母ハイカックウ(母の父High Chaparral)。通算成績は21戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ナンヨープルートー(吉田隼人騎手)
「ゲートを落ち着いてうまく出てくれました。いい位置で運べましたし、スーッと行く感じではないので突かれたのも良かったです。最後はよく差し返してくれました」

2着 コマビショウ(津村騎手)
「一度アタマくらい出たのですが、そこでフワッとしてしまいました。もう少しでした」

3着 ジャストコーズ(菱田騎手)
「先行馬が揃っていて、ペースが速くなると思っていました。ですから、この馬の形で終いに脚を使う競馬をしました」

5着 スズカロング(藤岡康太騎手)
「4コーナーでの形、手応えともに良かったのですが、追い出してから伸びなかったのは久々のせいでしょうか。使って良くなると思います」

荻野極騎手、JRA通算100勝達成 [News] [News]
2019/01/27(日) 16:27

荻野極騎手(栗東)は、中京10Rで9番モザイクに騎乗し1着となり、現役90人目となるJRA通算100勝を達成した。

~荻野極騎手のコメント~
「去年に達成したかったのですが、時間がかかったのは悔しいという気持ちもあります。ここまで来れたのも関係者の皆さん、オーナーや馬のおかげだと思います。本当に嬉しいです。100勝は一つの目標でもあったのですが、通過点と思ってもっともっと勝ち鞍を増やして日本でも代表となるようなジョッキーになりたいと思っています。2016年デビュー同期でも100勝一番乗りは嬉しいです。これだけ頑張れたのも同期皆で切磋琢磨したのが一番良かったと思うので、これからも皆で頑張りたいと思います。減量が終わってからまた勝負だと思うので、気を引き締めて精進していき、重賞によく乗り、勝利し、GIを勝てるようなジョッキーになりたいと思います」

【早春S】(東京)~アイスバブルが好位から抜けて押し切る [News] [News]
2019/01/27(日) 16:18

東京10Rの早春ステークス(4歳以上1600万下ハンデ、芝2400m)は2番人気アイスバブル(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒4(良)。1/2馬身差2着に1番人気ヘリファルテ、さらに2馬身1/2差で3着に5番人気アテンフェスタが入った。

アイスバブルは栗東・池江泰寿厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母ウィンターコスモス(母の父キングカメハメハ)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アイスバブル(マーフィー騎手)
「ディープインパクトと同じ(金子オーナーの)勝負服で勝てて嬉しいです。池江泰寿厩舎も有名ですし、乗せていただいて感謝しています。一生懸命走ることが持ち味ですし、今日に関してはそれがすべてです」

2着 ヘリファルテ(ルメール騎手)
「スタートで速い脚が使えないので後ろからになります。最後はいい脚を使いましたが、位置が後ろすぎました」

3着 アテンフェスタ(武藤雅騎手)
「単騎ですんなり行けて、マイペースで運べました。他馬に来られた後も盛り返してくれています」

全21件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]