2018年の「世界のトップ100 G1競走」、日本から10競走ランクイン [News] [News]
2019/01/24(木) 15:44

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)は23日、2018年世界のトップ100 G1競走を発表した。今回は11ヶ国36競馬場のG1競走がリストに名を連ね、1位は過去4年で3回目となるフランスの凱旋門賞(125.00)、2位はオーストラリアのクイーンエリザベスステークス(123.75)、3位はイギリスのプリンスオブウェールズステークス(123.25)となっている。

※( )の数値は年間レースレーティング

 日本の競走では、ジャパンカップの7位を筆頭に、以下のとおり合計10競走が100位以内にランクインしており、ランクインした競走数では、オーストラリア(31競走)、イギリス(19競走)、アメリカ(14競走)、香港(11競走)に続き、世界5位となる。

 昨年に引き続き天皇賞(春)は、2700メートル超のExtendedカテゴリーで、世界ナンバー1(今回はイギリスのゴールドカップとタイ)に位置づけられている。

●100位以内にランクインした日本の競走は以下のとおり。( )内は年間レースレーティング。

【7位】ジャパンカップ(122.50)
【17位】天皇賞(秋)、有馬記念(120.75)
【47位】大阪杯(118.25)
【52位】天皇賞(春)(118.00)
【62位】安田記念(117.50)
【67位】東京優駿(日本ダービー)、菊花賞、マイルチャンピオンシップ(117.25)
【76位】宝塚記念(117.00)

(JRA発表のリリースによる)

2018年度JPNサラブレッドランキング~アーモンドアイ、牝馬歴代最高の124ポンド [News] [News]
2019/01/24(木) 12:15

 JRAハンデキャッパーおよびNARレーティング担当者の協議により決定した、2018年度JPNサラブレッドランキングが今日、以下の通り発表された。

【2歳】
 朝日杯フューチュリティステークスを勝ったアドマイヤマーズが116ポンドで2歳のトップ。第2位は、ホープフルステークスを勝ったサートゥルナーリアで115ポンドだった。牝馬のトップは、阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったダノンファンタジーで111ポンドとなっている。

【3歳・芝】
 ジャパンカップを勝ったアーモンドアイがトップで、牝馬としてはこれまでで最高の124ポンドとなった。第2位は有馬記念を勝ったブラストワンピースで122ポンド、第3位は日本ダービーを勝ったワグネリアンで119ポンドだった。
 アーモンドアイ以外の牝馬では、秋華賞2着のミッキーチャーム、チューリップ賞1着で桜花賞2着のラッキーライラック、オークス2着のリリーノーブルが111ポンドとなっている。

【3歳・ダート】
 チャンピオンズカップを勝ったルヴァンスレーヴが118ポンドでトップ、東京大賞典を勝ったオメガパフュームが115ポンドで第2位となった。

【4歳以上・芝】
 天皇賞(秋)を勝ったレイデオロがトップで123ポンド。ジャパンカップ2着のキセキが122ポンドで続いた。第3位は大阪杯を勝ったスワーヴリチャードで121ポンド、第4位は天皇賞(秋)2着のサングレーザーで120ポンド。
 牝馬のトップは、香港ヴァーズ2着のリスグラシューで114ポンド、毎日王冠を勝ち安田記念2着のアエロリット、ドバイターフと香港マイルをともに2着のヴィブロス、アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスを勝ち香港カップ2着のディアドラが113ポンドで続いている。

【4歳以上・ダート】
 帝王賞を勝ったゴールドドリームがトップで117ポンド。第2位はJBCクラシック、川崎記念、日本テレビ盃を勝ち帝王賞2着のケイティブレイブとフェブラリーステークスを勝ったノンコノユメで116ポンドだった。
 牝馬のトップは、JBCレディスクラシックを勝ったアンジュデジールで107ポンドとなっている。

(JRA発表による)

ロンジンワールドベストホースランキング~2018年首位はウィンクスとクラックスマン [News] [News]
2019/01/24(木) 12:10

「2018年度ロンジンワールドベストレースホースランキング(LWBRR)」がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。2018年1月1日から12月31日までに出走した馬を対象としたもので、国際ハンデキャッパー会議において決定されたものとなっている。

115ポンド以上の332頭(実頭数)がランク付けされ、日本は32頭が掲載された。国別では、アメリカ(74頭)、イギリス(55頭)、オーストラリア(51頭)に次いで昨年と同じ第4位だった。

2018年のランキングトップはクラックスマンとウィンクスの2頭で、レーティングは130ポンド。クラックスマンはラストランとなった10月の英チャンピオンステークスを6馬身差で完勝し、2017年と同じレーティングとなった。英チャンピオンステークスは2017年も7馬身差で圧勝している。2018年は4戦3勝で、他にガネー賞とコロネーションカップを勝ち、プリンスオブウェールズステークスは2着だった。

ウィンクスは2018年も勝ち続けてこの年は7戦7勝、すべてG1で、コックスプレート4連覇という偉業も達成し、2015年5月から続く連勝も29となった。LWBRRではウィンクスは2015年が第8位タイ(123ポンド)、2016年が第3位(132ポンド)、2017年が第2位(132ポンド)と順位を上げ、2018年はトップに浮上している。

第3位はアクセラレイトで128ポンド。パシフィッククラシックで2着馬に12馬身1/2差をつけて圧勝したレーティング(中間発表では126ポンド)が上方修正された。2018年はこの他にもブリーダーズカップクラシックなどG1を5勝している。

第4位タイは、ビューティージェネレーション、ガンランナー、ロアリングライオンの3頭で127ポンド。3頭は、それぞれ、香港マイル、ペガサスワールドカップ、インターナショナルステークスを勝っている。

日本調教馬のトップは、ジャパンカップを勝ったアーモンドアイで第11位タイ(124ポンド)。アルファセントーリと並んで3歳牝馬のトップタイ(牝馬ではウィンクス、エネイブルに次ぐ第3位タイ)となった。

以下、天皇賞(秋)を勝ったレイデオロが123ポンドで第14位タイ、有馬記念を勝ったブラストワンピースとジャパンカップ2着のキセキが122ポンドで第20位タイ、大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが121ポンドで第31位タイ、天皇賞(秋)2着のサングレーザーが120ポンドで第42位タイ、などとなっている。

(JRA発表による)

ミッキーロケット引退、種牡馬に [News] [News]
2019/01/24(木) 11:41

 2018年の宝塚記念(GI)などを制したミッキーロケット(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)が、今日24日付で競走馬登録を抹消した。JRA通算成績は24戦5勝、重賞は2017年日経新春杯、2018年宝塚記念の2勝。

 今後は、北海道新冠郡新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

(JRA発表による)