【日経新春杯】(京都)~グローリーヴェイズが重賞初制覇 [News] [News]
2019/01/13(日) 17:08

京都11Rの第66回日経新春杯(GII、4歳以上、ハンデ、芝2400m)は1番人気グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分26秒2(良)。1/2馬身差2着に5番人気ルックトゥワイス、さらに1/2馬身差で3着に3番人気シュペルミエールが入った。

グローリーヴェイズは美浦・尾関知人厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母メジロツボネ(母の父スウェプトオーヴァーボード)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手)
「強かったです。新潟以来の騎乗でしたけど、その時も強かったですし、段々強くなって成長しています。(ペースが乱れたが)4コーナーでも手応え抜群でした。去年はこの時期に重賞で負けましたが、今日はリベンジ出来ました」

2着 ルックトゥワイス(岩田騎手)
「直線でよく追い上げていますが、4コーナーで外にいた分、届きませんでした」

3着 シュペルミエール(北村宏司騎手)
「コンディションが良く、気合い乗りもちょうど良かったです。いい流れでリズム良く、直線もいけると思ったのですが、もう少しでした」

5着 エーティーサンダー(酒井騎手)
「内枠で軽量、ある程度前でイメージ通りの位置を取れました。リズム良く、この距離でも上手に走ってくれました。突き抜ける脚はありませんでしたが、直線に向いた時は反応を見せてくれました。よく頑張ってくれましたし、自己条件なら力は上位だと思います」

6着 ムイトオブリガード(川田騎手)
「直線、目の前は空いていましたが、苦しい走りになっています。久々の右回り、今の京都の重たい馬場が合わなかった感じです」

9着 メイショウテッコン(武豊騎手)
「スタートも良くなかったですし、逃げるつもりはありませんでした。前半折り合って、外から来られた時、ハミを噛んでいました。そのタイミングでペースがグンと落ちましたから、一気に仕掛けました。ハマッたかと思ったのですが...」

11着 ウインテンダネス(内田博幸騎手)
「ペースが速かったので、位置はあれで良かったと思います。有力馬が近くにいましたし、ジッとしていましたが、いつもなら引っ掛かって行くくらいの馬なのですが、今日は反応がありませんでした」

12着 マサハヤドリーム(北村友一騎手)
「融通の利く、コントロールの利く馬ではないです。馬群が詰まった時にハミを噛んでしまったように、今日は流れが噛み合いませんでした」

13着 ロードヴァンドール(横山典弘騎手)
「休み明けでしたし、相手が強すぎました。ちょっと時間がかかるかもしれません」

14着 アイトーン(国分恭介騎手)
「いくらか急仕上げでしたから、ここを使って良くなると思います」

15着 アフリカンゴールド(ミナリク騎手)
「スタートしていい感じでしたが、今日はペースのプレッシャーがこの馬にはきつかったです」

16着 ガンコ(藤岡佑介騎手)
「好位外めの追走でしたが、終始、力みっぱなしでした。気持ち良く走れていない状況です」

田辺裕信騎手、JRA通算800勝達成 [News] [News]
2019/01/13(日) 16:38

田辺裕信騎手(美浦)は、中山11Rで7番ドーヴァーに騎乗し1着となり、中央競馬史上52人目・現役27人目となるJRA通算800勝を達成した。

~田辺騎手のコメント~
「停滞することなく達成出来て良かったです。このレースは勝てるという自信もありましたし、思い通りの騎乗をすることが出来ました。少しでも900勝に近づけるようにたくさん勝ちたいですし、怪我をしないで多くの騎乗が出来るように頑張りたいです」

【ニューイヤーS】(中山)~ドーヴァーが快勝 [News] [News]
2019/01/13(日) 16:26

中山11Rのニューイヤーステークス(4歳以上オープン、芝1600m)は3番人気ドーヴァー(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒4(良)。3馬身差2着に2番人気キャプテンペリー、さらにクビ差で3着に13番人気ミュゼエイリアンが入った。

ドーヴァーは美浦・伊藤圭三厩舎の6歳牡馬で、父アドマイヤムーン、母オルダニー(母の父Elusive Quality)。通算成績は22戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ドーヴァー(田辺騎手)
「思い通りの競馬をすることが出来ました。今まで前に行く競馬をしてきましたが、ためる競馬も覚えてきて、最後は突き抜けました」

3着 ミュゼエイリアン(ブロンデル騎手)
「スタートが速く、2~3番手でリラックスして走っていました。リラックスしていたので、まさかそこまで速いペースだとは思っていませんでした。交わされてからももうひと伸びしてくれました」

4着 テオドール(マーフィー騎手)
「道中、リラックスしていて伸びてきてはいますが、まだ太かったのか、最後は疲れていました」

6着 サーブルオール(ルメール騎手)
「忙しかったですね。まだ太いかもしれません」

【サンライズS】(中山)~カイザーメランジェが外から突き抜ける [News] [News]
2019/01/13(日) 16:17

中山10Rのサンライズステークス(4歳以上1600万下、芝1200m)は1番人気カイザーメランジェ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒0(良)。2馬身1/2差2着に5番人気ダイトウキョウ、さらに1/2馬身差で3着に3番人気アドマイヤナイトが入った。

カイザーメランジェは美浦・中野栄治厩舎の4歳牡馬で、父サクラオリオン、母サクラジュレップ(母の父サクラプレジデント)。通算成績は19戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 カイザーメランジェ(ルメール騎手)
「反応が速くてすぐに加速してくれました。完勝でしたね」

3着 アドマイヤナイト(津村騎手)
「4コーナーで早めに勝ち馬に来られましたが、いい競馬が出来ました。7歳ですが、まだまだ頑張れそうです」

4着 イオラニ(木幡巧也騎手)
「後ろからの競馬を覚えてくれました。揉まれ弱いところはまだありますが、力をつけてくれています」

5着 レーヴムーン(石橋脩騎手)
「ゲートの中で座ってしまって後手に回りました。終いは来ているだけにスタートが悔やまれます」

【新春S】(京都)~11番人気の伏兵ヴェネトが制す [News] [News]
2019/01/13(日) 16:08

京都10Rの新春ステークス(4歳以上1600万下、芝1600m)は11番人気ヴェネト(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5(良)。1/2馬身差2着に3番人気ロライマ、さらに1/2馬身差で3着に12番人気クリノラホールが入った。

ヴェネトは栗東・藤原英昭厩舎の7歳牡馬で、父ディープインパクト、母レディオブヴェニス(母の父Loup Solitaire)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴェネト(福永騎手)
「1600mでもタメが利いて走ることが出来ました。馬場も合っていたのだと思います」

2着 ロライマ(岩田騎手)
「今日は折り合いに専念して、直線だけの勝負にかけました。力はありますが、少し足りなかったです」

4着 ライラックカラー(北村宏司騎手)
「大事なところで寄られてしまいました。少し気を使って走っていましたが、最後はよく盛り返してくれています」

【黒竹賞】(中山)~デアフルーグが5馬身差で圧勝 [News] [News]
2019/01/13(日) 16:01

中山9Rの黒竹賞(3歳500万下、ダート1800m)は1番人気デアフルーグ(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒3(良)。5馬身差2着に5番人気ロダルキラー、さらにアタマ差で3着に6番人気ポートロイヤルが入った。

デアフルーグは美浦・鈴木伸尋厩舎の3歳牡馬で、父ベーカバド、母パイクーニャン(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 デアフルーグ(津村騎手)
「返し馬の時、前走より気合いが乗っていたので、ゲートをゆっくり出して行こうと気をつけました。道中はリズム良く、途中から動いて行って、強い勝ちっぷりでした。期待通りです」

2着 ロダルキラー(田辺騎手)
「思ったより出脚が良くありませんでした。それでも前に行った競馬よりも後半は踏ん張ってくれるかと思っていましたが、最後は脚を使ってくれました」

4着 ブラックウォーリア(石橋脩騎手)
「外枠でしたが、上手に競馬をしていました。中に入れると他馬を気にするということで、外枠もかえってスムースに走れて良かったのかもしれません。勝ち馬は強いですが、いつでもチャンスがあると思います」

5着 ロークアルルージュ(戸崎騎手)
「ブリンカーで前向きさが出ました。返し馬でのフットワークも良かったです。揉まれるのが嫌でハナへ行きました。うまくかみ合えばチャンスがあると思います」

【五条坂特別】(京都)~ジョーダンキングが人気に応える [News] [News]
2019/01/13(日) 15:40

京都9Rの五条坂特別(4歳以上1000万下、ダート1900m)は1番人気ジョーダンキング(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒3(良)。クビ差2着に2番人気コマビショウ、さらに1馬身差で3着に6番人気カフジキングが入った。

ジョーダンキングは栗東・藤原英昭厩舎の6歳牡馬で、父キングカメハメハ、母フューチャサンデー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ジョーダンキング(岩田騎手)
「4コーナーまですごくいい手応えで来ましたが、直線抜け出すと馬が遊ぶところがありました。上のクラスでも大丈夫だと思います」

3着 カフジキング(富田暁騎手)
「前走、外、外を回って厳しい展開になりましたから、今日はどこかで内に入れようと思っていました。いい形で運べましたし、直線に入って交わせそうな手応えでしたが、同じ脚色になってしまいました。気難しさが出たところもありますが、悔しい結果になってしまいました」

4着 オクラホマ(北村友一騎手)
「前回、自分が乗った時よりも少し右にモタれる面がきつくなっていると感じました。終いはジリジリですがしっかり脚を使ってくれて、堅実さは増してきた気がします」

7着 サマーサプライズ(松若騎手)
「内枠から自分の競馬は出来ました。昇級戦でしたし、クラス慣れすればと思います」

ステファノスの競走馬登録抹消について [News] [News]
2019/01/13(日) 14:52

2014年富士ステークス(GIII)に優勝したステファノス(牡8、栗東・藤原英昭厩舎)は、1月13日(日)付けで競走馬登録を抹消した。

なお、同馬はニュージーランドで種牡馬となる予定。

【メイクデビュー】(中山3R)~フラッシングジェムが勝利 [News] [News]
2019/01/13(日) 14:39

中山3Rのメイクデビュー中山(牝馬限定、ダート1800m)は1番人気フラッシングジェム(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒0(良)。3馬身差2着に3番人気ブライトアクトレス、さらに1馬身1/4差で3着に2番人気ワンダーマンボが入った。

フラッシングジェムは美浦・大和田成厩舎の3歳牝馬で、父エイシンフラッシュ、母ロマンシングジェム(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 フラッシングジェム(ルメール騎手)
「物見をしたり、まだまだ子供っぽいところがありますが、直線はいい脚を使ってくれました。長い脚を使うタイプで、ダートが合っていそうです。距離もピッタリでした」

2着 ブライトアクトレス(三浦騎手)
「道中、しっかりハミを取って上手にレースが出来ました。直線で先頭に立ったところで勝ち馬に目標にされてしまいましたが、この馬も力のあるところを見せてくれました」

4着 リーピングリーズン(田辺騎手)
「他馬を気にする面があります。まだ力をつけきっておらず、これからです」

【メイクデビュー】(京都6R)~サトノソロモンが勝利 [News] [News]
2019/01/13(日) 14:27

京都6Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は1番人気サトノソロモン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒4(良)。1/2馬身差2着に2番人気トーセンスカイ、さらにハナ差で3着に3番人気レッドジェニアルが入った。

サトノソロモンは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母イルーシヴウェーヴ(母の父Elusive City)。

~レース後のコメント~
1着 サトノソロモン(M.デムーロ騎手)
「強かったです。スタート良く、いい位置につけて、直線伸びました。最後まで余裕でした。他の馬が来るとまた伸びました」

(池江泰寿調教師)
「後ろから来るとまた伸びましたし、期待通りです。この後はゆっくり休ませたいと思います。大型馬で成長が追いついていませんから、成長を待ちながらやっていきたいと思います」

3着 レッドジェニアル(北村友一騎手)
「集中力を欠くところがあり、敏感なところを見せていました。気性面で難しいところはありますが、伸びしろは十分ですし、集中力が出てくればと思います」

4着 ジェットモーション(藤岡佑介騎手)
「まだフワフワして集中していない感じでしたから、積極的に仕掛けて出して行きました。悪くない内容でしたし、走ってきそうな馬です。これで競馬を覚えてくれればと思います」

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]