【京成杯】美浦レポート~シークレットラン [News] [News]
2019/01/10(木) 15:46

 14日(祝・月)に中山競馬場で行われる第59回京成杯(GIII)に出走するシークレットラン(牡3歳、美浦・田村康仁厩舎)について、追い切り後の田村康仁調教師のコメントは以下の通り。

「前走は未勝利を勝ってから間隔を開けて状態も良かったですし、手応えはありました。ただ相手も強いですから、好走してくれればと思っていましたが、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

 前走後は京成杯に行こう、という事になったのでこの馬のパターンですぐに牧場へ放牧に出して、3週間くらい前に厩舎に戻って来ました。良い状態で、気持ちもリフレッシュしましたし、体調も良くここまで来られましたね。

 (今週の追い切りは)先週の時点であらかた出来上がっていましたし、このところ雨が降っていなくて馬場も引っ掛かりがなくて走りにくい感じだったので時計も出にくいのですが、終いはしっかりと良い時計を出したかったんです。最後はしっかり良い時計でフィニッシュできるような追い切りを、という指示でしたがきちんと、良いフィニッシュが出来たと思います。厩舎にいるときは凄く落ち着いていますし、調教をしっかりやらないといけない、という指示を出されると一生懸命頑張ってくれるメリハリがあります。まだまだ幼い部分がある年齢だとは思いますが、非常に大人になっていると言うか、こちらが言わなくてもきちんと分かっていて対応してくれますね。

 (中山2000mに関しては)非常に難しいコース形態だと思っているのですが、中山で2回走って2回とも結果が出ていますから得意なのでしょう。自分の思うような展開にならなくても、騎手がそれをリカバリーしようと思ってこうして欲しい、という指示にきちんと従える、無駄な動きをしないのが良いのだと思います。

 順調にここまで来られましたし、結果を出して(今後へ)弾みをつけたいと考えている一戦です。当日はいい状態でパドックを回れると思いますから、どうぞ応援よろしくお願いします」

(取材:大関隼)

【京成杯】美浦レポート~ダノンラスター [News] [News]
2019/01/10(木) 15:43

 14日(祝・月)に中山競馬場で行われる第59回京成杯(GIII)に出走するダノンラスター(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)について、追い切り後の森一誠調教助手のコメントは以下の通り。

「前走(東京スポーツ杯2歳S)は新馬からの距離短縮だったという事もあったのか、道中は後方からになってしまいました。直線もなかなか出す所がなくて、内で行く場所を探しながらというロスがありました。その中でも終いはしっかり伸びていましたし、上位4頭とは離れた5着でしたが、能力は見せてくれたと思います。

 レース後は少し飼い食いが落ちたり、ちょっとテンションが上がったりという所がありましたが、中間厩舎で調整しているうちに回復してきて、ここまで来られましたね。

 先週までに併せ馬でしっかり調教してきたので、今日は単走で追い切りましたが、この馬なりの良い動きをしていたと思います。去年の秋から在厩していて、まだ少し子供っぽさを残していて成長途上ですが、冬場の今でも毛艶が良いですし、素質の高さを感じますね。デビュー時からそんなに馬体重は変わっていませんが、馬体の張りがいいですし、少しずつ成長してきています。

 新馬戦も東京の2000mという少し難しいコースをこなしてくれましたし、初めての中山でも不器用なタイプではないので、上手く対応してくれるでしょう。まだキャリアは浅いですが素質は凄くありますし、通用してもおかしくないと思います」

(取材:大関隼)

【ジャニュアリーS】美浦レポート~クイーンズテソーロ [News] [News]
2019/01/10(木) 15:41

 14日(祝・月)に中山競馬場で行われるジャニュアリーステークス(オープン・ダート1200m)に出走予定のクイーンズテソーロ(牝4歳、美浦・畠山吉宏厩舎)について、追い切り後の畠山吉宏調教師のコメントは以下の通り。

「前走は速い馬を前に行かせて折り合いをつける形で、勝負どころから外へ持ち出して、ジョッキーも落ち着いて乗ってくれました。馬もそれに応えてくれましたし、しっかりした走りで勝ってくれたという印象です。

 デビュー前から追い切りでも良い動きをしていて期待していたのですが、未勝利脱出までになかなか勝ち上がれませんでした。そこからダートに替えたという部分もあったと思いますが、一戦一戦力をつけて(オープンまで)勝ち上がって来てくれましたね。

 前走後は大きく歪んだとか、疲れが出たという事はありませんでした。兵庫の交流重賞(兵庫ゴールドトロフィー)にも登録していて補欠1番手だったので、いつものように放牧には出ずに在厩で調整しました。結果的に重賞には使わなかったのですが、前走と同条件のここを目標にしようと決めて問題なく来ています。

 それほど間隔を取っているわけでもないので、先週、今週と追い切りは坂路でサッとやりましたが変わらず順調ですね。今度はオープンですから速い馬、強い馬が揃っていますが、その中でどんな競馬をしてくれるかでしょう。胸を借りる立場ですが、前走を見ても馬の後ろで我慢する競馬も覚えてきていますし、ここでも頑張ってくれるのではないかなと思います」

(取材:大関隼)

西谷誠騎手、フリーに [News] [News]
2019/01/10(木) 12:12

栗東・昆貢厩舎所属の西谷誠騎手は、1月21日(月)からフリーとなる。

(JRA発表)

フランク・ブロンデル騎手の騎乗停止について [News] [News]
2019/01/10(木) 11:14

フランク・ブロンデル騎手は、2018年12月23日(日)フランスのドーヴィル競馬場で行われた第6競走に騎乗した際の御法(騎乗ぶり)について、フランスギャロから2019年1月14日から21日までの騎乗停止処分を受けた。

JRAは、日本中央競馬会競馬施行規程第147条第18号に基づき、裁定委員会の議定により、2019年1月14日から21日まで(フランスギャロによる処分と同一期日)ブロンデル騎手の騎乗を停止した。

(JRA発表)