【京成杯】登録馬~カテドラル、シークレットランなど13頭 [News] [News]
2019/01/06(日) 18:04

1月14日(月)、中山競馬場で行われる京成杯(3歳GIII、芝2000m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない。

カテドラル
シークレットラン
カイザースクルーン
カフジジュピター
クリスタルバローズ

グレイスアン
ダノンラスター
ヒンドゥタイムズ
マードレヴォイス
ラストドラフト

ランフォザローゼス
リーガルメイン

地方馬

ナイママ

【日経新春杯】登録馬~ガンコ、ノーブルマーズなど17頭 [News] [News]
2019/01/06(日) 17:54

1月13日(日)、京都競馬場で行われる日経新春杯(4歳以上GII、芝2400m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない。

ガンコ
ウインテンダネス
メイショウテッコン
ムイトオブリガード
ダッシングブレイズ

マサハヤドリーム
ノーブルマーズ
ロードヴァンドール
グローリーヴェイズ
ルックトゥワイス

シュペルミエール
アイトーン
ケントオー
ミライヘノツバサ
アフリカンゴールド

サラス
エーティーサンダー

【フェアリーS】登録馬~コントラチェック、ホウオウカトリーヌなど25頭 [News] [News]
2019/01/06(日) 17:47

1月12日(土)、中山競馬場で行われるフェアリーステークス(牝・3歳GIII、芝1600m)の登録馬は以下の通り。

【フルゲート16頭】

賞金上位馬

ウィンターリリー
ホウオウカトリーヌ

以下、抽選対象馬(14/23)

アカネサス
アクアミラビリス
アゴベイ
アマーティ
エフティイーリス

グレイスアン
コントラチェック
サンタンデール
シトラスノキセキ
スカイシアター

セントセシリア
タニノミッション
チェリーレッド
チビラーサン
フィリアプーラ

ブラックダンサー
ブリッツアウェイ
プリミエラムール
メイプルガーデン
ラフェリシテ

ルガールカルム
レディードリー
レーヴドカナロア

【シンザン記念】(京都11R)~最内から抜け出したヴァルディゼールが重賞初V [News] [News]
2019/01/06(日) 17:08

京都11Rのシンザン記念(3歳GIII・芝1600m)は4番人気ヴァルディゼール(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒7(良)。クビ差の2着に10番人気マイネルフラップ、さらに1馬身半差の3着に2番人気ミッキーブリランテが入った。

ヴァルディゼールは栗東・渡辺薫彦厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア、母ファーゴ(母の父ハーツクライ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴァルディゼール(北村友一騎手)
「嬉しいです。ゲート自体は安定している馬ではないので、ゲートを出て好位で競馬をしたいと思っていました。まだ幼いので、抜けてからフワフワする面を見せていましたが、それも能力のある証拠だと思います。その辺は成長に期待したいです。(厩舎に)重賞勝利を年明けからプレゼントできて嬉しいです」

2着 マイネルフラップ(吉田隼人騎手)
「進んでいかなかったので、腹をくくって決め手勝負に徹しました。4コーナーで他にぶつけられて逃げるような所がありましたが、よく盛り返してくれました」

3着 ミッキーブリランテ(坂井瑠星騎手)
「レース前はテンションが上がるところがありました。返し馬に行ったらいつもと同じ雰囲気になりました。ゲートは出てくれなくて、思っていたよりもポジションは一列後ろになりました。それでも何とか我慢してくれました。直線では良い脚を使って、一瞬勝ったかなと思いました。しかし、最後で脚が上がってしまいました。ここでもやれる所を見せましたし、これからも楽しみな馬です」

4着 パッシングスルー(池添謙一騎手)
「ポジションもよく、折り合いもついていい手応えで運べました。ただ、追い出してモタついて伸びあぐねました。それでも交わされてからまた伸び返すようなところを見せていたので、これがいい経験になると思います」

5着 ハッピーアワー(秋山真一郎騎手)
「前走のように折り合い重視のレースならもう少し伸びていたとは思います。今日は前の各馬を射程圏に入れてのレースだったので、前回ほどの脚を使えませんでしたが、いつもよりゲートを出てくれたのは収穫です」

6着 ミヤケ(松山弘平騎手)
「前に行こうと思ってレースに臨みましたが、1600mで思ったより行けず後方になってしまいました。道中はいい感じに進めて、最後はいい脚を使って差をつめてくれました」

8着 アントリューズ(川田将雅騎手)
「すごくいい馬です。ただ、その分跳びが軽い所があります。今日の京都は重たく感じる馬場なので、終始バランスを崩す走りをしていました。その分、脚をためきれませんでした。前が開いてからも苦しい走りになりました。良い馬であることは間違いないので、あとはそういうところに対応できるように走ってくれればいいと思います」

9着 ドナウデルタ(福永祐一騎手)
「ポジションを取れたのは良かったです。しかし、スペースがなくて、かわいそうなことをしました。申し訳なかったです」

11着 シャドウエンペラー(和田竜二騎手)
「3番手から進めましたが、手応えの割に伸びませんでした」

12着 ニホンピロヘンソン(浜中俊騎手)
「イレ込んでいたのが痛かったです」

【万葉S】(京都10R)~逃げたヴォージュがゴール前の大接戦を制す [News] [News]
2019/01/06(日) 17:05

京都10Rの万葉ステークス(4歳以上オープン・芝3000m)は5番人気ヴォージュ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分10秒3(良)。ハナ差の2着に1番人気ユーキャンスマイル、さらにクビ差の3着に3番人気グローブシアターが入った。

ヴォージュは栗東・西村真幸厩舎の6歳牡馬で、父ナカヤマフェスタ、母ギュイエンヌ(母の父タニノギムレット)。通算成績は24戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴォージュ(和田竜二騎手)
「行ければ行こうと思っていました。グローブシアターが来たので自分の形に持ち込もうと思いハナに立ちました。1コーナーでフワフワしたのでそこで息を抜けましたし、向正面でもペースを落とせました。3コーナーから他馬に来られましたが、よく踏ん張ってくれました」

2着 ユーキャンスマイル(武豊騎手)
「道中リズムよくいい感じで運べました。直線でモタついて内にモタれるような所がありました。惜しいレースでした」

3着 グローブシアター(浜中俊騎手)
「長距離に適性があることがわかりました。メドの立つ走りができたと思います」

【TCK女王盃】(大井)~JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2019/01/06(日) 16:40

1月23日(水)に大井競馬場で行われるTCK女王盃(JpnIII・4歳以上牝馬・ダート1800m)に出走を予定しているJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
アイアンテーラー(浜中俊)
エイシンセラード(未定)
クイーンマンボ(未定)
ラビットラン(未定)
ワンミリオンス(未定)

補欠馬(予定騎手名)
1 ビスカリア(未定)
2 タガノヴェローナ(未定)
3 ダノンアイリス(未定)
4 ヴァローア(未定)
5 ジャーマンアイリス(未定)

【ポルックスS】(中山11R)~テーオーエナジーが後続を突き放す圧勝 [News] [News]
2019/01/06(日) 16:37

中山11Rのポルックスステークス(4歳以上オープン・ダート1800m)は1番人気テーオーエナジー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒3(良)。4馬身差の2着に4番人気ホーリーブレイズ、さらにハナ差の3着に12番人気シャイニービームが入った。

テーオーエナジーは栗東・宮徹厩舎の4歳牡馬で、父カネヒキリ、母シルキークラフト(母の父Crafty Prospector)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 テーオーエナジー(岩田康誠騎手)
「力通りのレースをしてくれました。一戦ごとに強くなっています。直線でもスーッと反応してくれました。どこからでも競馬ができますし、楽しみです」

2着 ホーリーブレイズ(高倉稜騎手)
「中山コースは不向きだと思っていましたが、しっかりと走ってくれました。レースを覚えていけば展開次第で勝負になると思います」

4着 クルーガー(O.マーフィー騎手)
「3コーナーから追い出すと力を出してくれました。乗りやすい馬です。距離は延ばしたほうが良いように思います」

5着 ザイディックメア(F.ミナリク騎手)
「道中手応えよく、行儀よく走っていました。ただ、休み明けの分か、最後は疲れました。次につながるレースだったと思います」

【ジュニアC】(中山10R)~ヴァッシュモンが外から脚を伸ばし連勝 [News] [News]
2019/01/06(日) 15:57

中山10Rのジュニアカップ(3歳オープン・芝1600m)は3番人気ヴァッシュモン(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒8(良)。クビ差の2着に7番人気カルリーノ、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気ディキシーナイトが入った。

ヴァッシュモンは美浦・栗田徹厩舎の3歳牡馬で、父Dubawi、母Daksha(母の父Authorized)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴァッシュモン(田辺裕信騎手)
「馬の後ろに入れるまで力むところがありましたが、その他はリズムよく行けました。この距離をこなしてくれたのは良かったのですが、1400mの方がリズムよく走れるように思います」

2着 カルリーノ(勝浦正樹騎手)
「久々に騎乗して馬が良くなっているのを感じましたが、短距離色が出ているような感じもします。それでもハマッたかなと思ったのですが......」

4着 ヘイワノツカイ(丸山元気騎手)
「押さえる競馬をしました。直線きれいに前が開いて伸びているのですが、もう少し伸びてほしかったです」

5着 アイスブラスト(内田博幸騎手)
「2着馬に早めに来られて外へ切り替えることになったのが痛かったです。最後はよく伸びています。距離が延びて良さそうです」

【寿S】(京都9R)~ケイティクレバーが二枚腰を発揮し勝利 [News] [News]
2019/01/06(日) 15:54

京都9Rの寿ステークス(4歳以上1600万下・芝2000m)は2番人気ケイティクレバー(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒4(良)。半馬身差の2着に1番人気マイハートビート、さらに1馬身半差の3着に5番人気ダノンアイリスが入った。

ケイティクレバーは栗東・杉山晴紀厩舎の4歳牡馬で、父ハービンジャー、母モルトフェリーチェ(母の父ディープインパクト)。通算成績は15戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ケイティクレバー(秋山真一郎騎手)
「ゲートをうまく出ましたし、内枠だったので行きました。力のある馬ですし、良い時に乗せてもらえました」

2着 マイハートビート(川田将雅騎手)
「返し馬で難しい所を見せていました。その中では競馬になったほうです。性格に難しい所のある馬ですね」

4着 マイネルファンロン(戸崎圭太騎手)
「折り合いは大丈夫でしたし、上手に走れていました。しかし、早めに自分から動いても良かったです」

【迎春S】(中山9R)~ウラヌスチャームがしぶとく脚を伸ばし勝利 [News] [News]
2019/01/06(日) 15:45

中山9Rの迎春ステークス(4歳以上1600万下・芝2200m)は1番人気ウラヌスチャーム(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒1(良)。クビ差の2着に3番人気ロサグラウカ、さらに1馬身差の3着に4番人気クレッシェンドラヴが入った。

ウラヌスチャームは美浦・斎藤誠厩舎の4歳牝馬で、父ルーラーシップ、母アメジストリング(母の父フジキセキ)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ウラヌスチャーム(O.マーフィー騎手)
「道中リラックスして走っているので距離が延びても大丈夫です。とても乗りやすい馬です。このまま行ってくれれば、重賞にも手が届く馬だと思います」

2着 ロサグラウカ(丸山元気騎手)
「自分から動いていく競馬をしましたが、勝ち馬が強かったです」

3着 クレッシェンドラヴ(内田博幸騎手)
「折り合いがつくようになり、馬の間に入れると良くなかった馬がこういう競馬を覚えてくると幅が広がります。今日は狙った所が開きませんでしたが、それでも3着に来るのですから力は足ります」

6着 ダノンキングダム(三浦皇成騎手)
「上手に逃げてよく対応してくれていますが、後続を離せませんでした。東京のような広いコースでのびのびとレースをさせた方がいいのかもしれません」

全18件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]