福永祐一騎手がJRA年間100勝を達成 [News] [News]
2018/12/16(日) 20:10

阪神10レースで、3番インディチャンプが1着となり、同馬に騎乗した福永祐一騎手(栗東・フリー)は、9年連続10回目となるJRA年間100勝を達成した。

~福永祐一騎手のコメント~

「ひとつの目標であったので達成できて良かったです。今年はダービーを取ることができましたが、改めて気を引き締めて一鞍一鞍の騎乗を集中して、より良い結果を残していかないといけないと思っています。現状はルメール騎手とダブルスコアをつけられていますし、手放しでは喜べない状態ではありますが、差を埋めるべく精進していかなくてはならないと感じています」

(JRA発表による)

【登録馬】ホープフルS~ニシノデイジーなど17頭 [News] [News]
2018/12/16(日) 19:58

12月28日(金)、中山競馬場で行われる第35回ホープフルステークス(2歳GI・牡牝・芝2000m)の登録馬は以下の通り。このレースに除外対象馬はいない。

【出走登録数:17頭】(フルゲート18頭)
ニシノデイジー
クリノガウディー
サートゥルナーリア
ミッキーブラック
ブレイキングドーン

アドマイヤジャスタ
コスモカレンドゥラ
ヴァンドギャルド
キングリスティア
コパノマーティン

ジャストアジゴロ
タイセイモナーク
タニノドラマ
ハギノアップロード
ハクサンタイヨウ

ヒルノダカール
マードレヴォイス

【登録馬】阪神C~レッドファルクスなど17頭 [News] [News]
2018/12/16(日) 19:52

12月22日(土)に阪神競馬場で行われる第13回阪神カップ(3歳以上GII・芝1400m)の登録馬は以下の通り。このレースに除外対象馬はいない。

【出走登録数:17頭】(フルゲート:18頭)
レッドファルクス
ケイアイノーテック
ジュールポレール
レーヌミノル
ダイアナヘイロー

スターオブペルシャ
ムーンクエイク
ワントゥワン
ダイメイフジ
ラインスピリット

ヒルノデイバロー
ミスターメロディ
ベステンダンク
シュウジ
サトノアレス

カルヴァリオ
アポロノシンザン

【登録馬】中山大障害~アップトゥデイトなど14頭が登録 [News] [News]
2018/12/16(日) 19:45

12月22日(土)、中山競馬場で行われる第141回中山大障害(障害3才以上、J・GI、芝4100m)の登録馬は以下の通り。このレースに除外対象馬はいない。

【登録頭数:14頭】(フルゲート16頭)
アップトゥデイト
ニホンピロバロン
タイセイドリーム
ミヤジタイガ
ルペールノエル

マイネルプロンプト
シンキングダンサー
シゲルクロカジキ
トーヨーピース
シゲルロウニンアジ

エアカーディナル
エルゼロ
トーセンメリッサ
プレシャスタイム

2018年中京競馬リーディングが決定 [News] [News]
2018/12/16(日) 19:33

2018年の中京競馬リーディングジョッキーは20勝を挙げたM.デムーロ騎手(栗東・フリー)、リーディングトレーナーは11勝を挙げた藤原英昭調教師(栗東)となった。

●騎手リーディング(敬称略)
1位 M.デムーロ 1着20回 2着17回
2位 福永祐一   1着16回 2着16回
3位 北村友一   1着15回 2着11回 

●調教師リーディング(敬称略)
1位 藤原英昭   1着11回 2着10回
2位 音無秀孝   1着 8回 2着 6回
3位 本田優    1着 8回 2着 4回

(JRA発表による)

平成30年度の「中京競馬記者クラブ賞」は藤原英昭調教師が受賞 [News] [News]
2018/12/16(日) 19:24

中京競馬記者クラブは、平成30年度の「第39回中京競馬記者クラブ賞」を藤原英昭調教師(栗東)に贈ることとなった。

【選考理由】
ファルコンS(GIII)をミスターメロディで、中日新聞杯(GIII)をギベオンで優勝。そして3年連続で中京リーディングに輝いた点を高く評価した。

~藤原英昭調教師のコメント~

「このような賞を頂き、大変光栄です。中京競馬場は管理馬を走らせやすくて好きなコース。ここに向けて作った馬も多々いましたし、こうしてスタッフ一同の頑張りを評価してもらって、とてもうれしいです。これも馬主さんや関係者の方々のお力添えがあったおかげだと思いますし、感謝しています」

(JRA発表による)

朝日杯FSの表彰式プレゼンター・飯豊まりえさんのコメント [News] [News]
2018/12/16(日) 19:04

女優の飯豊まりえさんが朝日杯フューチュリティS(GI)のプレゼンターを務めた。コメントは以下の通り。

「二十歳(ハタチ)になり、大人の女性として初めての競馬を楽しみました。阪神競馬場の広さと、一生懸命に走るお馬さんに感動しました。私の名前と同じ漢字がある武豊さんのファンタジストを応援して、残念ながら4着でしたが、すごく興奮しました。また機会があれば遊びに来たいと思います」

(JRA発表による)

【妙見山特別】(阪神)~イシュトヴァーンが押し切る [News] [News]
2018/12/16(日) 19:01

阪神12Rの妙見山特別(3歳以上1000万下・ダート1400m)は1番人気イシュトヴァーン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4(良)。2馬身半差の2着に6番人気ヌーディーカラー、さらにクビ差の3着には9番人気ベルエスメラルダが入った。

イシュトヴァーンは栗東・石坂正厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母ドナウブルー(母の父ディープインパクト)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 イシュトヴァーン(C.ルメール騎手)
「いいスタートを切れました。いいポジションにつけられました。リラックスしていて、長くいい脚を使ってくれました。完璧です」

2着 ヌーディーカラー(福永祐一騎手)
「スタートのタイミングが合って、うまく立ち回ることができました」

4着 メイショウサチシオ(武豊騎手)
「直線で手前を替えきれませんでした」

5着 テイエムグッドマン(四位洋文騎手)
「伸びてはいるのですが......。1400mの方がレースもしやすいです。京都コースのほうがもっと良いのではないでしょうか」

【尾張特別】(中京)~ギャラッドが叩き合いを制す [News] [News]
2018/12/16(日) 18:47

中京12Rの尾張特別(3歳以上1000万下・芝2200m)は1番人気ギャラッド(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒4(良)。アタマ差の2着に5番人気スクエアフォールド、さらにアタマ差の3着には3番人気シャイニーゲイルが入った。

ギャラッドは美浦・田村康仁厩舎の3歳セン馬で、父ディープインパクト、母ガヴィオラ(母の父Cozzene)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 ギャラッド(丸山元気騎手)
「昇級戦でしたが、今日は頭数も少なく競馬がしやすかったです。直線では手前を替えなかったり、逆に替えすぎたりと、課題はありますが、まだ3歳馬ですし伸びしろがありそうです」

3着 シャイニーゲイル(菱田裕二騎手)
「この馬の持ち味を出すために、先行することと、他馬よりワンテンポ速く動くことを意識していました。もう少しでした」

4着 トーホウアルテミス(松若風馬騎手)
「久々の分モタモタしていましたが、着差はそれほどありませんし、このクラスでも十分やれると思います。まだ良くなりそうです」

5着 ミヤジユウダイ(鮫島克駿騎手)
「3番手でスムーズな競馬ができました。一瞬勝つかと思うぐらい頑張ってくれました。最後、他馬に寄られて少し狭くなったのがもったいなかったです」

【朝日杯FS】(阪神)~アドマイヤマーズが無傷の4連勝で2歳王者に [News] [News]
2018/12/16(日) 18:32

阪神11Rの第70回朝日杯フューチュリティステークス(2歳GI・牡牝・芝1600m)は2番人気アドマイヤマーズ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒9(良)。2馬身差の2着に9番人気クリノガウディー、さらに半馬身差の3着には1番人気グランアレグリアが入った。

アドマイヤマーズは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ヴィアメディチ(母の父Medicean)。通算成績は4戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 アドマイヤマーズ(M.デムーロ騎手)
「本当に強いです。どんどん成長しています。競馬をわかっていて、頭の良い馬です。スタートが決まり、グランアレグリアを見ながらちょうど良い(ポジション)と思っていましたし、最後はすごく良い脚で伸びました。距離はもう少し延びても大丈夫だと思います。このままでも十分ですが、3歳になると他の馬も成長します。この馬も成長してくれたら、本当に楽しみです」

(友道康夫調教師)
「新馬戦を勝ったときに着差はありませんでしたが、勝負根性があり、走ることに前向きでしたから、うまく行けば走ると思っていました。調教でもそうですが、オンとオフの切り替えがハッキリしていて、頭の良い馬です。そしてゲートセンスが良く、安心して見ていられます。今日は馬場入りの際、テンションが高かったので、落ち着いて馬場入りできるようにしてきたと思います。デムーロ騎手には、相手関係抜きに3・4番手くらいで行けたらと話していました。先頭に立つのが早いかもと思いましたが、良い競馬をしてくれました。今日の競馬(を見て)、そしてデムーロ騎手と話して、もう少し距離はあっても大丈夫そうなので、春は選択肢を増やし、皐月賞をまずは目標にしていきたいと思います。このまま行ってくれればいいのですが、もうひと回りパワーアップをして、より良いパフォーマンスをお見せできると思います」

3着 グランアレグリア(C.ルメール騎手)
「勝っているレースはどちらも楽勝でしたので、あのレベルで併せ馬になったら、いつもと反応が違いました。勝ち馬が外から来たときに、彼女はふらついて内ラチにもたれてしまいました。レースではリラックスして、息も入っていました。とにかく反応がいつもと違いました」

(藤沢和雄調教師)
「残念です。初めての右回りが影響したのか内へ逃げてしまいました。そんなに速いペースではありませんでしたし、道中は良い感じに見えたのですが......」

4着 ファンタジスト(武豊騎手)
「折り合いがつきましたが、結果的に内枠の方が良い展開になってしまいました。1600mまではこなせますし、問題ありません。最後まで伸びています」

5着 ディープダイバー(川田将雅騎手)
「内にささる難しさがあるなか、それでも掲示板を確保するわけですから、よく走ってくれています。現状では精一杯の走りはできていると思います」

6着 エメラルファイト(W.ビュイック騎手)
「スタートしたあと、いつもならダッシュが利くのですが、左に馬がいなかったからかフワフワしていました。最後は良い脚で伸びているだけに、その辺が致命傷になったのかと思います」

7着 アスターペガサス(福永祐一騎手)
「正攻法で、良い形で運べましたが、最後で伸びを欠いたところは距離が問題なのかもしれません」

8着 ヒラソール(岩田康誠騎手)
「最後は脚が上がりました。今後につながればと思います」

10着 マイネルサーパス(丹内祐次騎手)
「展開が厳しかったです。立て直して巻き返しを狙います」

11着 コパノマーティン(坂井瑠星騎手)
「脚を溜めて終いを生かす競馬をするプランで、あのポジションからになりました。3コーナーでは手応えがなかったのですが、じわじわと伸びてくれていたので、頑張ってくれていると思います」

12着 ドゴール(津村明秀騎手)
「落ち着いてゲートをいい雰囲気で行けましたが、初めて多頭数で揉まれてペースアップしたところでついて行けなくなりました。1600mより1400mのほうが良いと思います」

13着 ケイデンスコール(C.デムーロ騎手)
「勝った馬が強かったです。今日はレースに対して、走る気持ちがなかったように感じられます」

14着 ソルトイブキ(四位洋文騎手)
「他馬が寄ってきて、経験が少ない分、馬が怖がって急ブレーキをかける形になってしまいました。今日は何もさせてもらえませんでした。500万下から出直します」

15着 ニホンピロヘンソン(浜中俊騎手)
「今日はレース前にイレ込んで終わっていました。そのあたりが成長してほしいですね」

全24件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]