【クイーン賞】(船橋・JpnIII)~アイアンテーラー逃げて初の重賞V [News] [News]
2018/12/12(水) 20:56

12日(水)、船橋競馬場(曇・不良)で第64回クイーン賞(JpnIII ダート1800m・11頭立て)が行われ、先手を奪った2番人気のアイアンテーラー(JRA)が押し切って、重賞初制覇を飾った。タイムは1分52秒7、騎乗は浜中俊(JRA)。2着には3番人気だったサルサディオーネ(JRA)、3着には6番人気のオルキスリアン(船橋)が入った。1番人気だったプリンシアコメータ(JRA)は好位追走から失速して10着だった。

レースはスタートを決めたアイアンテーラーが逃げ、直後にサルサディオーネが続き、好位をプリンシアコメータ、ブランシェクール(大井)、オルキスリアンが固める展開。3コーナーから先行2頭が後続を離していき、そのままマッチレースへ。直線半ばで抜け出たアイアンテーラーが先頭でゴール、追走したサルサディオーネが2着。後続の追撃を凌いだオルキスリアンが3着に入った。

 勝ったアイアンテーラーは父ゴールドアリュール、母オータムブリーズ(母の父ティンバーカントリー)の牝4歳・栗毛。JRA栗東の飯田雄三厩舎所属。先手を譲らないスタイルで勝ち上がり、前走のJBCレディスクラシック(JpnI)で重賞初挑戦(8着)。2戦目の重賞挑戦で初制覇となった。通算16戦6勝(中央15戦5勝)。

【レース後のコメント】

1着 アイアンテーラー(浜中俊騎手)
「逃げたいなと思っていました。馬はリズムよく走っていましたし、いい感じで道中運べていました。しぶとさが持ち味だと思いますし、それを存分に発揮してくれました。今日勝てて(賞金を加算して)牝馬の交流重賞に使っていけますから、今後も期待出来ると思います」

(飯田雄三調教師)
「ナイターで、馬場が光っていたのが心配でしたし、絡んで来られたらどうかなとも考えていましたが、まだあれだけ余力があるとは思っていませんでした。今後はオーナーと相談して決めようと思います。よく走ってくれました」

2着 サルサディオーネ(丸山元気騎手)
「向こう(アイアンテーラー)が行くだろうし、2番手からになるかなとは思っていました。自分の形ではなかったですし、コースにできた水たまりを気にしている所もありました。左回りは走りますし、牝馬限定戦ならチャンスがあると思います」

3着 オルキスリアン(今野忠成騎手)
「よく頑張りました。以前乗った時よりも、道中は力まず走ってくれました。51kgも良かったと思いますし、何とか3着を確保してくれました。馬場を気にしていましたが、よく走ってくれましたし、まだまだこれからが楽しみです」

4着 ハービンマオ(松岡正海騎手)
「ペースが速くて前が止まらない競馬になり、この馬には向きませんでしたが、最後はいい脚を使ってくれました。地方の馬場は合っていますし、これから強くなる馬。牝馬のダートグレード競走ならチャンスはあると思います」

6着 ブランシェクール(吉原寛人騎手)
「内枠に入ったので、ある程度前につけて、自分の形でと思っていましたが、イメージとは違う形になりました。前にはつけましたが、ペースが落ちず、一番嫌な展開になってしまいました。大井の1800mが一番良いと思いますから、そこで巻き返せればと思います」

(取材:大関隼・中野雷太)

テイエムジンソク引退、種牡馬入り [News] [News]
2018/12/12(水) 17:25

 2017年のみやこS(GIII)、2018年の東海S(GII)を制したテイエムジンソク(牡6、栗東・木原一良厩舎)は12日付で競走馬登録を抹消した。今後は北海道沙流郡日高町のテイエム牧場日高支場で種牡馬となる予定。

 通算成績は中央28戦9勝、地方2戦0勝。獲得賞金は中央304,930,000円(付加賞含む)、地方3,200,000円。重賞2勝。

(JRA発表)

オイシン・マーフィー騎手に短期免許、29日まで [News] [News]
2018/12/12(水) 17:22

オイシン・マーフィー騎手に対して、今月15日から29日までの期間で短期免許が交付されることになった。

マーフィー騎手は1995年9月6日生まれ、アイルランド出身。2013年にイギリスの騎手免許を取得した。今年のドバイターフ(UAE)、サセックスS、インターナショナルS、クイーンエリザベス2世S(以上イギリス)、チャンピオンS(アイルランド)などを制している。

日本での騎乗は今回が初めてで、身元引受調教師は国枝栄調教師(美浦)、契約馬主は(株)サトミホースカンパニー。

(JRA発表)

ネロ引退、種牡馬入り [News] [News]
2018/12/12(水) 17:18

 2016、2017年の京阪杯(GIII)を制したネロ(牡7、栗東・森秀行厩舎)は、12日付で競走馬登録を抹消した。今後は種牡馬となる予定だが、繋養先は未定。

 通算成績は中央41戦8勝、地方6戦0勝。獲得賞金は中央293,055,000円(付加賞含む)、地方29,990,000円。重賞2勝。

(JRA発表)

W.ビュイック騎手、短期免許16日までに変更 [News] [News]
2018/12/12(水) 16:43

ウィリアム・ビュイック騎手は、一身上の都合により騎手免許を以下の通り、平成30年12月16日付で取消すことになった。

<当初の免許期間>   平成30年11月17日から平成30年12月17日
                     ↓
<変更後の免許期間>  平成30年11月17日から平成30年12月16日

(JRA発表)

【ターコイズS】栗東レポート~ミスパンテール [News] [News]
2018/12/12(水) 16:36

☆15日(土)中山競馬場で行われる第4回ターコイズステークス(GIII)に出走を予定しているミスパンテール(牝4、昆)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ミスパンテールについて、昆貢調教師

・(秋の2戦)休み明け初戦の府中牝馬Sでは調整が万全とは言えずその流れをエリザベス女王杯まで引きずってしまったという感じはありました。しかしエリザベス女王杯の感じは次に繋がる競馬はできたという印象があります。

・(秋2戦使って)馬体的な上積みはそれほどありませんが精神的な上積みは間違いなく今回はいいですね。前走後は精神状態をいいように保ちながらソフトな感じで調整を続けています。それでも併せ馬をしていますし負荷も十分かけています。

・(1週前追い切りは)併せ馬をしてゴール前でしっかり並んでということに主眼を置きました。あとムキになったりしていないかという確認もしました。いい追い切りができたという感じです。

・今朝はそれほどやらなくてもという感じでしたから調整程度で十分走れる態勢にはなりました。これと言って欠点も無い馬なので後は精神状態が安定していれば全然問題は無いと思います。

・精神状態の調整面を手の内に入れてから連勝して休み明け以外でも好走するようになりました。府中牝馬ステークスの時はその点が万全とは言えませんでしたが、その後は順調です。また連勝した時の走りが出来ると期待しています。

・(ハンデは)57kgと思っていたので想定より1kg軽いですね(56kg)。他馬との力関係については何とも言えませんが、初重賞を勝った縁起のいいレースから大目標のGIに向けて順調に持っていければいいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【朝日杯FS】栗東レポート~ファンタジスト [News] [News]
2018/12/12(水) 16:29

☆16日阪神競馬場で行われる第70回朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走を予定しているファンタジスト(牡、梅田智)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ファンタジストについて、梅田智之調教師

・(前走の京王杯2歳ステークスは)その前のレースから1ハロン延びてスローペースで、これまでのレース内容からかなりギャップがありましたが、武豊騎手が上手く乗ってくれて馬もそれに応えてくれたレースだったと思います。内容的に評価できるレースでした。

・その後は厩舎においたまま様子を見て今週の競馬に合わせて逆算して調教を続けてきました。前走後普通に疲れは出ましたが、直ぐに乗り出すことができ、中5週で時間もありました。十分な調整が出来ました。

・(一週前の追い切りは)今までそこまで(強く)攻めたことが無かったのですが今回はGIだったのでどこまでできるかやってみようという事でやりました。(体重の軽い)西原調教助手が乗ったとは言えなかなか出る時計ではありませんでしたから圧巻でした。

・一週前で粗方出来ていましたので今週は前に馬を置いて、その後ろで我慢して最後は並んで抜かすという予定通りの調教が出来ました。

・これまで3回走って体重も増えています。言い方を変えれば余裕があったと思うのですが今回はGIなのでしっかり仕上げてきているのでこれまでより馬にとってはハードだったと思います。

・これまでこの馬は3回とも違う競馬場で走っていますから初コースというのは気にしていません。ただ距離だけはやってみないとわかりませんが、かかることはありません。ただ最後の脚を使えるかどうかはわかりません。

・精神的に多少は大人になりましたが未だに子供っぽいところはあります。肉体的には牡馬のわりに華奢なところがありましたが使うごとに体重も増えて筋肉がしっかりしてきた部分がありますね。

・従順でコントロールがしやすいところが強みです。後はそれをレースで生かせればというところですね。レースになったら後は騎手に任せます。センスのある馬なのでどんな流れにも対応できます。現在無敗で来ていますからこのまま行ければいいなと思っています。

〔取材:檜川彰人〕

【朝日杯FS】栗東レポート~ケイデンスコール [News] [News]
2018/12/12(水) 16:24

☆16日阪神競馬場で行われる第70回朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走を予定しているケイデンスコール(牡、安田隆)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ケイデンスコールについて、安田隆行調教師

・(前走の新潟2歳ステークスは)伸びろという(私の)期待に応えるかのように良く伸びてくれました。最後の脚は素晴らしかったですね。

・前走後本来ならもう一走使いたかったのですが少しアクシデントがありました。その影響は全くありません。ただ今回ぶっつけにはなりましたが中間はしっかり乗り込んで心配はありません。

・(一週前追い切りは)クリスチャン・デムーロ騎手に乗ってもらいましたが『いい感じ』というコメントをもらいました。時計も良かったです。

・今週はサッと坂路で併せました。良い形で駆け上がってくれました。今日は雨で馬場の重い中しっかりと上がってこられましたが乗り役によると多少の余裕を残してということだったのでいい最終調整が出来たと思います。

・今回は初めての右回りと言うことで多少の不安はありますが、この馬ならしっかりとリカバリーする力を持っていると思います。阪神の舞台で33秒台前半の脚を使ってくれることを期待しています。

〔取材:檜川彰人〕

【朝日杯FS】栗東レポート~アドマイヤマーズ [News] [News]
2018/12/12(水) 16:20

☆16日阪神競馬場で行われる第70回朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走を予定しているアドマイヤマーズ(牡、友道)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎アドマイヤマーズについて、友道康夫調教師

・(前走のデイリー杯2歳ステークスは)結果的にハナに立つ競馬になりましたが4コーナーで2頭並んでからはこの馬の持ち味である勝負根性を発揮できたいいレースだったと思います。レースは出たとこ勝負という感じでしたが他の馬とはテンのスピードが違い結果的にハナに立つレースでした。

・(前走後)中間は栗東トレーニングセンターに在厩して、まず一週間は疲れを取ることに専念し、その後は疲れも無く徐々にペースを上げて順調にここまで来ています。

・1週前(の追い切り)はミルコ・デムーロ騎手に乗ってもらい3頭併せでCウッドチップコース後ろからしっかり追ってもらいました。最後の反応もいい動きでした。

・今日(の追い切り)は坂路でやりました。2頭併せで前半は折り合いをつける意味で馬の後ろで我慢して坂路のカーブぐらいから馬体を併せて最後1ハロン半ぐらいはしっかり追うようにというメニューでした。前半の折り合いもついていましたし追ってからの反応も良く本当にいい感じできていると思います。

・新馬の時にはまだ馬体が子供っぽいところがありましたが一夏越して馬も成長してしっかりして良い形でレースに臨めます。精神的にはデビュー時から落ち着きがありましたが体も数字的には若干増えていましたし一回り増えて立派になったと思います。

・(阪神競馬場は初めてですが)この馬はどこの競馬場に行っても精神状態が変わる馬では無いので新しい環境でも大丈夫だと思います。右回りは京都競馬場で、坂は中京競馬場でそれぞれ経験していますから大丈夫だと思います。

・競馬当日も、とにかく落ち着いてオンとオフの切り替えがはっきりしている馬です。それから並んでからの勝負根性も素晴らしいですね。今回は初の多頭数になりますから包まれて前が開かずに(力を出し切れず)終わるようにはなって欲しくないですね。とにかく順調にきていますので応援よろしくお願いします。

〔取材:檜川彰人〕

【朝日杯FS】美浦レポート~エメラルファイト [News] [News]
2018/12/12(水) 15:19

12月16日(日)に阪神競馬場で行われる第70回朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走予定のエメラルファイト(牡2歳、美浦・相沢厩舎)について、相沢郁調教師のコメントは以下の通り。

(前走のアイビーステークスは3着でしたが、振り返るといかがでしょう?)
「残念な競馬でした。勝った馬が強く、仕方ありませんね。新馬を勝った後、札幌2歳Sは出遅れて、前走も納得行くレースではなく、惜敗続きです」

(中7週の中間の様子は?)
「前走を使った後はひいらぎ賞か朝日杯のどちらか使おうと、今週を目標に考えていて、ここまで順調にきています」

(今朝の最終追い切りは?)
「先週はビュイック騎手を背に、ある程度やったので、今週もビュイック騎手を背に終いの反応をみてもらいました。ビュイック騎手はこの馬のレースを確認してくれていて、実際に乗ってみても良い馬だと言ってくれました。順調にきていますので、どれくらいやれるか楽しみです」

(レースへの手応えはいかがでしょう?)
「札幌2歳S組が活躍していますし、アイビーステークスの勝ち馬が先週のジュベナイルフィリーズで2着に来ていますから、そんなに差がないのではと思っています」

(デビュー時と比べて馬体面、精神面での変化はありますか?)
「まだ体は小さいですし、気性的にもまだまだ幼いので、これから良くなって行くと思いますよ」

(今回の阪神芝1600メートルという舞台については?)
「この馬に乗っていた石川騎手も1600メートルの方が良さそうという話をしていたので、条件的には良いと思います。関西圏への輸送も心配していません」

(この馬の長所はどのあたりでしょう?)
「まだまだ良くなるでしょうが、最後にしっかり脚を使ってくれるところですね。展開ひとつでもしかしたらと、期待しています」

(それでは、ファンへ向けて一言お願いします)
「私も来年還暦を迎えますので、チャンスがある時に勝っておきたいです。良い競馬ができると思いますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)

全14件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]