【クリスマスC】(中山)~スワーヴアーサーが人気に応える [News] [News]
2018/12/23(日) 16:52

中山12Rのクリスマスカップ(3歳以上1000万下、芝1200m)は1番人気スワーヴアーサー(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒3(稍重)。1/2馬身差2着に3番人気ビリーバー、さらに1馬身1/2差で3着に4番人気ショウナンマッシブが入った。

スワーヴアーサーは栗東・庄野靖志厩舎の5歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母メイキアシー(母の父Sadler’s Wells)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 スワーヴアーサー(ルメール騎手)
「いいスタートでしたが、ポジションを維持出来ませんでした。この馬場で前が止まりましたが、最後に頑張ってくれました」

2着 ビリーバー(大野騎手)
「折り合いがついていました。馬場の悪いところをうまく走ってくれました。馬の間から脚を使ってくれました」

3着 ショウナンマッシブ(内田博幸騎手)
「勝ち馬が強かったです。この馬もよく来てくれていると思います。力はあります。いい状態で来ているので、これが保てればチャンスがあります。うまくレースが出来ました」

4着 アーヒラ(杉原騎手)
「外枠がもったいなかったです。厳しくなるところもありましたが、盛り返してくれました。1200mでこういうレースが出来たのは良かったです」

【サンタクロースS】(阪神)~クリノヤマトノオーが完勝で5勝目 [News] [News]
2018/12/23(日) 16:45

阪神11Rのサンタクロースステークス(3歳以上1600万下、芝2000m)は4番人気クリノヤマトノオー(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒3(稍重)。3馬身1/2差2着に5番人気ケイティクレバー、さらに3/4馬身差で3着に3番人気ミスディレクションが入った。

クリノヤマトノオーは栗東・高橋義忠厩舎の4歳牡馬で、父ジャングルポケット、母ブリュンヒルト(母の父アグネスタキオン)。通算成績は21戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 クリノヤマトノオー(和田騎手)
「攻め馬を強化して、期待通り気合いが乗っていました。競馬も行きっぷりが全然違いました。展開も良かったですね。流れてくれたので折り合いがつきました。よく我慢してくれました」

2着 ケイティクレバー(秋山騎手)
「調教ではグッと来るところがなかったので、積極的に運びました。実戦に行っていいタイプですね」

3着 ミスディレクション(北村友一騎手)
「1頭(アテンフェスタに)行かれましたが、自分のリズムで走ればこの形のレースでも大丈夫です。いい感じで運んで、直線ハミを掛け直したらもうひと脚使ってくれました。すぐにチャンスがありそうです」

4着 トレクァルティスタ(浜中騎手)
「出来ればもう一列前につけたかったです。ダッシュがつかずに(思っていたより後ろの)あの位置からになりました。でも頑張ってよく走ってくれました」

【クリスマスキャロル賞】(阪神)~ペルソナリテが内から抜けて久々の美酒 [News] [News]
2018/12/23(日) 15:51

阪神10Rのクリスマスキャロル賞(3歳以上1000万下ハンデ、芝1600m)は7番人気ペルソナリテ(丹内祐次騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒3(稍重)。2馬身1/2差2着に3番人気オールザゴー、さらにアタマ差で3着に2番人気アバルラータが入った。

ペルソナリテは美浦・相沢郁厩舎の5歳牝馬で、父ステイゴールド、母マイネアルデュール(母の父アドマイヤコジーン)。通算成績は34戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ペルソナリテ(丹内騎手)
「溜めれば切れるのは分かっていました。最後はいい脚でした」

2着 オールザゴー(坂井瑠星騎手)
「うまく行ったと思いましたが...。1400mからマイルにしたことでいつもよりポジションを前にして競馬をしました。以前の課題だった折り合いがつくようになりました。この馬場でも問題なく走っていました。手応えも良かったです。早めに動いて勝つ競馬をしようとしたのですが、内を突かれてしまいました」

5着 アルジャーノン(吉田隼人騎手)
「ゲートを出たなりで、リズム良く行こうと思っていました。手応えはバッチリでした。最後は伸びていますが、前半で力むところがあるので、リズム良く行ければいいですね」

【千両賞】(阪神)~伏兵マイネルフラップが大外から突き抜ける [News] [News]
2018/12/23(日) 15:26

阪神9Rの千両賞(2歳500万下、芝1600m)は11番人気マイネルフラップ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒8(稍重)。1馬身1/4差2着に5番人気マイネルウィルトス、さらに1馬身1/4差で3着に6番人気カヌメラビーチが入った。

マイネルフラップは栗東・梅田智之厩舎の2歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母マイネエレーナ(母の父ロージズインメイ)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルフラップ(吉田隼人騎手)
「ゲートを出て、もっとついて行きたかったのですが、フワフワしていました。横を見たらマイネルウィルトスがいたのでついて行こうと思いました。直線に向いてからも前を追いかけて走ってくれました。前半フワフワ走っていたのが終い(の脚)に生きた感じですね」

2着 マイネルウィルトス(丹内騎手)
「前半は折り合いを覚えさせたかったので、出たなりで進めて、あまり早く(先頭に)立たないように気をつけました。勝ったと思ったのですが、まさか...」

3着 カヌメラビーチ(藤岡康太騎手)
「出た感じの位置で進めて、ということでした。最後、外に出せれば良かったのですが...馬場の悪い中、よく頑張ってくれました」

9着 アーデンフォレスト(北村友一騎手)
「いい意味で遊びがあるのが長所と思っていたのですが、競馬に来ると遊びがなくて、抜けるところを作れませんでした。あとは距離がもう少し短い方が競馬をしやすいと思います」

【フェアウェルS】(中山)~シャインヴィットゥが低評価を覆して連勝 [News] [News]
2018/12/23(日) 15:09

中山10Rの2018フェアウェルステークス(3歳以上1600万下、ダート1200m)は8番人気シャインヴィットゥ(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒9(稍重)。3/4馬身差2着に1番人気スビールアスール、さらに1馬身1/2差で3着に4番人気オーヴァーライトが入った。

シャインヴィットゥは美浦・小野次郎厩舎の4歳牡馬で、父ファスリエフ、母シャインセレブ(母の父クロフネ)。通算成績は18戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 シャインヴィットゥ(田中勝春騎手)
「馬は良くなっていましたし、すんなり競馬が出来て持ち味が出ました。具合も良かったです」

6着 タガノヴィッター(ボウマン騎手)
「この馬なりに走ってくれていますが、この前残りで外枠、中山の(ダート)1200mでは厳しかったです」

【グッドラックH】(中山)~ヴァントシルムが追い比べから直線抜け出す [News] [News]
2018/12/23(日) 14:58

中山9Rのグッドラックハンデキャップ(3歳以上1000万下ハンデ、芝2500m)は2番人気ヴァントシルム(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分36秒3(良)。1/2馬身差2着に1番人気サトノグロワール、さらにクビ差で3着に4番人気マスターコードが入った。

ヴァントシルムは栗東・須貝尚介厩舎の4歳牡馬で、父ジャングルポケット、母メジロシャレード(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は10戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴァントシルム(ルメール騎手)
「有力馬の後ろにつけられて、直線はよく伸びてくれました。前回は反応が遅かったですが、今日は初めてのブリンカーのせいか、反応が良かったです」

3着 マスターコード(勝浦騎手)
「感じが良くて、状態も良かったと思います。強いて言えば、最後のところで決め手の差が出ますね。安定して走ってくれますし、距離はこのくらいがいいと思います」

4着 ミルトプレスト(柴田善臣騎手)
「体重が16キロ増えていましたが、息は悪くなかったです。極端に速い馬場は良くないかもしれませんが、56キロのハンデでこれなら悪くないと思います」

【キャンドルライト賞】(中山)~マンカストラップが2番手から抜けて快勝 [News] [News]
2018/12/23(日) 14:45

中山8Rのキャンドルライト賞(3歳以上1000万下、ダート1200m)は8番人気マンカストラップ(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(良)。クビ差2着に2番人気エニグマ、さらに1馬身1/4差で3着に7番人気ジオラマが入った。

マンカストラップは美浦・伊藤大士厩舎の4歳牡馬で、父プリサイスエンド、母ヴァップ(母の父ストーミングホーム)。通算成績は19戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マンカストラップ(大野騎手)
「中山コースは合っていますね。状態も良かったですし、終始いい手応えでした。強かったです」

2着 エニグマ(マーフィー騎手)
「外を回っていい脚を使ってくれました。最後に手前を替えてくれていれば良かったのですが...。勝ちたかったです」

3着 ジオラマ(戸崎騎手)
「ジリジリとですが、内の狭いところを割ってよく伸びてくれました」

13着 アリア(武豊騎手)
「ダート自体、ダメではないと思いますが、4コーナーで抵抗出来ませんでした」

C.ルメール騎手、JRA年間最多獲得賞金記録を更新 [News] [News]
2018/12/23(日) 14:36

C.ルメール騎手は、中山1Rで11番タイセイスパーブに騎乗し1着となり、今年の獲得賞金(本賞+付加賞)が44億1730万7000円となり、JRA年間最多獲得賞金記録を更新した。

なお、これまでの記録は2005年の武豊騎手の44億1404万2000円。

本日の中山競馬場の状況について [News] [News]
2018/12/23(日) 14:29

本日の中山競馬場の開門状況などは以下の通り。

●入場門の状況

☆徹夜組:760名(前年比:96.2%)
※昨年:790名
☆開門時間:7時30分(昨年と同様)
☆開門時に並ばれていたお客様:5170名(前年比:106.6%)
※昨年:4848名

中山5Rの競走中止について [News] [News]
2018/12/23(日) 14:19

中山5Rで、12番レサイヤ(岩田康誠騎手)は、発走直後、躓いて騎手が落馬したため、競走を中止した。

 馬:異状なし
騎手:異状なし

全308件中 51件〜60件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]