3歳未勝利戦、来年以降は秋季競馬に編成せず [News] [News]
2018/11/20(火) 15:14

JRAは20日、秋季競馬における出走状況を改善するため、平成31年度(2019年)以降、秋季競馬には3歳未勝利戦を編成しないと発表した。また、平成31年度(2019年)以降、より能力の拮抗した馬による競走を提供する等の観点から、3歳以上の未出走馬および未勝利馬が新馬戦を除いた平地競走で3走連続で9着以下だった場合、2か月間平地競走に出走できないと発表した。

(JRA発表)

ワールドオールスタージョッキーズ、来年も札幌で開催 [News] [News]
2018/11/20(火) 15:07

JRAは20日、ワールドオールスタージョッキーズを2019年も2回札幌競馬第3・4日(8月24・25日)に実施すると発表した。また、夏季競馬の振興を目的とした「サマーシリーズ」やJRAおよび地方競馬所属の見習騎手による「ヤングジョッキーズシリーズ」を2019年も実施することも合わせて発表した。

(JRA発表)

【ジャパンC】外国馬情報(20日)~2頭ともダートコースにてキャンター [News] [News]
2018/11/20(火) 15:00

25日(日)に東京競馬場で行われるジャパンカップ(GI)に出走を予定しているカプリ(アイルランド)、サンダリングブルー(イギリス)の調教内容と関係者のコメントは以下の通り。
(天候:曇 馬場状態:やや重)

・カプリ(牡4歳)
【調教内容】ケビン・トービン厩務員が騎乗し、追馬場にて右回りでダク(速歩)600m、左回りでダク400m、ダートコースにて左回りでキャンター(1ハロン15秒~17秒程度)1900m、右回りで常歩300m。

【パトリック・キーティング調教助手のコメント】
「体調は変わりなく良好で、体温も通常どおりです。今日も昨日同様、少し強めの調教を行いました。東京競馬場到着後、木曜日に関しては芝コースにて調教する予定です」
※明日は東京競馬場到着後芝コースをスクーリングする予定

・サンダリングブルー(セン5歳)
【調教内容】
キム・ジョンストン調教助手が騎乗し、追馬場にて左回りでダク(速歩)1200m、常歩400m、ダートコースにて左回りでキャンター(1ハロン16秒~21秒程度)1800m、右回りで常歩300m。

【ダヴィッド・ムニュイジエ調教師のコメント】
「体調は引き続き良好で、飼い葉も良く食べています。昨日同様、馬の機嫌も良く、動きもスムーズでした。馬の状態には満足しています。明日、東京競馬場に到着した後、馬場状態をチェックし、馬の様子を見ながら具体的な調教内容を決めていきます。追い切りは木曜か金曜に行いたいと考えています」


(JRA発表)

JRA、女性騎手の負担重量減量を来年から導入 [News] [News]
2018/11/20(火) 14:54

JRAは20日、女性騎手の騎乗機会の拡大を図るため、一般競走における女性騎手に対する負担重量の減量制度を設定すると発表した。2019年3月1日(金)から適用される。

女性騎手が騎乗する場合、所定の負担重量から2キロ減とする。ただし、見習騎手に対する減量適用期間に減ずる重量は、4キロまでとする。これにより、騎手免許を取得後5年未満の騎手は、50勝までは4キロ減、51勝から100勝までは3キロ減となる。

また、騎手の体位向上および女性騎手への減量適用に伴い、平地競走における最低負担重量をオープンでは48キロ、それ以外の競走では49キロとすることもあわせて発表されている。

(JRA発表)