競馬学校騎手課程公開模擬レースの結果 [News] [News]
2018/11/10(土) 18:00

本日、東京競馬場で実施した、競馬学校騎手課程第35期生公開模擬レース(芝1400m、7頭)は、ユキノタイガに騎乗した亀田温心くんが1分23秒6のタイムで優勝した。2馬身半差の2着にエクスペリエンス(大塚海渡くん)、さらにアタマ差で3着にシュテルンリッター(岩田望来くん)が入った。以下、4着オニノシタブル(菅原明良くん)、5着キノル(齋藤新くん)、6着パスパルトゥー(小林凌大くん)、7着グローリア(團野大成くん)。

~レース後のコメント~
1着 亀田温心くん
「(模擬レースを重ね)レースにも慣れ、道中は落ち着いてできたのですが、追い出した時に少し焦ってしまい上手くいかない部分がありました。これからもっと改善していきたいと思います」

(JRAの発表による)

西橋豊治調教師、JRA通算200勝達成 [News] [News]
2018/11/10(土) 17:52

京都12Rで、1番スペシャルホースが1着となり、同馬を管理する西橋豊治調教師は、現役108人目となるJRA通算200勝を達成した。

~西橋豊治調教師のコメント~
「ここまで時間が掛かりましたが、開業以来、理解あるオーナーの皆様に感謝しています。また、文句を言わず一生懸命働いてくれている従業員の皆には何よりも感謝しています」

(JRAの発表による)

斎藤誠調教師、JRA通算300勝達成 [News] [News]
2018/11/10(土) 17:49

東京3Rで、5番シャドウディーヴァが1着となり、同馬を管理する斎藤誠調教師は、現役65人目となるJRA通算300勝を達成した。

~斎藤誠調教師のコメント~
「ゼロから始めてここまでこられたのも、馬主をはじめ皆様の応援と、スタッフが一生懸命取り組んでくれたおかげです。これからもすべてのレースで勝てるよう、スタッフ一同精進して参ります」

(JRAの発表による)

坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(11月10日) [News] [News]
2018/11/10(土) 17:45

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の10日のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

●モーフェットヴィル競馬場(オーストラリア)
3R 一般レース(芝1400m) バスカーズバラード 3着/11頭
4R 一般レース(芝1000m) ミントライス 8着/8頭
5R 一般レース(芝1250m) ブワヴァ  7着/8頭

(JRA発表)

【武蔵野S】(東京)~サンライズノヴァが人気に応えて差し切る [News] [News]
2018/11/10(土) 17:38

東京11Rの武蔵野ステークス(3歳以上GIII・ダート1600m)は1番人気サンライズノヴァ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒7(稍重)。1馬身1/4差の2着に7番人気クインズサターン、さらにクビ差の3着に2番人気ナムラミラクルが入った。

サンライズノヴァは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ブライトサファイヤ(母の父サンダーガルチ)。通算成績は18戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 サンライズノヴァ(戸崎圭太騎手)
「前回よりもゲートは出てくれたのですが芝でもたついて後方からのレースになりました。いいリズムで走らせれば最後は伸びる馬で、今日もしっかり伸びてくれました。能力のある馬なのでGIでも力を発揮してほしいと思います」

2着 クインズサターン(四位洋文騎手)
「厩舎がうまく仕上げてくれました。1600mは合っています。勝ち馬より後ろで運びたかったのですが、スタートでポンと出たこともあって毎度の位置になりました。いい感じの追走ができました。賞金を加算出来ましたし、悔しいですが良しとします」

3着 ナムラミラクル(C・ルメール騎手)
「自分のリズムで走れました。4コーナーからペースを上げました。相手は強かったですが、よく走っています。1400mくらいが合っているでしょうか」

4着 ユラノト(福永祐一騎手)
「いい形には持ち込めたのですが、今日は休み明けで陣営から急仕上げとも聞いていましたからね。重賞でも力は足りる馬です。これから楽しみです」

6着 インカンテーション(三浦皇成騎手)
「休み明けとしては良い走りだったと思います。3コーナーでぶつけられたのが痛かったのですが、そこからまた頑張っています」

【デイリー杯2歳S】(京都)~アドマイヤマーズが逃げて無傷の3連勝 [News] [News]
2018/11/10(土) 17:23

京都11Rのデイリー杯2歳ステークス(2歳GII・芝1600m)は1番人気アドマイヤマーズ(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4(良)。3/4馬身差の2着に6番人気メイショウショウブ、さらに2馬身半差の3着に5番人気ハッピーアワーが入った。

アドマイヤマーズは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ヴィアメディチ(母の父Medicean)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤマーズ(M・デムーロ騎手)
「いい馬です。スタートも上手です。いつももう少し後ろからですが、ペースも遅かったので逃げました。新馬の時から思っていましたが、もう一つ上のギアがあるので距離はもう少し延びてもと思います。能力も高く頭のいい馬。体もプラス12キロと成長していました。性格もよく、他の馬が並んできても負けません。楽しみです」

2着 メイショウショウブ(池添謙一騎手)
「レースでは馬が落ち着いて、このペースでも折り合って脚を使いました。直線でアタマくらい前に出たのですが、最後は勝ち馬の地力で差をつけられました。でも、このメンバーでやれるところを見せられました」

3着 ハッピーアワー(秋山真一郎騎手)
「道中の折り合い次第で距離はもつように思います。もともと良い馬ですし、良い方向へ行っているので楽しみです」

4着 ダノンジャスティス(川田将雅騎手)
「まだ下りを上手に走れるバランスが足りないので、そこで離されてしまったので、徐々に成長してくれたらと思います」

5着 ドナウデルタ(J・モレイラ騎手)
「直線でつまるところもありましたが、最後まで一所懸命走っています。まだ今日で3戦目。この馬には経験が必要で、今日の経験は先につながると思います」

6着 ヤマニンマヒア(武豊騎手)
「折り合い重視で運びましたが、上がりの競馬になって展開的にも厳しくなりました。でも収穫のあるレースでした」

7着 スズカカナロア(岩田康誠騎手)
「以前より馬は上手に走っていました。直線に向いた時に離されたのがひびきましたが、距離は全く問題ありません」

8着 マイネルフラップ(和田竜二騎手)
「少し怖がりな面がありますが、能力の高い馬です。もっとレース慣れしてくればと思います」

【相馬特別】(福島)~メイショウシャチが内から差し切る [News] [News]
2018/11/10(土) 16:58

福島12Rの相馬特別(3歳以上500万下・芝1200m)は3番人気メイショウシャチ(岩崎翼騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒8(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気プリヴェット、さらに半馬身差の3着に1番人気コスモペリドットが入った。

メイショウシャチは栗東・石橋守厩舎の5歳牡馬で、父メイショウボーラー、母マチカネモユルコイ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は25戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウシャチ(岩崎翼騎手)
「前走ジッとしていて、いい競馬ができましたから、今日もゲートを出たなりで、レースをしようと思っていました。直線まで手応えも良く、余裕もありましたし、内が開くとそこをスッと抜けてくれて良かったです」

3着 コスモペリドット(津村明秀騎手)
「いい位置で競馬ができましたし、力のあるところを見せてくれました」

4着 タガノタイト(鮫島克駿騎手)
「周りが速くて、無理をしない位置でレースをしました。安定して走ってくれていますが、もうワンパンチ欲しいですね」

【福島放送賞】(福島)~ローレルリーベがゴール前で差し切る [News] [News]
2018/11/10(土) 16:44

福島11Rの福島放送賞(3歳以上1000万下・ダート1700m)は3番人気ローレルリーベ(嘉藤貴行騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒6(良)。ハナ差の2着に7番人気ヒルノサルバドール、さらに半馬身差の3着に2番人気ブライトリビングが入った。

ローレルリーベは美浦・奥平雅士厩舎の4歳牡馬で、父カネヒキリ、母ケイアイメルヘン(母の父エンドスウィープ)。通算成績は8戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ローレルリーベ(嘉藤貴行騎手)
「競馬が流れてくれましたし、こういう形でレースができた事は収穫でした。このクラスでは力も上ですし、福島は得意。これなら上のクラスでも楽しみです」

2着 ヒルノサルバドール(横山武史騎手)
「仕上がりは良かったですし、福島は合います。立て直して、ここを使った事が良かったと思います」

4着 シンゼンドリーム(津村明秀騎手)
「いい競馬ができました。この馬のいい頃だったら突き抜けていたと思います。力はあります」

10着 セルリアンアラシ(菱田裕二騎手)
「ゲートを出られず、取りたいポジションが取れませんでした」

【三春駒特別】(福島)~バイオスパークが人気に応えて差し切る [News] [News]
2018/11/10(土) 16:25

福島10Rの三春駒特別(3歳以上500万下・芝2000m)は1番人気バイオスパーク(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒5(良)。クビ差の2着に3番人気トミケンボハテル、さらにクビ差の3着に6番人気エイシンクリックが入った。

バイオスパークは栗東・浜田多実雄厩舎の3歳牡馬で、父オルフェーヴル、母ナナヨーティアラ(母の父マイネルラヴ)。通算成績は12戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 バイオスパーク(丸山元気騎手)
「ゲートでうるさい所はありましたが、力のある馬ですし、小回りの方が競馬はしやすいです」

2着 トミケンボハテル(黛弘人騎手)
「ずっと使ってきていても、体調を維持していて厩舎も馬も頑張ってくれました。レース内容は良かったですし、あともう少しでした」

3着 エイシンクリック(鮫島克駿騎手)
「調教師からなるべく前でいつもと違う競馬を、と言われていましたし、自分でポジションを取り他の有力馬よりも前で運びました。いいレースはできましたが、もうひと押しでした。次回もう少し上積みがあると思います」

4着 モザイク(川又賢治騎手)
「脚はたまっていたのですが、もう少しスムーズなレースができれば良かったです」

【観月橋S】(京都)~インティが5連勝を決める [News] [News]
2018/11/10(土) 16:18

京都10Rの観月橋ステークス(3歳以上1600万下・ダート1800m)は1番人気インティ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒4(稍重)。5馬身差の2着に2番人気テルペリオン、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気ドラゴンカップが入った。

インティは栗東・野中賢二厩舎の4歳牡馬で、父ケイムホーム、母キティ(母の父Northern Afleet)。通算成績は6戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 インティ(武豊騎手)
「まだまだ幼くて馬体もしっかりしていないのに、この勝ちっぷりですから。しっかりしてくれば、もっと楽しみです」

3着 ドラゴンカップ(和田竜二騎手)
「狙い通りの競馬ができました。直線で手前を替えなかったりしますが、十分に走れていると思います」

4着 リアンヴェリテ(松山弘平騎手)
「内枠を利してハナへ行けました。このクラスでもしっかり走れていますし、最後まで一所懸命走っています」

全18件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]