【きんもくせい特別】(福島)~マイネルサーパスが追い比べを制しレコードV [News] [News]
2018/11/04(日) 16:01

福島10Rのきんもくせい特別(2歳500万下・芝1800m)は3番人気マイネルサーパス(丹内祐次騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)のレコード。ハナ差の2着に1番人気ダノンチェイサー、さらに3/4馬身差の3着に7番人気ダディーズマインドが入った。

マイネルサーパスは美浦・高木登厩舎の2歳牡馬で、父アイルハヴアナザー、母マイネアクティース(母の父タマモクロス)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルサーパス(丹内祐次騎手)
「今日は自信を持って乗りました。追い出しをギリギリ我慢したぐらいです。今日は上手く乗れたと思います。走る馬です」

2着 ダノンチェイサー(津村明秀騎手)
「良い馬です。まだ幼い面があって、フワッとする所がありました。外から勝ち馬に来られてからまた伸びましたし、まだまだよくなる余地は大きいと思います」

3着 ダディーズマインド(宮崎北斗騎手)
「1、2着馬は強かったですがこの馬の力をみせてくれました。この先楽しみです」

4着 ディキシーナイト(柴山雄一騎手)
「今日は前々のレースをしてみました。ただ今日の流れで外を回した分、早めに苦しくなりました」

【晩秋S】(東京)~伏兵ホーリーブレイズが差し切り勝ち [News] [News]
2018/11/04(日) 15:58

東京10Rの晩秋ステークス(3歳以上1600万下・ダート2100m)は7番人気ホーリーブレイズ(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒7(良)。半馬身差の2着に1番人気サトノティターン、さらに1馬身半差の3着に5番人気デザートスネークが入った。

ホーリーブレイズは栗東・高柳大輔厩舎の4歳牡馬で、父フリオーソ、母スキャニングジョイ(母の父スキャン)。通算成績は20戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ホーリーブレイズ(高倉稜騎手)
「少頭数ということでのびのびと走れました。追い切りの時から具合の良さを感じていて、今日は能力通りの走りをしてくれました」

2着 サトノティターン(田辺裕信騎手)
「最後ずっと外に張っていて追いづらかったです。力はある馬なのですが、そこが残念でした」

3着 デザートスネーク(黛弘人騎手)
「折り合いはついてスムーズでした。昇級初戦に加えて、ダート2100mという距離でもよく頑張っています」

4着 ニーマルサンデー(三浦皇成騎手)
「リズム良く行けましたが、3コーナーで早めに動かなくてはいけなかったことが残念でした。それがなければもっと良いレースができたと思います」

【百日草特別】(東京)~伏兵トーラスジェミニが逃げ切り勝ち [News] [News]
2018/11/04(日) 15:15

東京9Rの百日草特別(2歳500万下・芝2000m)は6番人気トーラスジェミニ(木幡育也騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒9(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ボスジラ、さらにクビ差の3着に3番人気エクザルフが入った。

トーラスジェミニは美浦・小桧山悟厩舎の2歳牡馬で、父キングズベスト、母エリモエトワール(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 トーラスジェミニ(木幡育也騎手)
「逃げてスローペースに持ち込もうと思っていました。良い脚を使ってくれました」

(小桧山悟調教師)
「騎手には『減量のない特別戦とはいえ3kg減と思って乗って欲しい』と言っていました。馬主の柴原オーナーもいらしていましたし、大きな牧場の生産馬が多数を占める中、川上牧場の馬が勝ってくれてうれしいです」

2着 ボスジラ(田辺裕信騎手)
「ゲートが少しうるさくなってきました。追走に余裕があった感じではありませんでした。溜めにくかったです。最後はよく来ていると思います」

4着 リバーシブルレーン(武藤雅騎手)
「4コーナーにかけて外へ押し出されるような所がありました。直線は手応えが良かったのですが、追ってから思いの外、反応できませんでした。最後まで走ることをやめている感じではないのですが...」

【清水S】(京都)~人気のフローレスマジックが内から抜け出し連勝 [News] [News]
2018/11/04(日) 14:58

京都9Rの清水ステークス(3歳以上1600万下・芝1600m)は1番人気フローレスマジック(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒9(良)。半馬身差の2着に2番人気シャルルマーニュ、さらにハナ差の3着に3番人気ロライマが入った。

フローレスマジックは美浦・木村哲也厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母マジックストーム(母の父Storm Cat)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 フローレスマジック(C.ルメール騎手)
「ジャンプスタートで心配しましたが、良いペースだったのが良かったです。コースロスなく進めて、直線は良い加速でした。レースがうまくなってきています」

2着 シャルルマーニュ(武豊騎手)
「マイペースで行けて、ラストも止まっていません。決め手のある馬にやられました」

3着 ロライマ(福永祐一騎手)
「良いリズムで追走できましたし、勝ちきれるかと思ったところですが。もう少しの所まできています」

【醍醐特別】(京都)~イエローマリンバが後続をしのいで逃げ切りV [News] [News]
2018/11/04(日) 14:43

京都8Rの醍醐特別(3歳以上1000万下・芝1200m)は7番人気イエローマリンバ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒5(良)。クビ差の2着に2番人気エンゲルヘン、さらに半馬身差の3着に4番人気カッパツハッチが入った。

イエローマリンバは栗東・河内洋厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母マーキーアトラクション(母の父Storm Cat)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 イエローマリンバ(幸英明騎手)
「厩舎の方でゲート練習をしていただいたおかげで、スタートが良かったです。自分の競馬ができましたし、並ばれてからもしっかりと伸びてくれました」

2着 エンゲルヘン(C.デムーロ騎手)
「ズブい所がありましたが、しっかりと伸びてくれました。しかし、ずっと左にもたれていたので、それ以上は伸びませんでした」

5着 キラーコンテンツ(川田将雅騎手)
「内めで競馬を組み立てたいので、枠がきつかったです」

【メイクデビュー】(東京4R、5R、6R)~ノーベルプライズ、マドラスチェック、シュヴァルツリーゼが勝利 [News] [News]
2018/11/04(日) 14:31

東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は2番人気ノーベルプライズ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分41秒2(良)。3馬身差の2着に6番人気メイプルガーデン、さらに半馬身差の3着に1番人気キングテセウスが入った。

ノーベルプライズは美浦・古賀史生厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母クイックセイコー(母の父エルコンドルパサー)。

~レース後のコメント~
1着 ノーベルプライズ(三浦皇成騎手)
「返し馬の時でも、オンとオフがはっきりしていて、メリハリがありすぎるくらいです。今後は競馬で、いい意味でのオフの部分を作っていければと思います。そういう意味では、今日の競馬の内容は良かったです。まだまだ余力十分で、距離が延びても良さそうです。今後が楽しみです」

2着 メイプルガーデン(松岡正海騎手)
「センスが良く、仕上がりも良かったです。今日の競馬は、問題ありませんでした。ダートがいいですね」

4着 アシャカトブ(武藤雅騎手)
「まだまだ荒削りで、緩い所がありますが、最後伸びてきています。成長すると思いますし、一回使って良くなってくると思います」

東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は3番人気マドラスチェック(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒2(良)。クビ差の2着に5番人気クリッパークラス、さらに3馬身半差の3着に9番人気サバイバルトリックが入った。

マドラスチェックは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牝馬で、父Malibu Moon、母Gloat(母の父Mr. Greeley)。

~レース後のコメント~
1着 マドラスチェック(北村友一騎手)
「返し馬も、ゲートも、レースもスムーズで、優等生でした。上手に走っていましたし、反応も良かったです。これから上積みも見込めそうです」

2着 クリッパークラス(石川裕紀人騎手)
「上手に競馬をしてくれました。終いも切れる脚を使ってくれました。東京コースが向いていると思いますし、すぐにチャンスが来そうです」

6着 ロードオヒア(田辺裕信騎手)
「ゲートを心配していましたが、ゲート自体は上手に出てくれました。ただ、反応が長く続かなかったですね。いいものは持っていると思います」

東京6Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は2番人気シュヴァルツリーゼ(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒4(良)。2馬身半差の2着に6番人気エスコーバタハト、さらに3/4馬身差の3着に4番人気サンビンガムトンが入った。

シュヴァルツリーゼは美浦・堀宣行厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母ソベラニア(母の父Monsun)。

~レース後のコメント~
1着 シュヴァルツリーゼ(藤岡康太騎手)
「若さを見せる所はありましたが、強い勝ち方でした。ポテンシャルを感じました。ギアの切り替えをまだ分かっていない感じがありますけれども、反応してからは、良い伸びをしてくれました」

3着 サンビンガムトン(田中勝春騎手)
「感じは良かったです。使うごとに良くなってくるのではないでしょうか」

4着 ヴァンランディ(C.オドノヒュー騎手)
「まだガツガツした競馬をしたくなくて、あの位置からになりました。使った上積みはあると思います」 

【メイクデビュー】(福島5R)~ワシントンテソーロが9馬身差の圧勝 [News] [News]
2018/11/04(日) 14:27

福島5Rのメイクデビュー福島(ダート1700m)は1番人気ワシントンテソーロ(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒3(良)。9馬身差の2着に2番人気ヒイナヅキ、さらに1馬身半差の3着に12番人気コンスタンティナが入った。

ワシントンテソーロは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牡馬で、父Curlin、母War Tigress(母の父War Chant)。

~レース後のコメント~
1着 ワシントンテソーロ(鮫島克駿騎手)
「返し馬の時点で、すごく良い馬だと感じました。能力が全く違いました。課題らしい課題もありません。上のクラスでもやれます。これだけの馬に乗せてもらって感謝しています」

2着 ヒイナヅキ(藤田菜七子騎手)
「勝った馬が強すぎました」

3着 コンスタンティナ(瀧川寿希也騎手)
「この馬は走りますよ。初めは走る気が感じられませんでしたが、ゲートが開いたら別の馬のようでした。4コーナーで外に出す時、気を抜くような所がありましたが、直線は真面目に走ってくれました。伸びしろはありますから、すぐに未勝利は勝てるのではないかと思います」

4着 ロザムール(丸田恭介騎手)
「まずまずでした。少し窮屈な所に入って走りづらそうな感じでした」

【メイクデビュー】(京都4R、5R)~サヴォワールエメ、アルクスが勝利 [News] [News]
2018/11/04(日) 13:32

京都4Rのメイクデビュー京都(牝馬・芝1600m)は1番人気サヴォワールエメ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒8(良)。クビ差の2着に5番人気ハナイロコマチ、さらに3馬身半差の3着に7番人気ブランシェットが入った。

サヴォワールエメは栗東・友道康夫厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ニアメ(母の父Pivotal)。

~レース後のコメント~
1着 サヴォワールエメ(M.デムーロ騎手)
「賢い馬です。落ち着いていましたし、外枠でしたが、スタートが良かったです。最後もしっかり伸びてくれました」

(友道康夫調教師)
「直線ではとらえきれないと思いましたが、最後までしっかり伸びてくれました。勝負根性のある馬ですね。距離は伸びても大丈夫そうです」

2着 ハナイロコマチ(川島信二騎手)
「惜しかったですね。道中フラフラする所がありました。レースではもっとカッとすると思っていたのですが、そうでもなかったです。直線でもフラフラしていましたが、ここを使って良くなると思います」

京都5Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は1番人気アルクス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒7(良)。1馬身3/4差の2着に2番人気グリッサード、さらに半馬身差の3着に3番人気アールコンセンサスが入った。

アルクスは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー、母ラルシュドール(母の父シンボリクリスエス)。

~レース後のコメント~
1着 アルクス(C.ルメール騎手)
「良い馬です。走る馬、切れ味のある馬です。道中もリラックスしていて、真面目な馬という印象です。これから絶対に良くなる馬です。2000m以上の距離でも大丈夫そうです」

2着 グリッサード(C.デムーロ騎手)
「距離的にも、馬場的にも適していました。良い馬でした」

3着 アールコンセンサス(的場文男騎手)
「スタートでついていけなくて、それでも芝のレースなので、早く動きづらく、前に馬を置いて追走しました。巧く乗れば勝てた馬だと思います。だから矢作調教師を始め、関係者の皆様に申し訳なく思います」

全28件中 21件〜28件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 ]