【メイクデビュー】(京都4R、5R)~ポンペイワーム、アックアアルタがデビュー勝ち [News] [News]
2018/10/27(土) 17:26

京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1200m)は1番人気ポンペイワーム(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒8(稍重)。1馬身3/4差の2着に7番人気メイショウゼッケイ、さらに1馬身半差の3着に4番人気メイショウカササギが入った。

ポンペイワームは栗東・石坂正厩舎の2歳牡馬で、父Itsmyluckyday、母Briecat(母の父Adcat)。

~レース後のコメント~
1着 ポンペイワーム(C・ルメール騎手)
「彼は(アメリカの)セールで走っていたので、(今日が初戦でしたが)やるべきことを分かっている馬です。ゲートも速く、道中は楽に走っていました。直線に向いてもよく動いています。フットワークが速かったです。短いところがいい馬だと思います。軽い馬場が良いと思います」

2着 メイショウゼッケイ(荻野琢真騎手)
「追い切りから手脚が軽い感じで、スタートも上手でした。レースも上手でした。ハナに立っていこうかとも考えましたが、無理に叩いていってもと考え、番手からのレースをしました。キックバックも気にしません。まだ、全体的にも成長はしてもらいたいのですが、今日のような競馬をしていけば、安定して走ってくれると思います」

4着 ダイメイコスモス(松山弘平騎手)
「新馬らしい動きで、砂を被って嫌がったり、物見をするところがありました。周りを気にするところがありながらも、しっかりと差を詰めてくれました。まだ緩い所があるので、その点が改善してくればと思います」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は1番人気アックアアルタ(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒1(稍重)。1馬身1/4差の2着に4番人気ミトノマルーン、さらに2馬身差の3着に2番人気サトノライジンが入った。

アックアアルタは栗東・清水久詞厩舎の2歳牝馬で、父ブラックタイド、母アガルタ(母の父キングカメハメハ)。

~レース後のコメント~
1着 アックアアルタ(C・ルメール騎手)
「物見をして、3~4コーナーでは反応が遅かったですが、直線大外に出した時、ムチを使ったら、良い反応が出来ていました。まだ良くなります。距離はこれくらいが良いと思います」

2着 ミトノマルーン(幸英明騎手)
「向正面でハナに立っていこうかと思いましたが、物見をしたので控えるレースをしました。4コーナーで窮屈になった時に勝ち馬にスムーズに動かれました。でもこの馬も力がありますね」

3着 サトノライジン(和田竜二騎手)
「上手なレースをしてくれたのですが、やっと良くなってきたところで力がつききっていないので、追ってからもうひとつ動けませんでした。腰に力が入ってきたら、もっといい馬になってきそうです」

4着 カズマークセン(福永祐一騎手)
「いい馬ですが、中身が追いついていない感じです。ゲートもそうですが、スピードに乗るまでに時間が掛かったりします。ただ、荒削りではありますが、いい素材を持っています。これから少しずつ良くなってきます」

【飛翔特別】(新潟)~伏兵アンインジュリーが馬群を割って抜け出す [News] [News]
2018/10/27(土) 17:20

新潟12Rの飛翔特別(3歳以上500万下・芝1000m)は12番人気アンインジュリー(丸田恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは56秒8(稍重)。半馬身差の2着に1番人気リンシャンカイホウ、さらにクビ差の3着に9番人気キョウワヒラリーが入った。

アンインジュリーは美浦・小野次郎厩舎の3歳牝馬で、父ヨハネスブルグ、母クロスザレイチェル(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アンインジュリー(丸田恭介騎手)
「すごくスピードがあって、1000mでもおさえる必要があるくらいでした。今日は先生からひとタメするような競馬をしてほしい、という指示があったので、人気2頭を前に見ながら運んで、最後にひと脚を使う競馬ができました。抜け出す時に少し前が狭くなって躊躇する所はありましたが、それ以外はすごくスムーズでした」

2着 リンシャンカイホウ(藤田菜七子騎手)
「ゲートは速いですし、安定して前に行けますが、道中の手応えは前回の方が良かったかなという感じでした。それでも前の馬をかわして、頑張ってくれています」

3着 キョウワヒラリー(鮫島克駿騎手)
「1000mですし、どこかでタメを作れればと思っていました。行く馬もいて3番手からスムーズにリズム良く運べました。最後は枠の差でしょうか」

【魚沼特別】(新潟)~ミスティックグロウが人気に応えて無傷の3連勝 [News] [News]
2018/10/27(土) 17:10

新潟11Rの魚沼特別(3歳以上1000万下・芝1800m)は1番人気ミスティックグロウ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒6(稍重)。クビ差の2着に2番人気ゴールドギア、さらにクビ差の3着に5番人気レノヴァールが入った。

ミスティックグロウは美浦・武井亮厩舎の3歳牡馬で、父オルフェーヴル、母ミスティックリップス(母の父Generous)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ミスティックグロウ(武井亮調教師)
「元々気性に課題があって、ゲートはきれいに出ましたがリズムが良くありませんでした。それでも押し切ってくれましたし、素晴らしいです。切れ味が鈍ったのは、馬場の影響もあったかもしれません。ジョッキーはマイルくらいでもいいのでは、と話していましたが、1000万に昇級していきなり勝ってくれたのは素晴らしいということでした」

2着 ゴールドギア(吉田隼人騎手)
「馬を信じて乗りました。一歩目は出ましたが、ハミが抜ける感じだったので、馬群へついて行こうとあいていた内へ入りました。結果的にはその分外へ勢いよく出せなかったせいかもしれません。それでも最後はいい脚を使ってくれました。ラスト2ハロンにかけるような競馬が良さそうです」

4着 テーオービクトリー(菱田裕二騎手)
「道中は勝ち馬の後ろについて行って、最後の最後で差すようなイメージで運びました。ただ、後ろからも差されてしまいました。前回よりも状態は良いと思っていましたが...」

【アルテミスS】(東京)~シェーングランツが差し切り重賞初制覇 [News] [News]
2018/10/27(土) 16:57

東京11Rのアルテミスステークス(2歳GIII・牝馬・芝1600m)は6番人気シェーングランツ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒7(良)。半馬身差の2着に5番人気ビーチサンバ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気エールヴォアが入った。

シェーングランツは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母スタセリタ(母の父Monsun)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シェーングランツ(武豊騎手)
「初めて乗りましたが、返し馬から雰囲気が良くて、期待してゲートインしました。ただ、ゲートの出は良くなくて、自分から進んで行かなかったです。直線でフォームが変わってすごい脚でした。素質を感じます。藤沢厩舎の馬は走りますね」

1着 シェーングランツ(藤沢和雄調教師)
「忙しいレースになりましたがいい脚でした。『外へ出してから良かった』とジョッキーが話していました。前向きな姉のソウルスターリングと違って、慎重な所があります。この後は厩舎に残って、阪神JFを目指します」

2着 ビーチサンバ(藤岡康太騎手)
「テンションが高かったですが、なんとか我慢してくれました。スタートは初戦同様あまりよくありませんでしたが、巻き返してくれて、直線でも反応してくれました。勝ちにいったのですが、残念でした」

3着 エールヴォア(浜中俊騎手)
「スタートをポンと出てくれましたが、跳びが大きく二の脚がつきませんでした。瞬発力が加わってくれれば、さらに良くなると思います」

7着 アフランシール(岩田康誠騎手)
「落ち着いてレースをすることができましたが、直線では休み明けの分なのか反応し切れませんでした。使って良くなると思います」

8着 ミディオーサ(J・モレイラ騎手)
「レース前からテンションが高く、道中スムーズに行けず、直線でもロスがあり、力を出し切れませんでした。経験を積んで落ち着いて行けばさらに成長すると思います」

11着 グレイシア(栗田徹調教師)
「今日は2~3番手で競馬ができましたが、馬群に気を遣いながら走っていて、直線も脚を使うことができませんでした。今後は馬の様子をみて決めようと思います」

【スワンS】(京都)~ロードクエストが伸び比べを制し2年ぶりの重賞制覇 [News] [News]
2018/10/27(土) 16:37

京都11Rのスワンステークス(3歳以上GII・芝1400m)は2番人気ロードクエスト(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒5(良)。ハナ差の2着に1番人気モズアスコット、さらに半馬身差の3着に8番人気グァンチャーレが入った。

ロードクエストは美浦・小島茂之厩舎の5歳牡馬で、父マツリダゴッホ、母マツリダワルツ(母の父チーフベアハート)。通算成績は21戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ロードクエスト(M・デムーロ騎手)
「ゴール前まで勝てるかどうかわかりませんでしたが、最後の2完歩で交わしてくれました。新馬戦から乗せてもらって、ホープフルステークスも走った馬なので1400mは短いと思っていましたが、ペースがそれほど速くなくいいポジションを進むことができて、いい脚を使いました。次も楽しみです」

2着 モズアスコット(C・ルメール騎手)
「使いつつよくなるタイプの馬なので、少し太い感じでした。スムーズなレースができましたが、最後に少し甘くなったのはピークまであとひと息の状態だったからでしょう」

4着 ベステンダンク(川田将雅騎手)
「枠も良く、内目でスムーズにレースができて、最後までしっかり脚を使ってくれました。重賞勝ち馬を相手によく頑張りました。いい経験になったと思います」

6着 デアレガーロ(福永祐一騎手)
「いい感じでレースが出来ていたのですが、4コーナーの手前で躓いて、その後はトモの入りが悪くなり、しっかりと追えない感じでした。何もなければいいのですが」

京都9Rの競走除外について [News] [News]
2018/10/27(土) 16:29

京都9Rで、3番ブレイキングドーン(福永祐一騎手)は、馬場入場後に放馬し、疲労が著しいため、競走除外となった。

(JRAの発表による)

【岩船特別】(新潟)~人気を集めたトーセンアイトーンが大外から差し切る [News] [News]
2018/10/27(土) 16:22

新潟10Rの岩船特別(3歳以上500万下・芝2200m)は1番人気トーセンアイトーン(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒9(稍重)。3/4馬身差の2着に10番人気ナムラドノヴァン、さらに3/4馬身差の3着に2番人気シャドウブリランテが入った。

トーセンアイトーンは栗東・藤原英昭厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母ノヴァホーク(母の父Hawk Wing)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 トーセンアイトーン(北村友一騎手)
「力が違うと思っていたので、スムーズな競馬をしようと思っていました。ただ外から来られて、乱ペースで少し馬込みの中に入る形になりました。それでも馬のリズムを守って外へ出すと、この馬の力を見せてくれました」

2着 ナムラドノヴァン(鮫島克駿騎手)
「夏の中京以来の実戦でしたが、馬がすごく良くなっていました。休み明けでも調教で動いていましたし、レースでもしっかり走ってくれました。前の先行馬を見つつ、相手より早めに動くという持ち味を生かすレースをしました」

3着 シャドウブリランテ(津村明秀騎手)
「返し馬からいい感じでした。入れ替わりが激しくなった所で少し噛んだ以外はスムーズでしたし、捌きながらうまく直線に向けました。今日は勝った馬の決め手が上でしたが、この馬も久々でしたし、次はもっと良くなりそうです」

【古都S】(京都)~先に抜け出したアドマイヤエイカンが押し切る [News] [News]
2018/10/27(土) 16:13

京都10Rの古都ステークス(3歳以上1600万下・芝2400m)は1番人気アドマイヤエイカン(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分29秒0(良)。ハナ差の2着に4番人気シュペルミエール、さらにハナ差の3着に3番人気サトノケンシロウが入った。

アドマイヤエイカンは栗東・須貝尚介厩舎の5歳牡馬で、父ハーツクライ、母ペルヴィアンリリー(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤエイカン(C・ルメール騎手)
「2番手でとてもリラックスしてレースをしてくれました。ゴールまで長くいい脚を使いました。スタミナのある馬です」

2着 シュペルミエール(池添謙一騎手)
「休み明けでしたが、馬は仕上がっていました。直線で追い出しを待たされる形になりました。差がわずかだっただけに残念です。もったいないレースでしたが、力のある馬です」

3着 サトノケンシロウ(川田将雅騎手)
「グローブシアターを見ながらレースをするように指示がありました。直線では自分の脚は使っていますし、差はわずかでした。よく頑張っていると思います」

4着 グローブシアター(M・デムーロ騎手)
「展開が向きませんでした。外枠だったので、前へ行かせず勝ち馬の後ろのいいポジションを進みましたが、伸びはジリジリした感じでした」

【神無月S】(東京)~マリームーンが人気に応えて追い比べを制す [News] [News]
2018/10/27(土) 15:50

東京10Rの神無月ステークス(3歳以上1600万下・ダート1400m)は1番人気マリームーン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒3(良)。ハナ差の2着に2番人気レイダー、さらにクビ差の3着に8番人気タイセイプレシャスが入った。

マリームーンは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父カジノドライヴ、母クラウンアスリート(母の父アフリート)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マリームーン(武豊騎手)
「いいポジションにつけてレースの流れに乗れました。直線で内から寄られましたが、いい勝負根性があります。いい馬です」

2着 レイダー(J・モレイラ騎手)
「外枠でしたが、スピードがあり、無理せずいいところにつけられスムーズに行けました。手応えも良く先頭に立ちましたが、そこで集中力を欠き、フワッとしてしまいました。能力の問題ではありません」

3着 タイセイプレシャス(大野拓弥騎手)
「休み明けを1回使って反応が良くなっていました。終いの脚もしっかりとしていました」

5着 クライシス(戸崎圭太騎手)
「スタートで出てくれたのは成長したところだと思います。流れに乗りましたが、道中力む所がありました。まだ緩さがあります」

【国立特別】(東京)~軽量エスターテが差し切る [News] [News]
2018/10/27(土) 15:47

東京9Rの国立特別(3歳以上1000万下・ハンデ・芝1400m)は9番人気エスターテ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分19秒9(良)。クビ差の2着に8番人気キャナルストリート、さらにクビ差の3着に1番人気モアナが入った。

エスターテは美浦・伊藤伸一厩舎の3歳牝馬で、父ベーカバド、母トウカイメガミ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 エスターテ(松岡正海騎手)
「直線で3着馬の後ろから運びたかったのですが、進路がなくて、2着馬を先に行かせてからになりました。脚がたまっていて、いい脚を使ってくれました。以前からタメる形が良いと分かっていましたが、そういうレースが出来るようになって、身になっていますね」

2着 キャナルストリート(浜中俊騎手)
「直線では『ここで抜け出さないと進路がなくなる』と思い、先に動きましたが、抜けた瞬間にソラを使ってしまいました」

3着 モアナ(C・オドノヒュー騎手)
「前が開かなかった分だけ届きませんでした。距離は合っています」

全12件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]